九州大学 研究者情報
発表一覧
田中 千晶(たなか ちあき) データ更新日:2019.06.19

助教 /  薬学研究院 創薬科学部門 天然物化学


学会発表等
1. Huy LE VAN, 田中 千晶, YAMASAKI SHO, 宮本 智文, 真菌マラセチア由来のMincle リガンド類縁体の合成, 日本薬学会 第137年会, 2017.03, Purpose: Mincle (macrophage inducible C-type lectin), function as pattern recognition
receptor and plays a central role in immunity to fungal pathogens. In 2013, we identified
an unique mannosyl fatty acid linked to mannitol (#44-2) as a Mincle ligand from a
lipophilic component of the pathogenic fungus Malassezia1). To investigate the function
and mode of actions of #44-2, we synthesized the mimics of 10-O-β-mannosyl stearic
acid.
Results: Six derivatives, 12-O- α- or β- glycosyl (mannose, glucose,
galactose)-stearicacid were synthesized together with 12-O-[β-mannosyl (1→
2)-β-mannopyranosyl]-stearicacid..
2. Tomofumi Miyamoto, 白潔, Chiaki Tanaka, Hiroyuki Tanaka, Search for new medicinal seeds to prevent the diabetic microvascular diseases, NsatPro6, 2016.01.
3. Tomofumi Miyamoto, Didier Kinkela, Chiaki Tanaka, Chemical Studies on the allelopathy of Asparagus officinalis, NatPro6, 2016.01.
4. Didier KINKELA, 田中 千晶, 宮本 智文, アスパラガスのアレロパシーに関する化学的研究, 日本薬学会第135年会, 2015.03.
5. 白 潔, 田中 千晶, 田中 宏幸, 道具 伸也, 渡辺 俊明, 宮本 智文, メチルグリオキサール誘発細胞傷害を抑制する天然物由来糖尿病合併症進行阻害剤の探索, 日本薬学会第135年会, 2015.03.
6. 李禎, Adeyemi GABRIEL, 田中 千晶, 宮本 智文, 沖縄産海綿由来の新規細胞増殖阻害活性物質の探索 第2報, 日本薬学会第135年会, 2015.03, 【目的】沖縄産petrosia(Strongylophora)属の海綿より、Hela及びK562に対する細胞増殖阻害活性を指標にポリアセチレン類およびメロテルペノイド類を単離、構造決定したので報告する。
【実験・結果】2009年沖縄県西表島で採取した海綿(湿重量244g)をEtOHで抽出し、濃縮後得られたEtOHext.をH20とEt20、n-BuOHで分配した。細胞増殖阻害活性を指標にEt20ext.についてSephadexLH-20,Silicagelカラムで精製し、新規ポリアセチレン(1,2)およびメロテルペノイドstrongylophorine-1(3)1)を単離構造決定した。また、n-BuOH ext.についても、活性を指標に分離、精製を行い、strongylopho血ediner(4)2)他、数種のstrongylophorine関連化合物を同定した。今回、単離した化合物と細胞増殖阻害活性について発表する。.
7. Gabriel Adeyemi Francis, Chiaki Tanaka, Tomofumi Miyamoto, Isolation and structure elucidation of phytochemicals from sponges of Okinawa, Japan, Conferences Computer Aided Drug Designing, 2013.10, Investigations of marine secondary metabolites revealed the presence of various poly-acetylenic compounds in marine organisms
especially in marine sponges which has been attributed to various biological activities. This is a report of an on-going research
into the anticancer properties of phytochemicals from sponges of Okinawa, Japan against Hela cells which has been identified as
the causative pathogen of pelvic cancer. The EtOH crude was partitioned between Et2O, n-BuOH and H2O. Component isolation
of the Et2O fraction was achieved using a combination of open column chromatography, flash column chromatography and
HPLC while spectra analysis of isolates from the Et2O fraction using 1HNMR, 13CNMR, COSY, DEPT, HMBC, HSQC, TOCSY,
NOESY AND MS revealed Pellynol A which was active against Hela cells at 1μg/ml and other poly-acetylenes..
8. 日高 幸佑, 田中 千晶, Rob van Soest, 宮本 智文, 海綿Neamphius huxleyiに由来する抗真菌活性物質の単離と構造決定, 日本薬学会第133年会, 2013.03.
9. 柏木美沙子, 白水隆喜, 田中 千晶, 宮本 智文, 生薬知母由来のノルリグナン二関する化学的研究, 日本薬学会第133年会, 2013.03.
10. 李禎, 楠田亮平, 田中 千晶, 宮本 智文, 沖縄産海綿由来の新規細胞増殖阻害活性物質の探索,日本薬学会第133年会,2013.03.28., 日本薬学会第133年会, 2013.03.
