九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
巽 大輔(たつみ だいすけ) データ更新日:2017.05.18

准教授 /  農学研究院 環境農学部門 サスティナブル資源科学


主な研究テーマ
非線形パターニングを用いたネットワーク構造の調製とその物性

キーワード:枝分かれ、ネットワーク、フラクタル、粘弾性、パターン
2014.01.
環境適合性機能ゲルの開発

キーワード:ゲル、光学異方性、配向、生物由来、レオロジー
2007.01.
繊維材料における基礎理論の構築

キーワード:繊維、ねじれ、階層構造、自発的対称性の破れ
2011.01.
繊維ネットワークの構造とレオロジー特性

キーワード:繊維、ネットワーク、べき乗則、粘弾性
2007.01.
セルロース溶液から新規繊維材料の創生

キーワード:繊維、フィルム、ゲル、液晶、レオロジー、ソフトマター
2007.01.
従事しているプロジェクト研究
イオン性液体/有機溶媒系でのセルロースの化学修飾
2015.05~2017.03, 代表者:巽 大輔, フタムラ化学株式会社.
コンソーシアム・福岡 研究連携
2010.04~2011.03, 代表者:吉村利夫.
研究業績
主要著書
1. 巽 大輔, 動的粘弾性チャートの解釈事例集, (株)技術情報協会, 第3章 第7節, 2016.01.
2. 巽 大輔, セルロースナノファイバーの調製,分散・複合化と製品応用, (株)技術情報協会, 第6章 第8節, 2015.01.
3. 巽 大輔, ゲルの安定化と機能性付与・次世代への応用開発, (株)技術情報協会, 第3章 第20節, 2013.12.
4. 巽 大輔, セルロースナノファイバーの樹脂への分散技術と応用事例, (株)技術情報協会, 第4章 第2節, 2012.04.
5. 巽 大輔, カーク・オスマー化学技術・環境ハンドブック, 丸善, 20章 多糖類, 2009.07.
6. 松本孝芳、巽 大輔, レオロジーデータハンドブック, 丸善, pp. 140-146, pp. 247-254., 2006.01.
主要原著論文
1. Ayaka MAEDA, Daisuke TATSUMI, Mitsuhiro MORITA, Linear and Nonlinear Rheological Properties of Tunicate Cellulose Solution, Nihon Reoroji Gakkaishi, 45, 2, 107-112, 2017.04.
2. Nobutake TAMAI, Daisuke TATSUMI, Takayashi MATSUMOTO, Role of Water in Gelation of Curdlan/DMSO/Water Ternary System, Nihon Reoroji Gakkaishi, 45, 1, 49-56, 2017.02.
3. 巽 大輔, 常樂寺宏行, 青野 初, 松本孝芳, セルロースの溶解促進法およびその分子特性, 高分子論文集, 73, 3, 252-257, 2016.06.
4. 巽 大輔, 井上翔太, 分子量の異なるセルロースから調製した酢酸セルロースの材料特性, 材料, 65, 5, 371-375, 2016.05.
5. Liwei Yu, Daisuke TATSUMI, Songlin Zuo, Mitsuhiro Morita, Promotion of Crystal Growth on Activated Biomass Carbon using Phosphoric Acid Activation, BioResources, 10, 2, 2406-2417, 2015.02.
6. Liwei Yu, Daisuke TATSUMI, Mitsuhiro Morita, Relationship between Viscoelasticity and Electrical Conductivity of Carbonized Cellulose Fiber Networks, Nihon Reoroji Gakkaishi, 41, 5, 331-336, 2013.12.
7. Daisuke Ishii, Daisuke Tatsumi, and Takayoshi Matsumoto, Effect of Aluminum Sulfate on Dispersion State of Sodium Carboxymethylcellulose in Aqueous Solution, Nihon Reoroji Gakkaishi, 40, 5, 267-272, 2012.12.
8. 石井大輔、巽 大輔、青野 初、玉井伸岳、松本孝芳, 由来の異なる天然セルロースの固体構造と塩化リチウム・アミド系溶媒への溶解性, 材料, 59, 4, 273-278, 2010.04.
9. 巽 大輔、岡崎美緒、舩山ますみ、中田皓介、三原一郎、松本孝芳, セルロース(藻類),キシラン,およびリグニンの溶液特性, 材料, 58, 297-303, 2009.04.
10. Tatsumi, Daisuke; Inaba, Daisuke; Matsumoto, Takayoshi, Layered Structure and Viscoelastic Properties of Wet Pulp Fiber Networks, Nihon Reoroji Gakkaishi, 36(5), 235-239, 2008.12.
11. Ishii, Daisuke; Tatsumi, Daisuke; Matsumoto, Takayoshi, Effect of Solvent Exchange on the Supramolecular Structure, the Molecular Mobility and the Dissolution Behavior of Cellulose in LiCl/DMAc, Carbohydr. Res., 343(5), 919-928, 2008.05.
12. Tatsumi, Daisuke; Kourogi, Hitoshi; Chen, Bo; Matsumoto, Takayoshi, Effect of Natural Additives on the Rheological Properties of Cellulose Fiber Disperse Systems, Colloids and Surfaces, A, 316, 151-158, 2008.01.
13. Ishii, Daisuke; Kanazawa, Yusuke; Tatsumi, Daisuke; Matsumoto, Takayoshi, Effect of Solvent Exchange on the Pore Structure and Dissolution Behavior of Cellulose, J. Appl. Polym. Sci., 103, 3976-3984, 2007.06.
14. Aono, Hajime; Tatsumi, Daisuke; Matsumoto, Takayoshi, Scaling Analysis of Cotton Cellulose/LiCl•DMAc Solution Using Light Scattering and Rheological Measurements, J. Polym. Sci. Part B, 44, 2155-2160, 2006.06.
