九州大学 研究者情報
発表一覧
小野寺 武(おのでら たけし) データ更新日:2019.07.17

准教授 /  システム情報科学研究院 情報エレクトロニクス部門


学会発表等
1. 李 心竹,矢田部 塁,田原 祐助,鰺坂 大樹,細木 藍,櫻井 望,杉山 暁史,小野寺 武, ウシ血清アルブミンの蛍光を用いたダイズ根圏のダイゼイン計測フィルムの開発, 平成31 年電気学会全国大会(3/12-3/14), 2019.03.
2. Xiao Ye, Toshiaki Oe, Zhifeng Yao, Rui Yatabe, Yusuke Tahara, Takeshi Onodera, Kiyoshi Toko, Masami Nishimura, Ken Iwao, Naruhiko Tanaka, Prediction of Glycogen and Moisture Content in Japanese Wagyu Beef by FT-NIR Spectroscopy for Taste Quality, 18th International Symposium on Olfaction and Electronic Nose (ISOEN2019), 2019.05.
3. Takeshi Onodera, Hiroaki Murakami, Taiki Kimura, Development of Inverse Opal Photonic Crystals Modified with Aggregation-Induced Emitting (AIE) Substance for Sensitive and Selective Detection of Ammonia Gas, 18th International Symposium on Olfaction and Electronic Nose (ISOEN2019), 2019.05.
4. Wang Jin, Takeshi Onodera, Biomimetic sensor using surface plasmon resonance for detection of TNT explosive: designing recognition antibody/peptide elements for surface functionalization, 経営工学とICT The 18th Japan-China Workshop on Industrial Engineering and ICT(J-C Workshop 2019), 2019.02.
5. 小野寺 武, 健康分野における水センシング, 平成31 年電気学会全国大会(3/12-3/14), 2019.03.
6. Sanyang Du, Jin Wang, Rui Yatabe, Masayoshi Tanaka, Mina Okochi, Takeshi Onodera, Kiyoshi Toko, Evaluation of Peptide Derived from Complementarity Determining Region of Anti-RDX Monoclonal Antibody Using Surface Plasmon Resonance Sensor, The 7th International Conference on BioSensors, BioElectronics, BioMedical Devices, BioMEMS/NEMS and Applications (Bio4Apps 2018/2019), 2019.01.
7. 姚之豊,叶笑,矢田部塁,田原祐助,小野寺武,都甲潔,西村雅美,小江敏明,岩尾健,田中成彦, 近赤外分光法を用いた牛肉のグリコーゲン含有量の測定, 日本昧と匂学会第52回大会, 2018.10.
8. 池田三知男,平野雄太,秋山正行,宮地一裕,高橋加奈,小泉玲子,小野寺武,都甲潔, 製造工程の異なるミルクコーヒーの官能評価と味覚センサ分析, 日本昧と匂学会第52回大会, 2018.10.
9. 菅野洋一朗,神谷豊明,小野寺武,都甲潔, 醸造酒検索装置及びプログラムの開発, 日本昧と匂学会第52回大会, 2018.10.
10. 小野寺 武, 園田英人,松井利郎,都甲 潔, 表面プラズモン共鳴センサを用いた尿中ホモバニリン酸の検出, 平成30年度電気・情報関係学会九州支部連合大会(第70回連合大会), 2018.09.
11. 木村大樹,村上弘明,小森雄仁,小野寺 武, 特異的気体検出に向けた逆オパール型フォトニック結晶の開発, 平成30年度電気学会センサ・マイクロマシン部門総合研究会(ケミカルセンサ研究会), 2018.07.
12. JIN WANG, Yatabe Rui, Takeshi Onodera, Masayoshi Tanaka, Mina Okochi, Kiyoshi Toko, Rational Design of Recognition Peptide functionalized Extended Gate Field Effect Transistors for TNT Explosive Detection, Biosensors 2018 (28th Anniversary World Congress on Biosensors), 2018.06.
13. 陳燦思,杉麟太郎,矢田部塁,小野寺 武,都甲潔, 分子インプリントゾルゲル法による爆薬マーカー認識膜の開発, 平成30 年電気学会全国大会, 2018.03.
14. 木村大樹,村上弘明,小森雄仁,小野寺 武, ポリビニルアルコールを用いた逆オパール型フォトニック結晶, 平成30 年電気学会全国大会, 2018.03.
15. 小野寺 武, 立体構造や柔軟材料を用いた味と匂いの計測, 立体構造や柔軟材料への微細加工、実装技術に関する若手研究者を中心とした調査専門委員会,電気学会A・B・C部門合同調査専門委員会, 2017.12.
16. 小野寺 武, “匂いセンシング”の基礎と活用方法・事例および今後の展望~ケミカル・バイオセンサ/計測/匂い(嗅覚)の基礎知識,表面作製,測定,サンプリングなど~, テックデザイン, 2017.12.
17. 小野寺 武, 池沢 聡, 九州大学 都甲・栗焼・小野寺・田原研究室「味と匂いのセンシングに関する研究」, 第34回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム,え~まっぷ, 2017.11.
