九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
熊丸 渉(くままる わたる) データ更新日:2019.06.25

講師 /  九州大学病院 口腔顎顔面外科 顔面口腔外科


主な研究テーマ
口腔癌原発巣と頸部リンパ節転移巣から樹立した細胞株における生物学的特性と癌および転移関連遺伝子の解析
キーワード:癌細胞株、転移関連遺伝子
2012.04~2017.03.
テーラーメイド型癌ワクチン療法の開発
キーワード:腫瘍免疫、CTL
2009.04~2013.03.
改良型cDNAライブラリー法を用いた癌関連抗原の同定と腫瘍免疫療法
キーワード:腫瘍免疫、CTL、癌関連抗原
2006.09~2009.03.
従事しているプロジェクト研究
ヒト血液細胞・線維芽細胞・口腔粘膜細胞などから肝細胞へ分化誘導したヒトiHep(induced hepatocyte-like)細胞の作製
2013.10, 代表者:前原 喜彦, 九州大学大学院医学研究院 消化器・総合外科学分野
健常ボランティアのヒト血液、皮膚組織またはヒト口腔粘膜を採取して初代培養し、特定の遺伝子(Hnf4αやFoxa1など)をレテロウイルスベクターにて導入する事でヒトiHep細胞を作製する。また、ラット脱細胞鋳型にヒトiHep細胞を播種する事により、新規移植肝グラフトのプロトタイプを作製する。.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Takahiro Fujinaga, Kumamaru Wataru, Tsuyoshi Sugiura, Yosuke Kobayashi, YUKIKO OHYAMA, TATSUYA IKARI, Mitsuho Onimaru, Naonari Akimoto, Rumi Jogo, Yoshihide Mori, Biological characterization and analysis of metastasis-related genes in cell lines derived from the primary lesion and lymph node metastasis of a squamous cell carcinoma arising in the mandibular gingiva, International Journal of Oncology, 10.3892/ijo.2014.2332, 44, 5, 1614-1624, 2014.05, Controlling metastatic lesions is an important part of improving cancer prognosis, in addition to controlling the primary lesion. There have been numerous histological studies on primary and metastatic lesions, but little basic research has been performed using cell lines from primary and metastatic lesions belonging to the same patient. In this study, we successfully established a cell line derived from lower gingival carcinoma (WK2) as well as a line derived from secondary cervical lymph node metastasis (WK3F) through primary cultures of tissue from a patient with oral squamous cell carcinoma. We then investigated the biological characteristics of the cancer cell lines from these primary and metastatic lesions and analyzed metastasis-related genes. Comparison of the biological characteristics in vitro showed that WK3F had higher cell proliferation ability and shorter cell doubling time than WK2. WK3F also had increased cell migratory ability and higher invasive and self-replication abilities. Heterotransplantation into nude mice resulted in high tumor formation rates in the tongue and high metastasis rates in the cervical lymph nodes. Changes in WK2 and WK3F gene expression were then comprehensively analyzed using microarrays. Genes with increased expression in WK3F compared to WK2 were extracted when the Z-score was ≥2.0 and the ratio was ≥5.0, while genes with reduced expression in WK3F compared to WK2 were extracted when the Z-score was ≤ -2.0 and the ratio was ≤0.2; differences were found in 604 genes. From these, MAGEC1 (88.0 fold), MMP-7 (18.6 fold), SNAI1 (6.6 fold), MACC1 (6.2 fold), and HTRA1 (0.012 fold) were selected as metastasis-related candidate genes. The results suggest that these molecules could be important for clarifying the mechanisms that regulate metastasis and provide new therapeutic targets for inhibiting tumor invasion..
