九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
藏田 耕作(くらた こうさく) データ更新日:2017.07.27

准教授 /  工学研究院 機械工学部門 熱工学


主な研究テーマ
ラマンイメージングによる氷-生体高分子相互作用の評価と凍結保存性の向上に関する研究
キーワード:ラマンイメージング,凍結損傷,生体高分子
2011.04.
非熱的不可逆エレクトロポレーションを用いた腫瘍組織の除去に関する研究
キーワード:不可逆エレクトロポレーション,電気穿孔,電界分布,温度分布,腫瘍
2011.04.
機械的刺激が間葉系幹細胞の分化・増殖に与える影響
キーワード:間葉系幹細胞,機械的刺激,細胞分化,骨リモデリング
2012.04.
温熱刺激による細胞活性化メカニズムの解明と再生工学への応用
キーワード:温熱刺激,骨芽細胞,骨形成,再生工学
2011.02~2012.03.
骨内の熱伝導と熱的損傷に関する研究
キーワード:熱的損傷,骨,骨細胞,熱伝導,数値解析,骨セメント
2010.04.
骨細胞による疲労亀裂のセンシングと骨リモデリング開始メカニズム
キーワード:骨細胞,破骨細胞,疲労亀裂,細胞分化,リモデリング,細胞間ネットワーク
2009.04~2013.03.
振動刺激を利用した骨の健康維持に関する研究
キーワード:骨粗鬆症,振動刺激,骨リモデリング
2008.04.
流体せん断刺激に対する骨細胞の応答に関する研究
キーワード:骨細胞,破骨細胞,骨芽細胞,機械的刺激,流体せん断
2004.04~2006.03.
伸張刺激が骨系細胞の分化・増殖に与える影響
キーワード:骨細胞,破骨細胞,機械的刺激,伸張刺激
2005.04~2009.03.
定量的伸張負荷に対する骨細胞の力学応答
キーワード:骨細胞,破骨細胞,機械的刺激,伸張刺激
2004.04~2005.03.
非侵襲計測した骨盤傾斜角と腰部疲労との関係
キーワード:生体疲労,骨盤傾斜角,長期着座,非侵襲計測
2006.04~2007.03.
客観的指標を用いた着座時の生体疲労に関する研究
キーワード:生体疲労,バイタルサイン,長期着座
2004.04~2006.03.
マイクロバブルを利用した高密度細胞培養装置の開発
キーワード:マイクロバブル,細胞培養,三次元培養
2004.04~2009.03.
微小重力負荷培養装置の開発と骨細胞の力学応答に関する研究

キーワード:骨細胞,破骨細胞,微小重力
2004.04~2008.03.
骨に対する機械的ダメージが細胞分化に与える影響
キーワード:骨細胞,疲労亀裂,破骨細胞,機械的刺激
2003.04~2004.03.
研究業績
主要著書
1. 馬渡太郎,三浦裕正,藏田耕作,日垣秀彦,岩本幸英, 臨床スポーツ医学 疲労骨折の診断と治療 骨のバイオメカニクス, 文光堂, pp.24-36, 2003.11.
主要原著論文
1. Kosaku Kurata, Seiji Nomura, Hiroshi Takamatsu, Three-dimensional analysis of irreversible electroporation: Estimation of thermal and non-thermal damage, International Journal of Heat and Mass Transfer, 72, 66-74, 2014.05.
2. 野村 征爾, 藏田 耕作, 高松 洋, 生体組織の不可逆エレクトロポレーションと熱的損傷発生のシミュレーション, 生体医工学, 51, 6, 357-365, 2013.12.
3. Kosaku Kurata, Ryo Ueno, Masahiro Matsushita, Takanobu Fukunaga, Hiroshi Takamatsu, Experimental and Analytical Studies on Contact Irreversible Electroporation for Superficial Tumor Treatment, Journal of Biomechanical Science and Engineering, 8, 4, 306-318, 2013.12.
4. Takashi Kono, Yasunori Ayukawa, Yasuko Moriyama, Kosaku Kurata, Hiroshi Takamatsu, Kiyoshi Koyano, The effect of low-magnitude, high-frequency vibration stimuli on the bone healing of rat incisor extraction socket, Journal of Biomechanical Engineering, 134, 9, 091001(6 pages), 2012.09.