18. 大塚翔瑠, 本多俊裕, 小野寺 武, 都甲 潔, SPR免疫センサによるRDXの高感度検出のための固定化ハプテンの選択, 平成29年度電気・情報関係学会九州支部連合大会(第70回連合大会), 2017.09.
19. 小野寺 武, センサ技術の基礎・匂いのメカニズムから匂い計測への応用~ケミカル・バイオセンサのセンサの原理,表面作製,測定法,様々な事例まで~, 情報機構, 2017.08.
20. 村上弘明, 小森雄仁, 小野寺 武, 都甲 潔, 匂いセンシングのための逆オパール型フォトニック結晶膜の開発, 平成29年度電気学会センサ・マイクロマシン部門総合研究会, 2017.06.
21. JIN WANG, Takeshi Onodera, Yatabe Rui, Masaki Muto, Masayoshi Tanaka, Mina Okochi, Kiyoshi Toko, Rational Designed Peptide functionalized Surface Plasmon Resonance Sensor for Direct TNT Detection, 5th International Conference on BIO-SENSING TECHNOLOGY, 2017.05.
22. 小森 雄仁, 小野寺 武, 都甲 潔, 匂い物質検出のための逆オパール型フォトニック結晶アレイの開発, 平成29 年電気学会全国大会, 2017.03.
23. WANG JIN, Masaki Muto, Masayoshi Tanaka, Yatabe Rui, Takeshi Onodera, Mina Okochi, Kiyoshi Toko, Detection of Homovanillic Acid in Model of Human Urine Using Surface Plasmon Resonance Immunosensor, The 5thInternational Conference on BioSensors, BioElectronics, BioMedical Devices, BioMEMS/NEMS and Applications 2016 (Bio4Apps 2016), 2016.12.
24. Tomohiko Noyori, Takuya Eda, Takeshi Onodera, Kiyoshi Toko, Detection of Homovanillic Acid in Model of Human Urine Using Surface Plasmon Resonance Immunosensor, The 5thInternational Conference on BioSensors, BioElectronics, BioMedical Devices, BioMEMS/NEMS and Applications 2016 (Bio4Apps 2016), 2016.12.
25. Rintaro Sugi, Chuanjun Liu, Yatabe Rui, Takeshi Onodera, Kiyoshi Toko, Development of Molecularly Imprinted Solgel Layer for Detection of Benzaldehyde, 3rd World Congress of the Digital Olfaction Society, 2016.12.
26. Yuto Komori, Takeshi Onodera, Kiyoshi Toko, Development of inverse opal photonic crystal array for odor sensing, The 15th International Symposium on Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory Perception (ISMNTOP2016fall: in conjunction with YR Umami Forum 2016, AISCRIB 2016), 2016.12.
27. 小野寺 武, 羅 浩宇, 矢田部 塁, 都甲 潔, 表面プラズモン共鳴センサを用いた間接競合法によるフルフラールの検出, 第33回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム, 2016.10.
28. 小野寺 武, ケミカル・バイオセンサ,匂いの基礎と匂い計測への応用~センサの原理から表面作製・測定法,様々な事例まで~, 情報機構, 2016.10.
29. 野寄 朋彦, 枝田拓也, 小野寺 武, 都甲 潔, 表面プラズモン共鳴センサを用いた疑似尿中ホモバニリン酸の検出, 平成28年度電気・情報関係学会九州支部連合大会(第69回連合大会), 2016.09.
30. 小野寺 武, 匂いを測るバイオセンサシステムの開発, 第31回マイクロナノ先端技術交流会(主催:一般財団法人マイクロマシンセンター), 2016.03.
31. Takeshi Onodera, Highly sensitive Detection of Explosives Using Surface Plasmon Resonance, 3rd International Conference on Signal Processing & Integrated Networks (SPIN2016, 11th-12th, February 2016), 2016.02.
32. Satoshi Ito, Rui Yatabe, Takeshi Onodera, Kiyoshi Toko, Surface Plasmon Resonance Spectroscopy Immunosensor for Low-Molecular-Weight Substances, International Conference on BioSensors, BioElectronics, BioMedical Devices, BioMEMS/NEMS and Applications 2015 (Bio4Apps 2015), 2015.12.
33. Takuya Eda, Takeshi Onodera, Kiyoshi Toko, Detection of Homovanillic Acid in Model of Urine Using Surface Plasmon Resonance Biosensor, International Conference on BioSensors, BioElectronics, BioMedical Devices, BioMEMS/NEMS and Applications 2015 (Bio4Apps 2015), 2015.12.
34. Haoyu Luo, Rui Yatabe, Takeshi Onodera, Kiyoshi Toko, Development of Sensor Chips for Detection of Furfural Using Surface Plasmon Resonance Biosensor, International Conference on BioSensors, BioElectronics, BioMedical Devices, BioMEMS/NEMS and Applications 2015 (Bio4Apps 2015), 2015.12.