2. Takeshi Toyoshima, Wataru Kumamaru, Jun-nosuke Hayashida, Masahumi Moriyama, Ryoji Kitamura, Hideaki Tanaka, Akira Yamada, Kyogo Itoh, Seiji Nakamura, In vitro induction of specific CD8+ T lymphocytes by tumor-associated antigenic peptides in patients with oral squamous cell carcinoma, Cancer Letters, 2012.02, The aim of this study was to clarify candidate peptides for peptide-based specific immunotherapy of
patients with oral squamous cell carcinoma (SCC). Thirteen peptides were examined for in vitro induction of peptide-specific CD8+ T lymphocyte (CD8+TL) activity in peripheral blood mononuclear cells from 35patients with oral SCC. A correlation between the induction ability of CD8+TL and in vivo immune response of host was carried out immunohistochemically in 23 patients. Peptide-specific activities of CD8+TL for at least one peptide were detectable in 21/35 patients (60.0%). The potent peptides were SART-1690 in 9/35 (25.7%), SART-293, and ART475 in 7/35 (20.0%), respectively. In the 9 patients with SART-1690-specific activity, the whole of activities was significantly inducible for more number of other peptides compared to that in 26 patients without the activity (P = 0.035). Cellular responses in 7 patients with SART-1690-specific activity were significantly stronger than those in 16 patients without the activity (P = 0.027). Furthermore, the number of CD3+ T cells around the SCC was also significantly different between the 2 groups of patients (P = 0.041). In conclusion, SART-1690, SART-293, and ART475 could be applicable as peptide-based specific immunotherapies for the majority of patients with oral SCC..
3. Wataru KUMAMARU, Seiji NAKAMURA, Tsutomu KADENA, Akira YAMADA, Eiji KAWAMURA, Masanori SASAKI, Yukiko OHYAMA, Takeshi TOYOSHIMA, Jun-nosuke HAYASHIDA, Kyogo ITOH and Kanemitsu SHIRASUNA, T-cell receptor Vbeta gene usage by T cells reactive with the tumor-rejection antigen SART-1 in oral squamous cell carcinoma, International Journal of Cancer, 108巻 5号 686~695頁

, 2004.05.
主要学会発表等
1. #鈴木あずさ、@熊丸渉、@山田朋弘、@大山順子、@住田知樹、@小林洋輔、@今城育美、@森悦秀, 口腔癌患者に対する緩和ケア連携についての検討, 第62回 日本口腔外科学会総会・学術大会, 2017.10.
2. 熊丸 渉, 杉浦 剛, 藤永 貴大, 住田 知樹, 森 悦秀, 舌部分切除におけるPGAシートを用いた創面被覆法の治癒形態について, 第61回 日本口腔外科学会総会・学術大会, 2016.11.
3. 藤永 貴大, 熊丸 渉, 杉浦 剛, 碇 竜也, 吉濱 るみ, 同一患者の下顎歯肉癌原発巣と頚部リンパ節転移巣から樹立した細胞株における生物学的特性と網羅的遺伝子解析, 第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2015.01.
4. 杉浦 剛, 熊丸 渉, 大部 一成, 川野 真太郎, 山田 朋弘, 住田 知樹, 森 悦秀, 中村 誠司, 舌部分切除後の創処置について 人工材料による創被覆は無効か?, 九州地区口腔癌研究会 第18回学術講演会, 2014.06.
5. 福田 直志, 熊丸 渉, 窪田 泰孝, 井上美子, 清島 保, 河津 俊幸, 星野 亜紀, 二宮 史浩, 腫瘍内埋伏歯を温存した石灰化嚢胞性歯原性腫瘍の1例, 第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2014.01.
6. 松本 哲彦, 熊丸 渉, 佐々木 匡理, 藏原 慎一, 窪田 泰孝, 森 悦秀, 口腔顎顔面領域における脂肪腫の臨床的検討, 第58回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2013.10.
7. 平岡 隆、大山順子、熊丸 渉、佐々木匡理、窪田泰孝、森 悦秀, 帯状疱疹後神経痛に対するプレガバリンの長期使用経験, 第17回口腔顔面神経機能学会, 2013.03.
8. 野間俊宏、熊丸 渉、久保千沙、碇 竜也、上里 梓、竹之下康治、森 悦秀, 感染を伴った開花状骨性異形成症の1例, 日本口腔科学会九州地方部会, 2012.11.
9. 中村和弘、熊丸 渉、竹之下康治、森 悦秀, 口腔顔面領域に生じた帯状疱疹後神経痛の臨床的検討, 日本口腔外科学会総会, 2012.10.
10. 熊丸 渉、竹之下康治、大山順子、佐々木匡理、中村和弘、森 悦秀, 顎下腺唾石症328症例の臨床的検討, 日本口腔外科学会総会, 2012.10.
11. 舛田 裕、竹之下 康治、堤 晋一、渋谷 南、熊丸 渉, 乳児の下顎骨に生じた Langerhans cell histiocytosis の1例, 西日本臨床小児口腔外科学会, 2012.10.