5. Kosaku Kurata, Takashi Yoshii, Satoru Uchida, Takanobu Fukunaga, Hiroshi Takamatsu, Visualization of electroporation-induced temperature rise using temperature-sensitive ink, International Journal of Heat and Mass Transfer, 55, 23-24, 7207-7212, 2012.08.
6. Kosaku Kurata, Masahiro Matsushita, Takashi Yoshii, Takanobu Fukunaga, Hiroshi Takamatsu, Effect of Irreversible Electroporation on Three-Dimensional Cell Culture Model, Proceedings of the 34th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 179-182, 2012.08.
7. Tomoki Nakashima, Mikihito Hayashi, Takanobu Fukunaga, Kosaku Kurata, Masatsugu Oh-hora, Jian Q Feng, Lynda F Bonewald, Tatsuhiko Kodama, Anton Wutz, Erwin F Wagner, Josef M Penninger, Hiroshi Takayanagi, Evidence for osteocyte regulation of bone homeostasis through RANKL expression, Nature Medicine, 17, 1231-1234, 2011.11.
8. Kosaku Kurata, Hiroshi Takamatsu, Effect of Hyperthermal Treatment on the Viability of Bone-Derived Cells, Journal of Biomechanical Science and Engineering, 6, 2, 101-113, 2011.04.
9. Hiroshi Takamatsu, Toshiyuki Tanaka, Yusaku Furuya, Satoru Uchida, Kosaku Kurata, Koji Takahashi, Preliminary Study of the Measurement of Thermal Conductivity of Fluids with a Micro-Beam MEMS Sensor, Proceedings of the 9th Asian Thermophysical Properties Conference, 2010.10.
10. Hideshi Miura, Kenta Okawachi, Hyun-Goo Kang, Fujio Tsumori, Kosaku Kurata, Nobuhiro Arimoto, Laser Forming of Ti-6Al-7Nb Alloy Powder Compacts for Medical Devices, Materials Science Forum, Vols. 654-656, pp. 2057-2060, 2010.06.
11. Hideshi Miura, Kenta Okawachi, Hyun-Goo Kang, Fujio Tsumori, Kosaku Kurata, Nobuhiro Arimoto, Laser Forming Technique For Medical Devices of Ti Alloy powders, Proceeding of the 13th International Conference on Metal Forming, pp.1308-1311, 2010.05.
12. S. Imai, T.J. Heino, A. Hienola, K. Kurata, K. B?ki, Y. Matsusue, H.K. V??n?nen, H. Rauvala, Osteocyte-derived HB-GAM (pleiotrophin) is associated with bone formation and mechanical loading, Bone, Vol.44, No.5, pp.785-794, 2009.05.
13. 藏田耕作,福永鷹信,日垣秀彦, 骨細胞と力学応答, 運動・物理療法, Vol.19, No.3, pp.184-191, 2008.12.
14. T. Fukunaga, K. Kurata, J. Matsuda, H. Higaki, Effects of strain magnitude on mechanical responses of three-dimensional gel-embedded osteocytes studied with a novel 10-well elastic chamber, Journal of Biomechanical Science and Engineering, Vol.3, No.1, pp.13-24, 2008.02.
15. K. KURATA, H. TANIGUCHI, T. FUKUNAGA, J. MATSUDA, H. HIGAKI, Development of a compact microbubble generator and its usefulness for three-dimensional osteoblastic cell culture, Journal of Biomechanical Science and Engineering, Vol.2, No.4, pp.166-177, 2007.10.
16. K. KURATA, T. FUKUNAGA, J. MATSUDA, H. HIGAKI, Role of mechanically damaged osteocytes in the initial phase of bone remodeling, International Journal of Fatigue, Vol.29, No.6, pp.1010-1018, 2007.06.
17. 福永鷹信,藏田耕作,松田純平,日垣秀彦, 過度の繰り返し伸張刺激により機械的ダメージを受けた骨細胞が骨髄細胞の分化に与える影響, 日本機械学会論文集C編, Vol.73, No.726, pp.541-554, 2007.02.