35. 小野寺 武, 田 勝煕, 矢田部 塁, 都甲 潔, 表面プラズモン共鳴免疫センサを用いたトウガラシ果実中のカプサイシノイド検出, 第32回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム, 2015.10.
36. Takuya Eda, Takeshi Onodera, Kiyoshi Toko, Detection of homovanillic acid using surface plasmon resonance (SPR) immunosensor, 11th Asian Conference on Chemical Sensors, 2015.11.
37. 小野寺 武, 石井良典, 矢田部 塁, 都甲 潔, 置換法によるTNT検出のためのポリN-ビニルホルムアミドを用いたSPRセンサ表面の開発, 平成27年度電気・情報関係学会九州支部連合大会(第68回連合大会), 2015.09.
38. 成瀬 正啓, 森下 政浩, 小野寺 武, 都甲 潔, 林 譲, SPR法によるTNT検出感度の検出限界推定法による評価, 日本分析化学会第64年回, 2015.09.
39. 小野寺 武, 表面プラズモン共鳴センサによる低分子化合物の高感度検出, 第7回 生体分子相互作用解析フォーラムワークショップ, 2015.08.
40. 小野寺 武, 田 勝煕, 矢田部 塁, 都甲 潔, SPR免疫センサを用いたトウガラシ果実中のカプサイシノイド検出, 電気学会センサ・マイクロマシン部門総合研究会(ケミカルセンサ研究会), 2015.07.
41. 枝田 拓也, 石井良典, 矢田部 塁, 小野寺 武, 都甲 潔, 表面プラズモン共鳴(SPR)免疫センサを用いたホモバニリン酸の検出, 平成27年電気学会全国大会, 2015.03.
42. Takeshi Onodera, Biosensor technology-SPR and allied for detection of organic and biomolecules, Seminar at Indian Veterinary Research Institute, 2015.02.
43. 井手 佑人, 馬 苗苗, 石井良典, 小野寺 武, 都甲 潔, 表面プラズモン共鳴免疫センサを用いたラクトン類の検出, 2014年(平成26 年度)応用物理学会九州支部学術講演会講演, 2014.12.
44. Haoyu Luo, Miaomiao Ma, 矢田部 塁, Takeshi Onodera, Kiyoshi Toko, Detection of Furfural Using Surface Plasmon Resonace Immunosensor, 2nd World Congress of the Digital Olfaction Society , 2014.12, 2nd World Congress of the Digital Olfaction Society Abstract Book, p.73 (Tokyo, Japan on December 8-9, 2014).
45. 小野寺 武, 匂いを測る超高感度バイオセンサ, 2014年応用物理学会九州支部学術講演会, 2014.12.
46. Satoshi Ito, Shuhei Tanaka, 矢田部 塁, Takeshi Onodera, Kiyoshi Toko, Sensitive Detection of 2,4,6-Trinitrotoluene by Surface Plasmon Fluorescence Spectroscopy, IEEE Sensors 2014, 2014.11.
47. 小野寺 武, 超高感度匂いセンサの開発, 秋のセミナー(主催:生化学若い研究者の会九州支部,脳科学若手の会九州部会), 2014.10.
48. 石井良典, 安浦 雅人, 矢田部 塁, 小野寺 武, 都甲 潔, ポリN-ビニルホルムアミドを用いたSPR センサ表面の開発と置換法によるTNT 検出, 平成26年度電気・情報関係学会九州支部連合大会(第67回連合大会), 2014.09.
49. 石井良典, 矢田部 塁, 小野寺 武, 都甲 潔, ポリビニルアミンを用いたSPRセンサ表面の開発発, 平成26 年電気学会全国大会, 2014.03.
50. 羅 浩宇, 馬 苗苗, 田 勝煕, 矢田部 塁, 小野寺 武, 中本高道, 都甲 潔, 表面プラズモン共鳴センサを用いたフルフラールの検出, 平成26 年電気学会全国大会, 2014.03.
51. 小野寺 武, 中野 幸二, 林 健司, 表面プラズモン共鳴センサを用いたHis-TRPV1とバニリンの相互作用計測, 平成26 年電気学会全国大会, 2014.03.
52. 伊藤 智, 田中秀平, 矢田部 塁, 小野寺 武, 都甲 潔, 表面プラズモン増強蛍光分光測定装置に用いるセンサ表面の開発, 平成26 年電気学会全国大会, 2014.03.
53. 吉岡大貴, 横山諒平, 劉 傳軍, 小野寺 武, 内田 誠一, 中野 幸二, 林 健司, 匂い空間のマルチスペクトルイメージング, MEとバイオサイバネティックス研究会, 2014.01.
54. 小野寺 武, 馬 苗苗, 羅 浩宇, 矢田部 塁, 中本 高道, 都甲 潔, 表面プラズモン共鳴バイオセンサを用いた体臭成分の検知, MEとバイオサイバネティックス研究会, 2014.01.
55. 矢田部塁, 小野寺 武, 都甲 潔, SI-ATRPを用いたSPRセンサチップにおける非特異吸着の抑制, 2013年(平成25 年度)応用物理学会九州支部学術講演会講演, 2013.11.
