九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
中村 真子(なかむら まこ) データ更新日:2019.12.03

准教授 /  農学研究院 附属国際農業教育・研究推進センター 国際交流推進ユニット


主な研究テーマ
1. 研究 筋肉幹細胞の発生と分化メカニズムを明らかにする研究を行っている。
1). 筋幹細胞マーカーPax7が司る筋、脂肪分化制御機構の解明
2). ペルオキシソーム特異的Nudt7が筋細胞分化に与える影響
3). 核膜タンパク質emerinによる筋細胞分化制御機構の解明
キーワード:動物発生、筋肉、発生
2002.04~2021.06.
従事しているプロジェクト研究
核膜タンパク質emerinによる筋細胞分化制御機構の解明
2017.07~2017.07, 代表者:中村真子, 九州大学, 日本
本研究は2016年3月にFEBS OPEN BIO 誌に掲載され、生物資源環境科学府博士後期課程大学院生Mulan Qaharの学位論文の一部となった。
Semaphorin 3A promotes activation of Pax7, Myf5, and MyoD through inhibition of emerin expression in activated satellite cells
Qahar M, Takuma Y, Mizunoya W, Tatsumi R, Ikeuchi Y, *Nakamura M
FEBS Open Bio, 6(6) 529-539 (2016)
We previously showed that Semaphorin 3A (Sema3A) expression was induced when quiescent muscle satellite cells were stimulated by hepatocyte growth factor and became activated satellite cells (ASCs). However, how Sema3A regulates genes in the early phase of ASCs remains unclear. In this study, we investigated whether Sema3A signaling can regulate the early phase of ASCs, an important satellite cell stage for postnatal growth, repair, and maintenance of skeletal muscle. We showed that expression of the myogenic proliferation regulatory factors Pax7 and Myf5 was decreased in myoblasts transfected with Sema3A siRNA. These cells failed to activate expression MyoD, another myogenic proliferation regulatory factor, during differentiation. Interestingly, some of the Sema3A-depleted cells did not express Pax7 and MyoD and had enlarged nuclei and very large cytoplasmic areas. We also observed that Pax7 and Myf5 expression was increased in Myc-Sema3A overexpressing myoblasts. BrdU analysis indicated that Sema3A regulated proliferation of ASCs. These findings suggest that Sema3A signaling can modulate expression of Pax7, Myf5, and MyoD. Moreover, we found that expression of emerin, an inner nuclear membrane protein, was regulated by Sema3A signaling. Emerin was identified by positional cloning as the gene responsible for the X-linked form of Emery-Dreifuss muscular dystrophy (X-EDMD). In conclusion, our results support a role for Sema3A in maintaining ASCs through regulation, via emerin, of Pax7, Myf5, and MyoD expression..
ペルオキシソーム特異的Nudt7が筋細胞分化に与える影響
2014.04, 代表者:中村真子, 九州大学, 日本
JSPS二国間交流事業 共同研究 (平成27-29年度)
韓国Wong-wank大学のChoe博士はすでに Nucleoside diphosphate linked to XHydrolase 7(Nudt7)を発見し解析を進めている。Nudt7 は細胞内のペルオキシソーム内 に発現することが知られている因子である が、筋肉形成における機能は不明である。Choe 博士らが、Nudt7 のアンチセンスモルフォリーノを胚内に導入し Nudt7 の機能を阻害 すると、筋肉発生異常が起こる。そこで、筋肉培養細胞における Nudt7 の発現パター ンと分化時における発現動態を日本側中村が、ゼブラフィッシュ胚を用いたin vivo担当し培養細胞を用いて解析を進める。本プロジェクトはJSPS二国間交流事業の支援の元開始された。.
筋幹細胞マーカーPax7が司る筋、脂肪分化制御機構の解明
2014.04, 代表者:中村真子, 九州大学, 日本
本プロジェクト成果は2018年6月にAnimal Science Journal誌に論文として報告した。
Paired box 7 inhibits differentiation in 3T3-L1 preadipocytes.
