九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
濵田 裕子(はまだ ゆうこ) データ更新日:2018.06.22

准教授 /  医学研究院 保健学部門 看護学専攻 統合基礎看護学講座


教育活動概要
教育活動として、看護学専攻において「小児看護学概論」「小児看護学各論Ⅰ」「小児看護学各論Ⅱ」「小児看護学実習Ⅰ」「小児看護学実習Ⅱ」「総合実習」「看護研究Ⅱ」「卒業研究」を担当し、広く、現代の子どもと家族の健康問題から小児看護の課題と役割について、理論と実践をつなぐ教育を行っている。医学系学府保健学部門、修士課程においては、「研究方法論Ⅱ」「発達看護特論」「特別研究」を担当し、博士課程では「母子発達ケアシステム論」を担当している。
 また統合新領域学府ユーザー感性学専攻、感性コミュニケーションコースにおいても、「感性コミュニケーション概論」「小児家族看護学」「小児・家族コミュニケーション演習」「ユーザー感性学PTLⅡ」「ユーザー感性学PTLⅤ」「最先端セミナー」「インターンシップ」「特別研究」を担当している。
担当授業科目
2017年度・前期, 発達看護学特論Ⅰ.

2017年度・前期, 看護学研究方法論Ⅱ.

2017年度・冬学期, 生命倫理・遺伝相談カウンセリング論.

2017年度・後期, 特別研究(1).

2017年度・通年, 特別研究(2).

2018年度・前期, 小児看護学実習Ⅰ.

2018年度・夏学期, 看護研究Ⅱ.

2018年度・前期, 小児看護学各論Ⅱ.

2018年度・夏学期, 看護学研究方法論Ⅱ.

2018年度・前期, 発達看護学特論Ⅰ.

2018年度・前期, 母子発達ケアシステム論Ⅰ.

2018年度・後期, 特別研究(1).

2018年度・後期, 特別研究(1).

2018年度・通年, 特別研究(2).

2018年度・通年, 特別研究(2).

2018年度・前期, ユーザー感性学PTL(感性コミュニケーションⅠ).

2018年度・後期, 小児家族看護学.

2018年度・前期, 小児・家族コミュニケーション演習.

2017年度・前期, 研究方法論Ⅱ.

2017年度・後期, 小児看護学概論.

2017年度・後期, 小児看護学各論Ⅰ.

2017年度・前期, 小児看護学各論Ⅱ.

2017年度・前期, 看護研究入門.

2017年度・通年, 卒業研究.

2017年度・通年, 小児看護学実習.

2017年度・前期, 総合実習.

2017年度・通年, 看護学特別研究.

2017年度・後期, 生命倫理・遺伝カウンセリング.

2017年度・通年, ユーザー感性学特別研究.

2017年度・前期, ユーザー感性学PTL(Ⅱ).

2017年度・後期, ユーザー感性学PTL(Ⅳ).

2017年度・後期, 小児家族看護学.

2017年度・前期, 感性コミュニケーション概論.

2017年度・前期, 小児・家族コミュニケーション演習.

2016年度・前期, 小児・家族コミュニケーション演習.

2016年度・前期, 感性コミュニケーション概論.

2016年度・後期, 小児家族看護学.

2016年度・後期, ユーザー感性学PTL(Ⅳ).

2016年度・前期, ユーザー感性学PTL(Ⅱ).

2016年度・通年, ユーザー感性学特別研究.

2016年度・前期, 発達看護学特論Ⅰ.

2016年度・後期, 生命倫理・遺伝カウンセリング.

2016年度・前期, 母子発達ケアシステム論Ⅰ.

2016年度・通年, 看護学特別研究.

2016年度・後期, 小児看護学各論Ⅰ.

2016年度・前期, 小児看護学各論Ⅱ.

2016年度・前期, 総合実習.

2016年度・通年, 卒業研究.

2016年度・通年, 小児看護学実習.

2016年度・前期, 看護研究入門.

2015年度・後期, 小児家族看護学.

2015年度・前期, 総合実習.

2015年度・前期, ユーザー感性学PTL(Ⅱ).

2015年度・通年, ユーザー感性学特別研究.

2015年度・前期, 感性コミュニケーション概論.

2015年度・前期, 母子発達ケアシステム論Ⅰ.

2015年度・前期, 発達看護学特論Ⅰ.

2015年度・通年, 看護学特別研究.

2015年度・後期, 生命倫理・遺伝カウンセリング.

2015年度・前期, 看護研究入門.

