九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
佐々木 玲仁(ささき れいじ) データ更新日:2019.06.26

准教授 /  人間環境学研究院 人間科学部門 臨床心理学


大学院(学府)担当

学部担当

その他の教育研究施設名



ホームページ
就職実績-他大学
就職実績有, 京都文教大学 専任講師(2006.10〜2009.9)
就職実績-民間機関等
就職実績有
取得学位
博士(教育学)
学位取得区分(国外)
なし
専門分野
臨床心理学
外国での教育研究期間(通算)
00ヶ年00ヶ月
活動概要
 現在の研究活動としては,風景構成法の研究,風景構成法を含む描画法全般の研究,心理学研究法の研究,心理療法の機序研究,受刑者の心理の研究を行なっている。風景構成法の研究では,先行研究ではそれぞれの研究者が独立して行なってきた風景構成法の技法としての機序研究を統合する研究に着手している。また,描画法全般の研究に関しては,学外の研究者と研究会(「絵とことば研究会」)を運営し,これまで6回の検討会を開催し描画法の機序についての研究を行なっている。
心理学研究法の研究については,臨床心理学に限定せず心理学全般の研究法の新しい分類法の提案を日本質的心理学会第15回大会で発表を行っている。受刑者の心理の研究は,外部の刑務所と研究協定を結び,受刑者の処遇調査における描画法の読み取りと使用について研究を行なっている。
 学内運営活動については,FD委員,社会連携委員,紀要編集委員等を担当している。2018年度においては教育学部社会連携委員長を務めた。
 社会貢献活動については,2016年より少年鑑別支所において心理技官へのグループスーパービジョンを年3回行なっており,本年度も行う予定である。
 また,私設心理臨床施設で心理臨床活動を行なっている。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」