九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
佐々木 裕之(ささき ひろゆき) データ更新日:2019.06.24



主な研究テーマ
哺乳類のエピゲノミクス
キーワード:エピエジェティクス、ゲノムインプリンティング、小分子RNA
1987.04.
従事しているプロジェクト研究
International Human Epigenome Consortium(国際ヒトエピゲノムコンソーシアム)
2012.10~2018.03, 国際ヒトエピゲノムコンソーシアム
参加国が分担してヒトの1,000種類の細胞のエピゲノムを決定する。1,000種類の細胞には一部疾患由来の細胞や培養細胞なども含まれる.
特別推進研究「多階層オミックスによる卵子の発生能制御分子ネットワークの解明」
2018.04, 代表者:佐々木裕之, 九州大学, 日本学術振興会
多階層オミックス技術を駆使し、受精後のマウスの発生を支える卵子の発生制御プログラムの分子ネットワークを明らかにする。また、機械学習・数理モデリングにより上記の研究を支援・加速するとともに、エピゲノム変化の次世代への伝達を予測可能にする。以って、不妊・流産の原因解明、生殖補助医療技術の改善に貢献する.
革新的先端研究開発支援事業AMEDユニットタイプ「エピゲノム研究に基づく診断・治療へ向けた新技術の創出」「生殖発生にかかわる細胞のエピゲノム解析基盤研究」
2014.04~2018.03, 代表者:佐々木裕之, 九州大学, 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
国際ヒトエピゲノムコンソーシアム(IHEC)に参加し、多くの疾患の克服や再生医療の基盤となる標準エピゲノムの解明を目指す。そのため、生殖発生に関与する胎盤の4種類の細胞、および子宮内膜の3種類の細胞について標準エピゲノムを明らかにし、国際的に活用されるようにする。さらに、明らかにした標準エピゲノムを利用して、各種婦人科疾患の解明や生殖補助医療の改善に貢献する.
新学術領域研究「ゲノムインプリンティングとDNAメチル化のダイナミクスと制御」
2013.07~2018.03, 代表者:佐々木裕之, 九州大学, 日本学術振興会
配偶子形成から受精後の初期発生にかけてエピジェネティック修飾はダイナミックに変化する。本研究では、ダイナミズムと安定制御の相を合わせもち哺乳類の発生に重要なゲノムインプリンティングをモデルとし、配偶子形成過程のインプリント確立機構と受精後の維持機構を明らかにする。また本領域のエピゲノム解析拠点として他メンバーを支援する.
研究業績
主要著書
1. Sasaki, H. & Ishino, F. (eds.), Genomic Imprinting (Special Issue of Cytogenet, Genome Res.), S. Kargar AG, Basel, 2006.12.
2. 佐々木裕之, エピジェネティクス入門-三毛猫の模様はどう決まるのか., 岩波書店, 岩波科学ライブラリー, 2005.05.
3. 佐々木裕之, エピジェネティクス. Springer Reviews シリーズ, シュプリンガー・フェアラーク東京, 2004.04.
主要原著論文
1. Yamashiro, C., Sasaki, K., Yabuta, Y., Kojima, Y., Nakamura, T., Okamoto, I., Yokobayashi, S., Murase, Y., Ishikura, I., Shirane, K., Sasaki, H., Yamamoto, T. & Saitou, M., Generation of human oogonia from induced pluripotent stem cells in vitro., Science , 362, 6412, 356-360, 2018.10.
2. Watanabe, T., Tomizawa, S., Mitsuya, K., Totoki, Y., Yamamoto, Y., Kuramochi-Miyagawa, S., Iida, N., Hoki, Y., Murphy, P.J., Toyoda, A., Gotoh, K., Hiura, H., Arima, T., Fujiyama, A., Sado, T., Shibata, T., Nakano, T., Lin, H., Ichiyanagi, K., Soloway, P.D. & Sasaki, H., Role for piRNAs and non-coding RNA in de novo DNA methylation of the imprinted mouse Rasgrf1 locus., Science , 332, 848-852, 2011.05.
3. Watanabe, T., Totoki, Y., Toyoda, A., Kaneda, M., Kuramochi-Miyagawa, S., Obata, Y., Chiba, H., Kohara, Y., Kono, T., Nakano, T., Surani, M.A., Sakaki, Y. & Sasaki, H., Endogenous siRNAs from naturally formed dsRNAs regulate transcripts in mouse oocytes, Nature , 453, 539-543, 2008.05.