2015年度・前期, 小児看護学各論Ⅱ.

2015年度・後期, 小児看護学概論.

2015年度・後期, 小児看護学各論Ⅰ.

2015年度・通年, 小児看護学実習.

2015年度・通年, 卒業研究.

2014年度・通年, 小児看護学実習.

2014年度・通年, 卒業研究.

2014年度・前期, 小児看護学各論Ⅱ.

2014年度・後期, 小児看護学各論Ⅰ.

2014年度・後期, 小児看護学概論.

2014年度・通年, インターンシップ.

2014年度・前期, 小児・家族コミュニケーション演習.

2014年度・前期, 感性コミュニケーション概論.

2014年度・通年, ユーザー感性学特別研究.

2014年度・前期, ユーザー感性学PTL(2).

2014年度・後期, ユーザー感性学PTL(5).

2014年度・後期, 小児家族看護学.

2014年度・通年, 看護学特別研究.

2014年度・前期, 発達看護学特論Ⅰ.

2014年度・前期, 母子発達ケアシステム論Ⅰ.

2014年度・前期, 総合実習.

2013年度・通年, 小児看護学実習.

2013年度・通年, 卒業研究.

2013年度・後期, 小児看護学各論Ⅰ.

2013年度・前期, 小児看護援助論.

2013年度・後期, 小児看護学概論.

2013年度・前期, 感性コミュニケーション概論.

2013年度・前期, 小児・家族コミュニケーション演習.

2013年度・通年, ユーザー感性学特別研究.

2013年度・通年, 看護学特別研究.

2013年度・前期, 発達看護学特論Ⅰ.

2013年度・前期, ユーザー感性学PTL(2).

2013年度・後期, ユーザー感性学PTL(5).

2013年度・後期, 小児家族看護学.

2013年度・前期, 母子発達ケアシステム論Ⅰ.

2013年度・前期, 発達看護学特論Ⅲ.

2013年度・前期, 母子発達ケアシステム論Ⅰ.

2013年度・前期, 総合実習.

2012年度・通年, 小児看護学実習.

2012年度・通年, 卒業研究.

2012年度・後期, 小児看護学概論.

2012年度・前期, 発達看護学特論Ⅲ.

2012年度・後期, 母子発達ケアシステム論Ⅱ.

2012年度・後期, 小児家族看護学.

2012年度・前期, 感性コミュニケーション概論.

2012年度・後期, ユーザー感性学PTL(5).

2012年度・前期, ユーザー感性学PTL(2).

2012年度・前期, 小児・家族コミュニケーション演習.

2012年度・通年, 看護学特別研究.

2012年度・通年, ユーザー感性学特別研究.

2011年度・後期, 小児看護学概論.

2011年度・前期, 小児看護援助論.

2011年度・通年, 小児看護学実習.

2011年度・通年, 卒業研究.

2011年度・前期, 総合実習.

2011年度・前期, 発達看護学特論Ⅰ.

2011年度・通年, 看護学特別研究.

2011年度・通年, ユーザー感性学特別研究.

2010年度・後期, ユーザー感性学PTL(5).

2010年度・通年, ユーザー感性学特別研究.

2010年度・後期, 小児・家族コミュニケーション演習.

2010年度・通年, インターンシップ.

2010年度・前期, ユーザー感性学PTL(2).

2010年度・前期, 感性コミュニケーション概論.

2010年度・後期, 小児家族看護学.

2010年度・後期, 母子発達ケアシステム論Ⅱ.

2010年度・前期, 母子発達ケアシステム論Ⅰ.

2010年度・前期, 発達看護学特論Ⅲ.

2010年度・前期, 発達看護学特論Ⅰ.

2010年度・前期, 総合実習.

2010年度・通年, 卒業研究.

2010年度・通年, 小児看護学実習.

2010年度・前期, 小児看護援助論.

2010年度・後期, 小児看護学概論.

2009年度・通年, ユーザー感性学特別研究.

2009年度・前期, 小児看護援助論.

2009年度・後期, 小児看護学総論.

2009年度・後期, 思春期保健論.

2009年度・通年, 小児看護学実習.

2009年度・後期, 卒業研究.

2009年度・前期, 発達看護学演習.

2009年度・前期, 母子発達看護論.

2009年度・後期, 小児家族看護学.

2009年度・前期, 感性コミュニケーション概論.

2009年度・前期, ユーザー感性学PTL(2).

2009年度・後期, ユーザー感性学PTL(5).

2009年度・通年, インターンシップ.

