九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
浅井 光輝(あさい みつてる) データ更新日:2019.03.05

准教授 /  工学研究院 社会基盤部門 構造及び地震工学


主な研究テーマ
津波によるインフラ構造物被害予測とその対策に資する数値解析手法の開発
キーワード:津波、流体構造連成解析、粒子法
2009.05~2016.05.
コンクリート材料の経年劣化予測のための化学・力学の連成解析
キーワード:連成解析,アルカリシリカ反応,コンクリート
2009.05~2016.05.
流体衝撃力を受ける構造解析に向けたハイブリット型解法の確立
キーワード:ハイブリット型解法 流体衝撃力
2008.10~2013.03.
織布強化ゴムの大変形解析
キーワード:異方性超弾性モデル,粘性モデル
2007.09~2009.09.
離散型有限要素モデルによる石造アーチ橋の静的・動的強度評価
キーワード:石造アーチ橋,離散型有限要素モデル
2007.09~2009.09.
従事しているプロジェクト研究
粒子法の高精度化と大規模流体シュミレータへの応用
2017.04~2018.03, 代表者:浅井光輝, 九州大学, 学際大規模情報基盤共同利用・共同拠点(JHPCN)公募型共同研究課題.
固体粒子-流体の大規模連成およびマルチスケール解析手法の防災・減災への応用
2017.04~2018.03, 代表者:浅井光輝, 九州大学, 学際大規模情報基盤共同利用・共同拠点(JHPCN)公募型共同研究課題.
自然災害予測に資する流体・構造連成解析のV&V
2016.04~2017.03, 代表者:浅井光輝, 九州大学.
流体・固体連成を考慮する防災計算力学
2014.04~2016.03, 代表者:牛島省, 京都大学.
構造物の劣化のモデル化とメンテナンス技術の向上に資する大規模数値解析
2013.04~2014.03, 代表者:中畑和之, 愛媛大学 大学院理工学研究科.
災害影響評価のための大規模マルチフィジックス・シミュレータの高度・高性能化
2012.04~2013.03, 代表者:田上大助, 九州大学 大学院数理学研究院.
研究業績
主要著書
1. Marek Solecki, Abdelraheem M. Aly, Mitsuteru Asai , Mass Transfer -advencement in process modelling-, InTech, Chapter 4 Double-diffusive natural convection with cross-diffusion effect in an anisotropic porous enclosure using ISPH method, 2015.10.
2. 濱田政則、今村文彦、岸井隆幸、磯部雅彦、堀宗朗, 耐津波学 -津波に強い社会を創る-, 2015.10.
3. 寺田賢二郎監修,EA.S.Neto, D.Peric, DRJ.Owen, 非線形有限要素法 -弾塑性解析の理論と実践-, 2012.06.
4. 土木学会 応用力学委員会 計算力学小委員会, 計算力学の常識, 2008.12.
5. 高野直樹,上辻靖智,浅井光輝, マイクロメカニカルシミュレーション, 2008.10.
6. 高野直樹、浅井光輝, メカニカルシミュレーション入門, コロナ社, 2006.10.
主要原著論文
1. Daniel Morikawa, Mitsuteru ASAI, Nur' Ain Idris, Yusuke Imoto, Masaharu Isshiki, Improvement in highly viscous fluid simulation using a fully implicit SPH method, Journal of Computational Particle Mechanics, 10.1007/s40571-019-00231-6, 2019.03.
2. 井元佑介、浅井光輝, 安定化ISPH法の理論的解釈 -エネルギー最小化問題からの安定化項の導出-, 土木学会論文集A2(応用力学)特集号, Vol.74, 2, I_159-I_166, 2019.01.
3. Masao OGINO, Takyuya IWAMA, Mitsuteru ASAI, Development of an ISPH-FEM Weak Coupling Analysis System for 3-dimensional Fluid-Structure Interaction Problems, Teroretical and Applied Mechanics Japan, 2018, 2018.08.
