九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
古賀 友紀(こが ゆうき) データ更新日:2019.07.29

准教授 /  医学研究院 成長発達医学


主な研究テーマ
小児ホジキンリンパ腫臨床研究
キーワード:小児ホジキンリンパ腫臨床研究
2015.10~2025.09.
小児がん患者における輸血後鉄過剰症~血清フェリチン値とsiderocyteおよびside
roblast割合の相関性~
キーワード:輸血後鉄過剰症
2012.04~2020.05.
再発小児白血病におけるサイトカイン発現特異性の解析と早期予知
キーワード:小児腫瘍学
2009.04.
従事しているプロジェクト研究
小児脳腫瘍班研究
2015.04~2020.03, 代表者:原純一, 大阪市立総合医療センター.
小児悪性リンパ腫 国際共同研究
2012.01~2020.01, 代表者:小林良二, JPLSG
小児悪性リンパ腫 国際共同研究.
研究業績
主要著書
1. 古賀 友紀, 小児ホジキンリンパ腫の標準的治療は何か 小児白血病・リンパ腫診療ガイドライン 2016年版, 2016.07.
2. 古賀 友紀, Hodgkinリンパ腫 

, 小児血液腫瘍学 第2章小児がん A造血器腫瘍 日本小児血液がん学会編集, 2015
, 2015.05.
3. 古賀 友紀, 疾患からみる画像診断の進め方・読み方 骨・軟部腫瘍, 2015年 Vol.78 No.増刊号 2015-04-07
, 2015.04.
主要原著論文
1. Yuhki Koga, A paediatric case of successful non-myeloablative bone marrow transplantation after azacitidine therapy for non-Down syndrome acute megakaryoblastic leukaemia with monosomy 7, Pediatr Transplant , 2016.07.
2. Yuhki Koga, Sudden Death during Palliative Radiotherapy for a Relapsed Osteosarcoma, J Palliat Med, 2016.07.
3. Utako Oba, Yuhki Koga, Toshiro Hara, Donor lymphocyte infusion is an effective therapy for relapsed Hodgkin lymphoma after reduced-intensity allogeneic hematopoietic stem cell transplantation.

, Int J Hematol
, 100, 5, 511-513, 2014.11.
4. Utako Oba, Yuhki Koga, Hoshina Takayuki, An adolescent female having hepatocellular carcinoma associated with hepatitis B virus genotype H with a deletion mutation in the pre-S2 region.
, J Infect Chemother., 21, 4, 302-304, 2015.04.
5. Yuko Tanaka, Yuhki Koga, Hidetoshi Takada, Pilocytic astrocytoma at the medulla oblongata dorsal surface presenting as intractable hiccups., Pediatr Neurol., 52, 2, 254-255, 2015.02.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 古賀友紀、熊谷昌明, 小児ホジキンリンパ腫, 日本小児血液学会雑誌, 2010.08.
主要学会発表等
1. 古賀 友紀, 小児とAYA 世代ホジキンリンパ腫に対する造血幹細胞移植成績の比較~TRUMP データを用いた解析~, 第58回日本小児血液・がん学会学術集会, 2016.12.
2. 古賀 友紀, Myeloid sarcoma presenting as a thoracic wall mass with pleural invasion preceding over AML, 第78回日本血液学会学術集会, 2016.10.
3. 古賀 友紀, 小児がん患者に正しい情報を伝えること~病名・病状・予後告知について~, 第22回九州山口小児血液・腫瘍研究, 2016.09.
4. 古賀 友紀, 大学病院における小児緩和ケアチームの取り組み, 第26回日本緩和医療学会学術集会, 2016.06.
5. 古賀 友紀, 2001年-2014年に当院で診断・加療を行った網膜芽細胞腫55例の解析

, 第57回日本小児血液・がん学会学術集会, 2015.11.
6. 古賀 友紀, 急性巨核芽球性白血病(M7)における髄外病変の検討~非ダウン症、ダウン症の比較~, 第77回日本血液学会学術集会, 2015.10.
7. 古賀 友紀, 難治性小児がんに対するがん免疫療法の試み

, 福岡がん化学療法研究会, 2015.06.
8. 古賀 友紀, 「小児がん治療の現状と晩期合併症」
シンポジウムテーマ:より安心・安全な小児歯科医療を目指して
, 第33回日本小児歯科学会九州地方会大会, 2015.11.
9. 古賀 友紀, Randomized study of granulocyte colony stimulating factor for childhood B-cell non-Hodgkin lymphoma: a report from the Japanese pediatric leukemia/ lymphoma study group B-NHL03 study
, 5th International Symposium on Childhood, Adolescent and Young Adult Non-Hodgkin Lymphoma, 2015.10.
10. 古賀 友紀, 小児がん患者に対するデフェラシロクス療法の有用性と安全性の検討

, 第56回日本小児血液・がん学会.
11. 古賀 友紀, ~おかあさんとこどもの医療の最前線~「小児がん治療の進歩~小児がん医療を支える現場から~」, 第12回市民公開講座, 2014.08.
学会活動
所属学会名
日本緩和医療学会
日本臨床腫瘍学会
日本臨床血液学会
日本小児科学会
日本小児血液学会
日本造血幹細胞移植学会
日本小児がん学会
日本血液学会
学協会役員等への就任
2012.04~2018.05, 日本小児血液がん学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.09.03~2016.09.03, 第22回九州山口小児血液・腫瘍研究会, 座長(Chairmanship).
2016.05.28~2016.05.28, 第20回小児血液セミナー, 座長(Chairmanship).
2016.02.27~2016.02.27, 第45回九州地区小児固形悪性腫瘍研究会, 座長(Chairmanship).
2015.06.06~2015.06.06, 第21回九州山口小児血液・腫瘍研究会, 座長(Chairmanship).
2015.11.28~2015.11.28, 第57回日本小児血液・がん学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2014.06.14~2014.06.14, 第20回九州山口小児血液・腫瘍研究会 , 座長(Chairmanship).
2014.11.28~2014.11.30, 第56回日本小児血液・がん学会, 座長(Chairmanship).
2014.05.07~2015.05.10, 2nd International Symposium on Childhood, Adolescent and Young Adult Hodgkin Lymphoma , 座長(Chairmanship).
2013.11.29~2013.12.01, 第55回日本小児血液・がん学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2009.06~2009.06, 第455回日本小児科学会福岡地方会, 座長(Chairmanship).
2007.12.08~2007.12.08, 第447回日本小児科学会福岡地方会, 座長(Chairmanship).
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度  
2015年度    
2013年度      
2011年度      
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2023年度, 基盤研究(C), 代表, 小児ホジキンリンパ腫の病態解明による治癒率のさらなる向上への試み.
2013年度~2018年度, 基盤研究(C), 代表, 小児がん患者における輸血後鉄過剰症に対する鉄キレート療法の有用性.
2009年度~2012年度, 若手研究(B), 代表, 再発小児白血病におけるサイトカイン発現特異性の解明と早期予知法の開発.
2007年度~2008年度, 若手研究(B), 代表, アポトーシス関連分子およびサイトカインの包括的検討による小児悪性腫瘍の病態解析.
2007年度~2009年度, 若手研究(B), 代表, アポトーシス関連分子およびサイトカインの包括的検討による小児悪性腫瘍の病態解析.
2005年度~2006年度, 若手研究(B), 代表, 臍帯血中樹状細胞における網羅的遺伝子発現解析:成人末梢血中樹状細胞との比較.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」