九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
古山 通久(こやま みちひさ) データ更新日:2017.02.03

教授 /  稲盛フロンティア研究センター 次世代エネルギー研究部門


主な研究テーマ
持続可能な低炭素社会実現に向けたシナリオの設計と評価
キーワード:低炭素社会, 技術ロードマップ, 社会シナリオ
2009.07.
計算化学による理論材料設計
キーワード:理論材料設計, 計算化学
2003.10.
燃料電池多孔質電極の研究
キーワード:燃料電池, 電極反応, 反応機構, 多孔質電極
1997.04.
従事しているプロジェクト研究
ナノ材料科学環境拠点
2016.10~2019.03, 代表者:魚崎浩平, 科学技術振興機構.
戦略的創造研究推進事業(ACCEL)元素間融合を基軸とする物質開発と応用展開:新規固溶型ナノ合金の構造形成・機能発現メカニズムの解明と理論材料設計
2015.08~2020.03, 代表者:北川宏, 科学技術振興機構.
先端的低炭素化技術開発(ALCA) 先進ハイブリッドキャパシタ(AdHiCap)に関する研究
2015.11~2020.03, 代表者:杉本渉, 信州大学(日本).
科学研究費補助金 基盤研究(B) エネルギー供給に関する萌芽技術のコスト構造分析
2014.04~2018.03, 代表者:梶川裕矢, 東京工業大学(日本).
科学研究費補助金 基盤研究(B) 紙の燃料電池の創出
2013.04~2016.03, 代表者:白鳥祐介, 九州大学(日本).
科学研究費補助金 若手研究(A) 次世代蓄電技術における界面および多孔体内輸送特性最適化のための基盤構築
2013.04~2016.03, 代表者:古山通久, 九州大学稲盛フロンティア研究センター(日本).
戦略的創造研究推進事業(CREST)固体酸化物形燃料電池電極の材料・構造革新のためのマルチスケール連成解析基盤
2011.12~2017.03, 代表者:古山通久, 科学技術振興機構.
戦略的創造研究推進事業(CREST)元素間融合を基軸とする新物質創製と機能性材料開発:新規固溶型ナノ合金の構造形成・機能発現メカニズムの解明と理論材料設計
2011.10~2017.03, 代表者:北川宏, 科学技術振興機構.
科学研究費補助金 若手研究(A) 多孔質細孔内における反応流動連成現象解明のための大規模シミュレーション手法の開発
2009.04~2013.03, 代表者:古山通久, 九州大学稲盛フロンティア研究センター(日本).
新エネルギー・産業技術総合開発機構 固体酸化物形燃料電池システム要素技術開発 耐久性・信頼性向上に関する基礎研究
2008.07~2011.03, 代表者:佐々木一成.
研究業績
主要著書
1. Y. Kato, 古山 通久, Y. Fukushima, T. Nakagaki, Energy Technology Roadmaps of Japan: Future Energy Systems Based on Feasible Technologies Beyond 2030, Springer Japan, 2016.06.
2. Yuya Kajikawa, Yasunori Kikuchi, Yasuhiro Fukushima, 古山 通久, “Utilizing Risk Analysis and Scenario Planning for Technology Roadmapping”, in "Strategic Planning Decisions in the High Tech Industry: Methods and Cases", pp. 231-244, Springer, 2013.03.
3. 公益社団法人化学工学会 緊急提言委員会 編 松方正彦・古山通久 監修, ゼロから見直すエネルギー 節電、創エネからスマートグリッドまで, 丸善, 2012.02.
4. 石元孝佳、石本祐樹、井上 元、井上秀雄、上村芳三、遠藤 明、小川芳樹、岡島博司、奥田治志、小倉鉄平、小倉裕直、小貫 薫、小原 聡、甲斐敬美、梶川裕矢、加藤之貴、川崎晋司、川本雅之、菊池康紀、國富 一彦、窪田光宏、久保山裕史、児玉昭雄、後藤信之、古山通久、斉藤泰和、坂田興、杉本和暁、宿谷雅之、高橋英二、田中貴雄、中垣隆雄、中川紳好、中川浩行、中川二彦、中曽浩一、中山将伸、南雲亮、久角 喜徳、日高秀人、深井 潤、福島康裕、福田健三、藤岡恵子、堀尾正靱、本藤祐樹、松井 一秋、松方正彦、松下洋介、松村幸彦、松本安生、丸林啓太、三浦孝一、三輪隆、森賢二、山口秀樹、柚山義人、劉 醇一、渡邉浩之, 実装可能なエネルギー技術で築く未来-骨太のエネルギーロードマップ2-, 化学工業社, 2010.10.
5. 古山通久、坪井秀行、遠藤 明、高羽洋充、久保百司、Carlos A. Del Carpio、宮本 明, 化学工学における分子シミュレーションの活用, 分離技術会, 5.触媒工学への応用(pp.115-131 ), 2006.11.
主要原著論文
1. Takayoshi Ishimoto, Teppei Ogura, Michihisa KOYAMA, Lifeng Yang, Teppei Yamada, Makoto Tokunaga, Hiroshi Kitagawa, A Key Mechanism of Ethanol Electrooxidation Reaction in a Noble-Metal-Free Metal-Organic Framework, The Journal of Physical Chemistry C, 117, 20, 10607-10614, 2013.05.
