九州大学 研究者情報
発表一覧
森 周司(もり しゆうじ) データ更新日:2019.07.16

教授 /  システム情報科学研究院 情報学部門 知能科学講座


学会発表等
1. 片岡昭仁,森周司, 視覚探索における方向判断の基準と枠組みの関係, 日本視覚学会1999年冬季大会, 1999.01.
2. Eisler, A. D., Mori, S., Murata, M., Saito, O., Okabe, A., Subjective duration in Japanese and Swedish males, Conference of the International Association for Cross-Cultural Psychology and the International Test Commission, 1999.06.
3. 草野崇,二口聡,森周司, 2区間強度弁別における聴覚注意の再検討, 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会, 1999.07.
4. 森周司,二口聡, 強度弁別における聴覚注意のメカニズム, 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会, 1999.07.
5. Tanaka, G., Ohta, Y., Inadomi, H., Hamada, Y., Mori, S., Michitsuji, S., Analysis of information-processing deficits in schizophrenic patients using a visual search task, 11th World Congress of Psychiatry, 1999.08.
6. 二口聡,草野崇,森周司, 注意手がかり効果の再検討 ‐強度弁別における余剰な判断基準の影響‐, 日本音響学会秋期研究表会, 1999.09.
7. 森周司,Willy Wong, 不思議な'波'7±2, 日本心理学会第63回大会, 1999.09.
8. Mori, S., Toward a study of sports psychophysics, 15th Annual Meeting of the International Society for Psychophysics, 1999.10.
9. Mori, S., Frame of reference for orientation in visual search, 40th Annual Meeting of the Psychonomic Society, 1999.11.
10. 草野崇,森周司, 方向知覚の座標系と探索非対称性, 日本視覚学会2000年冬季大会, 2000.01.
11. 草野崇,森周司, 探索非対称性におけるコントラストの影響, 日本視覚学会2000年夏季大会, 2000.07.
12. 森周司,草野崇, 方向知覚の関係枠と探索非対称性の逆転, 日本心理学会第64回大会, 2000.10.
13. Mori, S., Kusano, T., Kataoka, A., Frame effects on visual search are not black-and-white, 41st Annual Meeting of the Psychonomic Society, 2000.11.
14. 草野崇,森周司, 線分方向の視覚探索における輝度依存性, 日本視覚学会2001年冬季大会, 2001.01.
15. 森周司, 傾いた枠の中の方向知覚メカニズム, 日本心理学会第65回大会, 2001.09.
16. Lacouture, Y., Grondin, S., Mori, S, Absolute identification of temporal intervals: Preliminary data, 17th Annual Meeting of the International Society for Psychophysics, 2001.10.
17. Tanaka, G., Hamada, Y., Inadomi, H., Mori, S., Nozoe, Y., Ohta, Y, Visual information processing deficits in schizophrenic patients, 13th World Congress of Occupational Therapists, 2002.08.
18. 森周司,大谷芳夫,今中国泰, 空手道競技選手の反応時間と予測, 日本心理学会第66回大会, 2002.09.
19. 瀬谷安弘,森周司, スポーツ場面での知覚機能における追従眼球運動システムの役割 ‐注視の維持から見た空手道選手の知覚機能研究‐, 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会, 2002.12.
20. 森周司, 情報マスキングと聴覚ポップアウト, 日本心理学会第67回大会, 2003.09.
21. 瀬谷安弘,森周司, OKN抑制から見た空手道選手の知覚機能研究, 日本心理学会第67回大会, 2003.09.
22. Mori, S., Seya, Y., Expertise perception of karate athletes in realistic and nonrealistic displays, 44th Annual Meeting of the Psychonomic Society, 2003.11.
23. 森周司, 情報マスキング下の感受性と検出閾, 日本音響学会聴覚研究会, 2003.12.
24. 森周司, 感受性、検出閾、聴覚フィルター ‐聴覚フィルターによる情報マスキングの効果の定量化‐, 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会, 2003.12.
25. 瀬谷安弘,森周司, 空手道選手の追従眼球運動中の反応時間特性, 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会, 2003.12.
