九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
兼城 英輔(かねき えいすけ) データ更新日:2019.06.21





電子メール
電話番号
092-642-5395
FAX番号
092-642-5414
取得学位
医学博士
専門分野
婦人科腫瘍学、婦人科病理学
活動概要
2000年4月~2005年3月 九州大学大学院医学研究院形態機能病理学講座 大学院生婦人科悪性腫瘍の病理診断学、遺伝子異常の解析に従事した。特に子宮体癌、卵巣癌における遺伝子不安定性について研究した。遺伝子不安定性はMSH2等のミスマッチ修復蛋白の異常により引き起こされる遺伝子上の変化で、microsatellite instability (MSI)とも呼ばれ、大腸癌、子宮体癌など様々な癌腫で高頻度に起こることが報告されている。MSIが子宮体癌と卵巣癌の重複癌症例に特に高頻度であることを明らかにし、2003年の日本病理学会で発表した。さらにMSIを用いたDNA多形解析が子宮体癌と卵巣癌が独立重複癌なのか、一方から他方への転移なのかの鑑別診断に有用であることを示し、発表論文が2004年にHuman Pathology誌に掲載された。
2005年4月~九州大学病院産科婦人科 医員、2007年10月~九州大学病院産科婦人科 助教。
婦人科悪性腫瘍を中心に臨床を行いながら、婦人科悪性腫瘍における病理診断と遺伝子診断を中心に研究を行っている。2008年4月に胞状奇胎症例の遺伝子診断と病理学的特徴について、日本産婦人科学会で発表。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」