2. Michihisa KOYAMA, Haruhiko Kohno, Teppei Ogura, Takayoshi Ishimoto, Applications of Computational Chemistry to Designing Materials and Microstructure in Fuel Cell Technologies, Journal of Computer Chemistry, Japan, 12, 1, 1-7, 2013.04.
3. Y. Fukushima, Y. Kikuchi, Y. Kajikawa, M. Kubota, T. Nakagaki, M. Matsukata, Y. Kato, M. Koyama, Tackling Power Outages in Japan: The Earthquake Compels a Swift Transformation of the Power Supply , Journal of Chemical Engineering of Japan, 44, 6, 365-369 , 2011.06.
4. T. Ishimoto, T. Ogura, M. Umeda, M. Koyama, Theoretical Study on Dissolution and Reprecipitation Mechanism of Pt Complex in Pt Electrocatalyst , The Journal of Physical Chemistry C
, 115, 7, 3136-3142, 2011.02.
5. T. Ishimoto, R. Nagumo, T. Ogura, T. Ishihara, B. Kim, A. Miyamoto, M. Koyama, Chemical Degradation Mechanism of Model Compound, CF3(CF2)3O(CF2)2OCF2SO3H, of PFSA Polymer by Attack of Hydroxyl Radical in PEMFCs , Journal of The Electrochemical Society, 157, 9, B1305-B1309 , 2010.09.
6. L. Yang, S. Kinoshita, T. Yamada, S. Kanda, H. Kitagawa, M. Tokunaga, T. Ishimoto, T. Ogura, R. Nagumo, A. Miyamoto, M. Koyama, A Metal-Organic Framework as An Electrocatalyst for Ethanol Oxidation , Angewandte Chemie International Edition, 49, 31, 5348-5351 , (selected as "hot paper" by Editor's choice)
, 2010.07.
7. M. Koyama, K. Bada, K. Sasaki, H. Tsuboi, A. Endou, M. Kubo, C. A. Del Carpio, E. Broclawik, A. Miyamoto, First-principles study on proton dissociation properties of fluorocarbon- and hydrocarbon-based membrane in low humidity condition , The Journal of Physical Chemistry B, 110 (2006) 17872-17877. , 2006.01.
8. M. Koyama, J. Hayakawa, T. Onodera, K. Ito, H. Tsuboi, A. Endou, M. Kubo, C. A. Del Carpio, A. Miyamoto, Tribochemical Reaction Dynamics of Phosphoric Ester Lubricant Additive by Using Hybrid Tight-Binding Quantum Chemical Molecular Dynamics Method , The Journal of Physical Chemistry B, 110 (2006) 17507-17511. , 2006.01.
9. M. Koyama and S. Kraines, A flexible model integration approach for evaluating tradeoffs between CO2 emissions and cost in Solid Oxide Fuel Cell-based building energy systems , International Journal of Energy Research, 29 (2005) 1261-1278 , 2005.01.
10. Y. Fukushima, M. Shimada, S. Kraines, M. Hirao, M. Koyama, Scenarios of solid oxide fuel cell introduction into society , Journal of Power Sources, 131 (2004) 327-339 , 2004.01.
11. M. Koyama, S. Kraines, K. Tanaka, D. Wallace, K. Yamada, H. Komiyama, Integrated Model Framework for the Evaluation of an SOFC/GT System as a Centralized Power Source , International Journal of Energy Research, 28 (2004) 13-30 , 2004.01.
12. T. Ota, M. Koyama, C. Wen, K. Yamada, H. Takahashi, Object-based modeling of SOFC system:dynamic behavior of micro tubular SOFC , Journal of Power Sources, 118 (2003) 430-439 , 2003.01.
13. M. Koyama, C. Wen, T. Masuyama, J. Otomo, H. Fukunaga, K. Yamada, K. Eguchi, H. Takahashi, The Mechanism of Porous Sm0.5Sr0.5CoO3 Used in Solid Oxide Fuel Cells , Journal of the Electrochemical Society, 148 (2001) A795-A801 , 2001.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 加藤之貴, 古山 通久, 次世代エネルギー社会のビジョンと技術オプション, 化学工学, 80(1) (2016) 25-27. , 2016.01.
2. 古山 通久, 屋山 巴, 石元 孝佳, 楊 安麗, 坂田修身, 吉川英樹, 草田康平, 小林浩和, 北川 宏, 電子論から見る元素間融合による新機能の創製:人工パラジウムの電子状態の初観測, 検査技術, 20(8) (2015) 16-20. , 2015.08.
3. 古山 通久, 石倉威文, 藤田顕二郎, 機械工学年鑑特集号「9.エンジンシステム、9.2.9 燃料電池」, 日本機械学会誌, 118(1149) (2014) 533. , 2014.08.
4. 古山 通久, 石元孝佳, 原 祥太郎, 小倉鉄平, 河野晴彦, 多田朋史, 梅野宜崇, 松村 晶, 鹿園直毅, 電極の材料・構造設計に向けたマルチスケール・マルチフィジックスアプローチ, 燃料電池,, 3(2), 2013.10, pp.40-45 , 2013.10.
5. 古山通久、石元孝佳, リチウムイオン電池電極構造最適化に向けたシミュレーション技術の活用 , 化学工業, 62(11), 2011.10, pp.862-866 , 2011.10.
