Kyushu University Academic Staff Educational and Research Activities Database
Researcher information (To researchers) Need Help? How to update
Takahiro Matsumoto Last modified date:2019.06.17

Associate Professor / Chemistry and Biochemistry
Department of Applied Chemistry
Faculty of Engineering


Graduate School
Undergraduate School


E-Mail
Phone
092-802-2823
Fax
092-802-2823
Academic Degree
Doctor (Philosophy in Science)
Field of Specialization
Coordination Chemistry
Research
Research Interests
  • Development of a novel catalyst of organometallic complex in water
    keyword : water・organometal・complex・catalyst
    2009.10~2014.05.
Academic Activities
Papers
1. Matsumoto, Takahiro; Kim, Kyoungmok; Ogo, Seiji, Molecular Catalysis in a Fuel Cell, Angew. Chem., Int. Ed., 10.1002/anie.201104498, 50, 47, 11202-11205, 2011.09, 一般的に燃料電池電極触媒には、枯渇資源で高価な白金触媒が使用されているため、その代替触媒の開発が実用化に向けて不可欠である。本論文では、白金の代替となる分子触媒を開発し、世界で初めて分子触媒を用いた燃料電池、分子燃料電池、の開発に成功した。.
2. Takahiro Matsumoto, Takuma Nagahama, Jaeheung Cho, Takuhiro Hizume, Masatatsu Suzuki, and Seiji Ogo, Preparation and Reactivity of a Nickel Dihydride Complex, Angew. Chem. Int. Ed., 10.1002/anie.201104918, 50, 45, 10578-10560, 2011.09, 水素酸化酵素であるヒドロゲナーゼは、温和な条件下(水中・常温・常圧)で、水素の酸化を触媒する魅力的な酵素である。その酵素1分子単位での水素酸化の触媒効率は、人工触媒である白金よりも優れているため、ヒドロゲナーゼの反応メカニズムの解明は非常に重要である。しかし、その反応メカニズムの鍵となる活性中間体であるジヒドリド錯体は、これまで観測されていなかった。本研究では世界で初めてその活性中間体のモデル錯体の合成・同定に成功した。.
3. Matsumoto, Takahiro; Kabe, Ryota; Nonaka, Kyoshiro; Ando, Tatsuya; Yoon, Ki-Seok; Nakai, Hidetaka; Ogo, Seiji, Model Study of CO Inhibition of [NiFe]hydrogenase, Inorganic Chemistry, 50, 8902-8906, 2011.08.