Izumi W, Takuma Y, Ebihara R, Mizunoya W, Tatsumi R, *Nakamura M
Animal Science Journal, 89(8) 1214-1219 (2018)
Myogenesis is precisely proceeded by myogenic regulatory factors. Myogenic stem cells are activated, proliferated and fused into a multinuclear myofiber. Pax7, paired box 7, one of the earliest markers during myogenesis. It has been reported that Pax7 regulates the muscle marker genes, Myf5 and MyoD toward differentiation. The possible roles of Pax7 in myogenic cells have been well researched. However, it has not yet been clarified if Pax7 itself is able to induce myogenic fate in nonmyogenic lineage cells. In this study, we performed experiments using stably expressed Pax7 in 3T3-L1 preadipocytes to elucidate if Pax7 inhibits adipogenesis. We found that Pax7 represses adipogenic markers and prevents differentiation. These cells showed decreased expression of PDGFRα, PPARγ and Fabp4 and inhibited forming lipid droplets..
代謝刷り込みウシモデルの分子生物学的アプローチによる食肉品質研究 —国際若手女性研究者チームの研究教育波及プロジェクト—
2010.04~2011.03, 代表者:中村真子, 九州大学大学院農学研究院, 日本
本研究では、分子生物学手法で得られた研究結果をいかにウシの筋肉形成時に反映させることができるかが大切である。しかしながら、本助成期間は1年間であり、短期間で研究成果を得ることができるように個々のプロジェクトを以下のように研究分担者にて担当する。
1. 脂肪細胞と筋肉細胞への分化平衡制御システムの解析(中村・カルモント(イギリス))
2. 代謝刷り込み筋肉細胞における細胞外マトリックス遺伝子の抑制機構の解析(中村・イバネズデスセレス(スペイン))
 .
研究業績
主要原著論文
1. Nakamura M, Choe SK, Runko AP, Gardner PD, Sagerström CG., Nlz1/Znf703 acts as a repressor of transcription., BMC Dev Biol., 2008 Nov 12;8:108, 2008.11.
2. Nakamura M., Runko AP., and Sagerstrom CG, A novel subfamily of zinc finger genes involoved in embryonic development, J. Cell. Biochem., 2004.11.
主要学会発表等
1. Wakana Izumi, Yuko Takuma, Wataru Mizunoya, Ryuichi Tatsumi and Mako Nakamura, Improving meat quality by regulating myogenic and adipogenic cell fate -A possible role of Paired box 7 (Pax7) during adipogenic differentiation-, nternational Symposium on Agricultural, Food, Environmental and Life Sciences in Asia (AFELiSA), 2019 (The 16th International Joint Symposium between Korea and Japan), 2019.11.
2. Kosuke Tokunaga, Shota Akimoto, Wataru Mizunoya, Ryuichi Tatsumi and Mako Nakamura, The serum-free media allows chick gizzard smooth muscle cells in differentiated state., nternational Symposium on Agricultural, Food, Environmental and Life Sciences in Asia (AFELiSA), 2019 (The 16th International Joint Symposium between Korea and Japan), 2019.11.
3. 徳永亘祐、水野谷航、辰巳隆一、中村真子, ニワトリ胚砂嚢を用いた分化型平滑筋細胞培養法の開発, 家禽学会2019秋季大会, 2019.09.
4. Mako Nakamura, Wakana Izumi, Wataru Mizunoya, and Ryuichi Tatsumi, Paired box 7 inhibits adipogenic differentiation -A possible role of Pax7 in non-myogenic cells-, Avian Model Systems 10, 2018.06, Myogenesis is precisely proceeded by myogenic regulatory factors. Myogenic stem cells are activated, proliferated and fused into a multinuclear myofiber. Pax7, paired box 7, one of the earliest markers during myogenesis. It has been reported that Pax7 regulates the muscle marker genes, Myf5 and MyoD toward differentiation. The possible roles of Pax7 in myogenic cells have been well researched. However, it has not yet been clarified if Pax7 itself is able to induce myogenic fate in non-myogenic lineage cells. We performed experiments using stably expressed Pax7 in 3T3-L1 preadipocytes to elucidate if Pax7 inhibits adipogenesis. These cells showed decreased expression of PDGFR, PPAR and Fabp4 and inhibited forming lipid droplets. However, they could not differentiate into myogenic cells. We think the Pax7 functions to pause cell differentiation and needs co-factors to induce into a specific cell type. To see the function of Pax7 in a cell type where possible myogenic co-factors may be available, we decided to use smooth muscle cells (SMCs). The SMCs culture model with E15 chick gizzard has been developed. The cells are cultured in the serum free medium supplemented with BSA and IGF-1. The cells are currently analyzed for the marker gene expression to find out if they keep the differentiation state..