15. Ishii, Daisuke; Tatsumi, Daisuke; Matsumoto, Takayoshi; Murata, Kazuki; Hayashi, Hisao; Yoshitani, Hiroshi, Investigation of the Structure of Cellulose in LiCl/DMAc Solution and Its Gelation Behavior by Small-Angle X-Ray Scattering Measurements, Macromol. Biosci., 6(4), 293-300, 2006.04.
16. Aono, Hajime; Tatsumi, Daisuke; Matsumoto, Takayoshi, Characterization of Aggregate Structure in Mercerized Cellulose/LiCl•DMAc Solution Using Light Scattering and Rheological Measurements, Biomacromolecules, 7(4), 1311-1317, 2006.04.
17. 巽 大輔,柳澤正弘,松本孝芳, ホヤおよび植物セルロース溶液のブレンド系のレオロジー特性, 材料, 53(12), 1267-1271, 2004.12.
18. Aono, Hajime; Tamai, Nobutake; Tatsumi, Daisuke; Matsumoto, Takayoshi, Aggregate Structure and Rheological Properties of Mercerized Cellulose/ LiCl•DMAc Solution, Nihon Reoroji Gakkaishi, 32(4), 169-177, 2004.09.
19. Chen, Bo; Tatsumi, Daisuke; Matsumoto, Takayoshi, Sedimentation Method to Evaluate PFI Mill Beating Degree of Wood Pulp Fibers, Sen'i Gakkaishi, 60(4), 112-117, 2004.04.
20. Tamai, Nobutake; Tatsumi, Daisuke; Matsumoto, Takayoshi, Rheological Properties and Molecular Structure of Tunicate Cellulose in LiCl/ 1,3-Dimethyl-2-Imidazolidinone, Biomacromolecules, 5(2), 422-432, 2004.02.
21. Chen, Bo; Tatsumi, Daisuke; Matsumoto, Takayoshi, Fiber Orientation and Flow Properties of Pulp Fiber Suspensions under Shear Flow Conditions, Sen'i Gakkaishi, 59(12), 471-478, 2003.12.
22. Tamai, Nobutake; Aono, Hajime; Tatsumi, Daisuke; Matsumoto, Takayoshi, Differences in Rheological Properties of Solutions of Plant and Bacterial Cellulose in LiCl/N,N-Dimethylacetamide, Nihon Reoroji Gakkaishi, 31(3), 119-130, 2003.06.
23. Ishii, Daisuke; Tatsumi, Daisuke; Matsumoto, Takayoshi, Effect of Solvent Exchange on the Solid Structure and Dissolution Behavior of Cellulose, Biomacromolecules, 4(5), 1238-1243, 2003.05.
24. 巽 大輔,田結庄義博,松本孝芳, 原子間力顕微鏡および小角X線散乱によるセルロース繊維の表面構造解析, 材料, 51(12), 1295-1298, 2002.12.
25. Tatsumi, Daisuke; Ishioka, Satoshi; Matsumoto, Takayoshi, Effect of Fiber Concentration and Axial Ratio on the Rheological Properties of Cellulose Fiber Suspensions, Nihon Reoroji Gakkaishi, 30(1), 27-32, 2002.02.
26. Chen, Bo; Tatsumi, Daisuke; Matsumoto, Takayoshi, Floc Structure and Flow Properties of Pulp Fiber Suspensions, Nihon Reoroji Gakkaishi, 30(1), 19-25, 2002.02.
27. Matsumoto, Takayoshi; Tatsumi, Daisuke; Tamai, Nobutake; Takaki, Tatsuya, Solution Properties of Celluloses from Different Biological Origins in LiCl•DMAc, Cellulose, 8(4), 275-282, 2001.04.
28. Tatsumi, Daisuke; Ishioka, Satoshi; Matsumoto, Takayoshi, Effect of Particle and Salt Concentrations on the Rheological Properties of Cellulose Fibrous Suspensions, Nihon Reoroji Gakkaishi, 27(4), 243-248, 1999.12.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 巽 大輔, Surf's Up ミクロスケールにまつわる科学の潮流と展望, 木科学情報, 23(2), 26-29, 2016.09.
2. 巽 大輔, 環境材料 ―バイオマス利用と成形加工の接点2―, 成形加工, 28(7), 283-287, 2016.07.
3. 巽 大輔, マーセル化したセルロースの溶液の不思議, Cellulose Communications, 23(2), 65-70, 2016.06.
4. 巽 大輔, バイオマス利用と成形加工の接点, 成形加工, 28(4), 129-130, 2016.04.
5. 巽 大輔, ロジャース有希子, 第45回木材の化学加工研究会シンポジウム「木材の化学加工におけるスケールフリーテクノロジー」に参加して, 木材工業, 71(4), 163-166, 2016.04.
6. 巽 大輔, マリアージュで生まれるセルロース材料の評価, 高分子, 65(3), 132-133, 2016.03.
7. 巽 大輔, 環境材料 ―バイオマス利用と成形加工の接点―, 成形加工, 27(7), 284-287, 2015.07.
8. 石井大輔, 巽 大輔, 林 久夫, 松本孝芳, セルロースのアミド系溶媒中での溶解,ゲル化および誘導体化, 材料, 62(4), 235-242, 2013.04.
9. 巽 大輔, セルロースファイバーサスペンションのレオロジー, Cellulose Communications, 18(1), 7-10, 2011.03.
10. 巽 大輔, エレクトリックギターと木材, 木科学情報, 2010.04.
11. 巽 大輔, セルロース溶液のレオロジー測定・評価法, Cellulose Communications, 17(1), 48-52, 2010.02.
12. 巽 大輔, 人はなぜ飛びたがるのか, 材料, 2009.08.
13. 巽 大輔, セルロース繊維分散系のレオロジー, ケミカル・エンジニヤリング, 53(10), 766-770, 2008.10.