26. Shuji Mori, Expertise perception and reaction times of karate athletes in realistic displays, 28th International Congress of Psychology, 2004.08.
27. 森周司, 周波数と強度による聴覚探索, 日本心理学会第68回大会, 2004.09.
28. 瀬谷安弘,森周司,古賀一男, 追従性眼球運動の正確性と反応時間の関係 –空手道選手と一般人の比較-, 日本心理学会第68回大会, 2004.09.
29. 小島成実,森周司, 日本語及び英語母語話者間における,一音節英単語音声に同期した指運動のタイミングの比較検討, 日本音響学会聴覚・音楽音響研究会, 2004.12.
30. 瀬谷安弘,森周司, 追従性眼球運動中の反応時間 −追従の正確性と網膜偏心度の効果の検討−, 日本視覚学会2005年冬季大会, 2005.01.
31. 森周司, 聴覚探索のフィルターモデルの検証, 日本心理学会第69回大会, 2005.09.
32. 瀬谷安弘,森周司, 追従性眼球運動中の反応時間 −網膜偏心度と追従刺激速度の効果−, 日本心理学会第69回大会, 2005.09.
33. Shuji Mori, Psychophysical approach to auditory search in frequency and intensity dimensions, 21st Annual Meeting of the International Society for Psychophysics, 2005.10.
34. Yasuhiro Seya, Shuji Mori, Tracking and responding to a visual target, 21st Annual Meeting of the International Society for Psychophysics, 2005.10.
35. Seya, Y., Mori, S., Speed-accuracy tradeoff in reaction times during smooth pursuit, 46th Annual Meeting of Psychonomic Society, 2005.11.
36. 瀬谷安弘,森周司, 追従性眼球運動の正確性と反応時間のトレードオフ, 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会, 2005.12.
37. 小島成実,森周司, 日本語母語聴者による日本語音声の速さの評価に用いられる音韻単位 −モーラと音節の比較−, 日本音響学会聴覚研究会, 2006.04.
38. Shuji Mori, Takayuki Sasaki, Gap detection in a tonal sequence with a frequency change, 22nd Annual Meeting of the International Society for Psychophysics, 2006.07.
39. 森周司、佐々木隆之, 周波数変化を伴う音系列中の空白の検出, 日本心理学会第70回大会, 2006.11.
40. 瀬谷安弘、森周司, 視覚対象に対する追従性眼球運動と反応時間, 日本心理学会第70回大会, 2006.11.
41. Shuji Mori, Lost silence as a consequence of stream segregation, Fourth Joint Meeting of Acoustical Society of America and Acoustical Society of Japan, 2006.12.
42. 瀬谷安弘,森周司, 追従性眼球運動中の反応時間から見た注意の空間的移動 −手がかり呈示による注意の移動の効果−, 日本心理学会第71回大会, 2007.09.
43. Eisler, A. D., Eisler, H., Mori, S., Cognitive impairment and subjective time in Japanese schizophrenics and nonschizophrenics, 23rd Annual Meeting of the International Society for Psychophysics, 2007.10.
44. Yoshitomi, F., Mori, S., Study on motion perception in sport scenes using biological motion, 23rd Annual Meeting of the International Society for Psychophysics, 2007.10.
45. Mori, S., Seya, Y., Evaluation of expertise perception in sport, The 2nd International Symposium on Design of Artificial Environments, 2007.12.
46. 吉岡隆宏,松木裕二,森周司,植草理, 自動車運転中の覚醒状態と反応時間に関する基礎研究, 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会, 2007.12.
47. 森周司,稲富宏之,田中悟郎, 視覚探索反応に見られる統合失調症患者の視覚認知特性, 電子情報通信学会MEとバイオサイバネティックス研究会, 2008.01.
48. 嶋田拓朗、森周司, 偽装動作を含む身体運動の知覚と予測に関する研究, 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会, 2008.05.
49. Shuji Mori, Takahiro Yoshioka, Yuji Matsuki, Osamu Uekusa, Reaction times in automobile driving under various arousal states, 29th International Congress of Psychology, 2008.08.