4. Masao OGINO, Takyuya IWAMA, Mitsuteru ASAI, Development of a partitioned coupling analyssis system for fluid-structure interactions using an in-house ISPH code and the ADVENTURE system, International Journal of Computational Methods, 2018, 2018.03.
5. 小笠原圭太、浅井光輝、古市幹人、西浦泰介, 大規模津波遡上解析に向けた安定化ISPH法の陽的時間積分スキーム, 土木学会論文集A2(応用力学)特集号, Vol.73, 2, I_397-I_404, 2018.01.
6. 原崎健輔, 浅井光輝, SPH-DEMカップリング解析による防波堤マウンドのパイピング破壊解析, 土木学会論文集A2(応用力学)特集号, Vol.73, 2, I_295-I_304, 2018.01.
7. 原崎健輔, 浅井光輝, SPH-DEMによる固液混相流解析の妥当性確認と粗視化粒子モデルによる洗掘現象解析, 日本計算工学論文集, https://doi.org/10.11421/jsces.2018.20182010, 2018, 2, p.20182001, 2018.01.
8. Li Yi, Mitsuteru ASAI, Fluid-rigid body interaction simulation based on a stabilized ISPH method incorporated with the impulse-based rigid body dynamics, 日本計算工学論文集, https://doi.org/10.11421/jsces.2018.20182010, 2018, 2, p.20182010, 2018.02.
9. 浅井 光輝, 原崎健輔, 3次元離散型有限要素モデルによる石造アーチ橋の静的・動的強度解析, 構造工学論文集, 63A, 2017.02.
10. Abdelraheem M. Aly, Mitsuteru Asai, Water Entry of Decelerationg Spheres Simulaitons using Improved ISPH method, Journal of Hydrodynamivs, 2017.03.
11. Abdelraheem M. Aly, Mitsuteru Asai, ISPH method for double-diffusive natural convection under cross difussion effects in an anisotropic porous cavity/annulus, International Journal of Numerical Methods for Heat & Fluid Flow, 26, 1, 235-268, 2016.10.
12. Mitsuteru Asai, Yoshiya Miyagawa, Nur'Ain Idris, Abdul Muhari, Fumihiko Imamura, Coupled tsunami simulation based on a 2D shallow-water equation-based finite difference method and 3D incompressible smoothed particle hydrodynamics, Journal of Earthquake & Tsunami, 2016.06.
13. Masaharu Isshiki, Mitsuteru Asai, Shimon Eguchi, Hideyuki O-tani, 3D tsunami run-up simulation and visualization using particle method with GIS-based geography model, Journal of Earthquake & Tsunami, 2016.06.
14. 江口史門, 浅井 光輝, 大谷英之, 一色正晴, 建物群を含む地表面詳細モデルを用いた粒子法による三次元津波遡上解析, 土木学会論文集A2(地震工学)特集号, 2016.06.
15. 宮川欣也, 浅井 光輝, Abdul Muhari, 今村文彦, 仮想造波板による平面2次元解析と3次元粒子法の連成型津波遡上解析, 土木学会論文集A2(地震工学)特集号, 2016.06.
16. 宮川欣也, 浅井 光輝, 粒子法による多段階ズーミング津波解析に向けたマトリックスアレイ状仮想造波板, 土木学会論文集A2(応用力学)特集号, 71, 2, 2016.01.
17. 野上智隆, 浅井 光輝, 有川太郎, Abdelraheem M. Aly, 安定化ISPH法による離脱活動過程を有する洗掘現象の基礎検討, 土木学会論文集A2(応用力学)特集号, 71, 2, 2016.01.
18. Abdelraheem M. Aly, Mitsuteru Asai, Three-dimensional incompressible Smoothed Particle Hydrodynamics for simulating fluid flow through porous structures, Transfort in Pourous Media, 2015.09.
19. Abdelraheem M. Aly, Mitsuteru Asai, A. Chamkha, Analysis of Unsteady Mixed Convection in Lid-Driven Cavity Included Circular Cylinders Motion Using an Incompressible Smoothed Particle Hydrodynamics Method, International Journal of Numerical Mechods for Heat and Fluid Flow, 25, 2014.12.
