九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
竹下 徹(たけした とおる) データ更新日:2018.06.25

准教授 /  歯学研究院 歯学部門 口腔保健推進学


主な研究テーマ
口腔フローラの口腔および全身に与える影響の解明
キーワード:口腔細菌叢、T-RFLP、16S rRNA遺伝子
2009.04~2009.10.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Takeshita T, Kageyama S, Furuta M, Tsuboi H, Takeuchi K, Shibata Y, Shimazaki Y, Akifusa S, Ninomiya T, Yoshihisa Yamashita, Bacterial diversity in saliva and oral health-related conditions: the Hisayama study, 2016.02.
2. Toru Takeshita, Masaki Yasui, Yukie Shibata, Michiko Furuta, Saeki Yoji, Eshima Nobuoki, Yoshihisa Yamashita, Dental plaque development on a hydroxyapatite disk in young adults observed by using a barcoded pyrosequencing approach, Sci Rep., 2015.01.
3. Takeshita T, Suzuki N, Nakano Y, Yasui M, Yoneda M, Shimazaki Y, Hirofuji T, Yamashita Y , Discrimination of the oral microbiota associated with high hydrogen sulfide and methyl mercaptan production, Sci. Rep., 2, 215, 2012.01.
4. Takeshita T, Yasui M, Tomioka M, Nakano Y, Shimazaki Y, Yamashita Y, Enteral Tube Feeding Alters the Oral Indigenous Microbiota in Elderly Adults, Appl Environ Microbiol, 77, 19, 6739-6745, 2011.09.
5. Takeshita T, Nakano Y, Kumagai T, Yasui M, Kamio N, Shibata Y, Shiota S, Yamashita Y., The ecological proportion of indigenous bacterial populations in saliva is correlated with oral health status., ISME J. , 3(1):65-78, 2009.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Toru Takeshita, Yoshihisa Yamashita, Evaluation of salivary microbiota from an ecological perspectives, J Oral Bioscience, 2012.10.
主要学会発表等
特許出願・取得
特許出願件数  4件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
International Society of Microbial Ecology
歯科基礎医学会
口腔衛生学会
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度      
2016年度      
2015年度      
2014年度      
2013年度      
2012年度    
2010年度      
受賞
日本口腔衛生学会学術賞LION AWARD, 日本口腔衛生学会, 2016.05.
歯科基礎医学会賞, 歯科基礎医学会, 2011.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2017年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 健全プラーク育成アプローチの開発に向けた初期付着菌コンプレックスの統合的理解.
2016年度~2018年度, 基盤研究(B), 代表, 舌苔の病原性評価ガイドラインの策定に向けた基盤マイクロバイオームデータの構築.
2013年度~2016年度, 基盤研究(B), 分担, 半導体シーケンサーによる口腔フローラの網羅的解析結果と健康との関連性の解明.
2013年度~2015年度, 基盤研究(C), 代表, マイクロバイオーム解析による口腔常在フローラの成熟に関わる因子の探索.
2011年度~2012年度, 若手研究(B), 代表, 健康評価の指針となる口腔常在フローラの探索.
2010年度~2013年度, 基盤研究(C), 分担, 口腔癌治療における口腔内細菌叢の解析.
2010年度~2012年度, 基盤研究(B), 分担, 歯周病態とメタボリックシンドロームの相互関連性の解明を目指す後ろ向きコホート研究.
2009年度~2010年度, 若手研究(スタートアップ), 代表, 歯周治療が口腔フローラに与える影響の解明.
寄附金の受入状況
2013年度, 公益財団法人発酵研究所, 平成25年度一般研究助成/乳幼児期における口腔常在フローラの成立過程の解明.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」