5. 泉和佳奈・水野谷航・辰己隆一・中村真子, Pax7が脂肪前駆細胞分化の運命決定に与える影響, 日本畜産学会第125回大会, 日本畜産学会第125回大会, 2019.03.
6. 松吉祐児・赤星眞理子・大宅駿平・水野谷航・澤野祥子・中村真子・辰巳隆一, Sema3A依存的な遅筋型筋線維形成機構の食品機能学的制御: リンゴポリフェノールによる促進と活性成分の同定, 日本畜産学会第125回大会, 2019.03.
7. Mako Nakamura et al., Non Transcriptional Function of Pax7 in Myoblasts, 2010 The Federation of American Societies for Experimental Biology (FASEB) Summer Research Conferences, 「Skeletal Muscle Satellite and Stem Cells」, 2010.07.
8. Mako Nakamura, Alex Runko and Charles Sagerstrom, Nlz, a Zinc Finger Protein, has an important role during zebrafish brain development, 2006.07.
学会活動
所属学会名
日本畜産学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.11.06~2019.11.07, AFELiSA 2019 , 座長(Chairmanship)- Session3 Food Science and Food Engineering.
2018.08.21~2017.08.21, 第5回国際開発学会(JASID)西日本地区研究発表会, 座長(Chairmanship).
2017.08.29~2017.08.29, 第4回国際開発学会(JASID)西日本地区研究発表会, 座長(Chairmanship).
2016.08.29~2016.08.29, 第3回国際開発学会(JASID)西日本地区研究発表会, 座長(Chairmanship).
2017.08.29~2017.08.29, 第4回国際開発学会JASID西日本地区研究発表会, 実行委員会およびSession Chair.
2016.08.29~2016.08.29, 第3回国際開発学会JASID西日本地区研究発表会, 実行委員会およびSession Chair.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度      
2016年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
ベトナム国家大学, ベトナム国家大学附属高校, Vietnam, 2019.10~2019.10.
北アリゾナ大学, UnitedStatesofAmerica, 2019.03~2019.03.
ラオスーJDS follow upプログラムー, ラオスJICAオフィス, ラオスJICEオフィス, Laos, 2018.12~2018.12.
フランスパスツール研究所, France, 2018.06~2018.06.
カリフォルニア大学デービス校, UnitedStatesofAmerica, 2017.02~2017.02.
ハノイ大学, ハノイ市内ホテル, Vietnam, Vietnam, 2016.10~2016.10.
カリフォルニア大学デービス校エクステンション, Asilomar Conference Grounds, UnitedStatesofAmerica, UnitedStatesofAmerica, 2016.06~2016.06.
ハワイ大学, UnitedStatesofAmerica, 2016.03~2016.03.
ベトナム市内, Vietnam, 2016.01~2016.01.
シドニー大学, Australia, 2015.11~2015.11.
ハワイ大学, UnitedStatesofAmerica, 2015.08~2015.09.
Wonkwang 大学, Korea, 2015.05~2015.05.
ハワイ大学, UnitedStatesofAmerica, 2015.03~2015.03.
ハワイ大学, UnitedStatesofAmerica, 2015.02~2015.02.
JICAハノイオフィス, Vietnam, 2015.01~2015.01.
江原大学, Korea, 2014.10~2014.10.
ハワイ大学, UnitedStatesofAmerica, 2014.08~2014.08.
ハワイ大学, UnitedStatesofAmerica, 2014.03~2014.03.
ビエンチャン市内, ラオス, 2013.12~2013.12.
パリ南大学, ホーヘンハイム大学, Germany, France, 2013.11~2013.11.
ミュンヘン工科大学, Germany, 2013.09~2013.09.