14. 巽 大輔, 紙→繊維→分子 ―セルロース材料の構造と粘弾性―, 木科学情報, 2007.12.
15. 巽 大輔, セルロース繊維分散系及びセルロース均一溶液のレオロジーに関する研究, 日本レオロジー学会誌, 35(5), 251-256, 2007.12.
16. 松本孝芳、巽 大輔, CAE用レオロジーの基礎:分散系のレオロジー, 成形加工, 2005.08.
17. 巽 大輔、松本孝芳, 繊維ネットワークの粘弾性的性質, 繊維学会誌, 2005.02.
18. 巽 大輔、松本孝芳, 最近のセルロース繊維分散系のレオロジー的研究について―進展と動向―, 高分子加工, 2004.05.
19. 玉井伸岳、巽 大輔、松本孝芳, 溶液でみえるセルロース分子の多様性, Cellulose Commun., 2002.09.
主要学会発表等
1. 宮嵜未彩, 巽 大輔, 近藤 哲男, 種々の散乱測定によるマーセル化セルロース凝集構造の可視化, 第67回日本木材学会大会, 2017.03.18.
2. 山下浩平, 巽 大輔, 近藤 哲男, キチン溶液系の脱イオンによる光学性異方ゲルの調製の試み, 第67回日本木材学会大会, 2017.03.18.
3. 石原 健, 巽 大輔, 近藤 哲男, イオン液体系混合溶媒から調製したセルロース/酢酸セルロースブレンドフィルムの特性評価, 第67回日本木材学会大会, 2017.03.17.
4. 古賀優佳, 巽 大輔, 近藤 哲男, 電圧印加により調製された光学異方性セルロースゲルのネットワーク構造, 第67回日本木材学会大会, 2017.03.17.
5. Yuka KOGA, Daisuke TATSUMI, Formation of Optically Anisotropic Gel by Removing Cations from Cellulose Sodium Hydroxide Aqueous Solution, The 11th SPSJ International Polymer Conferences (IPC2016), 2016.12.14.
6. Momoko KITAMIKADO, Daisuke TATSUMI, Formation of Networks Using Cracking Phenomena and Their Viscoelastic Properties, The 11th SPSJ International Polymer Conferences (IPC2016), 2016.12.14.
7. 北御門桃子, 巽 大輔, ひび割れを鋳型としたネットワークパターンとその粘弾性, 第64回レオロジー討論会, 2016.10.29.
8. 北崎なつみ, 巽 大輔, ヴィスカスフィンガリングを利用した樹枝状ネットワークのパターンと粘弾性の相関, 第64回レオロジー討論会, 2016.10.29.
9. 古賀優佳, 巽 大輔, 電場下で調製された光学異方性セルロースゲルの形成速度とイオン流束の相関, 第64回レオロジー討論会, 2016.10.28.
10. 巽 大輔, ソフトマターのソフトなお話 ~セルロースを原料としたゲルらしくないゲル~, 第46回木材の化学加工研究会シンポジウム, 2016.09.29.
11. 宮嵜未彩, 巽 大輔, マーセル化セルロースの散乱測定でみられる周期構造, 平成28年度繊維学会秋季研究発表会, 2016.09.20.
12. Natsumi KITAZAKI, Daisuke TATSUMI, Network analysis of tree-like patterns obtained using viscous fingering with dynamic viscoelastic measurements, The XVIIth International Congress on Rheology (ICR2016), 2016.08.11.
13. 北御門桃子, 巽 大輔, ひび割れによるネットワークパターン形成とそれを鋳型にしたセルロースゲルの粘弾性, 第53回化学関連支部合同九州大会, 2016.07.02.
14. 古賀優佳, 巽 大輔, セルロース水酸化ナトリウム水溶液からのイオン除去による光学異方性ゲル形成, 平成28年度繊維学会年次大会, 2016.06.10.
15. 北崎なつみ, 巽 大輔, 動的粘弾性測定によるヴィスカスフィンガリングパターンのネットワーク解析, 日本レオロジー学会 第44年会, 2016.05.12.
16. Yuka KOGA, Daisuke TATSUMI, Viscoelastic behavior of optically anisotropic gel during formation process from cellulose solution under electric field, 2015 Pusan-Gyeongnam/Kyusuh-Seibu Joint Symposium On High Polymers (17th) and Fibers (15th), 2015.11.13.
17. Natsumi KITAZAKI, Daisuke TATSUMI, Relationships between tree-like network patterns and their viscoelastic properties of methylcellulose aqueous solution obtained using viscous fingering, 2015 Pusan-Gyeongnam/Kyusuh-Seibu Joint Symposium On High Polymers (17th) and Fibers (15th), 2015.11.13.
18. 巽 大輔, 矢部 雄大, 石丸 梓, 古賀 優佳, セルロース材料の成形加工における「接点」を探る, 成形加工シンポジア'15, 2015.11.03.
19. 北崎なつみ, 巽 大輔, ヴィスカスフィンガリングによる樹枝状ネットワークの粘弾性, 第63回レオロジー討論会, 2015.09.23.
20. 古賀 優佳, 巽 大輔, 電場による光学異方性ゲル形成とその過程における粘弾性挙動, 第63回レオロジー討論会, 2015.09.25.
21. 古賀 優佳, 巽 大輔, 電場下におけるセルロース/水酸化ナトリウム水溶液からの光学異方性ゲルの形成, セルロース学会第22回年次大会, 2015.07.09.
22. 巽 大輔, ゲルらしくないゲルとゲルのような流体 ~セルロースを原料として~, 第52回化学関連支部合同九州大会, 2015.06.27.
23. 北崎なつみ, 巽 大輔, ヴィスカスフィンガリングを利用したメチルセルロース水溶液の樹枝状パターンとその粘弾性, 第52回化学関連支部合同九州大会, 2015.06.27.
