九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
飯嶋 秀治(いいじま しゅうじ) データ更新日:2017.10.03

准教授 /  人間環境学研究院 人間科学部門 共生社会学講座


大学院(学府)担当

学部担当

文学部 人文学科 人間科学 文学部、人間科学、比較宗教学講座


電子メール
ホームページ
http://www2.lit.kyushu-u.ac.jp/~com_reli/iijima/
共生社会システム論研究室飯嶋秀治ホームページ .
電話番号
092-642-2376
FAX番号
092-642-2376
取得学位
博士(人間環境学)
専門分野
共生社会システム論
活動概要
1.研究活動
 現在、私の取り組んでいる研究のフィールドは、(1)オーストラリア先住民(アランタ民族)のフィールド、(2)日本のフィールド(栃木、茨木、福岡、宮崎、熊本など)のフィールド、また(3)心理学、建築学、農学の諸研究者と取り組んできたフィールドの3つがある(その場合、特に場所を指定できないが主だったものとしては臨床心理学とともに取り組んできた日本の児童福祉施設での実践的研究がある)。
 既存の学問の制度内では、発表の媒体が、それぞれ文化人類学、社会学や民俗学、心理学や生態学と異なってしまうが、いずれも人間と環境の在り方を人類史の展望において見取り、必要に応じて働きかけ、その結果を論文にしてゆくというスタンスでいる。

2.教育活動
 このため、学部の基礎教養の講義では、言語や国民国家、世界資本主義システム、実践といった諸テーマの講義を通じて、「世界の中で『私』がどう成り立っているのか」を教え、高等学校から大学への意識変化を喚起する。
 学部の専門課程の講義では、比較宗教学(宗教社会学)と文化人類学(社会人類学)を基礎教養として教え、実習ではその知識の実際の運用のさせ方を、また演習では論文へのまとめ方を教えている。
 大学院では、臨床心理学や紛争処理法などを踏まえ、現場でのニーズに応えられる共生社会システム論の構築を目指しているが、この学問に古典的蓄積があるわけではないので、既存の知識を「教える」というより、アクチュアルな活動に接近するため「実演する」という感じに近づく。

3.社会活動
 こうした学問の在り方において、社会的活動が学問的内省の結果として応用されると考えるのは、一面的なとらえ方であり、むしろ社会的な活動の結果として学問的内省が立ち上がるという面がある。なので、高等学校への講義や、現場から求められた講演は、これまでの学問的な活動成果の発表という側面と同時に、これからの学問的な活動の関係作りとして行っている。

九大関連コンテンツ