6. 古山通久, 骨太エネルギー技術ロードマップ技術の紹介(4)エネルギーを届ける, 化学工学, Vol. 75, No. 3, pp.137-139, 2011.03.
7. 菊池康紀、梶川裕矢、福島康裕、古山通久, 骨太エネルギー技術の二酸化炭素削減効果とリスク評価, 化学工学, Vol. 75, No. 3, pp.118-125, 2011.03.
8. 古山通久、石元孝佳、小倉鉄平、木下昌三、北川 宏, 非貴金属でのエタノール電気化学酸化を可能とする多孔性金属錯体触媒 , 燃料電池, 47(201) 20011.1 pp. 39-43 , 2011.01.
9. 古山通久、鈴木愛、サヌーン リアド、坪井秀行、畠山 望、遠藤 明、高羽洋充、デルカルピオ カルロス、久保百司、宮本 明, 固体高分子形燃料電池触媒層に対するマルチスケール計算化学アプローチ, 伝熱、47(201) (2008) 14-19, 2008.10.
10. 古山通久、服部達哉、鐘 慧峰、坪井秀行、畠山 望、遠藤 明、高羽洋充、久保百司、Carlos A. Del Carpio、宮本 明, 量子分子動力学法と多孔質シミュレータによる固体高分子形燃料電池電極の理論設計, Electrochemistry, 75, No. 5, (2007) 411-417, 2007.01.
11. 古山通久、佐々木賢治、坪井秀行、畠山 望、遠藤 明、高羽洋充、久保百司、Carlos A. Del Carpio、宮本 明, 固体高分子形燃料電池用プロトン伝導性電解質の計算化学, 膜、32巻2号 (2007) 89-94, 2007.01.
12. 古山通久、服部達哉、坪井秀行、畠山 望、遠藤 明、高羽洋充、久保百司、Carlos A. Del Carpio、宮本 明, 基礎講座:統合化計算化学手法による燃料電池材料設計 第6回:三次元多孔質シミュレータに基づくマルチスケール計算化学への展開, 燃料電池, 6, No. 2 (2006) 114-117, 2006.01.
13. 古山通久、坪井秀行、遠藤 明、高羽洋充、久保百司、Carlos A. Del Carpio、宮本 明, 基礎講座:統合化計算化学手法による燃料電池材料設計 第5回:SCF-Tight-Binding量子分子動力学法に基づく電気伝導特性・熱伝導特性の定量予測の基礎と応用, 燃料電池, 6, No. 1 (2006) 114-118, 2006.01.
14. 古山通久、坪井秀行、遠藤 明、久保百司、Carlos A. Del Carpio、宮本 明, 実践的マルチスケール計算化学のための3次元多孔質シミュレータの開発と応用, 新素材マニュアル, 23 (2006) 26-30, 2006.01.
15. 古山通久、坪井秀行、遠藤 明、久保百司、Carlos A. Del Carpio、宮本 明, ものづくりのためのマルチスケール・マルチフィジックスコンビナトリアル計算化学, 新素材マニュアル, 23 (2006) 20-25, 2006.01.
16. 古山通久、坪井秀行、遠藤 明、久保百司、デルカルピオ-カルロス、宮本 明, 計算化学が拓く新しい材料設計—多分野での応用例と展望—, 未来材料, Vol. 6, No. 3 (2006) 8-15, 2006.01.
17. 古山通久、坪井秀行、遠藤 明、久保百司、Carlos A. Del Carpio、宮本 明, 基礎講座:統合化計算化学手法による燃料電池材料設計−第3回:SCF-Tight-Binding量子分子動力学法の基礎と固体高分子形燃料電池電極反応への応用, 燃料電池,5(3), (2006),104-108, 2006.01.
18. 古山通久、坪井秀行、遠藤 明、久保百司、Carlos A. Del Carpio、宮本 明, 基礎講座:統合化計算化学手法による燃料電池材料設計−第2回:量子化学計算の基礎と固体高分子形燃料電池電解質への応用, 燃料電池,5(2), (2005),107-112, 2005.01.
19. 古山通久、坪井秀行、遠藤 明、久保百司、Carlos A. Del Carpio、宮本 明, 基礎講座:統合化計算化学手法による燃料電池材料設計−第1回:分子動力学法の基礎と燃料電池への応用, 燃料電池,5(1),(2005),102-106, 2005.01.
主要学会発表等
1. 古山 通久, 統合型材料開発の視点 ~トップダウン型基礎科学は可能か?, 理事長主催勉強会 : 統合型材料開発の新展開, 2016.07.25.
2. Michihisa KOYAMA, Applications of Computational Chemistry to Functional Material Systems, International Conference on Small Science, 2016.06.26.
3. Michihisa KOYAMA, Computational Chemical Study on Catalytic Role of Metal-Organic Framework
, The 2016 EMN Meeting on Metal-Organic Frameworks, 2016.06.13.
4. 古山 通久, 各種技術が支えるこれからのエネルギーの供給と利用の姿, サイエンス福岡クラブ エネルギーセミナー, 2016.04.24.
5. Michihisa KOYAMA, Toward better interplay between experiment and simulation in catalysis, DECHEMA-SCEJ Joint Session, 81st Annual Meeting of the Society of Chemical Engineers, Japan, 2016.03.14.
6. 古山 通久, 不均質系触媒および電極触媒における実測-計算協働: 構造の観点からの一考察 , 分子研研究会「触媒の分子科学:理論と実験のインタープレイ最前線」, 2016.03.09.