24. 古賀 優佳, 巽 大輔, 電場によるセルロース/NaOH水溶液からの光学異方性ゲル形成, 第52回化学関連支部合同九州大会, 2015.06.27.
25. Liwei Yu, Daisuke TATSUMI, Tetsuo Kondo, Preparation of Carbon Nano-Particles from Biomass Carbons Using Aqueous Counter Collision Treatments, The International Symposium on Wood Science and Technology 2015 (IAWPS 2015) , 2015.03.16.
26. 古賀 優佳, 巽 大輔, 近藤 哲男, セルロース/NaOH 水溶液中のセルロース分子の分散状態が光学異方性ゲル形成に及ぼす影響, 第62回レオロジー討論会, 2014.10.17.
27. Liwei Yu, Daisuke TATSUMI, Songlin Zuo, Mitsuhiro Morita, Growth of graphitic whiskers on the surface of the activated carbons promoted by phosphoric acid treatment, The International Symposium on Fiber Science and Technology (ISF2014), 2014.09.29.
28. 巽 大輔, 小田 史彦, 近藤 哲男, セルロースナノファイバー分散系のレオロジー特性に及ぼすマーセル化の影響, セルロース学会第21回年次大会, 2014.07.17.
29. 藤原 和也, 巽 大輔, 近藤 哲男, アオサ由来糖タンパク質複合体/AlCl3水溶液の動的粘弾性挙動, 平成26年度繊維学会年次大会, 2014.06.12.
30. 古賀 優佳, 巽 大輔, 近藤 哲男, セルロース/水酸化ナトリウム水溶液の光学異方性ゲル形成に及ぼす溶液特性, 第51回化学関連支部合同九州大会, 2014.06.28.
31. Kazuya Fujiwara, Daisuke TATSUMI, Tetsuo Kondo, Single relaxation behavior in dynamic viscoelastic properties of green seaweed polysaccharide ulvan/AlCl3 aqueous systems, 2013 Pusan-Gyeongnam/Kyusuh-Seibu Joint Symposium On High Polymers (16th) and Fibers (14th), 2013.11.09.
32. Liwei Yu, Daisuke TATSUMI, Tetsuo Kondo, Preparation of nano carbon particles from activated carbon using the aqueous counter collision treatment, 2013 Pusan-Gyeongnam/Kyusuh-Seibu Joint Symposium On High Polymers (16th) and Fibers (14th), 2013.11.09.
33. 藤原 和也, 巽 大輔, 近藤 哲男, アオサ抽出多糖ulvan 水溶液の動的粘弾性挙動に及ぼす金属カチオン添加の影響, 第61回レオロジー討論会, 2013.09.27.
34. 巽 大輔, 分散系のレオロジー, 第4回基礎先端高分子・繊維研究会, 2013.09.20.
35. 兪 麗瑋, 巽 大輔, 近藤 哲男, 種々の細孔分布を持つ活性炭の水中カウンターコリジョン処理によるナノ炭素パーティクルの調製, 平成25年度繊維学会秋季研究発表会, 2013.09.06.
36. 兪 麗瑋, 巽 大輔, リン酸処理による竹炭の結晶成長促進効果, 第20回日本木材学会九州支部大会, 2013.09.03.
37. 尾分 達也, 巽 大輔, 酸加水分解したセルロース繊維の繊維長と分解反応速度の関係, セルロース学会第20回年次大会, 2013.07.19.
38. 兪 麗瑋, 巽 大輔, 近藤 哲男, 活性炭の水中カウンターコリジョン処理によるナノ炭素パーティクルの調製, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.06.
39. 藤原 和也, 巽 大輔, 近藤 哲男, アオサ抽出多糖ulvan水溶液のゲル化挙動に及ぼす添加2価カチオンの影響, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.06.
40. 長尾嘉昭, 巽 大輔, マーセル化セルロースの溶液中に生成する種々の分子凝集, 第62回高分子学会年次大会, 2013.05.30.
41. 中山拓也, 巽 大輔, 近藤 哲男, セルロース/プルラン非相溶ブレンド溶液からの再生セルロースナノファイバーの創製, 第63回日本木材学会大会, 2013.03.27.
42. Yukari Yoshinaga and Daisuke Tatsumi, Viscoelastic Properties and Phase Separation Structure of Cellulose/β-Cyclodextrin Blend System, The 9th SPSJ International Polymer Conference, 2012.12.14.
43. Azusa Ishimaru and Daisuke Tatsumi, Rheological Properties and Network Structure of Molecular Oriented Cellulose Gels Prepared by Using Ion-Exchange Resin, The 9th SPSJ International Polymer Conference, 2012.12.14.
44. 巽 大輔, 小角X線散乱を用いたセルロース溶液およびゲル中の分子凝集構造解析, 日本化学会西日本大会, 2012.11.10.
45. Yoshiaki Nagao and Daisuke Tatsumi, Different molecular assemblies formed in mercerized cellulose solutions, The 3rd International Cellulose Conference, 2012.10.11.
46. Liwei Yu and Daisuke Tatsumi, Relationship between viscoelastic and electric properties of cellulose fiber networks and their carbonized ones, The 3rd International Cellulose Conference, 2012.10.11.
47. 巽 大輔、案浦龍一朗, 多糖類を添加したセルロース繊維分散系の線形および非線形粘弾性, 第60回レオロジー討論会, 2012.09.27.
48. 矢部雄大、巽 大輔, 繊維ネットワークと高分子ネットワークのレオロジーとアナロジー, 第61回高分子討論会, 2012.09.19.
49. 巽 大輔, 自発的対称性の破れによるアンチパラレルへの転移, セルロース学会第19回年次大会, 2012.07.12.
50. 藤原和也、巽 大輔, アオサ由来多糖ulvanから調製したゲルのレオロジー特性, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.30.