18. 松田純平,藏田耕作,福永鷹信,日垣秀彦, 多方向重力負荷による骨細胞の力学応答, バイオメカニズム, Vol.18,pp.189-198, 2006.09.
19. N. TSUKAMOTO, T. MAEDA, H. MIURA, S. JINGUSHI, A. HOSOKAWA, K. HARIMAYA, H. HIGAKI, K. KURATA, Y. IWAMOTO, Repetitive tensile stress to rat caudal vertebrae inducing cartilage formation in the spinal ligaments: a possible role of mechanical stress in the development of ossification of the spinal ligaments, Journal of Neurosurgery Spine, Vol.5, No.3, pp.234-242, 2006.09.
20. K. KURATA, T. J. HEINO, H. HIGAKI, H. K. V__N_NEN, Bone marrow cell differentiation induced by mechanically damaged osteocytes in 3D gel-embedded culture, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.21, No.4, pp.616-625, 2006.04.
21. K. KURATA, H. HIGAKI, H. MIURA, T. MAWATARI, T. MURAKAMI, Y. IWAMOTO, Influences of newly formed woven bone on tissue stresses in rat caudal vertebrae subjected to mechanical loading: A study based on morphological measurement using a micro-CT and computational stress analysis, JSME International Journal, Series C, 45, 2, 558-566, Vol.45, No.2, pp.558-566, 2002.06.
22. 蔵田耕作,日垣秀彦,三浦裕正,村上輝夫,岩本幸英, 機械的刺激に対するラット尾椎の適応リモデリング─マイクロCT計測と三次元応力解析による検討─, 日本臨床バイオメカニクス学会誌, Vol.22, pp.179-183, 2001.10.
23. K. KURATA, T. UEMURA, A. NEMOTO, T. TATEISHI, T. MURAKAMI, H. HIGAKI, H. MIURA, Y. IWAMOTO, Mechanical strain effect on bone resorbing activity and mRNA expressions of marker enzymes in isolated osteoclast culture, Journal of Bone and Mineral Research, 16, 4, 722-730, Vol.16, No.4, pp.722-730, 2001.04.
24. K. KURATA, H. HIGAKI, H. MIURA, T. MURAKAMI, Y. IWAMOTO, Alteration of mechanical properties of remodeling bone adapted to mechanical stimuli, JSME International Journal, Series C, 43, 4, 822-829, Vol.43, No.4, pp.822-829, 2000.12.
25. 蔵田耕作,日垣秀彦,三浦裕正,村上輝夫,岩本幸英, 機械的刺激によるリモデリング過程における骨組織の機械的物性の変化, 日本機械学会論文集A編, Vol.66, No.641, pp.184-190, 2000.01.
26. 蔵田耕作,日垣秀彦,三浦裕正,村上輝夫,岩本幸英, 超微小押込み試験による骨組織の局所的な機械的物性の評価, 日本骨形態計測学会雑誌, Vol.9, No.3, pp.91-96, 1999.12.
27. K. KURATA, H. HIGAKI, H. MIURA, T. MAWATARI, T. MURAKAMI, Y. IWAMOTO, The morphological measurements with a micro CT and the stress analyses of the adaptive remodeling by applied mechanical stimuli in rat caudal vertebrae, JSME International Journal, Series C, 42, 3, 492-500, Vol.42, No.3, pp.492-500, 1999.09.
28. 蔵田耕作,日垣秀彦,村上輝夫,三浦裕正,馬渡太郎,岩本幸英, 機械的刺激に対するラット尾椎の形態リモデリング─マイクロCTによる非侵襲計測とFEM応力解析─, 日本臨床バイオメカニクス学会誌, Vol.19, pp. 219-223, 1998.10.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 藏田耕作,高松洋, 電場・温度場制御による細胞・組織の不可逆エレクトロポレーション, 伝熱, 56(234), pp. 7-16, 2017.01.
2. 藏田 耕作, 微小振動刺激に対する骨と細胞の応答-骨の健康維持に向けてー, 機械の研究, 67(11), pp. 964-967, 2015.11.
