九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
有信 洋二郎(ありのぶ ようじろう) データ更新日:2019.07.13



主な研究テーマ
肥満細胞・好塩基球の分化
IL-25レセプター発現細胞のアレルギー性炎症における役割の解明
IL-33レセプター発現骨髄球系前駆細胞の役割の解明
Innate lymphoid cellの関節リウマチにおける役割の解明
好塩基球の関節リウマチにおける役割の解明
キーワード:肥満細胞、好塩基球
2007.10~2019.03.
従事しているプロジェクト研究
新規抗体を用いたマウスIL-25レセプター発現細胞の同定・純化
2008.04~2010.03, 代表者:有信 洋二郎, 文部科学省 科学研究費補助金.
研究業績
主要原著論文
1. Tsuzuki H, Arinobu Y, Miyawaki K, Takaki A, Ota S, Ota Y, Mitoma H, Akahoshi M, Mori Y, Iwasaki H, Niiro H, Tsukamoto H, Akashi K, Functional interleukin-33 receptors are expressed in early progenitor stages of allergy-related granulocytes, Immunology, 150, 1, 64-73, 2017.01.
2. Miyawaki K, Arinobu Y, Iwasaki H, Kohno K, Tsuzuki H, Iino T, Shima T, Kikushige Y,Takenaka K, Miyamoto T, Akashi K, CD41 marks the initial myelo-erythroid lineage specification in adult mouse hematopoiesis: redefinition of murine common myeloid progenitor., Stem Cells, 33: 976-987, 2015.03.
3. Cantor AB, Iwasaki H, Arinobu Y, Moran TB, Shigematsu H, Sullivan MR, Akashi K, Orkin SH., Antagonism of FOG-1 and GATA factors in fate choice for the mast cell lineage. , J Exp Med. , 17: 611-624, 2008.03.
4. Arinobu Y, Mizuno S, Chong Y, Shigematsu H, Iino T, Iwasaki H, Graf T, Mayfield R, Chan S, Kastner P, Akashi K. , Reciprocal activation of GATA-1 and PU.1 marks initial specification of hematopoietic stem cells into myeloerythroid and myelolymphoid lineages. , Cell Stem Cell , 1: 416-427, 2007.10.
5. Iwasaki H, Mizuno S, Arinobu Y, Ozawa H, Mori Y, Shigematsu H, Takatsu K, Tenen DG, Akashi K. , The order of expression of transcription factors directs hierarchical specification of hematopoietic lineages. , Genes Dev. , 20: 3010-3021, 2006.11.
6. Arinobu Y, Iwasaki H, Gurish M, Mizuno S, Shigematsu H, Ozawa H, Tenen DG, Austen KF and Akashi K. , Developmental checkpoints of the basopohil/mast cell lineages in adult murine hematopoiesis. , Proc Natl Acad Sci USA. , 10.1073/pnas.0509148102, 102, 50, 18105-18110, 102: 18105-18110, 2005.12.
7. Iwasaki H, Mizuno S, Mayfield R, Shigematsu H, Arinobu Y, Seed B, Gurish MF, Takatsu K, and Akashi K. , Identification of eosinophil lineage-committed progenitors in the murine bone marrow. , J Exp Med. , 10.1084/jem.20050548, 201, 12, 1891-1897, 201: 1891-1897, 2005.06.
8. Arinobu Y, Atamas SP, Otsuka T, Niiro H, Yamaoka K, Mitsuyasu H, Niho Y, Hamasaki N, White B, Izuhara K., Antagonistic effects of an alternative splice variant of human IL-4, IL-4δ2 , on IL-4 activities in human monocytes and B cells. , Cell Immunol. , 10.1006/cimm.1998.1431, 191, 2, 161-167, 191: 161-167, 1999.02.
9. Mitsuyasu H, Izuhara K, Mao XQ, Gao PS, Arinobu Y, Enomoto T, Kawai M, Sasaki S, Dake Y, Hamasaki N, Shirakawa T and Hopkin JM. , Ile50Val variant of IL4R alpha upregulates IgE synthesis and associates with atopic ashma. , Nat Genet. , 10.1038/472, 19, 2, 119-120, 19: 119-120, 1998.06.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 有信 洋二郎、續 啓史、赤司 浩一, アレルギーに関連する骨髄球系前駆細胞は機能的なIL-33受容体を発現する, 臨床免疫・アレルギー科, 2017.03.