56. 小野寺 武, 馬 苗苗, 矢田部塁, 中本高道, 都甲 潔, 表面プラズモン共鳴センサを用いた体臭成分の検知, 2013年(平成25 年度)応用物理学会九州支部学術講演会講演, 2013.11.
57. 田中秀平, 矢田部塁, 小野寺 武, 都甲 潔, フォーカシングATR法を用いた表面プラズモン増強蛍光分光測定装置の開発, 2013年(平成25 年度)応用物理学会九州支部学術講演会講演, 2013.11.
58. Shuhei Tanaka, Rui Yatabe, Takeshi Onodera, Kiyoshi Toko, Measurement System for Surface Plasmon Fluorescence Spectroscopy Using ATR Method with Focused Beam, The 10th Asian Conference on Chemical Sensors (ACCS2012), 2013.11.
59. 馬 苗苗, 田 勝煕, 田中 秀平, 矢田部 塁, 小野寺 武, 都甲 潔, 表面プラズモン共鳴免疫センサを用いたフルフラールの検出, 平成25年度 電気関係学会九州支部連合大会(第66回連合大会), 2013.09.
60. 田 勝煕, 馬 苗苗, 安浦雅人, 矢田部 塁, 小野寺 武, 都甲 潔, 表面プラズモン共鳴(SPR)免疫センサを用いたカプサイシノイドの検出, 電気学会研究会 センサ・マイクロマシン部門総合研究会(ケミカルセンサ研究会), 2013.08.
61. P. Singh, Takeshi Onodera, R.P. Singh, S. Kumar, K.K. Rajak, V.P. Singh, Development of novel surface matrices for detection of peste des petits ruminant (PPR) virus over surface plasmon resonance biosensor, 3rd International Conference on Bio-Sensing Technology, 2013.05.
62. 矢田部 塁, 小野寺 武, 都甲 潔, 表面開始原子移動ラジカル重合を用いたSPR免疫センサによるTNTの高感度検出, 第60回応用物理学会春季術講演会, 2013.03.
63. 小野寺 武, 古澤雄大, 平田真吾, 中野 幸二, 林 健司, 表面プラズモン共鳴センサを用いたHis-rTRPV1とバニロイドの相互作用計測, 平成25 年電気学会全国大会, 2013.03.
64. Praveen Singh, R. P. Singh, K. K. Rajak, Takeshi Onodera, V. P. Singh, Satish Kumar, Development of SPR biosensors for viral pathogens, National Symposium on Frontier of Biophysics, Biotechnology and Bioinformatics (37th Annual Meeting of Indian Biophysical Society (IBS)), 2013.01.
65. 中村真悟, 矢田部 塁, 田中祐輔, 小野寺 武, 都甲 潔, 表面プラズモン共鳴(SPR)免疫センサを用いた カプサイシンの高感度検出, 2012年(平成24年度)応用物理学会九州支部学術講演会, 2012.12.
66. 切通哲朗, 田原 祐助, 矢田部 塁, 小野寺 武, 都甲 潔, 表面プラズモン共鳴(SPR)免疫センサを用いた 唾液中ストレスバイオマーカーの高感度検出, 2012年(平成24年度)応用物理学会九州支部学術講演会, 2012.12.
67. 荒瀬仁志, 安浦雅人, 田原 祐助, 小野寺 武, 栗焼 久夫, 都甲 潔, 鍬本一至, 教育用味覚センサで用いる脂質膜電極の試作, 2012年(平成24年度)応用物理学会九州支部学術講演会, 2012.12.
68. 何 凱丹, 田原 祐助, 矢田部 塁, 小野寺 武, 栗焼 久夫, 都甲 潔, 水晶振動子マイクロバランスセンサを用いたコルチゾール検出, 2012年(平成24年度)応用物理学会九州支部学術講演会, 2012.12.
69. 矢田部 塁, 小野寺 武, 都甲 潔, 表面開始原子移動ラジカル重合を用いたSPRセンサチップの作製, 2012年(平成24年度)応用物理学会九州支部学術講演会, 2012.12.
70. 荒瀬仁志, 安浦雅人, 田原 祐助, 小野寺 武, 栗焼 久夫, 都甲 潔, 味覚センサの理科教育への応用, 2012年(平成24年度)応用物理学会九州支部学術講演会, 2012.12.
71. 田中祐輔, 矢田部 塁, 中村真悟, 小野寺 武, 都甲 潔, RDX高感度検出のための表面プラズモン共鳴免疫センサ, 平成24年度 電気関係学会九州支部連合大会(第65回連合大会), 2012.09.
72. 荒瀬仁志, 安浦雅人, 田原 祐助, 小野寺 武, 栗焼 久夫, 都甲 潔, 教育用味覚センサ電極の試作, 平成24年度 電気関係学会九州支部連合大会(第65回連合大会), 2012.09.
