九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
濱田 繁(はまだ しげる) データ更新日:2017.11.01

准教授 /  工学研究院 機械工学部門 材料力学講座


教育活動概要
 教育としては,機械設計の基礎となる「材料力学」・「弾性力学」・「材料試験」を,学部生を対象として実施している。社会に出て活用できるような教育となるように,企業での経験を含めて実例を含めた教育を行なうよう心がけている。
担当授業科目
2017年度・前期, 機械工学実験第一.

2017年度・前期, 弾性力学第二・同演習.

2017年度・前期, 材料力学第二・同演習.

2017年度・前期, 材料強度学.

2016年度・後期, 弾性力学第二.

2016年度・後期, 弾性力学第一・同演習.

2016年度・後期, 材料力学第一.

2016年度・前期, 弾性力学第二・同演習.

2016年度・前期, 材料力学第二・同演習.

2016年度・前期, 機械工学実験第一.

2016年度・前期, 材料強度学.

2015年度・後期, 弾性力学第一・同演習.

2015年度・後期, 材料力学第一.

2015年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2015年度・前期, 弾性力学第二・同演習.

2015年度・前期, 材料力学第二・同演習.

2015年度・前期, 材料強度学.

2015年度・前期, 機械工学実験第一.

2013年度・後期, 弾性力学第一・同演習.

2014年度・後期, 弾性力学第一・同演習.

2014年度・後期, 材料力学第一・同演習.

2014年度・後期, 弾性力学第二.

2014年度・前期, Mechanical and AerospaceEngineering Experiments I.

2014年度・前期, 弾性力学第二・同演習.

2014年度・前期, 機械工学実験第一.

2014年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2014年度・前期, 水素エネルギー構造材料学.

2014年度・前期, 材料強度学.

2014年度・前期, 高剛性自動車構造学特論.

2012年度・前期, 高剛性自動車構造学特論.

2013年度・前期, 弾性力学第二・同演習.

2013年度・後期, 材料力学第二・同演習.

2013年度・後期, 弾性力学第二.

2013年度・前期, 先端材料学.

2013年度・前期, コアセミナー.

2013年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2013年度・前期, 材料力学第一.

2013年度・前期, 機械工学実験第一.

2013年度・前期, Mechanical and AerospaceEngineering Experiments I.

2013年度・後期, Advanced Engineering A.

2012年度・前期, Mechanical and AerospaceEngineering Experiments I.

2012年度・前期, 弾性力学第二・同演習.

2012年度・前期, 材料力学第一.

2012年度・後期, 材料力学第二・同演習.

2012年度・前期, 機械工学実験第一.

2012年度・前期, 先端材料学.

2012年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2012年度・前期, コアセミナー.

2011年度・後期, 材料力学第二・同演習.

2011年度・前期, 弾性力学演習.

2011年度・前期, 弾性力学.

2011年度・前期, 材料力学第一.

2011年度・前期, 機械工学実験第一.

2011年度・前期, 先端材料学.

2011年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2011年度・前期, 高剛性自動車構造学特論.

2011年度・前期, コアセミナー.

2010年度・後期, 材料力学第二演習.

2010年度・後期, 材料力学第二.

2010年度・前期, 弾性力学演習.

2010年度・前期, 弾性力学.

2010年度・前期, 材料力学.

2010年度・前期, 材料力学第一.

2010年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2010年度・前期, 先端材料学.

2009年度・後期, 弾性力学第二.

2009年度・後期, 材料力学(乙).

2010年度・前期, 機械工学実験第一.

2010年度・前期, 高剛性自動車構造学特論.

2010年度・前期, コアセミナー.

2008年度・後期, 弾性力学第二.

2008年度・後期, 材料力学(乙).

2008年度・前期, 弾性力学第一.

2008年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2008年度・前期, コアセミナー.

2007年度・後期, 弾性力学第二.

2007年度・後期, 材料力学(乙).

2007年度・前期, 弾性力学第一.

2007年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2007年度・前期, コアセミナー.

2006年度・前期, コアセミナー.

2007年度・前期, 機械工学実験第一.

2006年度・前期, 機械工学実験第一.

2006年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2006年度・後期, 材料力学(乙).

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2017.08, 部局, 参加, 本格的な共同研究に向けた取組み,東北大学工学研究科・工学部の現状と課題.

2016.03, 学科, 参加, グローバル人材育成のための修士課程でのドイツ留学.

2015.03, 部局, 参加, 機械工学教育におけるルーブリック導入の試み.

2013.02, 部局, 参加, 工学系学生のグローバル化教育はどうあるべきか.

2013.03, 部局, 参加, 工学教育の質向上.

2012.12, 学科, 参加, 平成24年度第1回機械系FDセミナー 教育と研究をどう両立させるか ―個人的経験から.

2012.08, 全学, 参加, Opening IUPE courses of General Education to Japanese Students.

2012.08, 学科, 参加, 平成24年度第1回機械系FDセミナー.

2012.03, 部局, 参加, 工学教育の質向上.

2012.02, 学科, 参加, 平成23年度第3回機械系FDセミナー 「”企業での育成と育つ人材”(企業の課題と個人の課題)」.

2011.02, 部局, 参加, 工学教育の質向上(九州大学工学部における工学教育に求められているもの).

2010.05, 学科, 参加, 英語による授業の実施について.

2010.03, 部局, 参加, 工学教育の質向上.

2009.10, 部局, 参加, 英語による授業の現状と課題 等.

2008.09, 学科, 参加, 科研費,競争的研究資金の獲得および国際的アクティビティの向上について.

2008.08, 学科, 参加, 授業におけるWebCTの利用.

2008.04, 全学, 参加, 新任研修.

2008.03, 部局, 参加, 工学研究院の将来構想策定とその理解共有・実行に向けて-QUEST-MAPの役割と活用-.

2007.06, 学科, 参加, 理工系大学院における燃料電池・水素分野の人材育成に関する調査.

2007.04, 全学, 参加, 新任教員の研修.

2007.03, 全学, 参加, GPA導入に際して.

2007.03, 学科, 参加, キャンパス移転の現状と課題から学生支援を考える-移転に関する調査結果および学生相談の経験から-.

2007.03, 部局, 参加, 工学部(府)FD.

2006.10, 学科, 参加, 新入生数学基礎学力調査について.

学生のクラス指導等
2016年度, 学部, 4年生クラス担任.

2015年度, 学部, 3年生クラス担任.

2014年度, 学部, 2年生クラス担任.

2013年度, 学部, 1年生クラス担任.

2012年度, 学部, 4年生クラス担任.

2011年度, 学部, 3年生クラス担任.

2010年度, 学部, 2年生クラス担任.

2008年度, 学部, 3年生クラス担任.

2007年度, 学部, 2年生クラス担任.

2006年度, 学部, 1年生クラス担任.


九大関連コンテンツ