20. 浅井 光輝, 合田哲郎, 小國健二, 磯部大吾郎, 樫山和男, 一色正晴, 安定化ISPH法を用いた津波避難ビルに作用する流体力評価, 土木学会論文集A2(応用力学)特集号, 70, 2, I_649-I_658, 2015.01.
21. 田邊将一, 浅井 光輝, 宮川欣也, 一色正晴, SPH法による流体剛性連成解析とその橋梁流失被害予測への応用, 土木学会論文集A2(応用力学)特集号, 70, 2, I_317-I_328, 2015.01.
22. 森本敏弘, 浅井 光輝, 笠間 清伸, 藤澤和謙, 井元佑介, 安定化ISPH法による拡張ダルシー則とナビエ・ストークス方程式の統一解法, 土木学会論文集A2(応用力学)特集号, 70, 2, I_213-I_221, 2015.01.
23. Abdelraheem M. Aly, Mitsuteru Asai, Modelling of non-Darcy Flows through porous media using an extended Incompressible Smoothed Particle Hydrodynamics, Numerical Heat Transfer, Part B: Fundamentals, 67, 3, 255-279, 2014.12.
24. Abdelraheem M. Aly, Mitsuteru Asai, Incompressible Smoothed Particle Hydrodynamics Simulations of Fluid-Structure Interaction on Free Surface Flows, International Journal of Fluid Mechanics Research, 41, 6, 471-484, 2014.12.
25. 田邊将一, 浅井 光輝, 中尾尚史, 伊津野和行, 3次元粒子法による橋桁に作用する津波外力評価とその精度検証, 構造工学論文集, 60A, 293-302, 2014.03.
26. 浅井 光輝, 藤本啓介, 田邊将一, 別府万寿博, 階段状の非適合境界を有する粒子法解析における仮想マーカーを用いたすべり・非すべり境界面処理法, 計算工学論文集, No.20130011, 2013.04.
27. 渡邊茜, 浅井 光輝, 損傷モデルの概念を導入したボクセルFEMによる物質拡散とひび割れ進展問題の連成解析, 計算工学論文集, No.20130007, 2013.04.
28. 藤本啓介, 浅井 光輝, 一色正晴, 舘澤寛, 三上勉, 高解像度地形モデルを用いたISPH法による津波シミュレーション, 地震工学講演会論文集(土木学会論文集A1特集号), A1S-0224
, 2013.04.
29. Abdelraheem M. Aly, Mitsuteru Asai, YOSHIMI SONODA, Modelling of surface tension force for free surface flows in ISPH method, International Journal of Numerical Methods for Heat and Fluid Flow, 23, 3, 479-498, 2013.04.
30. 浅井光輝, 上坂隆志,園田佳巨,西本安志,西野好生, 都市型水害対策用ゴム製止水構造の非線形有限要素解析とその検証, 土木学会論文集A2(応用力学), Vol. 68, No.2, I_353-I_360, 2012.09.
31. Mitsuteru ASAI, Abdelraheem M. ALY, Yoshimi SONODA, Yuzuru SAKAI , A stabilized incompressible SPH method by relaxing the density invariant condition, Journal of Applied Mathematics, Volume 2012 (2012), Article ID 139583, 24 pages, 2012.04.
32. Mitsuteru Asai,Norliyati M. Amin, Yoshimi Sonoda, Practical determination of an effective reduced order in a model order reduction of dynamic FEM via Krylov subspace, 応用力学論文集, Vol.14, 2011.08.
33. Abdelraheem M. Aly, Mitsuteru Asai, Yoshimi Sonoda, Simulation of free falling rigid body into water by a stabilized incompressible SPH method, Ocean Systems Engineering, Vol. 1, No. 3, 2011.08.
34. Mitsuteru Asai, Abdelraheem M. Aly, Yoshimi Sonoda, ISPH-FEM coupling simulator for the FSI problems, Proceeding of the 6th SPHERIC SPH workshop, pp.201-208, 2011.06.