7. Michihisa KOYAMA, Multi-Physics Simulation of Porous Electrode for Lithium Ion Battery, The Japanese Swiss Energy Materials Workshop, 2016.03.07.
8. 古山 通久, 触媒・燃料電池分野におけるシミュレーション技術の活用
, 表面科学会 触媒表面研究部会ワークショップ, 2016.03.04.
9. 古山 通久, 次世代エネルギー分野における計算化学の実践応用, 近畿化学協会コンピュータ化学部会公開講演会(第95回例会)「触媒設計を目指した理論計算化学」, 2016.01.29.
10. Michihisa KOYAMA, Multi-Physics Simulation of Porous Materials in Energy Devices, EMN Meeting on Ceramics 2016, 2016.01.25.
11. 古山 通久, 次世代エネルギー技術における表面・界面特性解明へのアプローチ
, 第35回表面科学学術講演会, 2015.12.01.
12. Michihisa KOYAMA, Computational Chemistry Study on Functional Materials for Future Energy Systems
, International Conference on Small Science, 2015.11.04.
13. Michihisa KOYAMA, Takayoshi Ishimoto, Multi-Physics Simulation of Porous Electrodes in Functional Energy Devices
, IUPAC 10th International Conference on Novel Materials and their Synthesis (NMS-XI), 2015.10.12.
14. 古山 通久, マテリアルズ・インフォマティクスの現状と将来展望~材料・システムインタープレイのためのシステム研究~
, 理事長主催勉強会シリーズ:マテリアルズ・インフォマティクス/物質・材料研究における新展開 第2ラウンド第3回, 2015.07.23.
15. 古山 通久, 水素・燃料電池分野におけるシミュレーションの活用 ~材料・システム研究のよりよいインタープ レイに向けて~
, 第99回SOFC研究会, 2015.05.22.
16. Michihisa KOYAMA, Takayoshi Ishimoto, Theoretical Approach for Understanding Oxygen Reduction at the Cathode Surface of Solid Oxide Fuel Cell, 227th Electrochemical Society (ECS) Meeting, 2015.05.26.
17. 古山 通久, 電子状態から見た元素間融合によるナノ合金~「資源大国日本」実現に向けた元素戦略~, ULVAC九州地区お客様招待会 基調講演, 2015.05.22.
18. Michihisa KOYAMA, Present Status of Japan's Energy, Advances in Electrical Energy Conversion and Storage, 80th Annual Meeting of The Society of Chemical Engineers, Japan, 2015.03.20.
19. 古山 通久, 次世代エネルギー分野における計算化学の応用, 第28期CAMMフォーラム 第5回例会, 2015.02.06.
20. 古山 通久, 電池技術におけるシミュレーションの活用 , 化学工学会関東支部・第21回旬の技術見学・講演会, 2014.10.17.
21. Michihisa KOYAMA, COMPUTATIONAL CHEMISTRY FOR FUNCTIONAL MATERIAL SYSTEMS, IUPAC 10th International Conference on Novel Materials and their Synthesis (NMS-IX), 2014.10.11.
22. 古山 通久, 水素・燃料電池分野における計算化学の応用展開, 化学工学会第46秋季大会, 2014.09.17.
23. 古山 通久, 次世代エネルギー社会に向けた根拠に基づく議論と技術実装への挑戦
, 日本学術会議公開シンポジウム 科学技術者と考えるこれからのエネルギー ~化学の夢を明日のエネルギーと 社会につなげる工学~, 2014.06.20.
24. Michihisa KOYAMA, Computational Chemistry for Functional Materials Design in Energy Systems, The AIMR International Symposium 2014, 2014.02.18.
25. 古山 通久, カーボンニュートラル社会の実現に向けた各種技術の役割と材料設計の考え方
, 学振131委員会 第268研究会「蓄エネルギー・エネルギー変換におけるデバイスと材料・製膜・評価技術」, 2013.12.18.
26. 古山 通久, 再生可能エネルギー固定価格買取り制度に係る評価の視点, 平成25年度九州地区行政管理・評価セミナー, 2013.11.15.
27. Michihisa KOYAMA, TARGET SETTING OF MATERIALS RESEARCH IN ENERGY SYSTEMS: AN EXAMPLE IN MULTI-SCALE SIMULATION OF SOLID OXIDE FUEL CELL ANODE, 2013年度 第4回AIMRジョイントセミナー, 2013.10.25.
28. Michihisa KOYAMA, APPLICATION OF COMPUTATIONAL CHEMISTRY TO FUNCTIONAL MATERIALS FOR ENERGY DEVICES, IUPAC 9th International Conference on Novel Materials and their Synthesis (NMS-VIII) & 23rd International Symposium on Fine Chemistry and Functional Polymers (FCFP-XXII), 2013.10.21.
29. 古山通久, 次世代燃料電池における現象解明と理論材料設計, 第4回マイクロ・ナノ工学シンポジウム, 2012.10.22.
30. 古山通久, 各種エネルギー技術の量的貢献見込みとエネルギー需給のこれから, 第51回工業物理化学講習会, 2012.10.19.
31. 古山通久, MULTI-SCALE APPROACH FOR TRIPLE PHASE BOUNDARY REACTION OF SOLID OXIDE FUEL CELL, IUPAC 8th International Conference on Novel Materials and their Synthesis (NMS-VIII) & 22nd International Symposium on Fine Chemistry and Functional Polymers (FCFP-XXII), 2012.10.16.