50. 吉岡隆宏,松木裕二,森周司,植草理, 自動車運転中の眠気と反応時間の定量的関係, 電気関係学会九州支部第61回連合大会, 2008.09.
51. 森周司, 交周波数無音検出に影響する要因の検討, 日本心理学会第72回大会, 2008.09.
52. 嶋田拓朗、森周司, スポーツ選手の専門的知覚に偽装動作が及ぼす影響ラグビー選手による対戦相手の進行方向予測, 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会, 2008.12.
53. 吉冨史章、森周司, ペナルティキックのコース予測に見られるサッカー選手の専門的知覚バイオロジカルモーションによる検討, 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会, 2008.12.
54. 中野孝徳、森周司, 脳波を指標とした交周波数無音検出の検討, 日本音響学会聴覚研究会, 2008.12.
55. 積山 薫, 丸山 舞, 森 周司, 老視での読字に及ぼすコントラストの影響の探索, 日本認知心理学会第7回大会, 2009.07.
56. 田尾幸資, 中崎拓幸, 森 周司, 積山 薫, 日本語の文字認知における文字サイズとコントラストの影響, 日本視覚学会2009年夏季大会, 2009.07.
57. 中崎拓幸, 田尾幸資, 森 周司, 積山 薫, スクロール文字の認知における文字サイズの効果, 日本視覚学会2009年夏季大会, 2009.07.
58. 森 周司, 廣松幸太郎, バイオロジカルモーションの時空間遮蔽に表れるスポーツ選手の予測特性, 日本心理学会第73回大会, 2009.08.
59. 森 周司, 聴覚注意の周波数特性, 大阪大学臨床医工学融合研究教育センター第12回定例シンポジウム「聴覚機能とシミュレーション 〜実験・数理・工学的アプローチから解析する聴覚機能とその応用〜」, 2009.09.
60. Shuji Mori, Spatiotemporal occlusion of biological motion reveals anticipatory processes of expert players, JSPS Grant Kickoff Workshop “Experimental study on perception-action systems in real complex environments”, 2009.09.
61. Shuji Mori, Takuro Shimada, Psychophysical study of expertise perception of deceptive motion in rugby, 25th Annual Meeting of the International Society for Psychophysics, 2009.10.
62. Mori, S., Yoshitomi, F., Spatiotemporal occlusion of biological motion reveals anticipation processes of soccer players, 50th Annual Meeting of the Psychonomic Society, 2009.11.
63. 中野孝徳, 森 周司, 伊良皆啓治, 交周波数無音検出における行動閾値と脳波の関係, 電気学会医用・生体工学研究会, 2009.12.
64. 岩尾一優, 吉岡隆宏, 森 周司, 車線変更時の視線と身体運動の動的特性 −3画面ドライビングシミュレータを用いた実験的検討−, 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会, 2009.12.
65. 湖山洋平, 香田 徹, 森 周司, 内有毛細胞の機能を考慮した一次聴神経発火の確率モデル, 日本音響学会聴覚研究会, 2010.02.
66. 森周司, スポーツにおける視覚 ー認知科学の立場からー, スポーツ視覚研究会, 2010.05.
67. Yoshioka, T., Mori, S., Matsuki, T., & Uekusa, O., Stochastic change in driver's reaction time with arousal state, 27th International Congress of Applied Psychology, 2010.07.
68. 森周司, 複雑な実環境で形成される知覚−行動系の実験的研究, 日本心理学会第74回大会, 2010.09.
69. 三好智子、森周司, 事前視覚情報の利用が打球の方向予測に及ぼす影響 −熟練者と非熟練者の比較実験による検討−, 日本心理学会第74回大会, 2010.09.
70. Nakazaki, T.,Tao, K., Sekiyama, K., Hirose, N., & Mori, S., Optimal letter size for reading horizontally scrolling Japanese words, 6th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics, 2010.10.
71. Noguchi, J., Hirose, N., & Mori, S., Time to contact estimation in human vision - Effects of contour information -, 6th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics, 2010.10.
72. Tao, K., Nakazaki, T., Sekiyama, K., Hirose, N., & Mori, S., Study on impairment of reading letters at near distance, 6th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics, 2010.10.
