九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
稲垣 滋(いながき しげる) データ更新日:2019.06.30



主な研究テーマ
プラズマ乱流の動的応答実験
キーワード:プラズマ乱流 動的応答
2009.04~2013.03.
プラズマにおける非局所輸送現象
キーワード:プラズマ 輸送 乱流 非局所
2005.06.
プラズマ乱流における構造形成のダイナミクス
キーワード:プラズマ 輸送 乱流 構造
2007.02~2009.03.
従事しているプロジェクト研究
磁場閉じ込めプラズマのダイナミクス及び磁場構造の統計的・確率的研究の展開
2010.04~2013.03, 代表者:稲垣 滋, 九州大学 応用力学研究所, 核融合科学研究所
核融合研究所の大型ヘリカル装置LHDにおいて、磁場構造のトポロジカル遷移のダイナミクスを観測する。また、九州大学の直線磁化プラズマを用いてプラズマの統計的性質を抽出する手法を開拓する。.
直線磁化プラズマにおけるイオン温度揺動の観測及び揺動駆動輸送の評価
2011.04~2014.03, 代表者:稲垣 滋, 九州大学 応用力学研究所, 文部科学省
直線磁化プラズマにおいてプローブを用いてイオン温度揺動を計測する。更に密度揺動や電位揺動との同時計測から揺動駆動のイオン熱輸送を評価する。.
乱流の構造相図の作成
2008.04~2011.03, 代表者:稲垣 滋, 九州大学 応用力学研究所, 文部科学省
プラズマ乱流の構造は平衡系における相と見なす事ができる。本研究ではその相図を作成するとともに、相境界で生じる遷移現象の観測を目的とする。.
乱流プラズマの動的応答と動的輸送の統合研究
2009.04~2013.03, 代表者:伊藤早苗, 九州大学 応用力学研究所, 文部科学省
高温磁化不均一プラズマを対象とし、乱流と時空構造の動的応答を解明する事を通じて、磁場閉じ込めプラズマの動的輸送現象を解明することを目的とする。この研究では、微視的揺動とメゾスケール揺動更には巨視的パラメタの界面等が生成消滅する、多スケールな「乱流プラズマ構造」の時空構造や動的応答・遷移の物理過程に取り組み、理論・シミュレーション・実験研究を統合し検証を経て、熱平衡状態からかけ離れた乱流媒質に特有な、大域的・動的乱流輸送にかかわる法則の定式化を目指す。.
乱流プラズマの構造形成と選択則
2004.04~2009.03, 代表者:伊藤早苗, 九州大学 応用力学研究所, 文部科学省
この研究は乱流の詳細構造から構造形成機構を理解しようとするものである。.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. S. Inagaki, T. Tokuzawa, K. Itoh, K. Ida, S.-I. Itoh, N. Tamura, S. Sakakibara, N. Kasuya, A. Fujisawa, S. Kubo, T. Shimozuma, T. Ido, S. Nishimura, H. Arakawa, T. Kobayashi, K. Tanaka, Y. Nagayama, K. Kawahata, S. Sudo, H. Yamada, A. Komori, and LHD Experiment Group, Observation of Long-Distance Radial Correlation in Toroidal Plasma Turbulence, Phys. Rev. Lett., 10.1103/PhysRevLett.107.115001, 107.0, 1115001, 2011.09.
2. S. Inagaki, H. Takenaga, K. Ida, A. Isayama, N. Tamura, T. Takizuka, T. Shimozuma, Y. Kamada, S. Kubo, Y. Miura, Y. Nagayama, K. Kawahata, S. Sudo, K. Ohkubo, LHD Experimental group and the JT-60 Team, Comparison of transient electron heat transport in LHD helical and JT-60U tokamak plasmas, Nucl. Fusion , 46 No. 1 133-141, 2006.01.
主要学会発表等
1. S. Inagaki, Long Range Correlation of Plasma Turbulence and Interaction between Edge and Core Transport, 13th International Workshop on H-mode Physics and Transport Barriers , 2011.10.
2. S. Inagaki, N. Tamura, T. Tokuzawa, K. Ida, T. Shimozuma, S. Kubo, Y. Nagayama, K. Kawahata, S. Sudo, A. Komori, K. Itoh, S.-I. Itoh and LHD Experimental Group, Radial Interaction in Dynamic Heat Transport of LHD Plasmas, 22nd IAEA Fusion Energy Conference - 50th Anniversary of Controlled Nuclear Fusion Research, 2008.10.
3. S. Inagaki, T. Maruta, H. Arakawa, T. Yamada, Y. Nagashima, K. Kamataki, N. Kasuya, S. Shinohara, K. Terasaka, M. Yagi, Y. Kawai, A. Fujisawa, K. Itoh and S.-I. Itoh, Two-Dimensional Spatial Structure of Plasma Turbulence in LMD-U, 35th European Physical Society Conference on Plasma Physics , 2008.06.
4. S. INAGAKI, N. TAMURA, Y. NAGASHIMA, T. TOKUZAWA, T. YAMADA, K. IDA, T. MARUTA, S. KUBO, K. TERASAKA, T. SHIMOZUMA, Y. NAGAYAMA, K. KAWAHATA, A. KOMORI, S. SHINOHARA, A. FUJISAWA, M. YAGI, Y. KAWAI, S.-I. ITOH, K. ITOH, Transport Dynamics and Multi-Scale Coupling of Turbulence, The Joint Conference of 17th International Toki Conference (ITC) on Physics of Flows and Turbulence in Plasmas and 16th International Stellarator/Heliotron Workshop (ISHW) 2007 , 2007.10.
