九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
諸賀 加奈(もろが かな) データ更新日:2019.05.31



主な研究テーマ
自治体における環境エネルギー政策
キーワード:環境エネルギー政策,地方自治体,地域イノベーション
2012.10~2021.03.
アジアにおける経済成長と地域経済の発展,交通・環境エネルギー政策
キーワード:地域経済,都市交通政策,環境エネルギー政策,スマートシティ
2014.04~2021.03.
東アジアにおける自動車分野の環境エネルギー政策と技術移転に関する理論・実証研究
キーワード:次世代自動車普及、環境負荷低減効果、技術移転、東アジア
2010.04~2017.03.
環境イノベーション政策と持続的成長に関する研究
キーワード:環境政策,技術スピルオーバー,持続可能な発展,国際協力
2008.04~2010.03.
従事しているプロジェクト研究
SciREX共進化実現プロジェクト「イノベーション・エコシステムの構成要件に関する調査・分析」
2019.04~2021.03, 代表者:永田晃也, 九州大学, 九州大学科学技術イノベーション政策教育研究センター.
SciREX拠点間連携プロジェクト「地域イノベーションに資する事例研究と政策支援システムの開発」
2016.04~2019.03, 代表者:永田晃也, 九州大学, 九州大学科学技術イノベーション政策教育研究センター.
SciREX拠点間連携プロジェクトFS「地域イノベーション政策に関する事例情報の収集・蓄積及び活用」
2016.01~2016.03, 代表者:永田晃也, 九州大学, 九州大学科学技術イノベーション政策教育研究センター.
センター・オブ・イノベーション(COI)プログラム・科学技術イノベーション政策ユニット
2014.10~2018.03, 代表者:永田晃也, 九州大学
エネルギーモビリティ関連技術の社会実装に伴う課題の調査・分析、水素エネルギーの利用に関するアンケート調査等の実施.
地域科学技術政策を支援する事例ベース推論システムの開発
2012.10~2015.09, 代表者:永田晃也, 九州大学.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
環境経済・政策学会
九州経済学会
日本応用経済学会
日本経済学会
日本経済政策学会
学協会役員等への就任
2010.10~2019.05, 日本経済政策学会西日本部会, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.09~2017.09, 環境経済・政策学会2017年大会, 討論者.
2015.05~2015.05, 日本経済政策学会第72回全国大会, 討論者.
2013.04~2013.04, 日本経済政策学会西日本部会第91回大会, 座長(Chairmanship).
2012.10~2012.10, 日本経済政策学会西日本部会第90回大会, 座長(Chairmanship).
2012.04~2012.04, 日本経済政策学会西日本部会第89回大会, 座長(Chairmanship).
2010.10~2010.10, 日本経済政策学会西日本部会第86 回大会, 討論者.
2009.12~2009.12, The All China Economics International Conference, 討論者.
2009.12~2009.12, 九州経済学会第59回大会, 司会(Moderator).
2008.12~2008.12, 九州経済学会第58回大会, 司会(Moderator).
2016.11~2016.11, The 7th Asia-Pacific Innovation Conference, 実行委員.
2013.07, 21st International Input-Output Conference, 実行委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2009.10~2013.03, Journal of Novel Carbon Resource Sciences, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度      
2014年度    
2013年度      
2012年度      
2011年度    
2009年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
華中科技大学・武漢紡織大学, China, 2019.03~2019.03.
Bandung Municipal Transportation Department, Bandung Municipal Communication and Information Department, JICAインドネシア事務所, Quadran Representative Office, Indonesia, 2018.09~2018.09.
National Laboratory for Energy Conversion Technology, the Agency for the Assessment and Application of Technology, Indonesia, 2018.02~2018.02.
Victoria University, NewZealand, 2017.11~2017.12.
Zhejiang University, China, 2015.11~2015.11.
National Environmental Engineering Research Institute, India, 2011.12~2011.12.
Beijing University of Technology, China, 2010.08~2010.08.
City University of Hong Kong, China, 2009.12~2009.12.
Pusan National University, Busan Development Institute, Korea, 2009.09~2009.09.
Renmin University of China, Dalian University of Technology, China, 2009.08~2009.08.
受賞
日本経済政策学会2008年度学会賞研究奨励賞.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2008年度~2009年度, 若手研究(スタートアップ), 代表, アジア諸国における環境イノベーションと持続的成長に関する理論・実証研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2009年度~2011年度, 九州大学グローバルCOE「新炭素資源学」2009年度~2011年度研究拠点形成費補助金若手研究者研究活動経費, 代表, アジア諸国の持続可能な発展とイノベーション促進による環境・エネルギー政策に関する研究.
2010年度~2010年度, 国公私立大コンソーシアム・福岡, 分担, 九州と東アジアの都市をつなぐ資源循環の学際的検討フォーラム.
2009年度~2009年度, 国公私立大コンソーシアム・福岡, 分担, 資源循環・低炭素型都市づくりの学際研究:福岡市と釜山広域市を中心に.
寄附金の受入状況
2017年度, 一般財団法人新技術振興渡辺記念会, 一般財団法人新技術振興渡辺記念会科学技術調査研究助成/交通インフラにみるアジア新興国におけるスマートシティの可能性の検討.
2013年度, 一般財団法人新技術振興渡辺記念会, 一般財団法人新技術振興渡辺記念会科学技術調査研究助成/東アジアにおける次世代自動車普及と技術移転に関する研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」