73. 古澤雄大, 横山諒平, 平田真吾, 中野 幸二, 小野寺 武, 劉 傳軍, 林 健司, 蛍光性His-TRPV1による匂いの検知, 電子情報通信学会 MBE研究会, 2013.01.
74. 矢田部 塁, 小野寺 武, 都甲 潔, ポリビニルアミンを用いたSPR 免疫センサによるTNT高感度検出, 電気学会研究会 センサ・マイクロマシン部門総合研究会(ケミカルセンサ研究会), 2012.06.
75. 荒瀬仁志, 安浦雅人, 田原 祐助, 小野寺 武, 栗焼 久夫, 都甲 潔, 教育用味覚センサキットの試作, 電気学会研究会 センサ・マイクロマシン部門総合研究会(ケミカルセンサ研究会), 2012.06.
76. Takeshi Onodera, Development of portable surface plasmon resonance (SPR) biosensor system for security and safety, VIROCON-2012 (XXI National Conference on Immunobiology and Management of Viral Diseases in 21st Century), 2012.11.
77. Praveen Singh, R. P. Singh, Satish Kumar, Takeshi Onodera, V. P. Singh, K. K. Rajak, Development of SPR-optical Biosensors for Detection of PPR Virus, VIROCON-2012 (XXI National Conference on Immunobiology and Management of Viral Diseases in 21st Century), 2012.11.
78. Rui Yatabe, Takeshi Onodera, Kiyoshi Toko, Fabrication of the SPR sensor chip by Surface Initiated-Atom Transfer Radical Polymerization, the 2013 International Symposium on Information Science and Electrical Engineering, 2013.01.
79. Takeshi Onodera, Praveen Singh, Rui Yatabe, Kaoru Umino, Kiyoshi Toko, Development of Surface Plasmon Resonance Biosensor for Antibiotic, the 2013 International Symposium on Information Science and Electrical Engineering, 2013.01.
80. Praveen Singh, Takeshi Onodera, Kiyoshi Toko, Surface Plasmon Resonance Biosensor Surfaces for Detection of Viral Pathogens, International Conference on Innovation in Electronics and Communication Engineering (ICIECE-2012), 2012.07.
81. Takeshi Onodera, Environmental sensing system, Environment Technology Workshop 2012(主催:National Environment Agency, Singapore (NEA) and Japan Science and Technology Agency(JST)), 2012.08.
82. Takeshi Onodera, Rui Yatabe, Yusuke Tanaka, Shingo Nakamura and Kiyoshi Toko, Sensitive Detection of Low-Molecular-Weight Substances Using SPR Immunosensor, China-Japan Joint Symposium on Sensing Technology, 2012.04, Proceedings of China-Japan Joint Symposium on Sensing Technology, p.1.
83. 小野寺武,古澤雄大,平田真吾,中野幸二,林 健司, 匂いプローブペプチドとバニロイドの相互作用計測, 平成24年 電気学会全国大会, 2012.03.
84. 矢田部 塁,小野寺武,都甲潔, ポリビニルアミンを用いたSPR センサチップの開発, 第59 回応用物理学関係連合講演会, 2012.03.
85. 峯 直樹,小野寺 武,田原祐助,海野 薫,都甲 潔, 表面プラズモン共鳴センサを用いた残留農薬検知方法の検討, 2011年(平成23 年度)応用物理学会九州支部学術講演会, 2011.11.
86. 荒瀬仁志, 安浦雅人, 田原祐助, 小野寺武, 栗焼久夫, 都甲潔, 味覚センサ電極の出力とおいしさの関係, 2011年(平成23 年度)応用物理学会九州支部学術講演会, 2011.11.
87. Takeshi Onodera, Hu Jin, Kiyoshi Toko, Munehiro Iwakura, Development of mixed self assembled-monolayers for sensitive detection of 2,4-dinitrotoluene using displacement immunosensor, 9th Asian Conference on Chemical Sensors, 2011.11.
88. 田中祐輔,長友一剛,小野寺武,都甲潔,松本清,岩倉宗弘, SPR免疫センサを用いたRDXの高感度検出, 電気学会 センサ・マイクロマシン部門総合研究会(ケミカルセンサ研究会), 2011.07.
89. 峯直樹,小野寺武,羽原正秋,海野薫,都甲潔, 表面プラズモン共鳴センサを用いた残留農薬の簡易検知, 電気学会 センサ・マイクロマシン部門総合研究会(マイクロマシン・センサシステム研究会), 2011.07.
90. 矢田部 塁,小野寺武,都甲潔, ポリビニルアミンを用いたSPR 免疫センサによるTNT高感度検出, 電気学会 センサ・マイクロマシン部門総合研究会(ケミカルセンサ研究会), 2011.06.
91. 荒瀬仁志, 安浦雅人, 田原祐助, 小野寺武, 栗焼久夫, 都甲潔, 教育用味覚センサキットの試作, 電気学会 センサ・マイクロマシン部門総合研究会(ケミカルセンサ研究会), 2011.06.