35. Norliyati Mohd Amin, Mitsuteru Asai, Yoshimi Sonoda, Application of a model order reduction based on the Kryrov subspace to finite element transient analysis imposing several kinds of boundary condition, IOP conf. ser. : Material Science and Engineering,, 10, 012118, 2010.05.
36. 浅井光輝,木村嘉之,園田佳巨,西本安志,西野好生, 異方性を考慮した超弾性・粘性体による織布補強ゴムの力学モデリング, 土木学会論文集A, 66, 2010.03.
37. Mitsuteru Asai, Naoki Takano, Yasutomo Uetsuji, Kunihiko Taki, An iterative solver applied to strongly coupled piezoelectric problems of porous Pb(Zr.Ti)O3 with nondestructive modeling of microstructure, Modeling and Simulation in Metarial Science and Engineering, Vol. 15, pp. 597-617, 2007.07.
38. 浅井光輝、山岸道弘、寺田賢二郎、永井学志, 非局所ボクセル有限要素法の開発とその破壊挙動解析への適用, 土木学会論文集I, No.759/I-67, pp.233-245, 2005.04.
39. Kenjiro Terada, Mitsuteru Asai, Michihiro Yamagishi, Finite cover method for linear and nonlinear analysis of heterogeneous solids, International Journal of Numerical Methods in Engineering, Vol.58, pp.1321-1346, 2003.11.
40. 浅井光輝、寺田賢二郎, 有限被覆法による不連続面進展解析, 土木学会、応用力学論文集, Vol.6, pp.193-200, 2003.08.
41. Mitsuteru Asai, Kenjiro Terada, Kiyohiro Ikeda, Hiroyuki Suyama, Katashi Fujii, Meso-scopic numerical analysis of concrete structures by a modified lattice model, 土木学会論文集I, Vol.20, No.1, pp.43-54, 2003.04.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. 仲矢直樹、浅井光輝、馬場俊孝, 2次元差分法と3次元粒子法による津波遡上解析の比較とその特徴~高知県高知市を対象とした数値実験, 土木学会全国大会2017年, 2017.09.
2. 原崎健輔、浅井光輝, 防波堤の洗掘解析に向けたSPH-DEM法による流体‐土粒子の混相流解析手法の開発, 土木学会全国大会2017年, 2017.09.
3. Li Yi、浅井光輝, Evaluation for the safety of tsunami refuge building by fluid-rigid body coupled analysis on the particle method, 土木学会全国大会2017年, 2017.09.
4. Li Yi、浅井光輝, 安定化ISPH法と撃力法による漂流物運動の解析, 計算力学講演会, 2017.09.
5. 原崎健輔、浅井光輝, 津波による防波堤崩壊解析に向けた水-土粒子連成解析, 計算力学講演会, 2017.09.
6. 仲矢直樹、浅井光輝、馬場俊孝, FEMによる地殻変動解析に準ずる津波遡上解析の必要性の検討, 平成29年度土木学会西部支部研究発表会, 2018.03.
7. 原倖平、浅井光輝, 崩壊解析に適したASI-Gauss法による阿蘇大橋崩落プロセスの検証, 平成29年度土木学会西部支部研究発表会, 2018.03.
8. 辻勲平、浅井光輝, 下水管の損傷に伴う地盤陥没現象の解明に向けたSPH-DEM連成手法の開発, 平成29年度土木学会西部支部研究発表会, 2018.03.
9. Keita Ogasawara, Mitsuteru Asai, Mikito Furuichi, Daisuke Nishiura, Peformance of large scaled tsunami run-up analysis using Explicit ISPH method, Particle 2017, 2017.09.
10. Mitsuteru ASAI, Multi-scale and –physics tsunami disaster simulation for disaster prevention and mitigation, Particle 2017, 2017.09.
11. Kensuke Harasaki, Mitsuteru ASAI, Development of a fluid-solid multiphase flow simulation by a SPH-DEM coupled method for simulating a seawall destruction due to soil foundation scour, Particle 2017, 2017.09.
12. Masao Ogino, Mitsuteru ASAI, Takuya Iwama, A study on parallel fluid-structure interaction simulations using a SPH code and the adventure through REVOCAP_coupler, Compsafe 2017, 2017.10.