32. 古山通久, 固体酸化物形燃料電池電極の材料・構造革新のためのマルチスケール連成解析基盤, 第110回触媒討論会, 2012.09.24.
33. 古山通久, 次世代エネルギー技術への計算化学の応用, 2012 アクセルリス・ジャパン・ユーザー・グループ・ミーティング, 2012.06.01.
34. 古山通久, ゼロから見直す電力部門の低炭素化, 日本のこれからのエネルギーを考える-大震災の教訓とエネルギー技術で拓く未来ー, 2012.04.18.
35. 古山通久, 発電部門の低炭素化, 化学工学会第75回年会, 2012.03.16.
36. 古山通久, 原発減少社会における電力需給~中庸の立場から, プロセスシステム工学第143委員会・平成23年度第5回研究会, 2012.02.03.
37. 古山通久, 原発減少社会におけるエネルギーの将来~電力に関する中庸の議論を中心に~, 第3回国家経営勉強会, 2011.11.21.
38. M. Koyama, Future Japanese Energy System with Decreasing Nuclear –Exploration for A Golden Mean Way with A Minimum Regret, 11th International Conference on Clean Energy (ICCE-2011), 2011.11.03.
39. M. Koyama, Computational Chemistry for Designing Functional Materials in Future Energy Technologies, IUPAC 7th International Conference on Novel Materials and their Synthesis (NMS-VII) & 21st International Symposium on Fine Chemistry and Functional Polymers (FCFP-XXI), 2011.10.19.
40. 古山通久, 原発減少社会における電力需給を考える, 日本伝熱学会関西支部伝熱技術フォーラム平成23年度第1回例会兼化学工学会エネルギー部会熱利用分科会 第22回研究会, 2011.09.27.
41. 古山通久, ポスト3.11 の電力需給とエネルギービジョン, 第2回新エネルギーフォーラム, 2011.07.08.
42. 古山通久, 東日本大震災に伴う電力不足対策, 野村証券 特別企画 (機関投資家向けセミナー), 2011.04.20.
43. 古山通久, 今夏の電力不足に向けての対策提言, 東日本大震災に伴う電力不足対策に関する緊急提言 ―計画停電を最小限に食い止めるために― , 2011.04.18.
44. 古山通久, 燃料電池高性能化・長寿命のための計算化学アプローチ, 第106回触媒討論会, 2010.09.18.
45. 菊池康紀 、梶川裕矢、加藤之貴、窪田光宏、古山通久、鈴木健雄、中垣隆雄、福島康裕、藤岡恵子、松方正彦, 2040年のCO2排出量予測 -骨太のエネルギーロードマップ第2版-, 化学工学会第42回秋季大会, 2010.09.07.
46. 古山通久, 分子論に根差した階層型連成現象シミュレーション ~燃料電池・水素分野を中心とした応用と展望~, 化学工学会第42回秋季大会, 2010.09.06.
47. M. Koyama, Computational Chemistry for Designing Durable Fuel Cell Materials, IUMRS-ICEM2010 (International Union of Materials Research Societies - International Conference on Electronic Materials 2010), 2010.08.24.
48. Michihisa Koyama, How can we understand phenomena in primary particles of carbon black ? (invited), The 4th LANL-AIST/NEDO Workshop, 2009.11.19.
49. 古山通久, 水素科学のための理論手法と水素・燃料電池への応用(invited), 第2回化学工学3支部合同北九州大会, 2009.10.30.
50. 古山通久, 「PEFCの化学劣化」という実践課題に対して計算化学ができること(invited), 水素エネルギー先端技術展セミナー, 2009.10.23.
51. Michihisa Koyama, Computational Chemistry for Fuel Cell Materials Design (keynote), IUPAC International Symposium on Novel Materials and their Synthesis (NMS-V) & 19th International Symposium on Fine Chemistry and Functional Polymers (FCFP-XIX), 2009.10.20.
52. Michihisa Koyama, Durability of Polymer Electrolyte Fuel Cells: Degradation Mechanism of Membrane and Challenges, Research Seminar at National Cheng-kun University, 2009.10.16.
53. 古山通久, 燃料電池多孔質場における複雑現象シミュレーション(invited), 日本機械学会2009年度年次大会 先端技術フォーラム, 2009.09.14.
54. 古山通久, シミュレーション技術を活用したPEFC複雑反応場における現象解明へのアプローチ (invited), 第8回燃料電池基盤技術研究懇話会, 2009.09.03.
55. 古山通久, 三次元多孔質シュミレータの開発と不規則性多孔体への応用(受賞講演), 化学工学会第74年会, 2009.03.20.
56. Michihisa Koyama, Simulation of Mass Transfer in Porous Electrode of Fuel Cells toward Optimization of Electrode Microstructure, International Symposium of Experiment-Integrated Computational Chemistry on Multiscale Fluidics, 2009.01.18.
57. 古山通久, 省エネルギー技術としての燃料電池の技術課題と展望, 平成20 年度山形化学工学懇話会・技術講演会, 2008.11.13.