92. 安浦雅人,都甲潔,小野寺武, SPR 免疫センサを用いた置換法の感度に関する考察, 第58 回応用物理学関係連合講演会, 2011.03.
93. 小野寺武,都甲潔, 抗原応答性ハイドロゲルを用いたSPR センサによるTNT の検出, 第58 回応用物理学関係連合講演会, 2011.03.
94. 小野寺 武,金 虎,都甲 潔,岩倉 宗弘, 混合SAMを用いたSPR免疫センサにおける置換法によるDNTの高感度検出, 平成23年 電気学会全国大会, 2011.03.
95. 安浦雅人,都甲潔,小野寺武, 置換法を用いたSPRセンシングにおける感度に関する考察, 2010年(平成22 年度)応用物理学会九州支部学術講演会, 2010.11.
96. 陳つぇん,小野寺武,都甲潔, 酵素標識抗体を用いたSPR免疫センサにおける感度増幅方法の検討, 2010年(平成22 年度)応用物理学会九州支部学術講演会, 2010.11.
97. T. Onodera, Highly Sensitive Detection of Low-Molecular-Weight Compounds Using SPR Immunosensor for Security and Safety, Society of Animal Physiologists of India Silver Jubilee International Conference on Physiological Capacity Building in Livestock Under Changing Climate Scenario, 2010.11.
98. 金虎,小野寺武,都甲潔, 置換法を用いたSPR免疫センサによるジニトロトルエンの検出, 平成22年度 電気関係学会九州支部連合大会(第63回連合大会), 2010.09.
99. 安浦雅人,都甲潔,小野寺武, SPRセンシングにおける置換法の感度に関する理論的考察, 平成22年度 電気学会センサ・マイクロマシン部門総合研究会 ケミカルセンサ研究会, 2010.06.
100. 入江達也,小野寺武,水田完,三浦則雄,松本清,都甲潔, 濃縮管によるトリニトロトルエン捕集条件の検討, 平成21 年度応用物理学会九州支部学術講演会, 2009.11.
101. 金虎,小野寺武,森陽一,三浦則雄,松本清,都甲潔, 置換法を用いたSPR免疫センサによる芳香族ニトロ化合物の検出, 平成21年度 電気関係学会九州支部連合大会(第62回連合大会), 2009.09.
102. 入江達也,小野寺武,水田完,三浦則雄,松本清,都甲潔, 濃縮管とSPR免疫センサを用いた2,4,6-トリニトロトルエンの検出, 平成21年度 電気関係学会九州支部連合大会(第62回連合大会), 2009.09.
103. 陳つぇん,小野寺武,三浦則雄,松本清,都甲潔, 表面プラズモン共鳴(SPR)免疫センサを用いたフレーバーの検出に関する研究, 平成21年度 電気関係学会九州支部連合大会(第62回連合大会), 2009.09.
104. 小野寺武,水田完,堀川和彦,松本清,三浦則雄,都甲潔, 置換法を用いた表面プラズモン共鳴免疫センサによるトリニトロトルエンの高感度検出, 電子情報通信学会電子デバイス研究会, 2009.07.
105. 小野寺武,清水拓造,三浦則雄,松本清,都甲潔, 表面プラズモン共鳴免疫センサを用いたベンズアルデヒドの高感度検出, 電気学会 ケミカルセンサ研究会, 2009.07.
106. 水田完,小野寺武,三浦則雄,松本清,都甲潔, PAMAMデンドリマーを用いた表面プラズモン共鳴(SPR)免疫センサによるTNTの高感度検出, 電気学会 ケミカルセンサ研究会, 2009.07.
107. 清水拓造,小野寺武,白須直人,松本清,三浦則雄,都甲潔, SPR免疫センサを用いた香り成分検出方法の確立, 2008年(平成20 年度)応用物理学会九州支部学術講演会, 2008.11.
108. 入江達也,小野寺武,水田完,三浦則雄,松本清,都甲潔, 爆薬蒸気のサンプリング方法の検討, 平成20年度 電気関係学会九州支部連合大会(第61回連合大会), 2008.09.
109. 清水拓造,小野寺武,白須直人,三浦則雄,松本清,都甲潔, SPR免疫センサによる着香物質の検出方法の確立, 平成20年度 電気関係学会九州支部連合大会(第61回連合大会), 2008.09.
110. Y. Mizuta, T. Onodera, P. Singh, K. Matsumoto, N. Miura, K. Toko, Development of poly(amidoamine) dendron thiol based SPR sensor surface for highly sensitive detection of TNT, International Meeting on Chemical Sensors (IMCS-12), 2008.07.
111. 清水 拓造,小野寺武,水田 完,三浦則雄,松本 清,都甲 潔, SPR 免疫センサによる着香物質検出方法の検討, 平成20年電気学会全国大会, 2008.03.
112. 小野寺 武 ,水田 完,松本 清,三浦 則雄 ,都甲 潔, 表面プラズモン共鳴(SPR)免疫センサを用いたトリニトロトルエンの高感度検出, 2007年応用物理学会九州支部学術講演会, 2007.12.
