九州大学 研究者情報
総説一覧
松永 直哉(まつなが なおや) データ更新日:2019.06.19

准教授 /  薬学研究院 臨床薬学部門 グローカルヘルスケア分野


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 大戸茂弘、小柳悟、松永直哉, 分子時計を基盤にした薬物動態の日内変動, 臨床薬理, 2012.12.
2. 大戸茂弘、小柳悟、松永直哉, 体内時計を基盤とした時間治療, BIO Clinica, 2012.12.
3. 大戸茂弘、小柳悟、松永直哉, 生体リズムと治療, Drug Metabolism and Pharmacokinetics, 2013.10.
4. 小柳悟、松永直哉、大戸茂弘, 体内時計による医薬品体内動態の概日リズム制御, Drug Metabolism and Pharmacokinetics, 2013.10.
5. 松永 直哉, 分子時計機構を基盤とする薬物誘発性肝癌の新規発症機構の解析, 臨床薬理の進歩, 2015.05.
6. 松永 直哉, 生体リズムの分子機構を基盤とした臨床薬剤学 「癌細胞を標的とした時間薬物送達システム」
, 2015.06.
7. Matsunaga N, Okazaki F, Koyanagi S, Ohdo S., Chrono-drug delivery system based on the circadian rhythm of transferrin receptor, Nihon Rinsho., 2013.12.
8. 大戸茂弘、小柳悟、松永直哉. , 薬効および薬物動態の日周リズムの制御機構. , Organ Biology, 2011.08.
9. 小柳悟、松永直哉、大戸茂弘., 体内時計と降圧薬の時間薬物療法., 血圧, 2011.07.
10. 大戸茂弘、小柳悟、松永直哉., 時間薬理学とはなにか. , 日本薬理学会雑誌, 2011.05.
11. 松永 直哉, 生体リズムとDDS, 医薬ジャーナル, 2009.06.
12. 松永 直哉, トランスフェリン受容体と時間薬物送達システム, 日本臨床, 2013.12.
13. Matsunaga N., Dosing time based on molecular mechanism of biological clock of hepatic drug metabolic enzyme, 2009.11.
14. Ohdo S, Koyanagi S, Matsunaga N. , Chronopharmacological strategies: Intra- and inter-individual variability of molecular clock. , Adv Drug Deliv Rev., 2010.08.
15. Ohdo S, Koyanagi S, Matsunaga N, Hamdan A., Molecular basis of chronopharmaceutics., J Pharm Sci., 2011.09.
16. Ohdo S, Koyanagi S, Matsunaga N., Chronopharmacology., 2011.03.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」