カリフォルニア大学デービス校エクステンション, UnitedStatesofAmerica, 2013.08~2013.08.
シンガポール内, Singapore, 2013.05~2013.05.
Haegang High School, Dongin High School, Pukyong National University, Korea, 2012.06~2012.06.
Texas George Brown Convention Center, UnitedStatesofAmerica, 2012.05~2012.05.
Leibniz Institute for Farm Animal Biology, Germany, 2012.02~2012.02.
University of Konstanz, Germany, Switzerland, 2011.11~2011.11.
Bunpo High School, Haegang High School, Dongin High School, Pukyong National University, Korea, 2011.10~2011.10.
University of Hohenheim, Germany, 2011.02~2011.02.
JICE, Cambodia, 2011.02~2011.02.
九州大学台湾オフィス, Taiwan, 2010.06~2010.06.
九州大学台湾オフィス, Taiwan, 2010.03~2010.03.
Fox Chase Cancer Center, UnitedStatesofAmerica, , 2002.04~2003.10.
University of Massachusetts Medical School, UnitedStatesofAmerica, 2003.10~2007.03.
外国人研究者等の受入れ状況
2017.03~2017.03, 2週間未満, , 文部科学省.
2017.03~2017.03, 2週間未満, University Hospital La Paz, , 文部科学省.
2014.01~2014.01, 2週間未満, Masschusetts Instutite of Technology, , 文部科学省.
受賞
特別研究員等審査会専門委員(書面担当)の表彰, 日本学術振興会(JSPS), 2017.08.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 代表, 家畜個体の肉質予測システム構築に向けた基盤研究.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 代表, 肉家畜応用を視野にいれたバイオマーカー探索とモデル動物解析法の樹立.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2015年度~2016年度, 二国間交流, 代表, 「Investigating a mechanism of muscle development and differentiation.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2018年度~2018年度, Programme “Exploration France” 2018, 代表, Explore Livestock by-products for edible resources for the future foods.
学内資金・基金等への採択状況
2017年度~2017年度, 平成28年度春・秋期 研究補助者雇用支援(短期), 代表, 肉用家畜応用を視野に入れたバイオマーカー探索とモデル動物解析法の樹立.
2016年度~2016年度, 平成28年度春・秋期 研究補助者雇用支援(短期), 代表, 肉用家畜応用を視野に入れたバイオマーカー探索とモデル動物解析法の樹立.
2015年度~2015年度, 平成27年度春・秋期「研究補助者雇用支援(短期)」, 代表, Pax7、Semaphorin3aの相互作用と筋肉分化機構の解明.
2014年度~2014年度, 平成26年度 春季、秋季「研究補助者雇用支援(短期)」, 代表, 肉用家畜応用を視野に入れたバイオマーカー探索.
2013年度~2013年度, 平成26年度秋季「研究補助者雇用支援(短期)」, 代表, 肉用家畜応用を視野に入れたChIP-Seq解析によるバイオマーカー探索.
2014年度~2014年度, 九州大学研究活動基礎支援制度 平成26年度春季「研究補助者雇用支援(短期)」, 代表, 筋肉発生分化時における分子マーカー発現調節機構の解析.
2014年度~2014年度, 研究大学強化促進事業における研究者招聘・派遣プログラム, 代表, ゼブラフィッシュのエピゲノム解析法の樹立.
2011年度~2012年度, 九州大学情勢研究者キャリア開発センター研究補助者措置制度(Hand in Hand), 代表, 筋肉発生時におけるPax7遺伝子の機能解析.
2010年度~2010年度, 九州大学P&P萌芽的若手研究, 代表, 「筋肉脂肪分化平衡制御メカニズム解明による家畜モデル新技術開発 —若手女性研究者人口拡大のための啓蒙プロジェクトとしてー(研究代表者:中村真子)」.
2009年度~2010年度, 九州大学女性研究者支援プログラム, 代表, 骨格筋細胞からの分化、脱分化制御機構の解明.
2009年度~2009年度, 九州大学女性研究者支援プログラム, 代表, 骨格筋細胞からの分化、脱分化制御機構の解明.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」