113. 水田 完,小野寺 武,P. Singh,三浦 則雄,松本 清,都甲 潔, 間接競合SPR免疫センサによるTNTの高感度検出のための固定化ハプテンの選択, 電子情報通信学会電子デバイス研究会, 2007.09.
114. 堀川 和彦,小野寺 武,水田 完,三浦 則雄,松本 清,都甲 潔, ハプテン固定化自己組織化単分子膜を用いた置換SPR 免疫センサによるTNT の高感度検出, 電気関係学会九州支部連合大会(第60回連合大会), 2007.09.
115. 水田 完,小野寺 武,P. Singh,三浦 則雄,松本 清,都甲 潔, 二次抗体を用いた表面プラズモン共鳴(SPR)免疫センサのトリニトロトルエンに対する感度増幅, 電気関係学会九州支部連合大会(第60回連合大会), 2007.09.
116. 小野寺 武,都甲 潔,三浦 則雄,松本 清, ポータブル爆薬検知センサの研究開発状況について, 火薬学会2007年度春季研究発表会, 2007.05.
117. T. Onodera and K. Horikawa and P. Singh and N. Miura and K. Matsumoto and K. Toko, Development of Electronic Dog Nose Based on SPR Immunosensor Using Displacement Method for Detection of 2,4,6-Trinitrotoluene, International Symposium on Olfaction and Electronic Noses (ISOEN) 2007, 2007.05.
118. Praveen Singh, Takeshi Onodera, Yutaka Mizuta, Kiyoshi Matsumoto, Norio Miura, Kiyoshi Toko, Development of Nanoscale Biosensor Surfaces for Electronic Nose: Explosive Detection, Proceedings of IBS (Indian Biophysical Society)-2007, 2007.02.
119. Praveen Singh, Takeshi Onodera, Kiyoshi Matsumoto, Norio Miura and Kiyoshi Toko, Highly sensitive surface plasmon resonance sensor on nanoscale bioactive surfaces for specific detection of tri-nitro toluene, MRS fall meeting 2006, 2006.12.
120. 堀川和彦,小野寺武,三浦則雄,松本清,都甲潔, SPR免疫センサによるトリニトロトルエンの高感度検出, 電子情報通信学会, 2006.09.
121. T. Onodera and K. Harada and K. Horikawa and P. Singh and N. Miura and K. Matsumoto and K. Toko, Development of SPR Biosensor Using Displacement Immunoassay for Detection of 2,4,6-trinitrotoluene, The 11th International Meeting on Chemical Sensors, 2006.07.
122. P. Singh and T. Onodera and K. Matsumoto and N. Miura and K. Toko, Development of Nanoscale Bioactive Surface for Ultra-Sensitive Detection of TNP/ TNT Immunocomplex on SPR sensor, International Conference on Nanoscience and Technology (ICONSAT 2006), 2006.03.
123. 小野寺武,原田邦彦,三浦則雄,松本清,都甲潔, 置換法を用いたSPR免疫センサによる爆薬検出, 電気学会研究会, 2005.09.
124. 吉浦真由美,松見洋,城戸早苗,小野寺武,木村春彦,大薮多可志, OPS5によるガス状室内空気汚染物の認知, 平成7年度電気関係学会北陸支部連合大会, 2005.09.
125. T. Onodera, S. Kido, T. Oyabu, Recognition of Indoor Air-pollutants by Gas Sensors using a Production System, 第4回日本ファジィ学会北信越支部ミニシンポジウム, 2005.08.
126. 原田邦彦,小野寺武,三浦則雄,松本清,都甲潔, 置換SPR免疫センサによるトリニトロトルエンの高感度検出, 電子情報通信学会, 2005.04.
127. 宮原和久,小野寺武,岩倉宗弘,林健司,松本清,三浦則雄,今任稔彦,都甲潔, 地雷探知SPRセンサに用いるニトロ化合物濃縮システムの開発, 電気学会, 2004.09.
128. 宮原和久,小野寺武,岩倉宗弘,林健司,三浦則雄,松本清,今任稔彦,都甲潔, 地雷探知バイオセンサに用いるニトロ化合物濃縮装置の開発, 電子情報通信学会, 2004.04.
129. 益永くみ,羽山幸介,小野寺武,林健司,都甲潔, 表面分極制御型センサによる芳香族ニトロ化合物の検出, 電子情報通信学会, 2003.09.
130. 八尋美希,小野寺武,安達利昭,永末博子,都甲潔, 味覚センサを用いた緑茶の味の計測, 電子情報通信学会技術研究報告, 2003.01.
131. 大薮多可志,小野寺武,竹中幸三郎,勝部昭明, 観葉植物の大気中ガソリン浄化特性, 電気学会研究会, 2001.06.
132. 小野寺武,上宮崇,大薮多可志,木村春彦, 観葉植物を配置したチャンバー内における建材からの汚染物発生量推定, 電気学会研究会資料, 2001.06.
