九州大学 研究者情報
発表一覧
田尾 周一郎(たお しゆういちろう) データ更新日:2019.06.03

助教 /  基幹教育院 自然科学理論系部門


学会発表等
1. 田尾 周一郎,田中岳,副島雄児,飯嶋裕治, 専攻教育へ橋渡しする授業科目の有効性, 大学教育学会2018年度課題研究集会, 2018.12.
2. 田尾 周一郎,田中岳,副島雄児,飯嶋裕治, 研究大学における早期の研究体験, Q-Conference2017, 2017.12.
3. 田尾 周一郎, 21世紀プログラムの現況, 学際教育交流セミナー, 2016.03.
4. 田尾 周一郎, 大学における数理モデル教育の可能性, 日本物理教育学会第32回物理教育研究大会, 2015.08.
5. 木村 拓也, 田尾 周一郎, テキストマイニングによる学生の成長の可視化, 大学教育学会第37回大会, 2015.06.
6. 田尾 周一郎, 木村 拓也, 学習ポートフォリオ蓄積の現状と分析の観点, 第63回九州地区大学一般教育研究協議会, 2014.09.
7. 副島 雄児、小湊卓夫、田尾周一郎, 国立大学AO入試合格者の入学までの過ごし方, 第61回九州地区大学一般教育研究協議会, 2012.09.
8. 林 篤裕、副島 雄児、田尾 周一郎、武谷 峻一, 21世紀プログラムの10年, 平成23年度全国大学入学者選抜研究連絡協議会 第6回大会研究会, 2011.05.
9. 船久保公一、角藤亮、田尾周一郎、豊田文彦, 電弱相転移の相構造について, 日本物理学会春期大会, 2007.03.
10. 船久保公一、角藤亮、田尾周一郎、豊田文彦, NMSSMにおける有限温度スファラロン, 日本物理学会春期大会, 2007.03.
11. 田尾周一郎, A possibility of the light Higgs boson in the supersymmetric models, 広島ヒッグス研究会, 2006.01.
12. Shuichiro Tao, The sphaleron solution and electroweak phase transition in the NMSSM, YITP WorkShop “Fundamental Problems and Applications of Quantum Field Theory”, 2005.12, [URL].
13. 船久保公一、角藤亮、田尾周一郎、豊田文彦, Sphaleron solution and energy in the NMSSM, 日本物理学会秋季大会, 2005.09.
14. 田尾周一郎, Sphaleron solution and energy in the NMSSM, 弦と場のダイナミクスと宇宙, 2005.08.
15. Shuichiro Tao, Sphalerons in the NMSSM, YITP WorkShop “Progress in Particle Physics 2005”, 2005.06, [URL].
16. Shuichiro Tao, Phase Transitions in the NMSSM, KEK Theory Meeting 2005 “Particle Physics Phenomenology”, 2005.03, [URL].
17. 船久保公一、角藤亮、田尾周一郎、豊田文彦, NMSSM での電弱相転移の次数とCP の破れ, 日本物理学会第 60 回年次大会, 2005.03.
18. Shuichiro Tao, Results on the Electroweak Phase Transition in the NMSSM with Explicit CP Violation, YITP WorkShop “CP Violation and Matter and Anti-matter Asymmetry”, 2005.01, [URL].
19. 船久保公一、田尾周一郎、豊田文彦、角藤亮, Electroweak Baryogenesis in the Next-to-MSSM, 日本物理学会秋季大会, 2004.09.
20. Shuichiro Tao, Electroweak Baryogenesis in the Next-to-MSSM, The 12th International Conference on Supersymmetry and Unification of Fundamental Interactions, 2004.06, [URL].
21. 田尾周一郎, Electroweak Baryogenesis in the Next-to-MSSM, 基研研究会 「素粒子物理学の進展」, 2004.06, [URL].
22. 船久保公一、田尾周一郎, Electroweak Baryogenesis in the Next-to-MSSM, 日本物理学会第 59 回年次大会, 2004.03.
23. 田尾周一郎, Electroweak Baryogenesis, ブレイン宇宙とストリング, 2003.09.
24. 船久保公一、田尾周一郎、豊田文彦, 宇宙初期の電弱相転移の次数について, 日本物理学会秋季大会, 2002.09.
25. Shuichiro Tao, CP Violation in MSSM Higgs and electroweak phase transition, YITP WorkShop "Flavor Mixing, CP Violation and Origin of Matter", 2002.07.
26. 田尾周一郎, Electroweak Baryogenesis, ブレイン宇宙とバリオジェネシス, 2002.03.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」