13. Li Yi, Mitsuteru ASAI, A bridge wash-out simulation using a stabilized ISPH incorporated with multi-body dynamivs based on the impulse-based contact force method, Compsafe 2017, 2017.10.
14. 浅井 光輝, Multi-scale and –physics tsunami disaster simulation for disaster prevention and mitigation, Compsafe 2017, 2017.02.
15. 浅井 光輝, 安定化非圧縮性SPH法の精度検証と妥当性確認, 日本応用数理学会2016年度会, 2016.09.
16. 浅井 光輝, マルチスケール粒子法による構造物に採用する津波力評価, 日本原子力学会秋の大会, 2016.09.
17. 田邊将一, 浅井 光輝, 園田 佳巨, 粒子法による津波が橋桁に作用する際の流体力評価, 日本機械学会第26回計算力学講演会, 2013.11.
18. Mitsuteru Asai, Masaharu Isshiki, Syoichi Tanabe, Large scale tsunami simulation by the incompressible SPH with real geography generated from aero-survery data, International Conference on Particle-Based Method (Particle2013), 2013.09.
19. 浅井 光輝, Large scale tsunami simulation by a particle method and its application to disaster prediction, 12th U.S. Natinal Congress on Computational Mechanics (USNCCM12), 2013.07.
20. Mitsuteru Asai, Keisuke Fujimoto, Masaharu Isshiki, 3D Tsunami Simulation by the parallelized incompressible SPH, 2nd International Conference on Computational Design in Engineering, 2012.11.
21. 藤本啓介,浅井光輝,園田佳巨,三上勉,舘澤寛, 大規模津波遡上解析に向けた高効率な並列化ISPH法の開発, 第17回日本計算工学会 計算工学講演会, 2012.05.
22. Mitsuteru ASAI, Abdelraheem M. Aly, Yoshimi SONODA, ISPH-FEM coupling simulator for the FSI problems, 5th Korea-Japan Workshop on the Computational Mechanics, 2011.04.
23. 林高徳,浅井光輝, 流体衝撃力を受ける構造解析に適したSPH-FEM連成シミュレータの開発, 平成22年度土木学会全国大会, 2010.09.
24. 林高徳,浅井光輝,園田佳巨, 数値地図による沿岸地域モデリングとSPH粒子法による流体解析, 土木学会平成21年度全国大会, 2009.09.
学会活動
所属学会名
日本計算工学会
日本材料学会
日本機械学会
土木学会
学協会役員等への就任
2013.10~2015.10, 土木学会応用力学委員会, 幹事長.
2011.01~2013.01, 土木学会応用力学委員会, 幹事.
2008.06~2019.03, 日本計算工学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2015.10.12~2015.10.14, IWACOM-III(The Thrid International Workshops on Advances in Computational Mechanics), 座長(Chairmanship).
2015.10.10~2015.10.12, 日本機械学会第28回計算力学講演会, 座長(Chairmanship).
2015.06.08~2015.06.10, 日本計算工学会第20回計算工学講演会, 座長(Chairmanship).
2014.04.13~2014.04.16, COMPSAFE(Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems), 座長(Chairmanship).
2013.11.02~2013.11.04, 日本機械学会第26回計算力学講演会, 座長(Chairmanship).
2012.09.04~2012.09.04, 平成24年度土木学会全国大会, 座長(Chairmanship).
2011.09.19~2011.09.21, ASEM11+, 座長(Chairmanship).
2011.04.14~2011.04.15, 5th Korea-Japan Workshop on the Computational Mechanics, 座長(Chairmanship).
2011.05.25~2011.05.27, 第16回日本計算工学講演会, 座長(Chairmanship).
2010.05.26~2010.05.28, 第15回日本計算工学講演会, 座長(Chairmanship).
2009.09.02~2009.09.04, 平成21年度土木学会全国大会, 座長(Chairmanship).
2009.05.13~2009.05.15, 第14回日本計算工学講演会, 座長(Chairmanship).