3. 藏田耕作, 機械工学年鑑「バイオエンジニアリング,細胞工学・遺伝子工学」, 日本機械学会誌, Vol.112, No.1089, p.620, 2009.08.
4. Guoliang Gu, Kosaku Kurata, Zhi Chen, Kalervo H. Väänänen, Osteocyte: a cellular basis for mechanotransduction in bone, Journal of Biomechanical Science and Engineering, Vol.2, No.4, pp.150-165, 2007.10.
5. 藏田耕作, 生体骨の材料強度維持に関わる疲労き裂の発生, 日本機械学会誌, TOPICS, Vol.107, No.1023, p.119, 2004.02.
主要学会発表等
1. 古野篤史,下河辺久雄,金澤知之進,藏田耕作,高松洋, 腱−骨付着部における傾斜材料特性のラマンイメージング計測, 第29回バイオエンジニアリング講演会, 2017.05.25.
2. 藏田耕作, 微小振動刺激に対する骨細胞の力学応答, 第42回臨床バイオメカニクス学会, 2016.10.08.
3. Kosaku Kurata, Development of a rotary bending device for 3D cell culture, 2nd Bone and Biomaterials Workshop, 2016.08.07.
4. 藏田耕作, 骨細胞の一酸化窒素産生能を向上させる微小振動刺激条件の探索, 第34回日本骨代謝学会学術集会, 2016.07.20.
5. 藏田耕作,佐藤学,福永鷹信,高松洋, 微小表面電極による接触式不可逆エレクトロポレーションの低電圧化に関する研究, 第27回バイオエンジニアリング講演会, 2015.01.10.
6. Kosaku Kurata, Hiroshi Takamatsu, Numerical and Experimental Studies on Irreversible Electroporation for Tumor Treatment, The 4th Japan-Switzerland Workshop on Biomechanics, 2014.09.04.
7. 藏田耕作, 松下純平, 藤野淳市, 福永鷹信, 高松洋, 骨セメントを使用した人工膝関節埋入骨の有限要素モデルによる熱損傷解析, 第34回日本骨形態計測学会, 2014.06.13.
8. 古庄 佑将, 藏田 耕作, 福永 鷹信, 高松 洋, 低温保存が培養骨膜シートの骨形成能に及ぼす影響, 第26回バイオエンジニアリング講演会, 2014.01.11.
9. Kosaku Kurata, Utaka Nagare, Alan Twomey, Takanobu Fukunaga, Alptekin Aksan, Hiroshi Takamatsu, Spectroscopic Quantification of Protein Denaturation in Frozen Albumin Aqueous Solution Using Raman Imaging, IIR Workshop 2013 on Cryoprocessing of Biopharmaceuticals and Biomaterials, 2013.09.04.
10. Kosaku Kurata, Ryo Ueno, Masahiro Matsushita, Takanobu Fukunaga, Hiroshi Takamatsu, Experimental and Analytical Studies on Contact Irreversible Electroporation for Superficial Tumor Treatment, The 7th Asian Pacific Conference on Biomechanics, 2013.08.29.
11. 藏田耕作,秋山真吾,高松洋, 微小振動刺激によるマウス骨内物質輸送の促進効果, 第33回日本骨形態計測学会, 2013.07.05.
12. Kosaku Kurata, Takanobu Fukunaga, Yosuke Kasuga, Hiroshi Takamatsu, Osteoblastic Cell Differentiation from Mouse Pluripotent Cell Line Regulated by Mechanical Stretching, 2nd Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society and the Japanese Society for Bone and Mineral Research, 2013.05.31.
13. Kosaku Kurata, Takanobu Fukunaga, Hiroshi Takamatsu, Prevention of osteoporotic bone loss by whole body vibration, KSME/Bio division Conference, 2013.05.23.
14. 藏田耕作,春日陽介,福永鷹信,高松洋, 力学的伸張刺激の付与による未分化細胞の分化と機能の調節, 第25回バイオエンジニアリング講演会, 2013.01.10.
15. 藏田耕作,高良智尋,内田悟,高松洋, 骨セメント重合熱による骨組織の熱的損傷-1次元解析モデルによる評価, 第25回バイオエンジニアリング講演会, 2013.01.09.
