九州大学 研究者情報
発表一覧
有山 寛(ありやま ひろし) データ更新日:2019.06.23

助教 /  九州大学病院 血液・腫瘍・心血管内科


学会発表等
1. Hiroshi Ariyama, Kyoko Yamaguchi, Tomoyasu Yoshihiro,Koichi Akashi, Eishi Baba, Eribulin shows higher anti-tumor effect in paclitaxel-resistant gastric cancer cell line.
, 第77回日本癌学会学術総会, 2019.06.
2. Hiroshi Ariyama, Kyoko Yamaguchi, Tomoyasu Yoshihiro,Koichi Akashi, Eishi Baba, Stathmin1 enhances eribulin sensitivity in PTX-resistant gastric cancer cells., 第91回日本胃癌学会総会, 2019.06.
3. Hiroshi Ariyama, Kyoko Yamaguchi, Tomoyasu Yoshihiro,Koichi Akashi, Eishi Baba, Eribulin shows higher anti-tumor effect in paclitaxel-resistant gastric cancer cell line.
, AACR-JCA Joint Conference, 2019.06.
4. 有山寛、早河翼、馬場英司、赤司浩一、Timothy C. Wang, Signet-ring gastric cancer stem cells and their niche., 日本癌学会学術集会, 2017.09.
5. 有山 寛, 早河翼, 馬場 英司, 赤司 浩一, Timothy C Wang, Identification of mouse gastric stem cell and establishment of mouse model of diffuse type gastric cancer., 日本臨床腫瘍学会, 2016.07, マウス胃組織幹細胞を同定し、胃印環細胞癌が胃組織幹細胞に由来すること、ならびにこれらの印環細胞は周囲の炎症細胞をニッチとし、CXCR4-CXCL12 axisを介して維持されている。.
6. 田村 真吾, 磯部大地, 有山 寛, 中野倫孝, 植木 隆, 草場 仁志, 馬場 英司, 赤司 浩一, 大腸がん幹細胞分画におけるE-カドヘリン陽性細胞とE-カドヘリン陰性細胞の病理学的差異についての検討, 日本癌学会, 2015.10.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」