58. 古山通久, 扇谷 恵, 服部達哉, 福長 博, 鈴木 愛, Riadh Sahnoun, 坪井秀行, 畠山 望, 遠藤 明, 高羽洋充, 久保百司, Carlos A. Del Carpio, 宮本 明, 三次元多孔質シミュレータの開発と応用, 日本コンピュータ化学会2008春季年会, 2008.05.22.
59. M. Koyama, K. Ogiya, T. Hattori, R. Sahnoun, H. Tsuboi, N. Hatakeyama, A. Endou, H. Takaba, M. Kubo, C. A. Del Carpio, A. Miyamoto, Challenge toward Microstructure Optimization of Irregular Porous Materials by Three-dimensional Porous Structure Simulator, 32nd International Conference on Advanced Ceramics & Composites, 2008.01.29.
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 古山通久ほか, 細孔容積評価シミュレータ, 2007.07, [URL].
2. 古山通久ほか, シンタリングシミュレータ, 2007.07, [URL].
3. 古山通久ほか, 三次元多孔質シミュレータ, 2006.04, [URL].
特許出願・取得
特許出願件数  0件
特許登録件数  1件
学会活動
所属学会名
日本機械学会
The Electrochemical Society
化学工学会
電気化学会
日本コンピュータ化学会
応用物理学会
日本トライボロジー学会
触媒学会
日本化学会
学協会役員等への就任
2014.06~2015.12, 日本コンピュータ化学会, 理事.
2013.05~2014.05, 触媒学会 西日本支部, 幹事.
2013.03~2015.03, 化学工学会エネルギー部会, 会計幹事.
2009.06~2013.03, 化学工学会エネルギー部会, 幹事.
2013.04~2015.03, 化学工学会エネルギー部会 燃料電池・電池分科会, 副代表.
2012.10~2014.04, 化学工学会, 戦略企画センター次世代エネルギー社会検​討委員会 委員.
2012.05~2014.04, 電気学会, レジリエントエネルギーシステム協同研究委員会.
2011.04~2012.03, 化学工学会, 戦略企画センター緊急提言委員会委員.
2009.06~2013.03, 化学工学会エネルギー部会 燃料電池・電池分科会, 幹事.
2004.01, 触媒学会 コンピュータの利用研究会, 世話人.
2009.04~2011.03, 化学工学会エネルギー部会, 幹事.
学会・研究会における座長等
2016.01.25~2016.01.28, Energy, Materials, and Nanotechnology (EMN) Meeting on Ceramics 2016, 座長.
2015.11.04~2015.07.05, International Conference on Small Science-2015 , 座長.
2015.09.09~2015.09.11, 化学工学会第47秋季大会, 座長.
2015.03.19~2015.03.21, 化学工学会第80年会, 座長.
2014.09.17~2014.09.19, 化学工学会第46秋季大会, 座長.
2014.03.18~2014.03.20, 化学工学会第79年会, 司会.
2014.02.02~2014.02.05, International Conference on Hydrogen Production-2014, 座長.
2013.10.18~2013.10.19, 日本コンピュータ化学会2013秋季年会, 座長.
2013.09.16~2013.09.18, 化学工学会第45回秋季大会, 座長.
2013.09.04~2013.09.06, International Symposium on Innovative Materials for Processes in Energy Systems 2013 (IMPRES2013), 座長.
2012.10.22~2012.10.24, 第4回マイクロ・ナノ工学シンポジウム, 座長.
2012.09.19~2012.09.21, 化学工学会第44回秋季大会, 座長.
2012.09.19~2012.09.21, 化学工学会第44回秋季大会, 座長.
2012.01.31~2012.01.31, I2CNER Annual Symposium 2012, 座長.
2011.09.14~2011.09.16, 化学工学会第43回秋季大会, 座長.
2011.09.14~2011.09.16, 化学工学会第43回秋季大会, 座長.
2010.11.09~2010.11.11, 第51回電池討論会, 座長.
2010.09.15~2010.09.18, 第106回触媒討論会, 座長.
2010.09.06~2010.09.08, 化学工学会第42回秋季大会, 座長.
2010.09.06~2010.09.08, 化学工学会第42回秋季大会, 座長.
2010.06.21~2010.06.25, 13th International Conference on Theoretical Aspects of Catalysis, 座長.
2009.11.30~2009.12.02, 第50回電池討論会, 座長.
2009.11.12~2009.11.13, 日本コンピュータ化学会2009秋季年会, 座長.
2009.10.23~2009.10.23, 水素エネルギー先端技術展セミナー, 座長.
2009.10.18~2009.10.22, IUPAC 5th International Symposium on Novel Materials and Synthesis (NMS-V) 19th International Symposium on Fine Chemistry and Functional Polymers (FCFP-XIX) 3rd Symposium on Power Sources for Energy Storage and their Key Materials (PS-III), 座長.
2009.09.16~2009.09.18, 化学工学会第41回秋季大会, 座長.
2009.05.21~2009.05.22, 日本コンピュータ化学会2009春季年会, 座長.
2009.01.17~2009.01.18, International Symposium of Experiment-Integrated Computational Chemistry on Multiscale Fluidics, 座長.
2008.11.05~2008.11.07, 第49回電池討論会, 座長.
2008.09.24~2008.09.26, 化学工学会第40回秋季大会, 座長.
2008.05.22~2008.05.23, 日本コンピュータ化学会2008春季年会, 座長.
2008.02.21~2008.02.21, International Workshop on Irregular Porous Materials in Fuel Cells, 座長.
