九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
赤木 右(あかぎ たすく) データ更新日:2018.05.24

教授 /  理学研究院 地球惑星科学部門 太陽惑星系物質科学


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
平成5年 海洋に関わる研究分野で必要とされる分析機器・方法の調査研究委員会
平成17年 『酸素安定同位体比による井戸水判定の有用性の検証調査』委員会
平成17年、18年 河川におけるケイ酸など無機溶存物質の流出機構に関する研究会
新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2014.08, 有明新報, 『生命の進化と酸素』に関する講演について、概要が紹介された.

2006.06, 福島新聞, 尾瀬賞受賞の様子が紹介された。.

2006.03, 山陽新聞, 自分の研究に対する姿勢が取材された。.

2006.03, おかやま財界, 自分の研究に対する姿勢が取材された。.

1999.07, 毎日新聞, 全般の研究と自分自身が紹介された.

2001.04, 朝日新聞, 学者と社会についての意見が、『私の視点』に掲載された。.

2004.07, テレビ朝日, キッズニュースで尾瀬のミズゴケによる大気中の二酸化炭素濃度の変動の研究が紹介された。.

2004.06, 朝日新聞, 尾瀬のミズゴケによる大気中の二酸化炭素濃度の変動の研究が紹介された。.

2005.07, 毎日新聞, 夕刊トップに尾瀬ミズゴケを用いた窒素の研究が報じられた。.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2015.08, 生命の進化と酸素, 大牟田 シンメイルーム, 福岡県大牟田市.

2008.03, 第5回「愛知・川の会」活動発表交流会 テーマ: 水でつながる山、里、川、海 内 基調講演
「陸上植物が河川水に与える影響−川は地球生命体の動脈」, 愛知・川の会, 名古屋.

2007.12, 尾瀬国立公園の記念式典に、養老孟司、中村玲子氏らとともに記念講演の演者として招かれ、一般市民からなる聴衆約700人に対し、科学者としての立場から湿原の重要性を伝えた。テレビ、新聞、インターネット等で、講演の内容が伝えられた。, 尾瀬国立公園記念事業実行委員会, 日本消防会館ニッショーホール.

2007.11, ケイ酸研究会 成果発表会, 河川環境管理財団, 東京.

2008.12, 尾瀬国立公園記念式典記念講演 「湿原から考える地球・人間環境」, 尾瀬国立公園記念事業実行委員会, 東京.

2007.06, 尾瀬賞受賞講演, 尾瀬保護財団, 東京.

2006.12, 河川水質勉強会, 河川環境管理財団, 東京.

2004.08, 環境科学について 技術職員のためのセミナー, 文部科学省, 東京.

1996.08, 府中市民講座 環境科学, 府中市, 東京.

2001.08, 府中市民講座 環境科学, 府中市, 東京.

1996.11, 同位体比質量分析計の応用, 丸文, 東京.

2002.04, 同位体比質量分析の基礎と応用, ジャスコ, 東京.

初等・中等教育への貢献状況
2012.10, 鞍手高校 出前講義.

2011.08, 教員免許状更新講習 講師.

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2015.04~2017.03, 人材育成プログラム委員.

2012.04~2014.03, 教務委員長.

2010.10~2011.09, 就職担当委員.

2010.04~2012.03, 資源エネルギー管理運営委員会.

2008.04~2009.03, 部門長/専攻長/学科長.

2007.04~2008.03, 経理委員会委員長.

2006.04, AS運営委員会.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」