5. S. Inagaki, K. Ida, N. Tamura, K. Tanaka, T. Tokuzawa, S. Kubo, T. Shimozuma, Y. Nagayama, K. Kawahata, S. Sudo and LHD experimental group, Electron Transport Dynamics in LHD Core Plasmas, 33rd European Physical Society Conference on Plasma Physics, 2006.06.
学会活動
所属学会名
日本物理学会
プラズマ核融合学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.12.03~2018.12.06, 35th Annual Meeting of The Japan Society of Plasma Science and Nuclear Fusion Research, 座長(Chairmanship).
2019.03.14~2015.03.17, 74th Annual Meeting of the Physical Society of Japan, 座長(Chairmanship).
2017.06.26~2018.06.30, 44th European Physical Society Conference on Plasma Physics, 座長(Chairmanship).
2015.06.09~2015.06.12, 5th Asia Pacific Transport Working Group (APTWG) International Conference, 座長(Chairmanship).
2014.06.10~2014.06.13, 4th Asia Pacific Transport Working Group (APTWG) International Conference, 座長(Chairmanship).
2015.03.21~2015.03.24, 70th Annual Meeting of the Physical Society of Japan, 座長(Chairmanship).
2013.03.26~2013.03.29, 68th Annual Meeting of the Physical Society of Japan, 座長(Chairmanship).
2012.05.19~2012.05.18, 2nd Asia Pacific Transport Working Group (APTWG) International Conference, 座長(Chairmanship).
2011.06.15~2011.06.18, 1st Asia Pacific Transport Working Group (APTWG) International Conference, 座長(Chairmanship).
2012.03.24~2012.03.27, 67th Annual Meeting of the Physical Society of Japan, 座長(Chairmanship).
2015.06.09~2015.06.12, 5th Asia Pacific Transport Working Group(APTWG) International Conference, Programme Committee.
2014.06.10~2014.06.13, 4th Asia Pacific Transport Working Group(APTWG) International Conference, Chair of Local Organization Committee.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2018.10~2022.09, Plasma Physics and Controlled Fusion, 国際, 編集委員.
2014.10~2018.09, Plasma Physics and Controlled Fusion, 国際, 編集委員.
2015.04~2017.03, プラズマ核融合学会, 国内, 編集委員.
2010.11~2011.11, Plasma Fusion Research, 国際, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度  
2007年度      
2006年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
プロバンス大学, France, 2017.06~2017.06.
西南物理研究所, China, 2016.11~2016.11.
マックスプランク研究所, Germany, 2015.09~2015.09.
西南物理研究所, China, 2012.05~2012.05.
Warwick University, UnitedKingdom, 2011.10~2011.10.
マックスプランク研究所, Germany, 2010.03~2010.03.
National Fusion Research Institute, Korea, 2010.10~2010.10.
プリンストン大学, UnitedStatesofAmerica, 2009.09~2009.10.
外国人研究者等の受入れ状況
2018.03~2018.03, 2週間未満, Southwest Institute of Physics, China, 学内資金.
2016.10~2016.10, 2週間未満, Southwest Institute of Physics, China, 学内資金.
2015.11~2015.11, 2週間未満, Southwest Institute of Physics , China, 学内資金.
2018.05~2018.05, 2週間未満, Max Planck Institute, Germany.
2018.05~2018.05, 2週間未満, Warwick University, UnitedKingdom, 学内資金.
2016.01~2016.01, 2週間未満, Warwick University, UnitedKingdom, 学内資金.
2016.02~2016.02, 2週間未満, CNRS, Aix Marseille University, France, 他機関.
2015.10~2015.10, 2週間未満, Max Planck Institute, Germany.
2015.07~2015.07, 2週間未満, Warwick University, UnitedKingdom, 学内資金.
受賞
プラズマ核融合学会第21回論文賞受賞, プラズマ核融合学会, 2013.12.
JT-60共同研究優秀賞, 日本原子力開発機構, 2010.03.
核融合エネルギー奨励賞, 核融合エネルギーフォーラム, 2009.03.
核融合エネルギー連合講演会ポスター優秀賞, 核融合学会、原子力学会, 2004.06.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2019年度, 基盤研究(A), 代表, 磁化プラズマにおける微細構造及びその動的挙動の観測.
2015年度~2017年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 乱流揺動波数スペクトルの時間発展計測.
2011年度~2014年度, 基盤研究(B), 代表, 直線磁化プラズマにおけるイオン温度揺動の観測及び揺動駆動輸送の評価.
2008年度~2010年度, 基盤研究(C), 代表, 乱流プラズマの構造相図の作成.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2017年度~2019年度, NIFS双方向型共同研究, 代表, 磁化プラズマにおける径方向乱流構造の観測 .
2018年度~2019年度, LHD一般共同研究, 代表, 立体磁気軸配位の最適化検討.
2016年度~2019年度, LHD一般共同研究, 代表, LHDにおける乱流ダイナミクスの観測.
2016年度~2017年度, LHD一般共同研究, 代表, ヘリカルプラズマにおける閉じ込め特性の磁場配位効果の観測法の検討.
2015年度~2016年度, LHD一般共同研究, 代表, LHDにおける乱流ダイナミクスの観測.
2015年度~2016年度, LHD一般共同研究, 代表, ヘリカルプラズマにおける閉じ込め特性の磁場配位効果の観測法の検討.
2010年度~2012年度, LHD計画共同研究, 代表, 磁場閉じ込めプラズマのダイナミクス及び磁場構造の統計的・確率的研究の展開 .
寄附金の受入状況
2013年度, 九州計測器, 研究教育助成.
2013年度, 日本ヒューレットパッカード, 学術教育助成.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」