2008.01.27~2008.02.01, 32nd International Conference on Advanced Ceramics & Composites, 座長.
2007.09.13~2007.09.15, 第39回化学工学会秋季大会, 座長.
2007.05.24~2007.05.25, 日本コンピュータ化学会2007春季年会, 座長.
2006.11.27~2006.11.29, 第20回分子シミュレーション討論会, 座長.
2006.09.26~2006.09.29, 第98回触媒討論会, 座長.
2006.09.16~2006.09.18, 第38回化学工学会秋季大会, 座長.
2006.02.21~2006.02.21, 21世紀COEプログラム大分子複雑系未踏化学若手シンポジウム, 座長.
2004.08.29~2004.09.03, 14th International Conference on the Properties of Water and Steam, 座長.
2004.04.02~2004.04.04, 化学工学会 第69年会, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.07.22~2016.07.22, 21st Inamori Frontier Research Seminar “Continuous Catalytic Conversion of Carbon Dioxide to Chemical Fuels and Operando Spectroscopic Investigations” 2016.7.22 , Organizer.
2016.03.19~2016.03.22, 応用物理学会2016春季講演会シンポジウム 「エネルギーマネジメント:小規模システムの事例に学ぶ再生可能エネルギーの導入ポテンシャル」, 世話人.
2016.03.19~2016.03.19, 14th Inamori Frontier Research Symosium “Theoretical Aspects of Heterogeneous Catalysis”, Organizer.
2015.09.13~2015.09.14, SPring-8シンポジウム2015, 実行委員.
2015.06.21~2015.06.22, Japan-Spain Joint Symposium on Heterogeneous Catalysis, オーガナイザー.
2015.03.20~2015.03.20, 化学工学会第80年会 シンポジウムAdvances in Electrical Energy Conversion and Storage, オーガナイザー.
2015.01.23~2015.01.23, 第12回稲盛フロンティア研究講演会「実践的課題への応用に向けた大規模計算技術の可能性」, オーガナイザー.
2014.09.17~2014.09.19, 化学工学会第46回秋季大会 シンポジウム 次代を担う各種電池等のエネルギーデバイスの新展開 -材料・プロセス・システム-, オーガナイザー.
2014.09.09~2014.09.09, 第11回稲盛フロンティア研究講演会, 主催者.
2014.05.29~2014.05.31, Pre-symposium of TOCAT7 in Fukuoka - International Symposium on Recent Advances in Environmental Catalysis -, Organizer.
2014.02.02~2014.02.05, International Conference on Hydrogen Production-2014, Organizing Committee.
2013.12.18~2013.12.18, 平成25年度 触媒学会コンピュータの利用研究会セミナー ~固体高分子形燃料電池のシミュレーション~, 主催.
2013.11.08~2013.11.09, 日本コンピュータ化学会 年会:2013秋季年会, 実行委員長.
2013.09.04~2013.09.06, International Symposium on Innovative Materials for Processes in Energy Systems 2013 (IMPRES2013), General Organizing Committee (Program Committee).
2013.03.11~2013.03.12, International symposium on Simulations and Measurements for electrochemistry in Solid oxide fuel cells 2013 , Organizer.
2012.09.24~2012.09.26, 第110回触媒討論会, 実行委員.
2012.09.19~2011.09.21, 化学工学会第44回秋季大会 シンポジウム 次代を担う各種電池等のエネルギーデバイス -その材料からシステムまで-, オーガナイザー.
2012.07.23~2012.07.23, 電極/触媒反応シミュレーションの最前線(第6回稲盛フロンティア研究センターセミナー), 主催者.
2011.11.08~2011.11.08, 第8回稲盛フロンティア研究講演会, 主催者.
2011.09.15~2011.09.15, 化学工学会第43回秋季大会 シンポジウム 2011年夏以降の電力需給とエネルギ―ビジョン, オーガナイザー.
2011.08.24~2011.08.24, 第7回稲盛フロンティア研究講演会, 主催者.
2011.02.25~2011.02.25, 第2回稲盛フロンティア研究セミナー, オーガナイザー.
2011.01.05~2011.01.05, 第6回稲盛フロンティア研究講演会, 主催者.
2010.09.06~2010.09.08, 化学工学会第42回秋季大会シンポジウム「次世代エネルギーデバイスおよびその関連技術-材料・プロセス・システム-」, オーガナイザー.
2010.07.21~2010.07.21, 第5回稲盛フロンティア研究講演会, 主催者.
2010.06.21~2010.06.25, 13th International Conference on Theoretical Aspects of Catalysis, Organizing Committee Member.
2009.11.12~2009.11.13, 日本コンピュータ化学会2009年秋季年会, 実行委員.
2009.09.16~2009.09.18, 化学工学会第41回秋季大会シンポジウム「次世代エネルギーデバイスおよびその関連技術の革新-材料・プロセス・システム工学的アプローチ-」, オーガナイザー.
2009.08.20~2009.08.20, 骨太のエネルギーロードマップ 特別講演会, オーガナイザー.
2009.01.08~2009.01.08, 第1回稲盛フロンティア研究講演会, 主催者.
2008.02.21~2008.02.21, International Workshop on Irregular Porous Materials in Fuel Cells, Organizer.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2011.12~2012.02, ゼロから見直すエネルギー 節電、創エネからスマートグリッドまで, 監修.
