九州大学 研究者情報
著書一覧
藤ヶ谷 剛彦(ふじがや つよひこ) データ更新日:2018.07.15

教授 /  工学研究院 応用化学部門 分子情報システム


著書
1. 藤ヶ谷 剛彦, 中嶋 直敏, 最先端材料システムOnePointシリーズ「カーボンナノチューブ・グラフェン」, 高分子学会, 2012.06.
2. 藤ヶ谷剛彦、中嶋直敏, CNTの可溶化,機能化」in “ナノチューブ・グラフェンハンドブック, 監修:飯島澄男,遠藤守信, コロナ社、印刷中, 2011.03.
3. 中嶋直敏、藤ヶ谷剛彦, カーボンナノチューブ(CNT)の可溶化,機能化」, ナノチューブ・グラフェンハンドブック”, 監修:飯島澄男,遠藤守信, コロナ社、印刷中, 2011.03.
4. 中嶋直敏、藤ヶ谷剛彦, カーボンナノチューブの溶媒への可溶化と機能化—化学的なアプローチ—, エヌティーエス, 現代化学5月号, 2008.07.
5. T. Fujigaya, N. Nakashima, Advances in Dipersal Agents and Methodology for SWNT Analysis, Luminescence: the Instrumental Key to the Future of Nanotechnology”, in press., 2011.02.
6. T. Fujigaya, N. Nakashima, Chemistry of soluble carbon nanotubes-fundamental and applications-, in Chemistry of Nanocarbon, Ed. By T. Akasaka, F. Wudl, S. Nagase, John Wiley and Sons, in Chemistry of Nanocarbon, Ed. By T. Akasaka, F. Wudl, S. Nagase, John Wiley and Sons, pp. 301-323., 2011.03.
7. N. Nakashima, Y. Tanaka, T. Fujigaya, Solubilized Carbon Nanotubes and Their Redox Chemistry, In Carbon Nanomaterials, Ed. by F. D’Souza and K. M. Kadish, World Scientific, 2010, in press., 2011.03.
8. T. Fujigaya, Y. Tanaka, N. Nakashima, Soluble Carbon Nanotubes and Application to Electrochemistry” (invited review article), Electrochemistry, 78, 2-15, 2010.08.
9. 中嶋直敏、藤ヶ谷剛彦, ”カーボンナノチューブナノ複合体の構築”, 「次世代共役ポリマーの超階層制御と革新機能」,赤木和夫監修、シーエムシー出版, 407-413, 2009.09.
10. Naotoshi NAKASHIMA, Tsuyohiko FUJIGAYA, Hiroto MURAKAMI, Soluble Carbon Nanotubes in Chemistry of Carbon Nanotubes, eds,, Eds. V. A. Basiuk, and E. V. Basiuk, American Scientific Publisher, California, 2008,, pp.113-128 (Chapter 6)., 2009.05.
11. 中嶋直敏、藤ヶ谷剛彦, カーボンナノチューブの溶媒への可溶化と機能化—化学的なアプローチ, 現代化学、東京化学同人, 2008, pp38-43., 2009.05.
12. 中嶋直敏、藤ヶ谷剛彦, カーボンナノチューブの溶媒への可溶化と機能化—化学的なアプローチ, エヌティーエス社, 未来材料、vol. 8, 31-37 (2008)., 2008.05.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」