73. 小田幸弘, 白石壮馬, 内田誠一, 廣瀬信之, 森 周司, 身体動作の視覚運動情報に基づく予測:ペナルティキッカーの動作解析と選手の予測成績からの検討, 日本視覚学会2012年冬季大会, 2011.01.
74. 小田幸弘, 廣瀬信之, 内田誠一, 森周司, ゴールキーパーがペナルティキックを止めるには −DPマッチングを用いたキッカーの動作解析−, 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会, 2011.05.
75. 本田達矢, 廣瀬信之, 森 周司, 色とフォントの組み合わせによる日本語文字の印象の変化, 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会, 2011.05.
76. 山田実, 樋口貴広, 永井宏達, 上村一貴, 森周平, 田中武一, 青山朋樹, 市橋則明, 転倒高齢者と非転倒高齢者では足元の注意要求課題時に異なる視線行動を呈する−実験研究と6ヶ月の介入研究による検証−, 第46回日本理学療法学術大会, 2011.05.
77. 服部貴政, 山田陽滋, 森周司, 岡本正吾, 原進, 危害の回避可能性の見積もりを目的とした回避動作特性解明のための心理学実験, 安全工学シンポジウム2011, 2011.07.
78. 服部貴政, 山田陽滋, 森周司, 岡本正吾, 原進, 眼に迫る危険源に対する人間の回避動作に関する心理学実験, 日本視覚学会2011年夏季大会, 2011.08.
79. Shuji Mori, Perception-deception coupling: How experts perceive deceptive actions, 2011 JSPS Grant workshop, 2011.08.
80. 服部貴政, 山田陽滋, 森周司, 岡本正吾, 原進, 眼に迫る危険源に対する人間の回避動作に関する反応時間分布の推定とモデリング, 第29回日本ロボット学会学術講演会, 2011.09.
81. 廣瀬信之, 野口 淳, 森 周司, 接近物体の輪郭ぼけは見積もり到達時間を増大させる, 日本心理学会第75回大会, 2011.09.
82. 三好智子, 森 周司, 打球方向の違いによる打撃動作の特徴, 日本心理学会第75回大会, 2011.09.
83. Tomoko Takeyama, Shuji Mori, Temporal change in response bias observed in expert anticipation of volleyball spikes, 27th Annual Meeting of International Society for Psychophysics, 2011.10.
84. 廣瀬信之, 服部翔太, 森 周司, 先行呈示刺激の色変化による逆向マスキング, 日本基礎心理学会第30回大会, 2011.12.
85. 竹山智子, 廣瀬信之, 森 周司, バレーボールの競技レベルと経験による予測能力の違いと反応の偏り, MEとバイオサイバネティックス研究会, 2012.01.
86. 吉村礁太 廣瀬信之, 森 周司, 接近物体の輪郭の不明瞭性が到達時間推定に与える影響 ~ ガウスフィルターによる検討 ~, 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会, 2012.05.
87. 田中辰彦, 川野晋慈, 積山 薫, 廣瀬信之, 森 周司, 日本語と英語の読みにおける老視者の読字特性, 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会, 2012.05.
88. Shuji Mori, Perception, anticipation, and deception in sports, 2012 Concluding Symposium of Perception and Action Project, 2012.08, [URL].
89. 川野 晋慈, 田中 辰彦, 森 周司, 積山 薫, 老視での読字困難は母語と非母語で異なるか, 日本心理学会第76回大会, 2012.09.
90. Yoshimura, S., Hirose, N., Mori, S., Monocular and binocular estimation of time to contact for blurred-edge objects, 8th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics, 2012.10.
91. 小山和紀, 菊池洋祐, 廣瀬信之, 森 周司, 無音検出閾値と有声・無声子音のカテゴリー境界の関連, 日本音響学会聴覚研究会, 2012.12.
92. 菊池洋祐, 小山和紀, 廣瀬信之, 森 周司, 子音・母音を左右耳に分離呈示したときのカテゴリー知覚, 日本音響学会聴覚研究会, 2012.12.