2009.07~2010.10, 「骨太のエネルギーロードマップ」第2版, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2015年度 24      24 
2014年度 19      19 
2013年度 27      32 
2012年度 26      27 
2011年度 13        13 
2010年度 13        13 
2009年度      
2008年度    
2007年度      
2006年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Case Western Reserve University, University of Illinois at Urbana-Champaign, United States of America, 2013.09~2013.09.
成功大学, Taiwan, 2009.10~2009.10.
Chalmers Institute of Technology, Sweden, 2003.08~2003.09.
Ecole Polytechnique Fédérale de Lausanne, Switzerland, 2001.01~2001.01.
Ecole Polytechnique Fédérale de Lausanne, Switzerland, 2000.11~2000.11.
Massachusetts Institute of Technology, United States of America, 2000.01~2000.01.
外国人研究者等の受入れ状況
2016.04, China, 科学技術振興機構.
2014.08~2014.11, Bangladesh, 科学技術振興機構.
2013.10~2014.03, Malaysia, 科学技術振興機構.
2012.04~2013.03, Bangladesh, 科学技術振興機構.
2012.04~2013.03, China, 科学技術振興機構.
2011.12~2013.03, China, 科学技術振興機構.
2011.11~2012.08, Seoul National University, Nepal, 科学技術振興機構.
2011.08~2011.09, University of Sumatera Utara, Indonesia, University of Sumatera Utara.
2011.04~2011.11, China, 民間・財団.
受賞
平成28年度九州大学研究活動表彰, 九州大学, 2016.11.
平成27年度九州大学研究活動表彰, 九州大学, 2015.11.
平成26年度九州大学研究活動表彰, 九州大学, 2014.11.
平成26年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞, 文部科学省, 2014.04.
平成25年度九州大学研究活動表彰, 九州大学, 2013.11.
Best Paper Award, Surface Engineering Technical Committee, The Society of Tribologists and Lubrication Engineers, 2009.07.
平成20年度化学工学会研究奨励賞(實吉雅郎記念賞), 化学工学会, 2009.03.
財団法人 みやぎ産業科学振興基金 第7回研究奨励賞, 財団法人 みやぎ産業科学振興基金, 2006.05.
日本コンピュータ化学会 吉田賞(論文賞), 日本コンピュータ化学会, 2008.05.
電気化学会ポスター賞, 電気化学会, 2008.03.
Award for the Excellent Poster, 2006 Annual Meeting of CBI Society, CBI Society, 2006.07.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2014年度~2017年度, 基盤研究(B), 分担, エネルギー供給に関する萌芽技術のコスト構造分析.
2013年度~2015年度, 基盤研究(B), 分担, 紙の燃料電池の創出 .
2013年度~2015年度, 若手研究(A), 代表, 次世代蓄電技術における界面および多孔体内輸送特性最適化のための基盤構築.
2009年度~2012年度, 若手研究(A), 代表, 多孔質細孔内における反応流動連成現象解明のための大規模シミュレーション手法の開発.
2006年度~2007年度, 若手研究(B), 代表, ヒトにおける薬物主代謝酵素予測のための新規in silico手法の開発.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2015年度~2019年度, 先端的低炭素化技術開発, 分担, 先進ハイブリッドキャパシタ(AdHiCap)に関する研究.
2015年度~2019年度, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省), 分担, 元素間融合を基軸とする物質開発と応用展開(新規固溶型ナノ合金の構造形成・機能発現メカニズムの解明と理論材料設計).
2011年度~2012年度, 先端的低炭素化技術開発(ALCA), 分担, 廃棄物系バイオマスで発電する改質器・燃料電池一体型デバイス.
2011年度~2011年度, 環境研究総合推進費, 分担, 実装可能な技術による我が国の未来エネルギーシステムの構築.
2011年度~2016年度, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省), 代表, 固体酸化物形燃料電池電極の材料・構造革新のためのマルチスケール連成解析基盤
.
2011年度~2016年度, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省), 分担, 元素間融合を基軸とする新物質創製と機能性材料開発:新規固溶型ナノ合金の構造形成・機能発現メカニズムの解明と理論材料設計
.
2008年度~2012年度, 新エネルギー・産業技術総合開発機構/固体酸化物形燃料電池システム要素技術開発, 分担, 耐久性・信頼性向上に関する基礎研究.
2005年度~2007年度, 産業技術研究助成事業 (経済産業省), 代表, 多孔質電極微細構造の理論最適化に基づく固体酸化物燃料電池高性能電極の開発.
2005年度~2006年度, 新エネルギー・産業技術総合開発機構/固体高分子形燃料電池実用化戦略的技術開発/次世代技術開発, 代表, 量子分子動力学法に基づく統合的計算化学手法による高導電性・高耐久性電解質膜の理論設計に関する研究開発.
2007年度~2009年度, 固体高分子形燃料電池実用化戦略的技術開発事業/基礎的・共通的課題に関する技術開発/セル劣化要因の基礎研究とMEA耐久性の解析, 代表, 固体高分子形燃料電池MEA劣化に関するマルチスケール計算化学解析.
寄附金の受入状況
2016年度, 稲盛フロンティア研究センター研究資金.
2015年度, 稲盛フロンティア研究センター研究資金.
2014年度, 稲盛フロンティア研究センター研究資金.
2013年度, 稲盛フロンティア研究センター研究資金.

九大関連コンテンツ