九州大学 研究者情報
総説一覧
阿部 芳久(あべ よしひさ) データ更新日:2019.11.16

教授 /  比較社会文化研究院 環境変動部門 生物多様性講座


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 阿部 芳久, ハモグリバエ防除ハンドブック, 植物防疫, 73 (1): 68., 2019.01.
2. 阿部 芳久, 大分県で再発見された絶滅危惧種オオルリシジミの由来, 昆虫と自然, 52 (10): 8-11., 2017.09.
3. 阿部芳久, 証拠標本の収蔵場所を学会誌の論文に明記することのすすめ, 昆虫(ニューシリーズ), 15: 27., 2012.01.
4. 阿部芳久, 外来ハモグリバエ(双翅目:ハモグリバエ科)2種の置換はなぜ起きたのか, 昆虫と自然, 45 (14): 6-9., 2010.12.
5. 阿部芳久, クリタマバチの最近の研究と本種のアジアにおける寄生蜂相, 植物防疫, 64: 40-46, 2010.01.
6. 阿部芳久, 害虫タマバチの分類について, 植物防疫, 60: 505-509, 2006.11.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」