九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
中島 裕典(なかじま ひろのり) データ更新日:2018.03.27

助教 /  工学研究院 機械工学部門 水素利用工学講座


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
固体高分子形燃料電池,固体酸化物形燃料電池の運転状態診断法および性能向上のための物質輸送,熱解析,ならびにリチウムイオン二次電池の評価・解析法に関して,民間企業と共同研究を実施している.
国際会議を通して,海外の研究者と交流を図っている.
地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS) 「高効率燃料電池と再生バイオガスを融合させた地域内エネルギー循環システムの構築」に分担研究者として参加し,ベトナム国家大学ホーチミン市校ナノテク研究所、カントー大学、ホーチミン市工科大学との連携研究開発を進めている.
一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2016.11, 平成28年度 技術者育成セミナー 「燃料電池コース」 講師, 福岡水素エネルギー人材育成センター (福岡水素エネルギー戦略会議), 九州大学.

2015.10, 第18回技術者育成コース 講師, 福岡水素エネルギー戦略会議, 九州大学.

2014.11, 第17回技術者育成コース 講師, 福岡水素エネルギー戦略会議, 九州大学.

2013.07, 第16回技術者育成コース 講師, 福岡水素エネルギー戦略会議, 九州大学.

2011.03, 次世代汎用主力FCの座を目指して 固体酸化物形燃料電池「SOFC」の新展開 Bコース 第7講 耐久性向上へ向けたSOFCのセル・スタック温度および熱応力分布解析(依頼講演), 株式会社エヌ・ティー・エス, ホテル機山館 東京都文京区.

2010.10, 固体酸化物形燃料電池(SOFC)の基盤的研究~スタック温度分布および熱応力分布解析~(依頼講演),水素エネルギー先端技術展2010 九大・産総研・NEDO専門セミナー 燃料電池・水素技術分野における最新の研究動向, 九州大学 (独)産業技術総合研究所 水素材料先端科学研究センター (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構九州支部, 西日本総合展示場 新館 北九州市.

2010.01, SOFCの各部過電圧解析に基づく自己運転診断制御法による安全確保ならびに最適制御による性能向上に関する研究~燃料多様化への展開~(依頼講演),平成21年度研究分科会(第3回) ~ 燃料電池要素研究分科会 ~, 福岡水素エネルギー戦略会議, 九州大学.

2009.07, 円筒形マイクロSOFCの交流インピーダンス測定による過電圧および熱解析(依頼講演),中島裕典(<- 中嶋裕典),2009(平成21)年度 第1回 関西電気化学研究会, 電気化学会関西支部,電気化学会,米国電気化学会(The Electrochemical Society Inc.)日本支部, 京都大学.

2008.12, 固体酸化物形燃料電池(SOFC)の自己運転診断制御法による安全確保及び最適制御による性能向上に関する研究(依頼講演),平成20年度研究分科会(第3回) ~ 水素社会システム・実証検討分科会 ~ ~ 燃料電池要素研究分科会 ~, 福岡水素エネルギー戦略会議, 九州大学.

初等・中等教育への貢献状況
2013.10, 九州大学 水素エネルギー国際研究センター 模擬講義 ~水素と燃料電池~ 
, 福岡県立筑紫中央高校2年生.


九大関連コンテンツ