九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
田中 將己(たなか まさき) データ更新日:2017.11.02

准教授 /  工学研究院 材料工学部門 材料加工工学


主な研究テーマ
疲労亀裂進展の環境依存性解明
キーワード:疲労,温度依存性
2015.04.
パーライト鋼における高強度発現メカニズムの解明
キーワード:強度, 延性, 線材, 棒材
2011.03.
電子線トモグラフィによる亀裂先端転位群の三次元構造解析
キーワード:超高圧電子顕微鏡,クラック,応力遮蔽効果
2007.04.
高窒素オーステナイト綱の低温脆性に関する研究
キーワード:脆性-延性遷移,ステンレス鋼
2009.04.
結晶性材料の脆性-延性遷移に関する研究
キーワード:転位,シリコン,鉄鋼材料
2005.01.
超強加工材料における低温靭性向上メカニズムの解明
キーワード:脆性-延性遷移,accumulative roll bonding (ARB),低炭素鋼
2006.11.
従事しているプロジェクト研究
巨大ひずみによる新機能材料創出
2008.04~2011.03, 代表者:堀田善治.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本金属学会
日本鉄鋼協会
日本顕微鏡学会
日本熱処理技術協会
日本機械学会
九州工学教育協会
学協会役員等への就任
2016.03~2018.02, 日本鉄鋼協会, 国際鉄鋼科学シンポジウム企画WG委員.
2013.07~2015.04, 日本金属学会, 人材育成委員.
2013.03~2019.04, 日本金属学会, 分科会委員.
学会・研究会における座長等
2017.09.06~2017.09.08, 日本金属学会2017年秋期(第161回)講演大会, 座長.
2017.09.06~2017.09.08, 日本鉄鋼協会第174回秋季講演大会, 座長.
2017.03.15~2017.03.17, 日本金属学会2017年春期(第160回)講演大会, 座長.
2016.09.21~2016.09.23, 日本金属学会2016年秋期(第159回)講演大会, 座長.
2016.01.13~2016.01.14, 4th ESISM Workshop in Kyoto “Fundamental Issues of Structural Materials”, 座長.
2015.08.09~2015.08.14, 17th International Conference on the Stregth of Materials (ICSMA17), 座長.
2015.08.03~2015.08.05, The 2nd International Workshop on Bulk Nanostructured Metals, 座長.
2015.03.18~2015.03.20, 日本鉄鋼協会第169回春季講演大会 , 座長.
2014.09.25~2013.09.25, 日本鉄鋼協会第168回秋季講演大会 , 座長.
2013.11.10~2013.11.13, Electron Microscopy & Multiscale Modeling 2013 (EMMM2013) , 座長.
2013.09.17~2013.09.19, KIM-JIM Symposium, 2013 Autumn Meeting of The Japan Institue of Metals and Materials , 座長.
2013.09.17~2013.09.19, 日本鉄鋼協会第166回秋季講演大会 , 座長.
2013.06.08~2013.06.08, 平成25年度日本鉄鋼協会・日本金属学会・軽金属学会九州支部合同学術講演大会, 座長.
2012.11.10~2012.11.10, 第54回日本顕微鏡学会九州支部学術講演会, 座長.
2012.09.17~2009.09.19, 日本金属学会151回秋期大会, 座長.
2012.06.26~2012.06.29, International Workshop on Bulk Nanostructured Metals, 座長.
2012.06.07~2012.06.08, International Symposium on Materials Science and Engineering, 座長.
2012.03.28~2012.03.30, 日本鉄鋼協会第163回秋季講演大会, 座長.
2011.05.09~2011.05.11, 2011 International Symposium on Molecular Systems, 座長.
2010.09.25~2010.09.27, 日本鉄鋼協会第160回秋季講演大会, 座長.
2010.09.06~2010.09.10, 31st Risø International Symposium on Materials Science, 座長.
2010.03.28~2010.03.30, 日本金属学会146回春期大会, 座長.
2009.09.15~2009.09.17, 日本金属学会145回秋期大会, 座長.
2009.03.28~2009.03.30, 日本金属学会144回春期大会, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2014.06.07~2014.06.07, 平成25年度日本鉄鋼協会・日本金属学会・軽金属学会九州支部合同学術講演大会, 実行委員.
2013.04.01~2013.12.24, 第55回 日本顕微鏡学会九州支部学術講演大会, 実行委員.
2012.06.01~2015.02.27, 4th International Symposium on Steel Science, 4th ISSS実行委員.
2012.09~2013.11, Electron Microscopy and Multiscale Modeling 2013 (EMMM2013), Organizing Committee.
2011.06.06~2012.05.31, 3rd International Symposium on Steel Science, 3rd ISSS実行委員.
2010.04.01~2011.08.31, 日本顕微鏡学会第67回学術講演会, プログラム委員(材料・共通系).
2010.11.19~2010.11.22, International Symposium on Giant Straining Process for Advanced Materials (GSAM2010), Organizing Committee.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2015.03~2019.03, ふぇらむ, 会報委員.
2013.03~2015.02, まてりあ, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度      
