九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
束田 裕一(つかだ ゆういち) データ更新日:2017.04.23

教授 /  稲盛フロンティア研究センター 先端生命情報研究部門(特定教育研究部門) システム生命科学府生命医科学講座


主な研究テーマ
全能性の分子基盤
キーワード:全能性 ゲノムリプログラミング 初期発生
2013.07~2018.03.
エピジェネティクスによる遺伝子発現制御
キーワード:エピジェネティクス、 エピゲノム、メチル化、初期発生
2003.04.
研究業績
主要著書
1. 束田 裕一, The Bulletin of the Nano Science and Technology 「ゲノム情報を管理するクロマチン化学修飾とその制御機構」, ナノ学会, 13巻2号, 2015.03.
2. Yuichi Tsukada, Yujiang Geno Shi, Epigenetics 2nd edition "The discovery of histone demethylases", Cold Spring Harbor Press, pp13-15, 2015.02.
3. 束田 裕一, 生体の科学 「代謝とエピジェネティクス」, 医学書院, 65巻4号349-356ページ, 2014.08.
4. 束田 裕一, エピジェネティクス 「ヒストンのメチル化と脱メチル化」, 東京化学同人, 67-89ページ, 2013.12.
5. Yuichi Tsukada, Yujiang Geno Shi, Cold Spring Harbor Perspective in Biology "The discovery of histone demethylases", Cold Spring Harbor Laboratory Press, 2013.09.
6. Yu-ichi Tsukada, Keiichi I, Nakayama, Cold Spring Harbor Protocol "In vitro histone demethylase assay", Cold Spring Harbor Laboratory Press, 10, 2010.10.
7. 束田 裕一, 中山 敬一, 実験医学 「脳形成に関与する二重特異性ヒストン脱メチル化酵素KDM7の発見」, 羊土社, 28: 2129-2132, 2010.07.
8. 束田 裕一, 中山 敬一, 細胞工学 「遺伝子サイレンシングマークを消去するヒストン脱メチル化酵素KDM7の発見」, 秀潤社, 29: 596-597, 2010.05.
9. 束田 裕一, 分子間相互作用解析ハンドブック 「クロマチン免疫沈降法」, 183-8., 2007.10.
10. Tsukada, Y., Zhang, Y., Methods "Purification of histone demethylases from HeLa cells", 40: 318-326, 2006.12.
11. 束田 裕一, 実験医学 「JmjCドメイン含有タンパク質ファミリーによるヒストンの脱メチル化」, 24(6):831-4., 2006.04.
主要原著論文
1. Yuichi Tsukada, Tomohiko Akiyama, Keiichi Nakayama, Maternal TET3 is dispensable for embryonic development but is required for neonatal growth, Sci. Rep., 5, 15876, 2015.10.
2. Takayoshi Suzuki, Hiroki Ozasa, Yukihiro Itoh, Peng Zhan, Hideyuki Sawada, Koshiki Mino, Louise Walport, Rei Ohkubo, Akane Kawamura, Masato Yonezawa, Yuichi Tsukada, Anthony Tumber, Hidehiko Nakagawa, Makoto Hasegawa, Ryuzo Sasaki, Tamio Mizukami, Christopher J. Schofield, Naoki Miyata, Identification of the KDM2/7 histone lysine demethylase subfamily inhibitor and its antiproliferative activity, J Med Chem., 56, 18, 7222-7231, 2013.09.
3. Yuichi Tsukada, Tohru Ishitani, Keiichi Nakayama, KDM7 is a dual demethylase for histone H3 Lys 9 and Lys 27 and functions in brain development, GENES & DEVELOPMENT, 24, 5, 432-437, 2010.03.
4. Masaaki Nishiyama, 押川 清孝, Yuichi Tsukada, Nakagawa, T., Iemura, S., Natsume, T., Fan, Y., Kikuchi, A., Skoultchi, I. A., Keiichi Nakayama, CHD8 suppresses p53-mediated apoptosis during early embryogenesis., Nat. Cell Biol., 11: 172-82, 2009.02.
5. He, J., Kallin, E. M., Yuichi Tsukada, Zhang, Y., The H3K36 demethylase Jhdm1b/Kdm2b regulates cell proliferation and senescence through p15Ink4b., Nat. Struct. Mol. Biol., 15: 1169-75, 2008.11.
6. Shirako E, Hirayama N, Yuichi Tsukada, Tanaka T, Kitamura N, Up-regulation of p21CIP1 expression mediated by ERK-dependent and -independent pathways contributes to hepatocyte growth factor-induced inhibition of HepG2 hepatoma cell proliferation., J Cell Biochem., 104(1):176-88., 2008.05.