11. 菰方 浩人, 田中 宏幸, 田中 千晶, 宮本 智文,VAN SOEST Rob W. M., 抗体の交差反応性を利用した新規医薬シーズ探索法の開発, 第26回海洋生物活性談話会, 2012.05.
12. 白水隆喜、渡公佑、小野眞弓、済木育夫、小泉桂一、田中千晶、宮本智文、Rob W. M. van Soest, 海綿Callyspongia sp. 由来の新規リンパ管新生阻害物質の単離と構造, 第26回海洋生物活性談話会, 2012.05.
13. 菰方 浩人, 田中 宏幸, 田中 千晶, 宮本 智文,VAN SOEST Rob W. M., 抗体の交差反応性を利用した新規医薬シーズ探索法の開発, 日本薬学会 第132年会, 2012.03, [URL].
14. 白水 隆喜、渡 公佑、小野 眞弓、済木 育夫、小泉 桂一、田中 千晶、宮本 智文、Rob W. M. van Soest, 海綿Callyspongia sp. 由来の新規リンパ管新生阻害物質の単離と構造, 日本薬学会 第132年会, 2012.03, [URL], 【目的】代表的ながんの間質応答の一つであるリンパ管新生は、がんの転移に深く関与しており、臨床においてはリンパ節への転移の有無が、がん転移の指標とされている。しかし、リンパ管新生については、ようやくその分子機構や病態との関与が解析できるようになり、抗VEGF-3中和抗体によるリンパ節転移阻止効果が証明されているのみである。本研究では、天然由来の低分子抗リンパ管新生阻害剤の探索を目的に、ラット由来リンパ管内皮細胞(TR-LE cells)を用い1)、海洋無脊椎動物からTR-LEに対し、選択的な増殖阻害活性を示す化合物の探索を行った。
【方法・結果】TR-LEと癌細胞(HeLa cells)を用いたスクリーニングを行った結果、TR-LE選択的に増殖阻害活性を示した海綿Callyspongia sp. から、(3R,18R,4E,16E)-eicosa-4,16-diene-1,19-diyne-3,18-diol (1)と、そのエナンチオマー (2)を単離した2), 3)。さらに、化合物1、2および、その構造類似体の有機合成を行い、その細胞増殖阻害活性について試験した。
.
15. 田中千晶、菰方浩人、田中宏幸、宮本智文, 抗体の交差反応性を利用した新規医薬シーズ探索法の開発(2), 日本薬学会 第132年会, 2012.03, [URL], 【目的】天然物由来新規医薬シーズの探索では、原料供給と同様に有効なスクリーニング手法が重要な要素となる。海洋天然物からはナトリウムイオンチャネルを作用点とするイモガイ由来鎮痛薬が発見されるなど、新規医薬シーズの発見に期待が持たれる。一方モルヒネはオピオイド受容体に作用し、強い鎮痛作用を示すことから、古くより重要な医薬品として重宝されている。これまでに海洋生物由来オピオイド作用薬の報告が無いことから、モルヒネに対するモノクローナル抗体(anti-morphine MAb)を作製、競合的ELISA法によるスクリーニング法を確立し1)、海産無脊椎動物由来のモルヒネ様化合物を探索した。
【方法・結果】西表島近海で採集した海産無脊椎動物エキスライブラリーのスクリーニングの結果、海綿Haliclona sp.のエキスが競合的ELISA法においてanti-morphine MAbに対する交差反応性を示した。引き続き、交差反応性を指標とした単離・構造決定を行ったところ、活性本体はPapuamine 2)およびHaliclonadiamine 3)であることが判明した。
.
16. Chiaki Tanaka, Hiroto Komokata, Hiroyuki Tanaka, and Tomofumi Miyamoto , New approach for natural product drug discovery based on the cross-reactivity of antibody, U.S.-Japan Seminar on Marine Natural Products, 2011.12.
17. Tomofumi Miyamoto and Chiaki Tanaka, New Biological Functions of Polyacetylenic Compounds from Marine Sponges, U.S.-Japan Seminar on Marine Natural Products, 2011.12, Polyacetylenic compounds are a diverse group of marine secondary metabolites, especially in marine sponges belong to the genera Petrosia and Xestospongia. In our continuing research for biologically active compounds from marine invertebrate, we identified several polyacetylenic compounds, which have unique biological activities, such as antilymphangiogenesis, morphine-binder, multi-drug resistance modulator, and inghibitor of nitric oxide production. In this seminar, we will discuss on the biological activity and the mode of actions of some polyacetylenes, isolated from a marine sponge, Petrosia sp., and Callyspongia sp...
18. Tomofumi Miyamoto, Chiaki Tanaka , Search for new medicinal seeds from the marine invertebrates, 日本薬学会第131年会, 2011.03.
