九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
富田 健太郎(とみたけんたろう) データ更新日:2017.04.07

助教 /  総合理工学研究院 エネルギー科学部門 電気プロセス工学


主な研究テーマ
大型レーザー装置により生成される無衝突衝撃波の協同的トムソン散乱計測
キーワード:無衝突衝撃波、トムソン散乱
2011.08~2015.04.
ナノ界面近傍の電子状態の診断
キーワード:電子密度、電子温度、サブサーフェス
2012.04~2014.03.
大面積薄膜太陽電池作成用プラズマのレーザー散乱計測
キーワード:薄膜太陽電池、負イオン計測、電子密度、電子温度
2009.08~2013.05.
ガス遮断器内アーク放電プラズマの消弧特性解明に関する研究
キーワード:アーク遮断器、電子密度、電子温度、レーザートムソン散乱法
2008.01~2011.03.
大気圧非平衡プラズマの電子密度・電子温度計測法開発に関する研究
キーワード:電子密度、電子温度、レーザートムソン散乱法
2007.10~2010.06.
レーザー散乱法による小型マイクロ波イオンエンジンプラズマの特性解明に関する研究
キーワード:レーザートムソン散乱法、イオンエンジン、電子密度、電子温度
2007.01.
レーザートムソン散乱法による極端紫外リソグラフィー光源用プラズマの計測法開発
キーワード:協同的レーザートムソン散乱法、極端紫外光(EUV)リソグラフィー、電子密度、電子温度、平均イオン価数
2004.08.
従事しているプロジェクト研究
平成27年度 (2015年度)独立行政法人日本学術振興会フランスとの共同研究(MAEDI )
2015.04~2017.03, 代表者:森田太智, 九州大学大学院総合理工学研究院(日本)
本プロジェクトの目的は出力エネルギーがキロジュールクラスである大型レーザーを用いて、磁気理コネクション、無衝突衝撃波、輻射流体現象など、その物理過程が明らかでない宇宙の高エネルギー現象を実験室に再現し、様々なプラズマ計測の手法を用いて物理機構を明らかにすることである。.
トムソン散乱法によるEUVプラズマの計測に関する共同研究
2013.08~2014.03, 代表者:内野喜一郎, ギガフォトン株式会社(日本)
実用化間近の極端紫外(EUV)リソグラフィーは、その光源プラズマの最適化が未達成である。本共同研究では、EUV発光効率に直結するプラズマのパラメータ(電子密度や電子温度)を協同的トムソン散乱法で測定可能とし、効率改善の方向性を示すことを目的とする。.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Kentaro Tomita, Daisuke Gojima, Takahiro Shimizu, Kiichiro Uchino, Tomoyuki Nakano, Yasunori Tanaka, Katsumi Suzuki, Takanori Iijima, Toshiyuki Uchii, and Takeshi Shinkai, Thomson scattering diagnostics of SF6 gas-blasted arcs confined by a nozzle under free-recovery conditions, J. Phys. D: Appl. Phys.,, 48 (2015) 265201 (14pp), 2015.05.
2. K. Tomita, K. Nagai, T. Shimizu, N. Bolouki, Y. Yamagata, K. Uchino, T. Kaneko, Thomson scattering diagnostics of atmospheric plasmas in contact with ionic liquids, Appl. Phys. Express, Vol. 7, 066101 (4 pages), 2014.05.
3. K. Tomita, D. Gojima, K. Nagai, K. Uchino, R. Kamimae, Y Tanaka, K. Suzuki, T. Iijima, T. Uchii, T. Shinkai, Thomson scattering diagnostics of decay processes of Ar/SF6 gas-blast arcs confined by a nozzle, J. Phys. D: Appl. Phys. (Fast Track Communications), Vol. 46, 382001 (5 pages) (2013), 2013.09.
4. T. Morita, Y. Sakawa, K. Tomita, T. Ide, Y. Kuramitsu, K. Nishio, K. Nakayama, K. Inoue, T. Moritaka, H. Ide, M. Kuwada, K. Tsubouchi, K. Uchino, H. Takabe, Thomson scattering measurements of a shock in laser-produced counter-streaming plasmas, Phys. Plasmas, Vol. 20, 092115 (6 pages) (2013), 2013.09.
5. K. Tomita, K. Nakayama, K. Inoue, A. Sunahara, K. Uchino, A collective laser Thomson scattering system for diagnostics of laser-produced plasmas for extreme ultraviolet light sources, Appl. Phys. Express, Vol. 6, 076101 (4 pages) (2013), 2013.06.
6. Kentaro Tomita, Nima Bolouki, Hiroki Shirozono, Yukihiko Yamagata, Kiichiro Uchinoa, Koichi Takaki, Two-dimensional Thomson scattering diagnostics of pulsed discharges produced at atmospheric pressure, Journal of Instrumentation, Vol. 7, C02057, 2012.02.
7. 富田健太郎, Hassaballa Safwat, 内野喜一郎, 高気圧プラズマのトムソン散乱計測とレーザー擾乱の検討, 電気学会論文誌A, 130, 12, 1099-1104, 2010.12.
8. K. Tomita, N. Yamamoto, N Yamasaki, T. Tsuru, K. Uchino, H. Nakashima, Thomson Scattering Diagnostics of Plasmas Produced in a Miniature Microwave Discharge Ion Engine, Journal of Propulsion and Power, 26, 2, 381-384, 2010.03.
9. Kentaro Tomita, Taisuke Kagawa, Kiichiro Uchino,Sunao KATSUKI, Hidenori AKIYAMA, Collective Thomson Scattering Diagnostics of EUV Plasmas, Journal of Plasma and Fusion Research SERIES, 8, 1, 488-491, 2009.09.