133. 大薮多可志,小野寺武,加藤淳,南戸秀仁,竹中幸三郎, 観葉植物の大気中ガソリンの浄化特性, Proceedings of the 32nd Chemical Sensor Symposium, 2001.04.
134. 小野寺武,上宮崇,木村春彦,大薮多可志, 建材から発生するホルムアルデヒドに対するポトスの浄化過程のモデル化, 平成13年電気学会全国大会, 2001.03.
135. 加藤淳,大薮多可志,中本義則,小野寺武,上宮崇,木村春彦,南戸秀仁, ホルムアルデヒドに対する観葉植物の浄化能力の比較, 電気学会, 2000.12.
136. 大薮多可志,沢田史子,南戸秀仁,中田直将,小野寺武, シックビル症候群原因物質の室内拡散特性, 電子情報通信学会, 2000.08.
137. 小野寺武,大薮多可志,木村春彦,西川龍彦, ガスセンサを用いた観葉植物の室内空気汚染浄化指数の導出, 電子情報通信学会技術研究報告(電子部品・材料), 2000.06.
138. 大薮多可志,小野寺武,中原毅,松浦吉展, ガスセンサを用いた観葉植物鉢の大気・土壌の同時汚染浄化モニタリング, Proceedings of the 30th Chemical Sensor Symposium, 2000.04.
139. 小野寺武,木村春彦,大薮多可志,松浦吉展, 植物および土壌の室内空気汚染物に対する浄化特性, Proceedings of the 30th Chemical Sensor Symposium, 2000.04.
140. 沢田史子,大薮多可志,中本義則,小野寺武,木村春彦,笠原浩,南戸秀仁,勝部昭明, ニオイセンサ信号の融合による人間の日常活動の同定, 電気学会・化学センサシステム研究会, 1999.11.
141. 小野寺武,南保英孝,木村春彦,大薮多可志, ホルムアデヒドおよびVOCに対する植物の選択的浄化能, 電気学会, 1999.11.
142. 沢田史子,大薮多可志,吉浦真由美,小野寺武,木村春彦, 居住空間における複数のニオイセンサ特性の融合によるふるまい抽出, 平成11年度電気関係学会北陸支部連合大会, 1999.10.
143. 小野寺武,木村春彦,大薮多可志, 室内空気汚染物に対する植物の選択的浄化作用, Proceedings of the 29th Chemical Sensor Symposium, 1999.09.
144. 大薮多可志,笠原浩,南戸秀仁,小野寺武,筒口善央,中原毅, 一般家庭トイレにおけるニオイセンサ特性, Proceedings of the 29th Chemical Sensor Symposium, 1999.09.
145. 大薮多可志,南戸秀仁,笠原浩,小野寺武,井筒岳,辻隆之, 居住空間におけるニオイセンサの多点測定と生活活動の抽出, 電子情報通信学会技術研究報告(電子部品・材料), 1999.06.
146. 小野寺武,広林茂樹,木村春彦,大薮多可志, Epipremnum aureumのホルムアルデヒド浄化特性, 平成11年電気学会全国大会, 1999.03.
147. 小野寺武,広林茂樹,木村春彦,松浦吉展,大薮多可志, 植物の空気清浄機能の評価, 電気学会・化学センサシステム研究会, 1998.11.
148. 中本義徳,大薮多可志,金田真裕子,小野寺武,木村春彦, 酸化スズ系ガスセンサ出力と室内気候・平均気温の相関関係と季節感の同定, 第7回日本ファジィ学会北信越支部ファジィシンポジウム, 1998.08.
149. T. Onodera, T. Oyabu, T. Katsube, Y. Matsuura, Relationship Between Output of Gas Sensor and Indoor Thermal Index, 電子情報通信学会技術研究報告(電子部品・材料), 1998.06.
150. 大薮多可志,小野寺武,松浦吉展,大薮多可志, 酸化スズ系ガスセンサ出力と室内温熱環境指数の関係, Proceedings of the 26th Chemical Sensor Symposium, 1998.04.
151. 小野寺武,広林茂樹,木村春彦,大薮多可志, アンモニアおよびホルムアルデヒドに対する観葉植物の応答特性, Proceedings of the 26th Chemical Sensor Symposium, 1998.04.
152. 小野寺武,広林茂樹,木村春彦,大薮多可志, アンモニアおよびホルムアルデヒドに対するシェフレラの応答特性, 平成10年電気学会全国大会, 1998.03.
153. 広瀬幸雄,小野寺武,松井和幸,野方文雄, 雰囲気ガスセンサとしての植物利用, 電気学会・化学センサシステム研究会, 1997.11.
154. 小野寺武,大薮多可志,蔡奎千,松浦吉展,麻生功,木村春彦, NDV値によるガス状室内空気汚染物の同定, Proceedings of the 22nd Chemical Sensor Symposium, 1996.04.
155. 小野寺武,中村祐人,二木まゆみ,大薮多可志, マルチガスセンサによるガス状室内空気汚染物の検知, 平成6年度北陸地区学生による研究発表会(主催:電気関係学会北陸支部学生会), 1995.03.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」