51. 中山拓也、巽 大輔, セルロース/プルラン均一ブレンド溶液における光学異方性の発現と分子量の相関, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.30.
52. 巽 大輔, セルロース繊維ネットワークのレオロジー、モルフォロジー、アナロジー, 平成24年度繊維学会年次大会, 2012.06.07.
53. 石丸 梓、巽 大輔, イオン流動によって得られたセルロースゲルの分子鎖配向挙動と構造, 平成24年度繊維学会年次大会, 2012.06.06.
54. 巽 大輔、德貞太朗, セルロース/塩化リチウム・アミド系溶液の液晶相転移とゲル化の濃度依存性, 第61回高分子学会年次大会, 2012.05.31.
55. 中山拓也、巽 大輔, セルロース/プルラン均一ブレンドのレオロジー特性に与える分子量の影響, 日本材料学会第61期学術講演会, 2012.05.27.
56. 吉永ゆかり、巽 大輔, セルロース/β-シクロデキストリンブレンド系の相分離構造と粘弾性挙動, 日本レオロジー学会 第39年会, 2012.05.10.
57. 長尾嘉昭、巽 大輔, マーセル化および再生処理がセルロース溶液の粘弾性に及ぼす影響, 第62回日本木材学会大会, 2012.03.15.
58. 尾分達也、巽 大輔, 酸加水分解を用いたセルロース繊維のランダム切断による元の繊維長の推定および分解機構の検討, 第62回日本木材学会大会, 2012.03.15.
59. Tatsuya Owake and Daisuke Tatsumi, Length Estimation of Long Cellulose Fiber from Acid Hydrolyzed Fiber Fraction and Relationship with Molecular Weight, 2011 Pusan-Gyeongnam/Kyusuh-Seibu Joint Symposium On High Polymers (15th) and Fibers (13th), 2011.10.28.
60. Liwei Yu and Daisuke Tatsumi, Correlation between Viscoelastic and Electric Percolation of Carbonized Cellulose Fiber Network, 2011 Pusan-Gyeongnam/Kyusuh-Seibu Joint Symposium On High Polymers (15th) and Fibers (13th), 2011.10.28.
61. 吉永ゆかり、巽 大輔, セルロース/β-シクロデキストリンブレンドより得られるミクロゲル-系のレオロジー特性とミクロゲル構造の相関-, 第59回レオロジー討論会, 2011.10.08.
62. 長尾嘉昭、巽 大輔, 分子量および結晶構造変化によるセルロース溶液の特異なレオロジー挙動, 第59回レオロジー討論会, 2011.10.07.
63. 石丸 梓、巽 大輔, イオン交換樹脂を用いて調製した分子鎖配向セルロースゲルの構造とレオロジー, 第59回レオロジー討論会, 2011.10.06.
64. 矢部雄大、巽 大輔, ネットワーク構造を変化させた繊維分散系のレオロジー特性, 第60回高分子討論会, 2011.09.28.
65. 巽 大輔、尾分達也, 長繊維のランダム切断による元の繊維長の推定 ―セルロース繊維の酸加水分解―, 平成23年度繊維学会秋季研究発表会, 2011.09.09.
66. 巽 大輔、中山拓也, セルロース-プルラン均一ブレンド溶液における光学異方相の発現とレオロジー変化の相関, セルロース学会第18回年次大会, 2011.07.15.
67. 吉永ゆかり、巽 大輔, セルロース‐シクロデキストリンの均一ブレンド溶液より得られる不均一ミクロゲル, セルロース学会第18回年次大会, 2011.07.15.
68. 長尾嘉昭、巽 大輔, 処理履歴が異なるセルロースIIのLiCl・DMAc溶液の粘弾性特性, セルロース学会第18回年次大会, 2011.07.15.
69. 石丸 梓、巽 大輔, 脱塩で得られたセルロース分子鎖配向ゲルの特性に与える塩濃度および調製時間の影響, セルロース学会第18回年次大会, 2011.07.15.
70. 中山拓也、巽 大輔, セルロース/LiCl・DMAc溶液のレオロジー特性に及ぼす多糖ブレンドの影響, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.09.
71. 尾分達也、巽 大輔, 酸加水分解によるセルロース繊維長変化の統計的解析および分子量との相関, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.09.
72. 吉永ゆかり、巽 大輔, 共焦点レーザー顕微鏡を用いたセルロース/β-シクロデキストリンブレンド系ゲルの相分離構造の観察, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.09.
73. 矢部雄大、巽 大輔, 微結晶セルロース分散系のレオロジー特性と高分子のガラス転移挙動のアナロジー, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.09.
74. 長尾嘉昭、巽 大輔, 分子量および結晶構造を変化させたセルロースの溶液における構造解析, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.09.
75. 石丸 梓、巽 大輔, 小角X線散乱によるイオン交換で得られた分子鎖配向セルロースゲルの構造解析, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.09.
76. 兪 麗瑋、巽 大輔, 炭化処理によるセルロース繊維ネットワークの粘弾性および導電性の相関性の検証, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.09.
77. 兪 麗瑋、巽 大輔, セルロース繊維ネットワークおよびその炭化物の粘弾性と導電性, 平成23年度繊維学会年次大会, 2011.06.09.
78. 巽 大輔, がんばろう、基礎研究 ~パルプ化、添加剤、リサイクル、繊維流動、水素結合etc.~, 第35回九州紙パルプ研究会講演会, 2011.06.03.
79. 巽 大輔、案浦龍一朗, 多糖類を添加したセルロース繊維分散系の粘弾性, 第60回高分子学会年次大会, 2011.05.25.
80. 前田綾香、巽 大輔, 溶液中のセルロース分子鎖運動に与える固体構造と分子量の影響, 日本レオロジー学会第38年会, 2011.05.19.