7. Maemura, M., Yoshimoto, A., Yuichi Tsukada, Morishita, Y., Miyazawa, K., Tanaka, T., Kitamura, N., Inhibitory effect of c-Met mutants on the formation of branching tubules by a porcine aortic endothelial cell line. , Cancer Sci. , 2006.12.
8. Yuichi Tsukada, JHDM2A, a JmjC-Containing H3K9 Demethylase, Facilitates Transcription Activation by Androgen Receptor, Cell, 2006.05.
9. Yuichi Tsukada, Histone demethylation by a family of JmjC domain-containing proteins, Nature, 2006.02.
10. Cao, R., Tsukada, Y., and Zhang, Y. , Role of Bmi-1 and Ring1A in H2A ubiquitylation and Hox gene silencing., Mol. Cell, 2005.12.
11. Han, J., Tsukada, Y., Hara, E., Kitamura, N., and Tanaka, T. , Hepatocyte growth factor induces redistribution of p21ClP1 and p27KlP1 through ERK-dependent p16INK4a up-regulation, leading to cell cycle arrest at G1 in HEPG2 hepatoma cells. , J. Biol. Chem. , 2005.09.
12. Yuichi Tsukada, Miyazawa, K., Kitamura, N., High Intensity ERK Signal Mediates Hepatocyte Growth Factor-induced Proliferation Inhibition of Human Hepatocellular Carcinoma Cell Line HepG2., J. Biol. Chem. , 2001.11.
13. Tsukada, Y., Tanaka T., Miyazawa, K., and Kitamura, N. , Involvement of down-regulation of Cdk2 activity in hepatocyte growth factor-induced cell cycle arrest at G1 in the human hepatocellular carcinoma cell line HepG2., J. Biochem. (Tokyo) , 2004.11.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Tsukada, Y., Hydroxylation mediates chromatin demethylation., J.Biochem., 2012.03.
2. Yu-ichi Tsukada, Seikagaku, 日本生化学会, 2007.07.
主要学会発表等
1. Yuichi Tsukada, The role of zygotic 5mC oxidation in mouse development, International Symposium on Epigenome Dynamics and Regulation in Germ Cells, 2016.02.18.
2. 束田 裕一, 中島 友紀, 哺乳類着床前初期胚でおこるメチル化DNA酸化の個体発生における役割, 日本分子生物学会第38回年会・日本分子生化学会第88回年会合同大会, 2015.12.02.
3. Yuichi Tsukada, Chemical modifications of chromatin, 9th International Symposium on Nanomedicine, 2015.12.12.
4. 束田 裕一, Regulation of Major Satellite Transcripts in Mouse Zygotes, The 1st International Symposium of Chemistry and Biology of RNA Interference, 2014.11.04.
5. 束田 裕一, Epigenetic Mechanisms of Gene Regulation, Kyocera Professor Meeting, 2014.09.11.
6. 束田 裕一, Epigenetic mechanism of gene regulation, 11th Inamori Frontier Research Symposium, 2014.09.09.
7. 束田 裕一, Regulation Mechanism of DNA Oxidation in Mammalian Zygotes, 8th Annual Conference of Asia Epigenome Alliance and 2nd Taipei Epigenetics and Chromatin Meeting, 2013.11.06.
8. 束田 裕一, 哺乳類初期胚におけるクロマチン修飾制御機構, 第86回日本生化学会大会, 2013.09.12.
9. Yuichi Tsukada, A unique regulatory phase of chromatin modification in the early mammalian embryo, The Fukuoka International Symposium on Genomics & Epigenomics, 2013.09.10.
10. 束田 裕一, Regulation of chromatin demethylation, The 8th International Symposium of the Institute Network, 2013.06.28.
11. 束田 裕一, クロマチンのメチル化修飾消去機構の解明, さきがけ「エピジェネティクスの制御と生命機能」領域 研究成果報告会, 2013.01.30.
12. 束田 裕一, 細胞の記憶を消す仕組み−クロマチンのメチル化修飾消去機構—, 九州大学 高等研究院 若手研究者交流セミナー, 2012.11.21.
13. 束田 裕一, 細胞の記憶を消すメカニズム
–クロマチンのメチル化修飾制御機構–
, 日本分子生物学会台12回春季シンポジウム, 2012.04.26.