2009年度・前期, 小児・家族コミュニケーション演習.

2008年度・後期, ヘルスプロモーション支援論.

2008年度・前期, 母子発達看護論.

2008年度・前期, コアセミナー.

2008年度・通年, 小児看護学実習.

2008年度・後期, 卒業研究.

2008年度・後期, 思春期保健論.

2008年度・後期, 小児看護学総論.

2008年度・前期, 発達看護学演習.

2007年度・前期, 地域保健管理学.

2007年度・前期, 母子保健学.

2007年度・後期, 小児看護学Ⅰ.

2007年度・後期, 思春期保健論.

2007年度・通年, 小児看護学実習.

2007年度・後期, 卒業研究.

2006年度・後期, 小児看護学Ⅰ.

2006年度・後期, 思春期保健論.

2006年度・通年, 小児看護学実習.

2006年度・後期, 卒業研究.

2006年度・前期, 母子保健学.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2018.02, 学科, 参加, H29年度看護学分野FD大学院教育.

2017.09, 部局, 参加, H29年度保健学部門FD.

2017.02, 学科, 参加, H28年度 看護学分野FD 災害発生時の教育の保証にむけて.

2016.09, 学科, 参加, H28年度 医学研究員保健学部門FD「なぜ国際化が必要か」.

2016.02, 学科, 参加, H27年度 看護学分野FD.

2015.09, 学科, 参加, H27年度 医学研究員保健学部門FD.

2014.09, 学科, 参加, H26年度 医学研究院保健学部門FD.

2013.09, 学科, 参加, H25年度 医学研究院保健学部門FD.

2012.09, 学科, 参加, H24年度 医学研究院保健学部門FD.

2015.02, 学科, 参加, H26年度看護学分野FD.

2014.02, 学科, 参加, H25年度看護学分野FD.

2013.02, 学科, 参加, H24年度看護学分野FD.

2013.09, 学科, 参加, H24年度 医学研究院保健学部門FD.

2011.09, 学科, 参加, H23年度 九州大学大学院医学研究院保健学部門FD~大学教育の現状と今後のあり方~.

2012.01, 学科, 参加, H23年度看護学分野FD~看護研究~.

2011.02, 学科, 参加, 平成22年度看護学分野FD.

2010.02, 学科, 参加, 平成21年度看護学分野FD.

2009.08, 学科, 参加, 平成21年度保健学科FD.

2008.09, 学科, 参加, 平成20年度保健学科FD.

2008.03, 学科, 参加, 平成19年度看護学専攻FD.

2007.09, 学科, 参加, 平成19年度保健学科FD.

2007.02, 学科, 企画, 平成18年度看護学専攻FD.

2006.09, 学科, 参加, GPA制度について.

2006.04, 全学, 参加, 新任教員研修.

学生のクラス指導等
2016年度, 学部, 平成28年度医学部保健学科看護学専攻4年生.

2015年度, 学部, 平成27年度医学部保健学科看護学専攻3年生.

2014年度, 学部, 平成26年度医学部保健学科看護学専攻2年生.

2013年度, 学部, 平成25年度医学部保健学科看護学専攻1年生.

2011年度, 学部, 平成20年度医学部保健学科看護学専攻入学生(4年生).

2010年度, 学部, 平成20年度医学部保健学科看護学専攻入学生(3年生).

2009年度, 学部, 平成20年度医学部保健学科看護学専攻入学生(2年生).

2008年度, 学部, 平成20年度医学部保健学科看護学専攻入学生.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2017年度, 高知県立大学大学院看護学研究科, 前期(夏期集中)6コマ, 集中講義, 国内.

2017年度, 久留米大学大学院, 後期集中3コマ, 集中講義, 国内.

2017年度, 産業医科大学・産業保健学部, 後期(2コマ)子どもホスピスと看護の役割, 非常勤講師, 国内.

2017年度, 独立行政法人国立病院機構九州ブロック
実習指導者養成講習会, 看護教育課程 小児看護学 2コマ, 非常勤講師, 国内.

2016年度, 高知県立大学大学院看護学研究科, 前期(夏期集中)6コマ, 集中講義, 国内.

2016年度, 久留米大学大学院, 後期集中3コマ, 集中講義, 国内.

2016年度, 産業医科大学・産業保健学部, 後期(2コマ)子どもホスピスと看護の役割, 非常勤講師, 国内.

2016年度, 独立行政法人国立病院機構九州ブロック
実習指導者養成講習会, 看護教育課程 小児看護学 2コマ, 非常勤講師, 国内.