19. Wanzola Mpanzu、田中千晶、宮本智文、Rob. W. M. Van Soest, 海綿Erylus sp. 由来のNO産生抑制物質の単離と構造, 日本薬学会第131年会, 2011.03.
20. 日高幸佑、田中千晶、宮本智文、Rob. W. M. Van Soest, 海綿Neamphius huxleyi. の新規抗真菌活性物質の単離と構造決定, 日本薬学会第131年会, 2011.03.
21. 白水隆喜、渡公佑、小野真弓、小泉桂一、済木育夫、田中千晶、宮本智文、Rob. W. M. Van Soest, 海綿Callyspongia sp. 由来の新規リンパ管新生阻害物質の単離と構造, 日本薬学会第131年会, 2011.03.
22. 菰方浩人、田中宏幸、田中千晶、宮本智文、Rob. W. M. Van Soest, 抗体の交差反応性を利用した新規医薬シーズ探索法の開発, 日本薬学会第131年会, 2011.03.
23. Mpanzu Wanzola, 田中千晶、宮本智文、樋口隆一, Search for new inhibitors of NO production from the Okinawan Soft Coral Lobophytum carssum, 第26回日本薬学会九州支部大会, 2009.12.
24. 林隆一、 田中千晶、宮本智文、樋口隆一, ウミウシ類のアレロケミカルに関する化学生態学的研究, 第26回日本薬学会九州支部大会, 2009.12.
25. Chiaki Tanaka, Yumiko Nakajima, Junichi Tanaka, Diversity of nudibranch actins from the perspective of chemical ecology, 5th APACE Meeting 2009, 2009.10.
26. 田中千晶、宮本智文, アクチン重合阻害物質Latrunculin Aとウミウシアクチンの多様性, 第4回科学生態学研究会, 2009.06.
27. 田中千晶、宮本智文, アクチン標的物質とウミウシアクチンの多様性, 第23回海洋生物活性談話会, 2009.05.
28. Chiaki Tanaka, Diversity of Nudibranch Actins, Kyushu-Busan International Joint Seminar, 2008.11.
29. Chiaki Tanaka, Yuichi Kawanishi, David Sept, Yumiko Nakajima, and Junichi Tanaka, Actin variation in nudibranchs: tolerance mechanisms against latrunculin A and evolutionary aspects, 第5回 国際水産学会, 2008.10.
30. Chiaki Tanaka, Masaya Morita, Kiminori Iwasaki, and Junichi Tanaka, Halichondramide as a probe for actin studies, 内藤カンファレンス, 2008.09.
31. 宮本智文、瀬海聖子、江村智佐登、田中千晶、樋口隆一, 沖縄産軟サンゴSinularia flexibilisの揮発性セスキテルペンの単離と構造決定, 日本生薬学会第55回年会, 2008.09.
32. 田中千晶、川西祐一、中島裕美子、田中淳一, ウミウシアロモンとアクチンの多様性, 日本サンゴ礁学会, 2007.11.
33. C. Tanaka, Y. Kawanishi, Y. Nakajima, and J. Tanaka , Diversity of Nudibranch Actins, 21st Pacific Science Congress, 2007.06.
34. C. Tanaka, Y. Kawanishi, Y. Nakajima, and J. Tanaka, June, 2007, Diversity of Nudibranch Actins, 21st Pacific Science Congress, 2007.06.
35. C. Tanaka, Y. Kawanishi, Y. Nakajima, and J. Tanaka , Diversity of Nudibranch Actin, 12th International Symposium on Marine Natural Products, 2007.02.
36. C. Tanaka, J. Tanaka, Y. Kawanishi, and Y. Nakajima , How Some Nudibranchs can Tolerate Toxicity of Actin-targeting Molecules?, International Conference on Biodiversity and Natural Products, 2006.07.
37. C. Tanaka, J. Tanaka, H. Iwasaki, and T. Higa, Actin-staining fluorescent probes based on marine macrocycles, International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Pacifichem 2005, 2005.12.
38. C. Tanaka and J. Tanaka, New Cytokinesis Inhibitors from Marine Invertebrates, 7th Asia-Pacific Congress on Animal, Plant, and Microbial Toxin, 2005.10.
39. C. Tanaka, J. Tanaka, G. Marriott, and T. Higa, Seragamide A-F, Six New Depsipeptides from the Sponge Suberites japonicas, 11th International Symposium on Marine Natural Products, 2004.09.
40. C. Tanaka, Y. Yamamoto, M. Otsuka, J. Tanaka, Briarane Diterpenes from Two Species of Octocorals, Ellisella sp. and Pteroeides sp., 11th International Symposium on Marine Natural Products,, 2004.09.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」