14. Yu-ichi Tsukada, Tohru Ishitani, Keiichi I, Nakayama, KDM7 is a dual demethylase for histone H3 lysine 9 and 27 and functions in brain development, The 2010 Cold Spring Harbor Asia Conference, 2010.05.19.
15. 束田 裕一、石谷 太、中山 敬一, 新規二重特異性ヒストン脱メチル化酵素KDM7は脳の発生に関与する, 日本分子生物学会年会, 2009.12.12.
16. 束田 裕一、石谷 太、中山 敬一, H3 lysine 9 and lysine 27 demethylase is involved in the development of the tectum, FASEB, 2009.07.16.
17. Tsukada, Y., Fang, J., Erdjument-Bromage, H., Warren, ME., Borchers, CH., Tempst, P., and Zhang, Y., Histone demethylation by a family of JmjC domain-containing proteins, FAOBMB Congress, 2006.06.
学会活動
所属学会名
日本エピジェネティクス研究会
日本分子生物学会
学会・研究会における座長等
2016.05.19~2016.05.20, 第10回エピジェネティクス研究会, 座長.
2016.02.17~2016.02.19, International Symposium on Epigenome Dynamics and Regulation in Germ Cells, 座長.
2015.12.01~2015.12.04, 日本分子生物学会第38回年会・日本分子生化学会第88回年会合同大会, 座長.
2013.09.10~2013.09.10, The Fukuoka International Symposium on Genomics & Epigenomics 2013, 司会.
2013.09.11~2013.09.13, 第86回日本生化学会大会, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.05.19~2016.05.20, 第10回エピジェネティクス研究会, プログラム委員.
2013.09.10~2013.09.10, Fukuoka International Symposium on Genomics & Epigenomics 2013, オーガナイザー.
2013.09.11~2013.09.13, 第86回日本生化学会大会, シンポジウムオーガナイザー.
2013.09.11~2013.09.13, 第86回日本生化学会大会, プログラム委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2017.02~2019.01, Scientific Reports, 編集委員.
2015.04~2016.12, DNA and Histone Methylation as Cancer Targets, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度      
2015年度      
2014年度      
2013年度      
その他の研究活動
研究活動に関する情報の公開
ホームページ, 研究室の研究紹介, 2015.04.
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Unversity of North Crolina at Chapel Hill, Howard Hughes Medical Institute, United States of America, United States of America, 2003.04~2006.09.
受賞
第55回渡辺記念特別奨励賞, 公益財団法人 宇部興産学術振興財団, 2015.06.
平成27年度長瀬研究振興賞, 公益財団法人 長瀬科学技術振興財団, 2015.04.
第6回野口遵賞, 公益財団法人 野口研究所, 2015.03.
九州大学研究活動表彰, 九州大学, 2014.11.
九州大学研究活動表彰, 九州大学, 2013.11.
九州大学研究活動表彰, 九州大学, 2012.11.
九州大学研究活動表彰, 九州大学, 2011.11.
文部科学大臣表彰 若手科学者賞, 2011.04.
Joseph S. Pagano Award, Lineberger Comprehensive Cancer Center University of North Carolina USA, 2006.06.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2017年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 哺乳類の全能性分子基盤における糖鎖修飾の役割.
2014年度~2015年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 新規クロマチン修飾の制御因子同定と機能解析.
2013年度~2018年度, 新学術領域研究, 代表, 卵および初期胚のエピゲノム制御機構.
2009年度~2010年度, 特定領域研究, 代表, 生殖細胞特異的クロマチン修飾因子の機能解析.
2007年度~2008年度, 若手研究(A), 代表, 新規ヒストン脱メチル化酵素の同定及び機能解析によるヒストンメチル化修飾の機能解析.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2010年度~2013年度, 最先端・次世代研究開発支援プログラム, 代表, ゲノムリプログラミングにおけるクロマチン修飾制御機構の解明.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2009年度~2010年度, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省), 代表, クロマチンのメチル化修飾消去機構の解明.
寄附金の受入状況
2016年度, 公益財団法人 鈴木謙三記念医科学応用研究財団, 鈴木謙三記念医科学応用研究財団助成金.
2016年度, 公益財団法人 テルモ生命科学芸術財団, テルモ生命科学芸術財団助成金.
2015年度, 公益財団法人 野口研究所, 野口遵研究助成.
2015年度, 公益財団法人 宇部興産学術振興財団, 宇部興産学術振興財団研究助成.
2015年度, 公益財団法人 長瀬科学技術振興財団, 長瀬科学技術振興財団研究助成.
2015年度, 公益財団法人 稲盛財団, 稲盛財団研究助成.

九大関連コンテンツ