2015年度, 久留米大学大学院, 後期集中3コマ, 集中講義, 国内.

2015年度, 独立行政法人国立病院機構九州ブロック
実習指導者養成講習会, 看護教育課程 小児看護学 2コマ, 非常勤講師, 国内.

2015年度, 産業医科大学・産業保健学部, 後期(2コマ)子どもホスピスと看護の役割, 非常勤講師, 国内.

2014年度, 高知県立大学看護学部, 前期(夏期集中)6コマ, 集中講義, 国内.

2015年度, メンタルケア協会, 後期1コマ, 非常勤講師, 国内.

2014年度, 産業医科大学・産業保健学部, 後期(2コマ)子どもホスピスと看護の役割, 非常勤講師, 国内.

2014年度, 独立行政法人国立病院機構九州ブロック
実習指導者養成講習会, 看護教育課程 小児看護学 2コマ, 非常勤講師, 国内.

2014年度, 公益社団法人日本重症心身障害福祉協会認定 重症心身障害看護師研修会講師, 後期 2コマ(看護倫理), 非常勤講師, 国内.

2013年度, 公益社団法人日本重症心身障害福祉協会認定 重症心身障害看護師研修会講師, 後期 5時間(看護倫理、カウンセリング), 非常勤講師, 国内.

2013年度, 独立行政法人国立病院機構九州ブロック
実習指導者養成講習会, 看護教育課程 小児看護学 2コマ, 非常勤講師, 国内.

2013年度, 産業医科大学・産業保健学部, 後期(1コマ)子どもホスピスと看護の役割, 非常勤講師, 国内.

2012年度, 産業医科大学・産業保健学部, 後期(1コマ)子どもホスピスと看護の役割, 非常勤講師, 国内.

2012年度, 独立行政法人国立病院機構九州ブロック
実習指導者養成講習会, 看護教育課程 小児看護学 2コマ, 非常勤講師, 国内.

2011年度, 福岡市立こども病院, 実践に役立つ看護理論(1コマ), 非常勤講師, 国内.

2011年度, 独立行政法人国立病院機構九州ブロック
実習指導者養成講習会, 看護教育課程 小児看護学 2コマ, 非常勤講師, 国内.

2011年度, 産業医科大学・産業保健学部, 後期(1コマ)子どもホスピスと看護の役割, 非常勤講師, 国内.

2010年度, 産業医科大学・産業保健学部, 後期(1コマ)子どもホスピスと看護の役割, 非常勤講師, 国内.

2010年度, 福岡県看護協会教育研修会(看護研究), 集中講義, 国内.

2010年度, 独立行政法人国立病院機構九州ブロック
実習指導者養成講習会, 非常勤講師, 国内.

2010年度, 西南学院大学 人間科学部, 集中講義, 国内.

2009年度, 独立行政法人国立病院機構九州ブロック
実習指導者養成講習会, 非常勤講師, 国内.

2009年度, 福岡県看護教員養成課程, 非常勤講師, 国内.

2009年度, 西南学院大学 人間科学部, 集中講義, 国内.

2008年度, 福岡県看護教員養成講習会, 8月17日~8月19日(9コマ), 集中講義, 国内.

2008年度, 産業医科大学・産業保健学部, 前期(1コマ)障害のある子どもの看護
後期(1コマ)子どもと家族と社会, 非常勤講師, 国内.

2008年度, 西南学院大学・人間科学部, 前期(小児保健学実習), 非常勤講師, 国内.

2007年度, 西南学院大学・人間科学部, 後期(小児保健学実習), 非常勤講師, 国内.

2007年度, 福岡県看護協会教育研修会(看護研究), 集中講義, 国内.

2007年度, 産業医科大学・産業保健学部, 前期(1コマ)
後期(1コマ), 非常勤講師, 国内.

国際教育イベント等への参加状況等
2017.10, International Nursing Research Conference参加、発表, TNMC&WANS .

2017.02, ホスピス国際ワークショップ:喪失と悲嘆ー悲嘆ケアの専門家とともに考えるー, Japan, ピースハウスホスピス教育研究所.

2016.01, Bereavement Care Work Shop, UK
, Child Bereavement UK, 50.

2014.10, Co Teaching Program, 高雄医学大学・台湾, 高雄医学大学.

2010.07, 3rd International Regions Benchmarking Consortium (IRBC), Japan・Fukuoka City, International Regions Benchmarking Consortium .


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」