16. 藏田 耕作, 平原豪人, 高松 洋, 微小振動刺激が細胞の骨形成能に与える影響, 日本機械学会材料力学カンファレンスM&M2012, 2012.09.22.
17. Kosaku Kurata, Masahiro Matsushita, Takashi Yoshii, Takanobu Fukunaga, Hiroshi Takamatsu, Effect of Irreversible Electroporation on Three-Dimensional Cell Culture Model, 34th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC 2012), 2012.08.29.
18. 藏田耕作, 骨細胞ネットワークによるリモデリング制御のバイオメカニクス, 第7回愛媛医工連携セミナー, 2012.01.26.
19. 藏田耕作,高松洋, 一定温度加熱に曝された骨構成細胞の熱的耐性, 第48回日本伝熱シンポジウム, 2011.06.02.
20. 藏田耕作, 骨構成細胞の熱的損傷と骨リモデリング, 平成22年度日本伝熱学会九州支部講演会, 2011.03.04.
21. 藏田耕作,高松洋, 一定温度加熱が骨由来細胞の生存に与える影響, 第23回バイオエンジニアリング講演会, 2011.01.08.
22. 藏田耕作,堀川直斗,高松洋, 骨細胞によるリモデリング制御のバイオメカニクス, 第37回日本臨床バイオメカニクス学会, 2010.11.01.
23. 藏田耕作, 微視的構造の観察に基づいた骨の機能的適応現象に関する研究, 第23回九州電子顕微鏡技術研究会, 2010.09.04.
24. 藏田耕作,高松洋, 骨細胞の力学応答と骨リモデリング調節における役割, 第22回日本運動器リハビリテーション学会, 2010.07.10.
25. 藏田耕作,堀川直斗,高松洋, Responses of osteocytic cellular network to mechanical damage mimicking bone fatigue microcrack, 第49回日本生体医工学会大会, 2010.06.26.
26. 古屋悠作,田中利幸,内田悟,藏田耕作,高橋厚史,高松洋, マイクロビームセンサによる流体の熱伝導率測定に関する研究, 第47回日本伝熱シンポジウム, 2010.05.28.
27. 西谷守,大和田知希,内田悟,藏田耕作,高松洋, スタンプ型センサによる固体の熱輸送性質の接触測定に関する研究, 第47回日本伝熱シンポジウム, 2010.05.28.
28. 田中雄樹,内田悟,藏田耕作,神村岳,高松洋, クライオプローブを用いたウシ肝臓のin vivo凍結実験, 第47回日本伝熱シンポジウム, 2010.05.28.
29. 野村征爾,藏田耕作,内田悟,高松洋, エレクトロポレーションを用いた組織の細胞膜電壊療法に関する研究, 第47回日本伝熱シンポジウム, 2010.05.26.
30. 藏田耕作,香田智之,棚瀬光隆,白鳥彰男,高井清誠,日垣秀彦, 振動刺激を与えた骨粗鬆症モデルマウスの骨量および骨形態の変化, 第22回バイオエンジニアリング講演会, 2010.01.10.
31. 藏田耕作,日垣秀彦,高松洋, 切欠き周囲に発生するひずみ分布にさらされた骨細胞ネットワークの力学応答, 第22回バイオエンジニアリング講演会, 2010.01.10.
32. K. Kurata, H. Higaki, Role of osteocytic cellular network in remodeling microdamaged bone matrix, Third Switzerland-Japan Workshop on Biomechanics 2009 (SJB2009), 2009.09.04.
33. 藏田耕作,日垣秀彦, 骨リモデリング開始を決める骨細胞の力学応答, 第19回日本運動器リハビリテーション学会, 2007.07.
34. Kurata K, Fukunaga T, Higaki H, Role of mechanically damaged osteocytes in the initial phase of bone remodeling, 1st International Conference on Mechanics of Biomaterials and Tissues, 2005.12.
特許出願・取得
特許出願件数  1件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
日本伝熱学会
日本人工臓器学会
日本臨床バイオメカニクス学会
日本生体医工学会
International Bone and Mineral Society
日本骨形態計測学会
日本骨代謝学会
日本機械学会
学協会役員等への就任
2017.04~2018.03, 日本機械学会,熱工学部門, 運営委員.