12. 松本哲彦、熊丸 渉、杉浦 剛、竹之下康治、森 悦秀, 顎下腺内異物に対して顎下腺摘出術を施行した1例, 日本口腔外科学会九州地方会, 2012.06.
13. 松浦理城、熊丸 渉、竹之下康治、杉浦 剛、碇 竜也、杉 友貴、森 悦秀, 神経浸潤が著名であった唾液腺導管癌の1例, 日本口腔腫瘍学会総会, 2012.01.
14. 熊丸 渉、竹之下康治、杉浦 剛、佐々木匡理、藤永貴大、大部一成、川野真太郎、林 浩平、杉 友貴、窪田泰孝、中村誠司、森 悦秀, 舌部分切除部におけるPGAシートを用いた創面被覆法の瘢痕収縮と口腔機能について, 日本口腔外科学会総会, 2011.10.
15. 堤 晋一、熊丸 渉、吉住潤子、杉浦 剛、竹之下康治、森 悦秀, 2歳男児にみられた顎下腺導管内唾石症の一例, 西日本臨床小児口腔外科学会, 2011.10.
16. 田尻姿穂、熊丸 渉、杉浦 剛、小林家吉、碇 竜也、大谷 崇仁、竹之下康治、森 悦秀, 粘表皮癌を疑った口蓋部の壊死性唾液腺化性の1例, 日本口腔外科学会九州地方会, 2011.09.
17. 熊丸 渉、杉浦 剛、松浦理城、藤永貴大、田尻姿穂、竹之下康治、森 悦秀, 長期担癌状態の口腔悪性黒色腫の1例, 九州地区口腔癌研究会, 2011.09.
18. 有岡 将基、蔵原 慎一、熊丸 渉、松浦 理城、竹之下康治, 上顎洞内に発生した骨外型エナメル上皮腫の一例, 日本口腔腫瘍学会総会, 2011.01.
19. 熊丸 渉、竹之下康治、今城育美、矢内雄太、杉浦 剛, 上顎歯肉扁平上皮癌症例の頸部リンパ節転移に関する臨床病理学的検討, 日本口腔外科学会総会, 2010.10.
20. 有岡将基、窪田泰孝、熊丸 渉、今城育美、河津俊幸、竹之下康治, T1N0M0舌扁平上皮癌の健側頚部リンパ節後発転移の1例, 日本口腔科学会総会, 2010.06.
21. 金城亜紀、熊丸渉、川村英司、大山順子、竹之下康治、白砂兼光, 広範な色素沈着を伴った下顎歯肉扁平上皮癌の1例, 日本口腔科学会総会, 2009.04.
22. 碇 竜也、熊丸 渉、堀之内康文、竹之下康治, 骨折線上に埋伏した第 4 大臼歯を認めた下顎骨骨折の 1 例, 日本口腔顎顔面外傷学会, 2008.07.
23. 千北さとみ、熊丸 渉、竹之下康晴、石橋浩晃、二宮史浩、白砂兼光, 口腔顔面領域に生じた帯状疱疹の臨床的検討, 日本口腔外科学会, 2007.09.
24. 豊嶋健史、中村誠司、熊丸 渉、石橋浩晃、大山順子、嘉手納勉、佐々木匡理、川村英司、林田淳之介、森山雅文、山田亮、伊藤恭悟、白砂兼光 , 口腔扁平上皮癌患者における腫瘍周囲のリンパ球浸潤と抗腫瘍細胞傷害性T細胞のin vitro誘導との関連, 日本癌学会総会, 2004.10.
25. 熊丸 渉、中松耕治、小栗修一、白石直孝、村上純滋、中塚昭男, 経カテーテル動脈塞栓術(TAE)を行った小児顔面多発骨折の1例, 日本口腔外科学会, 2004.09.
26. 豊嶋健史、中村誠司、熊丸 渉、石橋浩晃、大山順子、嘉手納勉、佐々木匡理、川村英司、林田淳之介、森山雅文、白砂兼光 , 口腔扁平上皮癌患者における抗原ペプチドを用いた 細胞傷害性T細胞のin vitro誘導, 日本口腔粘膜学会総会, 2004.06.
27. 熊丸 渉、中村誠司、嘉手納勉、豊嶋健史、川村英司、佐々木匡理、大山順子、林田淳之将、白砂兼光, 口腔扁平上皮癌患者における SART-1 特異的な細胞傷害性 T 細胞に関する検討, 日本頭頚部腫瘍学会総会, 2003.06.