2. 有信 洋二郎, 好塩基球の分化, 臨床検査, 2016.08.
3. 有信 洋二郎, 上田 尚靖, 堀内 孝彦, 関節リウマチ治療薬の使い方、使い分け -TNF阻害薬-
, PROFRESS IN MEDICINE, 2013.09.
4. 有信 洋二郎、赤司 浩一, 造血幹細胞からの骨髄球系細胞の分化, アレルギー, 2011.07.
5. 有信 洋二郎、新納 宏昭、堀内 孝彦, Aicardi-Goutieres syndrome(AGS)の遺伝子異常とそのphenotype  -SLEの病因にせまれるか?
, リウマチ科, 2011.04.
6. 有信 洋二郎、赤司 浩一, 好塩基球と肥満細胞の発達, 炎症と免疫, 2010.01.
7. Arinobu Y, Iwasaki H, Akashi K. , Origin of basophils and mast cells., Allergol Int. , 2009.03.
8. 有信 洋二郎、岩崎 浩己、赤司 浩一, 好塩基球の発生・分化, アレルギー・免疫, 2009.02.
9. 岩崎 浩己、有信 洋二郎、赤司 浩一, 好酸球、好塩基球、肥満細胞の発生機構 , Annual Review 血液, 2007.01.
10. 有信 洋二郎、出原 賢治, IL-4のレセプター構造とシグナル伝達, 臨床免疫, 1997.11.
主要学会発表等
1. 續 啓史, 有信 洋二郎, 宮脇 恒太, IL-33 directly induces inflammatory molecule expression in lineage-committted myeloid progenitors and positively regulates eosinophil hematopoiesis in IL-5-dependent manner., 2015 AAAAI meeting, 2015.02.
2. 續 啓史, 有信 洋二郎, 宮脇 恒太, 好酸球前駆細胞におけるIL-25受容体シグナルの役割の解明, 第63回 日本アレルギー学会秋季学術大会, 2013.11.
3. 久本 仁美, 有信 洋二郎, 押領司 大助, 膠原病性肺高血圧症スクリーニングにおける右心カテーテル施行基準策定の試み, 第57回 日本リウマチ学会総会・学術集会, 2013.04.
4. 綾野 雅宏, 有信 洋二郎, 大田 俊一郎, リウマチ性多発筋痛症と関節リウマチの鑑別における肩・手・手指関節超音波の有用性の検討, 第57回 日本リウマチ学会総会・学術集会, 2013.04.
5. 有信 洋二郎, 中山 剛志, 入野 健佑, 骨髄異形成症候群と自己免疫疾患が併発した3症例の検討, 第57回 日本リウマチ学会総会・学術集会, 2013.04.
6. 久本 仁美, 有信 洋二郎, 当科における膠原病性肺高血圧症の治療成績, 第56回 日本リウマチ学会総会・学術集会, 2012.04.
7. 續 啓史, 有信 洋二郎, IL-33受容体を発現する骨髄球系前駆細胞の同定, 第62回 日本アレルギー学会秋季学術大会, 2012.12.
8. 續 啓史、有信 洋二郎、太田 昭一郎、出原 賢治、大田 俊一郎、Jabbazadeh Tabrizi Siamak、井上 靖、新納 宏昭、塚本 浩、堀内 孝彦、赤司 浩一, 好酸球前駆細胞特異的なIL-25受容体発現の意義の解明, 第61回 日本アレルギー学会秋季学術大会, 2011.11.
9. 有信 洋二郎、大田 俊一郎、田中 淳、上田 尚靖、野田 久美子、藤 健太郎、井上 靖、新納 宏昭、塚本 浩、堀内 孝彦、赤司 浩一, IL-25レセプター発現好酸球前駆細胞のアレルギー性炎症における役割, 第55回 日本リウマチ学会総会, 2011.07.