81. 矢部雄大、巽 大輔, 繊維状粒子分散系が示すゴム弾性的挙動と粒子のブラウン運動の相関, 日本レオロジー学会第38年会, 2011.05.19.
82. 巽 大輔, 導電性回路に対応するマルコフ連鎖を用いたセルロース繊維ネットワークの弾性率解析
, 第61回日本木材学会大会, 2011.03.
83. Daisuke Tatsumi, Theoretical approaches to the viscoelastic features of three-dimensional cellulose fiber networks, The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 2010.12.16.
84. Ayaka Maeda and Daisuke Tatsumi, Molecular mobility of cellulose chains in solution affected by interactions of entanglement points, The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 2010.12.18.
85. Daisuke Tatsumi, Viscoelastic properties of three-dimensional cellulose fiber networks, International Conference on Chemical and Biological Utilization of Biomass Resources 2010, 2010.10.23.
86. Liwei Yu and Daisuke Tatsumi, Conductive fiber network prepared by carbonization of cellulose fiber network
, International Conference on Chemical and Biological Utilization of Biomass Resources 2010, 2010.10.24.
87. 巽 大輔、中山素一、松本孝芳, 白湯スープのレオロジーと食感, 第58回レオロジー討論会, 2010.10.04.
88. 前田綾香、巽 大輔, セルロース溶液における分子運動の濃度依存性とレオロジー特性の相関, 第59回高分子討論会, 2010.09.15.
89. 兪 麗瑋、巽 大輔, セルロース繊維ネットワークの炭化により得られた導電性繊維ネットワークの粘弾性および導電性特性, 第17回日本木材学会九州支部大会, 2010.08.31.
90. Ayaka Maeda, Daisuke Tatsumi and Mitsuhiro Morita, A Specific Entanglement Nature of High Molecular Weight Cellulose, The 5th Pacific Rim Conference on Rheology, 2010.08.02.
91. 巽 大輔、石丸 梓、森田光博, イオン交換樹脂を用いた分子鎖配向制御セルロースゲルの調製, セルロース学会第17回年次大会, 2010.07.16.
92. 巽 大輔、吉永ゆかり、森田光博, 固相におけるセルロース/β-シクロデキストリンブレンドの相互作用, セルロース学会第17回年次大会, 2010.07.15.
93. 吉永ゆかり、巽 大輔, セルロース/β-シクロデキストリン均一ブレンド系のレオロジー, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.10.
94. 矢部雄大、巽 大輔、森田光博, 繊維分散系が示すゴム弾性的挙動 ~繊維サイズおよび添加剤の影響~, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.10.
95. 長尾嘉昭、巽 大輔、森田光博, マーセル化および加水分解の処理履歴がセルロースの溶液特性に及ぼす影響, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.10.
96. 石丸 梓、巽 大輔、森田光博, イオン交換樹脂による溶液セルロース分子鎖の配向挙動, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.10.
97. 兪 麗瑋、巽 大輔、森田光博, 炭化処理によるセルロース繊維ネットワーク構造およびその導電性の変化, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.10.
98. 前田綾香、巽 大輔、森田光博, 溶液中でのセルロースの分子運動に及ぼす溶液濃度の影響, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.10.
99. 巽 大輔、長尾嘉昭、森田光博, セルロースの溶液特性に及ぼすマーセル化および加水分解処理の影響, 日本レオロジー学会第37年会, 2010.05.13.
100. 兪 麗瑋、巽 大輔、森田光博, セルロース繊維およびその炭化物ネットワークの粘弾性と導電性, 日本レオロジー学会第37年会, 2010.05.13.
101. 巽 大輔、矢部雄大、森田光博, 微結晶セルロース分散系のレオロジー特性と高分子のゴム弾性挙動のアナロジー, 第59回高分子学会年次大会, 2010.05.27.
102. 巽 大輔, セルロース繊維分散系の構造と粘弾性, 第145回生存圏シンポジウム, 2010.03.
103. 巽 大輔, セルロースファイバーサスペンションのレオロジー, セルロース学会第15回ミクロシンポジウム, 2010.01.29.
104. 兪 麗瑋、巽 大輔、森田光博, 水蒸気賦活あるいはリン酸賦活した竹炭の細孔構造, 第16回日本木材学会九州支部大会, 2009.11.13.
105. 巽 大輔、小瀬亮太、近藤哲男, 水中カウンターコリジョン法で得られるセルロースナノファイバー分散液のレオロジー特性, 第57回レオロジー討論会, 2009.10.07.
106. 前田綾香、巽 大輔、森田光博, ホヤセルロースにおける分子鎖からみ合いの分子量依存性, 第57回レオロジー討論会, 2009.10.07.
107. 巽 大輔, セルロース系材料への添加剤としての多糖類, 第58回高分子討論会, 2009.09.16.
108. 前田綾香、巽 大輔、森田光博, ホヤセルロース溶液における分子鎖の絡み合い―レオロジーおよび小角X線散乱, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.11.
109. 巽 大輔、前田綾香、森田光博, ホヤセルロース/LiCl・アミド系溶液の構造と非線形レオロジー, セルロース学会第16回年次大会, 2009.07.02.
110. 巽 大輔、小瀬亮太、近藤哲男, 水中カウンターコリジョン法で得られるセルロースナノファイバー分散液の構造と粘弾性, セルロース学会第16回年次大会, 2009.07.02.
111. 小野奈美、巽 大輔、森田光博, セルロース/シクロデキストリンブレンドのゲル化, 第58回高分子学会年次大会, 2009.05.
112. 森田光博、巽 大輔、朝倉良平, 木質炭素化物―二酸化チタン複合体の創製, 第59回日本木材学会大会, 2009.03.
113. 巽 大輔, セルロース繊維分散系の構造と粘弾性, 第123回生存圏シンポジウム, 2009.03.