93. 森 周司, 三好聡子, スポーツ選手の知覚, 日本視覚学会冬季研究発表会, 2013.01.
94. 廣瀬 信之, 牛島悠介, 森 周司, 顔文字と絵文字が携帯電話メールでの感情伝達に及ぼす影響, 日本心理学会第77回大会, 2013.09.
95. 菊池洋祐, 廣瀬 信之, 森 周司, 両耳時間的融合状況における閉鎖子音の知覚, 日本音響学会聴覚研究会, 2013.10.
96. Takako Mitsudo, Naruhito Hironaga, Shuji Mori, Neuromagnetic correlates of temporal gap detection in human auditory cortex, The 9th Joint Workshop on Machine, Perception and Robotics (MPR2013), 2013.10.
97. Yousuke Kikuchi, Shuji Mori, Nobuyuki Hirose, Binaural temporal fusion shifts perceptual boundary of stop consonants, The 54th Annual Meeting of the Psychonomic Society, 2013.11.
98. Yurika Ishimatsu, Shuji Mori, Nobuyuki Hirose, Choice deafness of expert musicians to preferred performance., The 54th Annual Meeting of the Psychonomic Society, 2013.11.
99. 光藤崇子, 廣永成人, 森 周司, 交周波数無音検出処理に関連する皮質活動:脳磁図による検討, 第30回日本脳電磁図トポグラフィ研究会, 2014.01.
100. 光藤崇子, 廣永成人, 森 周司, 交周波数無音検出処理に関連する皮質活動:脳磁図による検討, 日本音響学会2014年春季研究発表会, 2014.03.
101. 近藤仁美,菊池洋祐,光藤崇子,廣瀬信之,森周司, 両耳融合聴における閉鎖子音から始まる単語の知覚, 音学シンポジウム2014, 2014.05.
102. 光藤崇子,廣瀬信之,森周司, 周波数間無音検出の心理測定関数, 音学シンポジウム2014, 2014.05.
103. 廣瀬信之,山本美和,森周司, 視覚におけるチャンネル間ギャップ検出 ―空間周波数の事例―, ヒューマン情報処理研究会(HIP), 2014.05.
104. 森 周司, 光藤崇子, 廣永成人, 伊良皆 啓治, 周波数間無音検出メカニズムの検討, 日本音響学会2014年秋季研究発表会, 2014.09.
105. Tomokazu Urakawa, Shuji Mori, Reverse-bias effect of bistable image perception and its reduction by abrupt change in visual scene., 10th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics, 2014.10.
106. 森 周司, スポーツ選手の視覚, 第25回日本臨床スポーツ医学会学術集会, 2014.11.
107. Tomokazu Urakawa, Shuji Mori, Reverse-bias effect of bistable image perception modulated by abrupt change in visual scene, 55th Annual Meeting of Psychonomic Society, 2014.11.
108. 廣瀬 信之, 山本美和, 奥田譲, 森 周司, ギャップ前後での時間マーカーの空間周波数変化による時間分解能の低下, 日本基礎心理学会第33回大会, 2014.12.
109. 近藤仁美, 光藤崇子, 藤平晴奈, 浦川智和, 森 周司, 閉鎖音のカテゴリー知覚と脳幹応答の関連性の検討, 日本音響学会2015年春季研究発表会, 2015.03.
110. 森 周司, 光藤崇子, 藤平晴奈, 野嶋和久, 浦川智和, 廣永成人, 周波数間無音検出メカニズムの検討Ⅱ:近接周波数の場合, 日本音響学会2015年春季研究発表会, 2015.03.
111. 奥田 譲, 廣瀬 信之, 森 周司, 空間周波数におけるチャンネル間処理が時間分解能に及ぼす影響, 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会, 2015.05.
112. Nobuyuki Hirose, Miwa Yamamoto, Shuji Mori, Visual temporal gap detection across spatial frequency channels, The 14th European Congress of Psychology, 2015.07.
113. 近藤仁美, 光藤崇子, 森 周司, 閉鎖音のカテゴリー知覚と聴性脳幹反応の関連についての検討, 日本聴覚医学会第10回ERA・OAE研究会, 2015.07.