10. 有信 洋二郎、新納 宏昭、相澤 久美子、上田 尚靖、藤 健太郎、押領司 健介、三苫 弘喜、井上 靖、塚本 浩、堀内 孝彦、赤司 浩一, IL-25(IL-17E)レセプターは、骨髄球系前駆細胞に発現する, 第54回 日本リウマチ学会総会・学術集会, 2010.04.
11. 有信 洋二郎、塚本 浩、井上 靖、深田 充敬、上田 尚靖、野田 久美子、藤 健太郎、古川 牧緒、横領司 健介、三苫 弘喜、新納 宏昭、堀内 孝彦、赤司 浩一, 当科における膠原病性肺高血圧症の臨床的検討, 第39回 九州リウマチ学会, 2010.03.
12. Yojiro Arinobu, Shin-ichi Mizuno, Yong Chong, Hirokazu Shigematsu, Tadafumi Iino, Hiromi Iwasaki, Thomas Graf, Robin Mayfield, Susan Chan, Philippe Kastner, Koichi Akashi, Reciprocal activation of GATA-1 and PU.1 marks initial specification of hematopoietic stem cells into myelo-erythroid and myelo-lymphoid lineages., American Society of Hematology, 2007.12.
13. 有信 洋二郎、岩崎 浩己、Michael F. Gurish,水野 晋一、重松 宏和、小澤 秀俊、鄭 湧、Daniel G. Tenen, Frank K. Austen, 赤司 浩一, マウス造血における好塩基球/肥満細胞共通前駆細胞の同定, 日本血液学会、日本臨床血液学会, 2006.10.
14. Yojiro Arinobu, Hiromi Iwasaki, Michael F. Gurish, Shin-ichi Mizuno, Hirokazu Shigematsu, Hidetoshi Ozawa, Daniel G. Tenen, Frank K. Austen, Koichi Akashi, Identification of Bipotent Basophil/Mast Cell Progenitors in Adult Murine Hematopoiesis., American Association of Immunologists, 2006.05.
学会活動
所属学会名
日本内科学会
日本リウマチ学会
日本アレルギー学会
日本免疫学会
学協会役員等への就任
2019.06~2020.05, 日本アレルギー学会, 代議員.
2016.04~2019.03, 日本内科学会九州支部, 幹事.
2010.05~2020.05, 九州リウマチ学会, 運営委員.
2010.04~2020.03, 日本リウマチ学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2011.03.19~2011.03.20, 第41回 九州リウマチ学会, 座長(Chairmanship).
2010.05.13~2010.05.15, 第8回 幹細胞シンポジウム, 事務局.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度      
2018年度      
2017年度      
2016年度      
2015年度      
2013年度      
2012年度      
2011年度      
2010年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Dana-Farber Cancer Institute, UnitedStatesofAmerica, 2003.12~2007.09.
受賞
リウマチ性疾患調査・研究助成, 日本リウマチ財団, 2015.04.
医学研究奨励(臨床), 武田科学振興財団 , 2011.04.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2021年度, 基盤研究(C), 代表, IL-33受容体発現好塩基球の関節リウマチ病態形成における役割の解明.
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 代表, 新規細胞系列ILCsの関節リウマチ発症・進展における役割の解明.
2011年度~2013年度, 基盤研究(C), 代表, 好酸球前駆細胞ステージ特異的IL-25レセプター発現の意義の解明   .
2008年度~2010年度, 基盤研究(C), 代表, 新規抗体を用いたマウスIL-25レセプター発現細胞の同定・純化.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2010年度~2012年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, アレルギー疾患感受性遺伝子であるヒスタミンH1受容体遺伝子の発現抑制作用を持つ天然物を用いる治療戦略.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2015年度~2015年度, 日本リウマチ財団 リウマチ性疾患調査・研究助成, 代表, 新規細胞系列 innate lymphoid cellsの関節リウマチ病態形成における役割の解明.
2013年度~2014年度, アストラゼネカ研究サポート, 代表, IL-33反応性骨髄球系前駆細胞群のアレルギー性炎症における役割.
2011年度~2012年度, 武田科学振興財団 2011年度医学研究奨励(臨床), 代表, 好酸球前駆細胞特異的なIL-25受容体発現の意義の解明.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」