2014.05~2015.04, 日本伝熱学会, 評議員.
2015.04~2017.03, 日本機械学会,熱工学部門, 幹事.
2008.04~2009.03, 日本機械学会,バイオエンジニアリング部門, 運営委員.
2009.04~2010.03, 日本機械学会,バイオエンジニアリング部門, 運営委員.
2010.05~2011.04, 日本伝熱学会, 評議員.
2010.04~2013.03, 日本生体医工学会,バイオメカニクス研究会, 幹事.
2010.04~2011.03, 日本機械学会,バイオエンジニアリング部門, 運営委員.
2009.04~2011.03, 日本機械学会,バイオエンジニアリング部門, 評議員.
2011.05~2013.04, 日本伝熱学会, 評議員.
2011.04~2012.03, 日本生体医工学会,九州支部, 評議員.
2012.04~2013.03, 日本機械学会,熱工学部門, 運営委員.
2012.04~2013.03, 日本生体医工学会,九州支部, 評議員.
2015.04~2016.03, 日本機械学会,熱工学部門, 幹事.
2013.04~2014.03, 日本機械学会,熱工学部門, 運営委員.
2014.04~2015.03, 日本機械学会,熱工学部門, 運営委員.
2013.04~2015.03, 日本機械学会, 高度物理刺激と生体応答に関する研究分科会委員.
学会・研究会における座長等
2016.11.02~2016.11.04, The Fourth International Forum on Heat Transfer (IFHT2016), 座長.
2016.09.11~2016.09.14, 日本機械学会 2016年度年次大会, 座長.
2016.03.13~2016.03.17, The First Pacific-Rim Thermal Engineering Conference (PRTEC2016), 座長.
2012.11.17~2012.11.18, 日本機械学会熱工学コンファレンス2012, 座長.
2012.11.17~2012.11.18, 日本機械学会熱工学コンファレンス2012, オーガナイザー.
2012.09.22~2012.09.24, 日本機械学会材料力学カンファレンスM&M2012, オーガナイザー.
2012.09.13~2010.08.15, The 6th KAIST-Kyushu University Joint Workshop on Frontiers in Mechanical and Aerospace Engineering, オーガナイザー.
2012.05.10~2010.05.12, 第51回日本生体医工学会大会, 座長.
2011.03.04~2011.03.04, 平成22年度日本伝熱学会九州支部講演会, オーガナイザー.
2011.01.08~2011.01.09, 第23回バイオエンジニアリング講演会, 座長.
2010.11.12~2010.11.13, 第21回バイオフロンティア講演会, 座長.
2010.06.25~2010.06.27, 第49回日本生体医工学会大会, 座長.
2010.01.09~2010.01.10, 日本機械学会バイオエンジニアリング部門 第22回バイオエンジニアリング講演会, オーガナイザー.
2010.01.09~2010.01.10, 日本機械学会バイオエンジニアリング部門 第22回バイオエンジニアリング講演会, 座長.
2007.11.05~2007.11.08, Third Asian Pacific Conference on Biomechanics, 座長.
2007.10.06~2007.10.07, 日本機械学会バイオエンジニアリング部門 第18回バイオフロンティア講演会, 座長.
2006.09.18~2006.09.22, 日本機械学会2006年度年次大会, 座長.
2004.09.05~2004.09.09, 日本機械学会2004年度年次大会, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.09.20~2016.09.23, 27th International Symposium on Transport Phenomena, Local Organizing Committee委員.
2016.09.11~2016.09.14, 日本機械学会2016年度年次大会, 実行委員.
2016.11.02~2016.11.04, 第4回国際伝熱フォーラム(IFHT2016), 実行委員.
2016.03.13~2016.03.17, 第1回環太平洋熱工学会議(PRTEC2016), Japanese Scientific Committee委員.
2015.10.02~2015.10.03, 日本機械学会 第26回バイオフロンティア講演会, 実行委員.
2015.06.03~2015.06.05, 日本伝熱学会 第52回日本伝熱シンポジウム, 幹事.
2014.03.04~2014.03.04, 日本機械学会 九州学生会 第45回卒業研究発表講演会, 実行委員.