114. 森 周司, 光藤崇子, 廣永成人, 周波数間無音検出メカニズムの検討Ⅲ:心理測定関数と電気生理反応の関連, 日本聴覚医学会第10回ERA・OAE研究会, 2015.07.
115. チョヒョンス, 廣瀬 信之, 森 周司, 無音検出課題における付加音の影響に関する研究, 日本音響学会2015年秋季研究発表会, 2015.09.
116. 伊藤 一仁, 光藤崇子, 近藤仁美, 森 周司, 周波数間無音検出メカニズムの検討Ⅲ:聴性脳幹反応の観察, 日本音響学会2015年秋季研究発表会, 2015.09.
117. 川越敏和, 浦川智和, 森 周司, 積山 薫, 視覚的ポップアウトへの加齢影響, 日本心理学会第79回大会, 2015.09.
118. Hitomi Kondo, Shuji Mori, Takako Mitsudo, Does brainstem categorize speech? Study of ABR to voiced and unvoiced consonants, 56th Annual Meeting of Psychonomic Society, 2015.11.
119. 田村俊介, 森田大樹, 廣瀬 信之, 伊藤 一仁, 森 周司, 無音検出課題の聴覚訓練による有声・無声子音の識別能力の変化に関する検討, 2015年日本音響学会12月聴覚研究会, 2015.12.
120. 伊藤 一仁, 高村明秀, 森 周司, 両耳聴無音検出による聴覚の周波数間処理に関する検討, 日本音響学会2016年春季研究発表会, 2016.03.
121. 高村明秀, 伊藤 一仁, 森 周司, 周波数間無音検出メカニズムの解明:蝸牛遅延の影響の検討, 日本音響学会2016年春季研究発表会, 2016.03.
122. 田村俊介, 森田大樹, 伊藤 一仁, 廣瀬 信之, 森 周司, 有声・無声子音のカテゴリー境界と無音検出閾値の関連性の検討, 日本音響学会2016年春季研究発表会, 2016.03.
123. 田村 俊介, 伊藤 一仁, 廣瀬 信之, 森 周司, 閉鎖子音における有声性の知覚メカニズム:聴覚分解能との関係性, 音学シンポジウム2016, 2016.05.
124. Kazuhito Ito, Akihide Takamura, Shuji Mori, Auditory between-channel processing by measuring across-ear temporal gap detection, INTER-NOISE 2016, 2016.08.
125. 伊藤 一仁, 高村 明秀, 森 周司, 単耳聴および両耳分離聴による無音検出メカニズムの検討, 日本音響学会2016年秋季研究発表会, 2016.09.
126. 田村 俊介, 伊藤 一仁, 廣瀬 信之, 森 周司, 閉鎖子音における有声性の知覚と聴性脳幹反応の関連性, 日本音響学会2016年秋季研究発表会, 2016.09.
127. Shuji Mori, What underlies across-channel gap detection:Overview, 5th Joint Meeting of Acoustical Society of America and Acoustical Society of Japan, 2016.12.
128. Kazuhito Ito, Akihide Takamura, Shuji Mori, Auditory across-channel processing as assessed by monaural and between-ear temporal gap detection tasks, 5th Joint Meeting of Acoustical Society of America and Acoustical Society of Japan, 2016.12.
129. Shunsuke Tamura, Kazuhito Ito, Nobuyuki Hirose, Shuji Mori, Relationship between voicing perception and auditory brainstem responses to stop consonants, 5th Joint Meeting of Acoustical Society of America and Acoustical Society of Japan, 2016.12.
130. Cho Hyunsoo, Kazuhito Ito, Nobuyuki Hirose, Shuji Mori, Within- and between-frequency gap detection discrimination as a function of the standard duration, 5th Joint Meeting of Acoustical Society of America and Acoustical Society of Japan, 2016.12.
131. Akihide Takamura, Kazuhito Ito, Shuji Mori, Relationship between the frequency asymmetry of across-frequency gap detection and the temporal asymmetry of cochlear response, 5th Joint Meeting of Acoustical Society of America and Acoustical Society of Japan, 2016.12.