2016年度   11 
2015年度   17 
2014年度    
2013年度    
2012年度    
2011年度    
2010年度      
2009年度    
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Bruno Convention and Exhibition Centre, Czech Republic, 2015.08~2015.08.
University of Oxford, United Kingdom, 2014.06~2014.07.
Indian Institute of Technology, India, 2013.12~2013.12.
Hilton Waikoloa Village, United States of America, 2013.08~2013.08.
Eötvös University, Hungary, 2012.08~2012.08.
Malaysia-Japan International Institute of Technology, Malaysia, 2012.05~2012.05.
Grand Central Hotel, Glasgow, Department of Materials, University of Oxford, United Kingdom, 2011.10~2011.10.
Quebec Convention Centre, Canada, 2011.08~2011.08.
The University of Illinois, Urbana-Champaign, San Diego Convention Center, United States of America, 2011.02~2011.03.
Risø-DTU, Denmark, 2010.09~2010.09.
Cairns Convention Centre, Australia, 2010.08~2010.08.
Seattle Convention Center, Seattle, United States of America, 2010.02~2010.02.
Technische Universität Dresden, Dresden, Germany, 2009.08~2009.08.
Hotel Der Achtermann, Goslar, Germany, 2008.08~2008.08.
Post Doctral Resarch Fellow, Department of Materials, University of Oxford, Oxfordshire, United Kingdom, 2005.01~2006.10.
外国人研究者等の受入れ状況
2017.08~2018.08, 大連大学, China, 派遣大学.
受賞
功績賞(力学特性部門), 日本金属学会, 2017.03.
村上奨励賞, 日本金属学会, 2016.11.
第64回金属組織写真賞奨励賞, 公益社団法人日本金属学会, 2014.03.
平成25年度俵論文賞, 日本鉄鋼協会, 2014.03.
本多記念研究奨励賞(第34回), 公益法人本多記念会, 2013.06.
風戸研究奨励賞(第6回), 風戸研究奨励会, 2013.02.
研究奨励賞, 日本鉄鋼協会, 2012.03.
まてりあ賞, 日本金属学会, 2011.11.
Tom Bell Young Author Award, International Federation for Heat Treatment and Surface Engineering, 2011.10.
第五回 JIM/TMS Young Leader International Scholar, 日本金属学会, 2011.03.
第12回論文賞若手講演論文, 日本金属学会, 2010.03.
2009 International Metallographic Contest, 3rd Place of Class 3, International Metallographic Society and ASM International, 2009.08.
第59回 日本金属学会 金属組織写真賞 A部門 優秀賞, 日本金属学会, 2009.03.
Best Poster Award, Organizing committee of 4th International Symposium on Designing, Processing and Properties of Advanced Engineering Materials (ISAEM-2008), 2008.09.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2017年度, 基盤研究(B), 代表, HVEMトモグラフによる極厚マイクロ試片単結晶中の亀裂転位増殖過程の全貌解明.
2014年度~2015年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, FCC合金において未開拓な延性―脆性遷移挙動とその理論構築への挑戦.
2012年度~2014年度, 若手研究(A), 代表, 収差補正付きの走査透過電子顕微鏡を用いた格子歪場の直接測定による破壊物理学の革新.
2010年度~2011年度, 若手研究(B), 代表, 超高圧電子線トモグラフィによる亀裂先端の立体構造解析.
2010年度~2014年度, 新学術領域研究, 分担, バルクナノメタルにおける力学特性の解明と変形理論構築.
2010年度~2014年度, 基盤研究(A), 分担, 超高圧電顕ー分光結像法によるニアバルク結晶中の欠陥構造解析と破壊力学物性研究.
2007年度~2008年度, 若手研究(スタートアップ), 代表, 多結晶金属材料の脆性-延性遷移への破壊物理的アプローチ.
2004年度~2005年度, 特別研究員奨励費, 代表, 超高圧電顕法によるシリコン結晶中の転位歪み場の解析とその破壊力学物性への応用.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2014年度~2015年度, 鉄鋼研究振興助成, 代表, マルテンサイト鋼における脆性-延性遷移挙動と転位運動挙動.
2011年度~2015年度, 産学共創基礎基盤研究(科学技術振興機構), 分担, 材料科学と固体力学の融合によるヘテロナノ構造金属における高強度・高靭性両立の指導原理確立.
2010年度~2011年度, 鉄鋼研究振興助成, 代表, 窒素添加オーステナイト鋼の低温脆性メカニズムの解明.
寄附金の受入状況
2013年度, 風戸研究奨励会, 風戸研究奨励.
学内資金・基金等への採択状況
2016年度~2017年度, 工学研究新分野開拓助成, 代表, 実験と計算の融合による単結晶材料科学の開拓.
2009年度~2009年度, 工学研究院若手研究者育成研究助成, 代表, 超高圧三次元電子線トモグラフ法による亀裂先端転位増殖過程の解明.

九大関連コンテンツ