2008.11.01~2008.11.03, 日本機械学会 第21回計算力学講演会, 座長(Chairmanship).
2008.09.10~2008.10.12, 平成20年度土木学会全国大会, 座長(Chairmanship).
2008.06.30~2008.07.04, 第8回計算力学世界会議, 座長(Chairmanship).
2008.05.19~2008.05.21, 第13回日本計算工学講演会, 座長(Chairmanship).
2006.11, 日本機械学会 第19回計算力学講演会, 座長(Chairmanship).
2006.01, 第55回応用力学講演会, 座長(Chairmanship).
2015.05.25~2015.05.27, COMDYN(5th International Conference on Computational Methods in Structural Dynamics and Earthquake Engineering), 運営委員.
2014.05.10~2014.05.11, 第17回応用力学シンポジウム, 実行委員会委員長.
2014.04.13~2014.04.16, COMPSAFE(Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems), 運営委員.
2013.11.02~2013.11.04, 日本機械学会 第26回計算力学講演会, 実行委員会委員.
2012.09.19~2012.09.20, International Workshop on Invormation & Computaion in Civil & Environmental Engineering, 運営委員幹事.
2012.05.01~2012.05.10, 第17回 日本計算工学講演会, オーガナイザー.
2011.09.19~2011.09.21, ASEM11+, セッションオーガナイザー.
2011.05.25~2011.05.27, 第16回 日本計算工学講演会, 実行委員.
2010.05.26~2010.05.28, 第15回 日本計算工学講演会, 実行委員 幹事.
2009.05~2009.10.15, 第14回 日本計算工学講演会, 実行委員会委員.
2008.11.01~2008.11.03, 日本機械学会 第21回計算力学講演会, 実行委員会委員.
2008.07~2008.07.10, 第13回 日本計算工学講演会, オーガナイザー.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2014.05~2015.02, 土木学会論文集A2特集号, 国内, 編集委員長.
2009.04~2016.05, 土木構造・材料論文集, 国内, 編集委員.
2011.09~2012.09, 土木学会論文集A2特集号, 国内, 編集委員.
2009.04~2012.05, 土木構造・材料論文集, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2015年度   17 
2014年度   21 
2013年度   21 
2012年度    
2011年度      
2010年度    
2009年度      
2008年度    
2007年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
バルセロナ国際会議場, Spain, 2014.07~2014.07.
ミュンヘン工科大学, Germany, 2015.03~2015.03.
ハンブルク国際会議場, Germany, 2011.06~2011.06.
韓国プサン国際会議場, Korea, 2011.04~2011.04.
シドニー国際会議場, Australia, 2010.07~2010.07.
オハイオ州立大学, UnitedStatesofAmerica, 2009.07~2009.08.
ベニス, Italy, 2008.07~2008.07.
オハイオ州立大学, UnitedStatesofAmerica, 2003.04~2005.03.
フライブルク大学 IMTEK, Germany, 2005.09~2005.09.
外国人研究者等の受入れ状況
2013.10~2015.09, 1ヶ月以上, Egypt, 日本学術振興会.
受賞
2013年建設工学研究奨励賞, 財団法人 建設工学研究振興会, 2013.05.
第17回計算工学講演会グラフィックスアワード優秀賞, 日本計算工学講演会, 2012.05.
第15回計算工学講演会ベストペーパーアワード, 日本計算工学講演会, 2010.07.
日本計算工学会2007年奨励賞, 日本計算工学会, 2007.06.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 基盤研究(B), 代表, 多階層マルチスケール・フィジックス津波被害予測解析のシンカ.
2014年度~2016年度, 基盤研究(B), 分担, 津波や洪水など橋梁の水害に対する安全性向上対策に関する研究.
2014年度~2016年度, 基盤研究(B), 代表, 大域的津波伝搬解析から防災に資する局所情報を抽出するマルチスケール津波遡上解析.
2015年度~2016年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 物理計算に裏付けられたリアルタイム津波避難体験シミュレータの構築.
2013年度~2015年度, 基盤研究(A), 分担, 遡上津波と構造物の相互作用評価のためのマルチスケール数値実験.