132. 伊藤 一仁, 田村 俊介, 高村明秀, 森 周司, 範疇的判断による周波数間無音検出の検討, 日本音響学会2017年春季研究発表会, 2017.03.
133. 田村 俊介, 伊藤 一仁, 廣瀬 信之, 森 周司, 閉鎖子音の知覚における有声・無声識別メカニズムの検討:第1フォルマント周波数の違いが音素境界に与える影響, 日本音響学会2017年春季研究発表会, 2017.03.
134. 田村俊介, 伊藤一仁, 廣瀬信之, 森周司, 閉鎖子音における有声・無声の知覚と聴性脳幹反応(ABR)の関連性, 日本音響学会6月聴覚研究会, 2017.06.
135. 小野未琴, 廣瀬信之, 森周司, 視覚と触覚の情報一致が両眼視野闘争下での視覚的意識に及ぼす影響, 日本心理学会第81回大会, 2017.09.
136. 伊藤一仁, 田村俊介, 森周司, 周波数間無音検出メカニズムの検討:無音の同定, 日本音響学会2017年秋季研究発表会, 2017.09.
137. 田村俊介, 伊藤一仁, 廣永成人, 光藤崇子, 廣瀬信之, 森周司, 閉鎖子音における有声性知覚の脳内メカニズム:脳磁図による検討, 日本音響学会2017年秋季研究発表会, 2017.09.
138. Nobuyuki Hirose, Yuzuru Okuda, Shuji Mori, Across-frequency impairment in seeing a temporal gap, European Association for Vision and Eye Research (EVER) 20th Annual Meeting, 2017.09.
139. 浅井宏志朗, 廣瀬信之, 森周司, オブジェクトとして結合された2個の特徴の照合プロセスについて, ヒューマン情報処理研究会 (HIP), 2017.10.
140. Mikoto Ono, Nobuyuki Hirose, Shuji Mori, Congruent tactile information enhances visual awareness during binocular rivalry, Psychonomic Society 58th Annual Meeting, 2017.11.
141. Shunsuke Tamura, Miduki Mori, Kazuhito Ito, Nobuyuki Hirose, Shuji Mori, Study on interactions between voicing production and perception using auditory feedback paradigm, 174th Meeting of the Acoustical Society of America, 2017.12.
142. 田村俊介, 伊藤一仁, 廣永成人, 光藤崇子, 廣瀬信之, 森周司, 閉鎖子音における有声性知覚時の脳活動 -脳磁図を用いた検討-, 日本音響学会1月聴覚研究会, 2018.01.
143. 伊藤一仁, 田村俊介, 森周司, 無音検出における聴覚の時間的および場所的情報の貢献性, 日本音響学会3月聴覚研究会, 2018.03.
144. 伊藤一仁, 田村俊介, 森周司, 加齢性聴力損失とそのピッチ知覚, 日本音響学会2018年春季研究発表会, 2018.03.
145. 田村俊介, 森みづき, 伊藤一仁, 廣瀬信之, 森周司, 聴覚フィードバック課題を用いた閉鎖子音の有声性における音声生成・知覚相互作用の検討, 日本音響学会2018年春季研究発表会, 2018.03.
146. Shuji Mori, Ryota Aratake, Kazuhito Ito, Yoh-ichi Fujisaka, Takashi Morimoto, Shunsuke Tamura, Nobuyuki Hirose, Searching for a measure of auditory temporal resolution: Preliminary data, 34th Annual Meeting of International Society for Psychophysics, 2018.08.
147. 小野未琴, 廣瀬信之, 森周司, 触覚情報が両眼視野闘争下での視覚的意識に及ぼす影響の再検討, 日本心理学会第82回大会, 2018.09.
148. Nobuyuki Hirose, Shuji Mori, Visual detection of a temporal gap between markers of different spatial frequencies, International Convention of Psychological Science (ICPS) 2019, 2019.03.
149. 森周司, 菊池 洋祐, 廣瀬 信之, Willy Wong, 周波数間無音検出:心理測定関数からの考察, 日本音響学会6月聴覚研究会, 2019.06.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」