28. 豊嶋健史、中村誠司、熊丸 渉、石橋浩晃、川村英司、大山順子、佐々木匡理、林田淳之介、森山雅文、嘉手納勉、白砂兼光 , 口腔扁平上皮癌における癌関連抗原RCAS1の発現についての検討, 日本口腔腫瘍学会, 2003.06.
29. 熊丸 渉、中村誠司、嘉手納勉、豊嶋健史、川村英司、佐々木匡理、大山順子、林田淳之将、白砂兼光, 口腔扁平上皮癌患者における SART-1 特異的な細胞傷害性 T 細胞に関する検討, 日本口腔科学会, 2003.05.
30. 豊嶋健史、中村誠司、熊丸 渉、川村英司、大山順子、佐々木匡理、林田淳之介、嘉手納勉、白砂兼光 , 口腔扁平上皮癌における癌関連抗原RCAS1の発現についての検討, 日本口腔腫瘍学会, 2003.01.
31. 熊丸 渉、中村誠司、嘉手納勉、川村英司、佐々木匡理、大山順子、林田淳之将、豊嶋健史、白砂兼光, 口腔扁平上皮癌患者における SART-1 特異的な細胞傷害性 T 細胞に関する検討, 日本口腔科学会, 2002.05.
32. 熊丸 渉、中村誠司、嘉手納勉、川村英司、佐々木匡理、大山順子、白砂兼光, 口腔扁平上皮癌患者における 浸潤 T 細胞の特異性についての検討, 日本口腔科学会, 2000.05.
33. 高橋武利、竹之下康治、熊丸 渉、木村英敏、窪田泰孝、堀之内康文、金本政樹、白砂兼光, 下顎骨骨折後におけるデンタルプレスケール、発色ガムによる機能回復の観察, 日本口腔外科学会総会, 1999.10.
34. 熊丸 渉、竹之下康治、中村誠司、吉田昌子、井上英樹、篠原正徳、白砂兼光, 顎下腺唾石症の臨床統計的検討, 日本口腔科学会, 1999.04.
35. 熊丸 渉、竹之下康治、二宮史浩、小泉浩一、窪田泰孝、深川真望子、鈴木 陽, Ocular melanosis を伴う口蓋裂児に生じた顔面頚部の多発性石灰化上皮腫, 日本小児口腔外科学会, 1998.12.
36. Takenoshita Y, Kumamaru W, Kubota Y, Ninomiya T, Kamo K, Shirasuna K, Occlusal Condition in the Early Stage of Healing in Mandibular Fracture Patients- an Observation through Dental Prescale System, Second chinese international congress on oral and maxillofacial surgery, 1998.11.
37. 竹之下康治、熊丸 渉、窪田泰孝、二宮史浩、堀之内康文、池辺哲郎、白砂兼光, 顎関節突起骨折後における顎機能の観察, 日本顎関節学会, 1998.07.
38. 熊丸 渉、竹之下康治、堀之内康文、川野芳春、池辺哲郎、石橋浩晃、白砂兼光, 上顎洞アスペルギルス症の2症例, 日本口腔科学会, 1998.04.
39. 熊丸 渉、堀之内康文、竹之下康治、川野芳春、金本政樹, 小児の口腔粘膜に生じた難治性潰瘍の2例, 日本小児口腔外科学会, 1997.11.
学会活動
所属学会名
日本口腔腫瘍学会
日本口腔科学会
アジア口腔顎顔面外科学会
日本口腔外科学会
日本免疫学会
受賞
平成19年度分学術奨励賞, 飯塚病院, 2008.07.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 代表, 口腔扁平上皮癌におけるリンパ節転移機構に及ぼす癌免疫応答の解明.
2015年度~2017年度, 基盤研究(B), 分担, 転移先臓器と癌幹細胞を標的とした機能性RNAによる口腔癌新規治療法の開発.
2009年度~2012年度, 若手研究(B), 代表, テーラーメイド型癌ワクチン療法の開発.
2006年度~2007年度, 若手研究(スタートアップ), 代表, 改良型cDNAライブラリー法を用いた癌関連抗原の同定と腫瘍免疫療法.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2015年度~2017年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 肝細胞直接誘導法による肝再生医療基盤の確立.
寄附金の受入状況
2010年度, 京都医療設計, 口腔腫瘍切除後の研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」