114. 巽 大輔、前田綾香、森田光博, ホヤセルロース/LiCl・アミド系溶液の緩和挙動, 第56回レオロジー討論会, 2008.10.06.
115. 小野奈美、巽 大輔、森田光博, セルロース/β-シクロデキストリン系ブレンドの構造と粘弾性, 第56回レオロジー討論会, 2008.10.06.
116. Daisuke Tatsumi, Nobutake Tamai, Masahiro Yanagisawa, and Takayoshi Matsumoto, Blended Solutions of Celluloses from Different Biological Origins, The XVth International Congress on Rheology, 2008.08.
117. 小野奈美、巽 大輔、森田光博, セルロース/β-シクロデキストリンブレンド溶液のレオロジー特性, セルロース学会第15回年次大会, 2008.07.
118. 小野奈美、巽 大輔、森田光博, セルロース/LiCl・ジメチルアセトアミド溶液の粘弾性に及ぼすβ-シクロデキストリン添加の影響, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.05.
119. 向井まい、巽 大輔、松本孝芳, マイクロバイアルセルロースを用いた燃料電池電解質膜の構築, 平成20年度繊維学会年次大会, 2008.06.
120. 巽 大輔, 繊維分散系における繊維沈降挙動の解析, 平成20年度繊維学会年次大会, 2008.06.
121. 巽 大輔、玉井伸岳、柳澤正弘、松本孝芳, 由来の異なるセルロースの溶液およびそれらのブレンドのレオロジー特性, 第57回高分子学会年次大会, 2008.05.
122. 青野 初、巽 大輔、松本孝芳, 光散乱およびレオロジー測定を用いたセルロース溶液の構造解析とスケーリング, 日本レオロジー学会第35年会, 2008.05.
123. 巽 大輔, セルロースの水酸基が形成する水素結合に関する量子論的考察, 第58回日本木材学会大会, 2008.03.
124. 小野奈美、巽 大輔、森田光博、近藤哲男, セルロースおよびβ-シクロデキストリンのLiCl/ジメチルアセトアミド溶液の粘弾性, 第14回日本木材学会九州支部大会, 2007.11.
125. 巽 大輔、松本孝芳, セルロース繊維ネットワーク構造の粘弾性, 第14回日本木材学会九州支部大会, 2007.11.
126. 向井まい、巽 大輔、松本孝芳, セルロースおよびその誘導体を用いた燃料電池電解質膜の調製, 第14回日本木材学会九州支部大会, 2007.11.
127. 巽 大輔、陳 波、松本孝芳, 繊維分散系の繊維沈降挙動と繊維特性, 第55回レオロジー討論会, 2007.11.
128. Daisuke Tatsumi, Takayoshi Matsumoto, Rheological properties of cellulose fiber networks in water, ICC2007, 2007.10.
129. 巽 大輔, 生物学的由来によるセルロース分子の多様性とそれに基づく利用法, 第38回繊維学会夏季セミナー, 2007.09.
130. 向井まい、巽 大輔、松本孝芳, 燃料電池用電解質膜へ向けたバクテリアセルロースの機能化―カルボキシメチルセルロースとの複合化および硫酸基の導入, セルロース学会第14回年次大会, 2007.07.
131. 巽 大輔, 水素結合に関する一考察, セルロース学会第14回年次大会, 2007.07.
132. Daisuke Tatsumi, Rheological properties of cellulose fiber networks and cellulose solutions, 2007 Asian Chemistry Network Workshop on Polymer & Fiber Sciences, 2007.06.
133. 巽 大輔、中田皓介、松本孝芳, キシランおよびシクロデキストリン/セルロース溶液の構造と粘弾性, 日本材料学会第56期学術講演会, 2007.05.
134. 巽 大輔, セルロース繊維分散系及びセルロース均一溶液のレオロジーに関する研究, 日本レオロジー学会第34年会, 2007.05.
学会活動
所属学会名
繊維学会
高分子学会
日本材料学会
紙パルプ技術協会
セルロース学会
日本レオロジー学会
日本木材学会
学協会役員等への就任
2017.04~2019.03, 日本木材学会, 木材の化学加工研究会代表幹事.
2017.04~2019.03, 日本木材学会, 九州支部総務.
2014.06~2018.05, 日本木材学会, 部門コーディネーター.
2013.03~2019.03, 日本木材学会, 木材の化学加工研究会幹事.
2013.03~2018.09, 日本木材学会, 機関幹事.
2013.04~2015.03, 日本木材学会, 九州支部会計幹事.
2011.04, 繊維学会, 支部幹事.
2011.04~2013.03, 繊維学会, 支部庶務幹事.
2010.06, 九州紙パルプ研究会, 幹事.
2010.06~2012.05, 九州紙パルプ研究会, 庶務幹事.
2009.06~2011.06, 日本木材学会, プログラム委員会委員.
2002.04~2009.05, 日本材料学会, 部門委員会運営委員.
2003.04, セルロース学会, 支部委員.
2001.04, 日本レオロジー学会, 分散系及び界面物性研究会幹事.
学会・研究会における座長等
2017.03.17~2017.03.19, 第67回日本木材学会大会, 座長.
2016.10.28~2016.10.30, 第64回レオロジー討論会, 座長.
2016.09.29~2016.09.30, 第46回木材の化学加工研究会シンポジウム, 座長.
2016.06.08~2016.06.10, 平成28年度 繊維学会年次大会, 座長.
2016.03.27~2016.03.29, 第66回日本木材学会大会, 座長.
2015.11.02~2015.11.03, 成形加工シンポジア'15, 座長.
2015.10.22~2015.10.23, 第45回木材の化学加工研究会シンポジウム, 座長.
2015.09.23~2015.09.25, 第63回レオロジー討論会, 座長.
2015.07.09~2015.07.10, セルロース学会第22回年次大会, 座長.
