九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
波潟 剛(なみがた つよし) データ更新日:2019.08.06



社会貢献・国際連携
一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2018.01, 公開講座「物語と異文化コミュニケーション」, 九州大学大学院地球社会統合科学府提携講座, 朝日カルチャーセンター.

2018.01, 特別講義「日本のなかの韓国―在日コリアン文学最新事情」, 北九州市立大学.

2016.01, 「モダンの文学、モダンなアジア」(第4回、発表題目「モダン都市福岡の文学と文化」), 平成27年度科学研究費助成事業、福岡市文学館共催, 福岡市赤煉瓦文化館.

2015.12, 特別講義「韓流・交流・自分流」, 北九州市立大学.

2015.09, 「韓日/日韓関係と韓国・九州間交流協力フォーラム」(発表題目「九州における韓国との文化交流」), 駐福岡大韓民国総領事館・九州大学韓国研究センター, ヒルトン福岡シーホーク.

2014.01, 第5回地球社会統合科学セミナー「メディア・表象・言語」, 九州大学地球社会統合科学府設置準備委員会, 九州大学伊都キャンパス.

2013.02, 「近くて遠い歴史」, 平成24年度科学研究費補助金・福岡市文学館市民公開講座「もう一つの〈日本〉ー韓流とタイランドからのまなざし」.

2012.12, 「昭和モダンと東アジア」, 九州大学2012年度公開講座「日本的なものの再評価ー新しい日本研究を考える」.

諸外国を対象とした高度専門職業人教育活動
2018.11~2018.11, 特別講義「日本近現代文学研究の課題」(於:輔仁大学), Taiwan.

2018.11~2018.11, 講演「日本近代のジャーナリストにみる異国趣味とモダン風俗ー西口紫溟の軌跡:台湾から、山口、東京、福岡へ」(於:政治大学)
, Taiwan.

2018.03~2018.03, 特別講義「日本近現代文学研究―総論・各論」(浙江大学), China.

2018.01~2018.01, Assembly”Did Line Murder the Circle, Or the Courses Between a White Zeppelin and Butterfly”(Seoul)
<직선은 원을 살해하였는가, 혹은 Z白호와 버터플라이 사이의 코스들>, Korea.

2017.04~2017.04, 特別講義「小説の読解ー安部公房「赤い繭」を例にー」(復旦大学), China.

2017.04~2017.04, 特別講義「日本近代文学と中国ー阿部知二を例にー」(復旦大学), China.

2017.04~2017.04, 講演「文学鑑賞と文学研究ー見て、読んで、考えた、その後の話」(上海財経大学), China.

2017.03~2017.03, 講演「「研究」という予告編」(華中師範大学), China.

2017.03~2017.03, 講演「今、日本文学研究者に求められていること」(華中師範大学), China.

2016.10~2016.10, 講演「自著『越境のアヴァンギャルド』をふりかえる」(国立政治大学), Taiwan.

2015.11~2015.11, 講演「日本における文学研究者の現状」(東呉大学), Taiwan.

2015.09~2015.09, 特別講義「「문학」의 활용법—큐슈 대학에서의 교육을 예로—」(釜慶大学), Korea.

2014.03~2014.03, 特別講義「1930年代をめぐる懐古/歴史/現在ー昭和モダンへの招待」(於誠心女子大学), Korea.

2012.06~2012.06, 高麗大学日本研究センターコロキウム「1930年代東アジアモダニズム研究の動向」, Korea.

2012.05~2012.05, 講演「鑑賞から研究への道案内ーああ面白かったで終わらないために」(於極東大学), Korea.

2012.04~2012.04, ソウル大学日本研究所専門家セミナー「ジャンル化する30年代ー日本と韓国におけるゼロ年代の表象をめぐって」, Korea.

2012.04~2012.04, 講演「現代文化と文学ー日本における昭和30年代ブームとその後」(於東義大学), Korea.

その他の優れた社会貢献活動
2008年度, 九州芸術祭文学賞北九州市地区選考委員(2018年度まで).

2007年度, 福岡市史編集委員会(近現代部門)委員(現在に至る).

2007年度, 福岡市文学館資料委員会委員(2018年度まで).


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」