10. Safwat Hassaballa, Masaaki Yakushiji, Young-Kee Kim, Kentaro Tomita, Kiichiro Uchino, Katsunori Muraoka, Two-Dimensional Structure of PDP Micro-Discharge Plasmas Obtained Using Laser Thomson Scattering, IEEE Trans. Plasma Sci., 32, 1, 127, 134, Vol. 32, pp.127-134, 2004.02.
11. Soushi Narishige, Shuichi Kitamura, Shuji Sakemi, Kentaro Tomita, Kiichiro Uchino, Katsunori Muraoka, Tadanori Sakoda, Thomson Scattering Diagnostics of Glow Discharge Plasmas Produced in Raman Active Gases, Jpn. J. Appl. Phys., 41, 11A, L1259, L1262, Vol. 41, pp. L1259-L1262, 2002.11.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 富田 健太郎, 高Zプラズマのパラメータ診断, プラズマ・核融合学会誌Vol. 89(10) (2013年10月),pp. 664-668, 2013.10.
主要学会発表等
1. Kentaro Tomita, Nima Bolouki, Yukihiko Yamagata, Kiichiro Uchino, Studies of Pulsed Filament Discharges Produced in Near-Atmospheric Pressure Using Laser Thomson Scattering, the 12th international workshop on advanced plasma precessing and diagnostics, 2011.01.05.
2. Kentaro Tomita, Kota Ohara, Kazuki Nakayama, Kiichiro Uchino, Development of a Collective Thomson Scattering System for Diagnostics of Laser Produced EUV Plasmas, the 63rd gaseous electronic conference and 7th international conference on reactive plasmas, 2010.10.08.
3. 富田健太郎、山田貴夫、香川敦祐、内野喜一郎、勝木淳、秋山秀典, 協同的トムソン散乱法によるEUV光源用プラズマの計測, 秋季 第68回応用物理学会学術講演会, 2007.08.
特許出願・取得
特許出願件数  3件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
電気学会
応用物理学会
プラズマ・核融合学会
学会・研究会における座長等
2014.03.18~2014.03.20, 平成26年電気学会全国大会, 座長.
2014.02.03~2014.02.07, 8th International conference on reactive plasmas, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2014.02.03~2014.02.07, 8th International conference on reactive plasmas , 現地実行委員.
2014.01.20~2014.01.22, 第34回レーザー学会年次大会, 現地実行委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2014年度      
2013年度      
2012年度    
2011年度      
受賞
Early Career Presentation Awards (ECPA) for 5th International Conference on Plasma Medicine (ICPM5), The Award Committee of ICPM5, 2014.05.
優秀論文発表賞, 電気学会 基礎・材料・共通部門, 2013.05.
第22回(2007年春季)応用物理学会 講演奨励賞, 応用物理学会, 2007.05.
Award for the best poster(レーザー研シンポジウム2014,2014) , 大阪大学レーザーエネルギー学研究センター共同研究専門委員会, 2014.04.
プラズマエレクトロニクスサマースクール優秀講演賞, 応用物理学会 プラズマエレクトロニクス分科会, 2004.10.
優秀論文発表A賞(IEEJ Excellent Presentation Award) (平成25年電気学会 研究会(放電 静止器 開閉保護 合同研究会, 2013), 電気学会, 2014.08.
Outstanding paper award (The 5th cross straits symposium on materials, energy and environmental sciences, 2003), The organizing committee of the 5th Cross Straits Symposium on Materials, Energy and Environmental Sciences, 2007.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2018年度, 基盤研究(A), 分担, 大型高強度レーザーを用いた宇宙物理実験.
2015年度~2017年度, 若手研究(A), 代表, 新規軟X線光源用プラズマのためのイオン価数・電子密度・電子温度計測システムの開発
.
2012年度~2014年度, 基盤研究(B), 分担, 大型レーザーを用いた無衝突衝撃波の生成.
2012年度~2013年度, 新学術領域研究, 代表, ナノ界面近傍における電子状態の診断.
2011年度~2013年度, 若手研究(B), 代表, ガス遮断器への新材料適用におけるアーク特性の研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2014年度~2014年度, パワーアカデミー研究助成,特別推進研究, 分担, 次世代直流・交流電力システムを視野に入れたSF6・代替ガスアーク遮断現象の高精度実験および高精度数値解析 -未知なるアークプラズマ現象解明への挑戦-.
2012年度~2014年度, 大阪大学レーザーエネルギー学研究センター共同利用・共同研究, 代表, 協同的トムソン散乱法による無衝突衝撃波の研究.
2012年度~2013年度, 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) FSステージ探索タイプ, 代表, 高効率かつ低コストな次世代リソグラフィー光源開発のための評価技術の確立.
2012年度~2013年度, 2012年度パワーアカデミー研究助成「萌芽研究」, 代表, SF6 ガスに代わる遮断ガス模索のためのアーク放電特性の研究 .
2011年度~2011年度, 科学技術振興機構 研究成果展開事業研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP), 代表, 高効率かつ長寿命LED照明開発のための高精度リアルタイム温度計測システムの開発.
学内資金・基金等への採択状況
2007年度~2008年度, 平成19年度 総理工奨励研究(個人研究 ), 代表, 大気圧マイクロプラズマの基礎特性解明に関する研究.

九大関連コンテンツ