2015.03.16~2015.03.18, 第65回日本木材学会大会, 座長.
2014.10.15~2014.10.17, 第62回レオロジー討論会, 座長.
2014.03.13~2014.03.15, 第64回日本木材学会大会, 座長.
2013.09.25~2013.09.27, 第61回レオロジー討論会, 座長.
2013.03.27~2013.03.29, 第63回日本木材学会大会, 座長.
2012.11.10~2012.11.11, 2012年日本化学会西日本大会, 座長.
2012.06.30~2012.06.30, 第49回化学関連支部合同九州大会, 座長.
2012.03.15~2012.03.17, 第62回日本木材学会大会, 座長.
2011.10.06~2011.10.08, 第59回レオロジー討論会, 座長.
2011.07.14~2011.07.15, セルロース学会第18回年次大会, 座長.
2011.07.09~2011.07.09, 第48回化学関連支部合同九州大会, 座長.
2011.03.18~2011.03.20, 第61回日本木材学会大会, 座長.
2010.10.04~2010.10.06, 第58回レオロジー討論会, 座長.
2010.07.15~2010.07.16, セルロース学会第17回年次大会, 座長.
2010.03.17~2010.03.19, 第60回日本木材学会大会, 座長.
2009.10.05~2009.10.07, 第57回レオロジー討論会, 座長.
2009.09.16~2009.09.18, 第58回高分子討論会, 座長.
2008.10.06~2008.10.08, 第56回レオロジー討論会, 座長.
2008.08.22~2008.08.23, 第15回日本木材学会九州支部大会, 座長.
2008.03.17~2008.03.19, 第58回日本木材学会大会, 座長.
2007.11.01~2007.11.03, 第55回レオロジー討論会, 座長.
2006.05.26~2006.05.28, 日本材料学会第55期学術講演会, 座長.
2005.11.28~2005.11.30, 第53回レオロジー討論会, 座長.
2005.09.15~2005.09.16, 第49回日本学術会議材料工学連合講演会, 座長.
2005.05.20~2005.05.22, 日本材料学会第54期学術講演会, 座長.
2004.09.22~2004.09.24, 第52回レオロジー討論会, 座長.
2003.09.17~2003.09.19, 第51回レオロジー討論会, 座長.
2002.10.09~2002.10.11, 第50回レオロジー討論会, 座長.
2001.10.24~2001.10.26, 第49回レオロジー討論会, 座長.
1999.10.20~1999.10.22, 第47回レオロジー討論会, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.03.17~2017.03.19, 第67回日本木材学会大会, 実行委員.
2017.10.18~2017.10.20, ICC2017, 実行委員.
2015.11.02~2015.11.03, 成形加工シンポジア'15, 実行委員.
2014.07.17~2014.07.18, セルロース学会第21回年次大会, 実行委員.
2013.11.21~2013.11.22, 第43回木材の化学加工研究会, 幹事.
2013.09.02~2013.09.03, 第20回日本木材学会九州支部大会, 庶務幹事.
2011.10.27~2011.10.29, 2011 Pusan-Gyeongnam⁄Kyusuh-Seibu Joint Symposium On High Polymers (15th) and Fibers (13th) , 実行委員.
2011.09.08~2011.09.09, 平成23年度繊維学会秋季研究発表会, 総務・会計.
2010.07.15~2010.07.16, セルロース学会第17回年次大会, 実行委員.
2010.03.17~2010.03.19, 第60回日本木材学会大会, 実行委員.
2007.11, 第14回日本木材学会九州支部大会, 庶務幹事.
2007.09, 第38回繊維学会夏季セミナー, 実行委員.
2005.03, 第55回日本木材学会大会, 実行委員.
2005.01, セルロース学会第10回ミクロシンポジウム, 実行委員.
2002.11, ICC2002, 実行委員.
2000.04, 第50回日本木材学会大会, 実行委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2009.04~2011.03, 木材学会誌, 編集委員.
2009.04~2010.03, 木科学情報, 編集委員.
2002.06~2009.05, 材料, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度
2015年度
2014年度 10  10 
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
受賞
日本材料学会学術奨励賞, 日本材料学会, 2007.05.
日本レオロジー学会奨励賞, 日本レオロジー学会, 2007.05.
日本材料学会第54期優秀講演発表賞, 日本材料学会, 2005.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2017年度, 基盤研究(B), 分担, イオン液体による木質バイオマスからの有用フラン化合物生成プロセスの構築.
2013年度~2015年度, 基盤研究(C), 代表, 新規分子鎖配向セルロースゲルの調製とその構造および機能.
2006年度~2008年度, 基盤研究(B), 代表, セルロースおよびその誘導体を用いた燃料電池電解質膜の構築.
2004年度~2005年度, 基盤研究(B), 分担, 生物学的由来によるセルロース分子の多様性の解明とそれに基づく高度利用法の開発.
2004年度~2005年度, 若手研究(B), 代表, 三次元繊維ネットワーク構造の粘弾性予測.
2002年度~2003年度, 若手研究(B), 代表, セルロース繊維分散系の凝集構造と流動特性の解明.
2000年度~2002年度, 基盤研究(B), 分担, セルロースの由来による分子特性の相違の解明及びその特性に合った利用法の開発.
1999年度~2000年度, 奨励研究(A), 代表, 多糖類およびその誘導体の構造と物性.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2016.05~2017.03, 受託研究, フタムラ化学株式会社, 代表, イオン性液体/有機溶媒系でのセルロースの化学修飾.
2015.05~2016.03, 受託研究, フタムラ化学株式会社, 代表, イオン性液体/有機溶媒系でのセルロースの化学修飾.
学内資金・基金等への採択状況
2008年度~2008年度, 農学研究院若手教員支援事業, 代表, 三次元繊維ネットワーク構造の理論的解析.

九大関連コンテンツ