2012年度~2014年度, 基盤研究(B), 分担, バーチャルリアリティ技術に基づく体験型自然災害予測シミュレータの構築.
2012年度~2014年度, 基盤研究(C), 分担, 土水連成土石流モデルを用いた砂防構造の耐衝撃性照査法の高度化.
2012年度~2013年度, 若手研究(B), 代表, 海岸保全施設の信頼性確保に向けた土木三力連成シミュレータの基盤構築.
2010年度~2012年度, 基盤研究(B), 分担, 石造アーチ技術の再評価による高耐久・長大石橋の開発.
2009年度~2011年度, 基盤研究(B), 分担, 構造振動-音響理論に基づく回転式打音検査システムの開発.
2009年度~2011年度, 基盤研究(C), 分担, 固液混合粒子モデルを用いた砂防構造の耐衝撃性照査.
2009年度~2010年度, 若手研究(B), 代表, 海洋開発新時代に向けた構造設計援用・流体構造連成シミュレータの開発.
2006年度~2007年度, 基盤研究(C), 分担, 感度安定型PZT素子を用いた自己補修型SHMシステムの開発と応用.
2005年度~2007年度, 基盤研究(B), 分担, 多孔質圧電材料のイメージベース・マルチスケール解析とバイオMEMSへの応用.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2008年度~2008年度, 国際学会等派遣事業, 代表, An Eulerian solid analysis for largely defomed composite materials.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2014年度~2014年度, 九州地域づくり協会研究等助成事業, 代表, 南海トラフ地震における九州地方の最大級津波被害推定.
2012年度~2013年度, 日本橋梁建設協会 「鋼橋に関わる各種の防災技術に関する研究助成」, 代表, 航空測量地形データと3D-CADデータを統合した3次元津波解析による防災・減災対策の検討.
2011年度~2011年度, 防災研究協会 若手研究者助成金, 代表, 安価な計算機で動く津波防災計画に役立つ大規模氾濫シミュレータの開発.
2011年度~2011年度, 九州建設技術管理協会 研究開発助成金, 代表, ASR破壊メカニズム解明に向けたイオン拡散・反応膨張・亀裂進展の統合解析.
2010年度~2010年度, 九州建設弘済会研究等助成事業, 代表, シミュレーションベース仮想災害体験システムの構築.
2008年度~2008年度, 九州建設技術管理協会 研究開発助成金, 代表, 石橋のオンデマンド維持管理システムの構築.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2017.04~2018.03, 代表, 地震・津波による複合災害の統合的予測システムの開発.
2016.04~2017.03, 代表, 地震・津波による複合災害の統合的予測システムの開発.
2016.04~2017.03, 代表, 南海トラフ地震高知市長期浸水避難に関する研究.
2015.04~2016.03, 代表, 地震の予測精度の高度化に関する研究.
2015.04~2016.03, 代表, 地震・津波による複合災害の統合的予測システムの開発.
2015.01~2015.03, 代表, 地震・津波による複合災害の統合的予測システムの開発.
2014.04~2015.03, 代表, 地震の予測精度の高度化に関する研究.
2013.04~2014.03, 代表, 地震の予測精度の高度化に関する研究.
2013.04~2014.03, 代表, 津波防災に関する3D数値解析技術の開発(その2).
2012.04~2013.03, 代表, 地震の予測精度の高度化に関する研究.
2012.04~2013.03, 代表, 津波防災に関する3D数値解析技術の開発(その1).
2009.01~2009.12, 代表, 大規模構造物の非線形耐震解析事業.
寄附金の受入状況
2010年度, シバタ工業株式会社, 防潮扉シートの設計.
2009年度, NPO法人 安全な社会研究会, 学術研究助成.
2009年度, シバタ工業株式会社, 防潮扉シートの設計.
2008年度, シバタ工業株式会社, 繊維強化ゴム.
2008年度, 中央コンサルタンツ株式会社, 石橋の静的・動的強度評価.
2007年度, 中央コンサルタンツ株式会社, 石橋の静的・動的強度評価
.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」