2011.01.08~2011.01.09, 日本機械学会 第23回バイオエンジニアリング講演会, 実行委員.
2010.11.17~2010.11.19, 日本熱物性学会 第31回日本熱物性シンポジウム, 実行委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2017.04~2018.03, 日本機械学会 Journal of Biomechanical Science and Engineering, 編集委員.
2014.04~2018.03, 日本臨床バイオメカニクス学会, 査読委員.
2014.04~2018.03, 日本伝熱学会論文集 Thermal Science and Engineering, 編集委員.
2013.04~2014.03, 日本臨床バイオメカニクス学会, 査読委員.
2012.04~2013.03, 日本臨床バイオメカニクス学会, 査読委員.
2011.05~2013.04, 日本伝熱学会, 編集委員.
2014.04~2015.03, 日本機械学会, 査読委員.
2011.04~2012.03, 日本機械学会, 査読委員.
2011.04~2012.03, 日本機械学会, 査読委員.
2011.04~2012.03, 日本臨床バイオメカニクス学会, 査読委員.
2008.04~2009.03, 日本機械学会, 査読委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
その他の研究活動
研究活動に関する情報の公開
ホームページ, http://www.mech.kyushu-u.ac.jp/~hmt/HMT_lb.html, 2009.04.
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
University of Turku, Finland, 2016.08~2016.08.
Universitas Sebelas Maret, Indonesia, 2016.10~2016.10.
University of Science and Technology of China, China, 2016.04~2016.04.
Sebelas Maret University, Indonesia, 2015.11~2015.11.
University of Turku, Finland, 2006.04~2006.08.
University of Turku, Finland, 2001.04~2003.03.
受賞
ICR2015 Excellent Poster Presentation Award, The 24th IIR International Congress of Refrigerattion, 2015.08.
2014年度日本機械学会賞(論文), 日本機械学会, 2015.04.
日本伝熱学会賞(学術賞), 日本伝熱学会, 2014.05.
2013 JBSE Papers of the Year Award, 日本機械学会バイオエンジニアリング部門, 2014.03.
第29回日本骨形態計測学会学術奨励賞, 日本骨形態計測学会, 2009.05.
Young Investigator Award, Third Asian Pacific Conference on Biomechanics, 2007.11.
日本機械学会奨励賞(研究), 日本機械学会, 2006.04.
日本機械学会第14回瀬口賞, 日本機械学会, 2006.01.
World Congress Best Paper Prize, 11th World Congress of the International Society for Prosthesis and Orthotics, International Society for Prosthesis and Orthotics, 2004.08.
第18回日本骨形態計測学会学会賞, 日本骨形態計測学会, 1998.06.
第8回バイオエンジニアリング講演会Student Competition賞, 日本機械学会, 1997.07.
日本機械学会畠山賞, 日本機械学会, 1996.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 挑戦的研究(萌芽), 代表, バイオイノベーションマインドを育むオープンソース・バイオ技術教材の開発とその評価.
2014年度~2017年度, 基盤研究(A), 分担, 電場・温度場制御による細胞・組織の接触式不可逆エレクトロポレーション.
2013年度~2014年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 微小電極を用いたマイクロ不可逆エレクトロポレーションの確立と歯周病治療への応用.
2011年度~2012年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, マウスピース型加振装置を用いた微小振動の付与による顎骨増強.
2009年度~2010年度, 若手研究(B), 代表, 骨細胞ネットワークの健全性に着目した骨リモデリング開始機序の解明.
2007年度~2008年度, 若手研究(B), 代表, 骨細胞の三次元培養実験系を用いた骨リモデリング開始メカニズムの解明.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2015年度~2015年度, 平成27年度 豊田理研スカラー, 代表, 新規三次元細胞培養プラットフォームの開発と共有知財化.
2014年度~2014年度, 第46回(2014年度) 内藤記念科学奨励金, 代表, 骨恒常性の維持にかかわる微小振動刺激の作用機序の解明.
2007年度~2007年度, (財)金原一郎記念医学医療振興財団基礎医学医療研究助成金, 代表, 疲労亀裂を標的とした骨リモデリング機序解明のための実験モデルの開発.

九大関連コンテンツ