4. Kaneda, M., Okano, M., Hata, K., Sado, T., Tsujimoto, N., Li, E. & Sasaki, H., Essential role for de novo DNA methyltransferase Dnmt3a in paternal and maternal imprinting, Nature , 429, 900-903, 2004.06.
5. Ferguson-Smith, A.C., Sasaki, H., Cattanach, B.M. & Surani, M.A., Parental-origin-specific epigenetic modification of the mouse H19 gene, Nature , 362, 751-755, 1993.04.
6. Sasaki, H., Sakaki, Y., Takagi, Y., Sahashi, I., Takahashi, A., Shinoda, T., Isobe, T., Matsuo, H., Goto, I. & Kuroiwa, Y., Presymptomatic diagnosis of heterozygosity for familial amyloidotic polyneuropathy by recombinant DNA techniques, Lancet , 325, 8420, 100-100, 1985.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Tucci, V., Isles, A., Kelsey, G., Ferguson-Smith, A.C. & The Erice Imprinting Group, Genomic imprinting and physiological processes in mammals., Cell 176(5), 952-965, 2019.02.
2. Stunnenberg, H.G., The International Human Epigenome Consortium & Hirst, M., The International Human Epigenome Consortium: a blueprint for scientific collaboration and discovery, Cell 167, 1145-1149, 2016.11.
3. Sasaki, H. & Matsui, Y., Epigenetic events in mammalian germ-cell development: reprogramming and beyond, Nat. Rev. Genet. 9, 129-140, 2008.02.
主要学会発表等
1. Sasaki, H., Distinct roles of epigenetic regulators in mouse oocytes and somatic cells, 2018 Cold Spring Harbor Laboratory meeting Epigenetics & Chromatin, New York, USA, 2018.09.
2. Sasaki, H., Role of UHRF1 in de novo DNA methylation in oocytes and maintenance methylation in preimplantation embryos, 2018 Cold Spring Harbor Asia Conference on Epigenetics, Chromatin and Transcription, Suzhou, China, 2018.04.
3. Sasaki, H., Switching from post-transcriptional to transcriptional silencing of retrotransposons during male germ-cell development, 2016 Cold Spring Harbor Asia Conference on Epigenetics, Chromatin and Transcription, Suzhou, China, 2016.05.
4. Sasaki, H., Dynamic changes in DNA methylation and gene expression in spermatogonial stem cell differentiation in neonatal mouse testis, 2014 Cold Spring Harbor Asia Conference on Epigenetics, Chromatin and Transcription, Suzhou, China, 2014.05.
5. Sasaki, H., Epigenetic events in mammalian germ-cell development, Gordon Research Conference on Germinal Stem Cell Biology, Hong Kong, China, 2013.07.
学会活動
所属学会名
日本エピジェネティクス研究会
日本人類遺伝学会
日本分子生物学会
日本遺伝学会
日本生殖再生医学会
日本進化学会
学協会役員等への就任
2019.01~2020.12, 日本分子生物学会, 理事.
2015.01~2016.12, 日本分子生物学会, 副理事長.
2007.05, 日本エピジェネティクス研究会, 幹事.
2014.10~2020.09, 日本学術会議, 連携会員.
2014.01~2016.12, 日本分子生物学会, 理事.
2011.01~2014.12, 日本遺伝学会, 評議員.
2010.05~2013.05, 日本エピジェネティクス研究会, 会長.
2007.04, 日本生殖再生医学会, 理事.
2006.01~2019.11, 日本人類遺伝学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.10.10~2018.10.13, 日本人類遺伝学会第63回大会, 座長.
2019.12.03~2019.12.06, 第42回日本分子生物学会年会(2019), 年会長.
2018.04.16~2018.04.20, Cold Spring Harbor Asia Conference on Chromatin, Epigenetics & Transcription, Suzhou, China, 組織委員(Organizer).
2017.11.06~2017.11.08, Japan-France Epigenetics Workshop-2017, Organizer.
2016.05.09~2016.05.13, Cold Spring harbor Asia Conference on Chromatin, Epigenetics &Transcription, 組織委員(Organizer).
2014.04.22~2014.04.22, 2014年日本国際賞(Japan Prize) 学術懇談会, 組織委員長.
2013.09.10~2013.09.10, Fukuoka International Symposium on Genomics & Epigenomics 2013, 主催者.
2010.11.22~2010.11.24, International Symposium on "Epigenome Network, Development and Reprogramming of Germ Cells", Fukuoka, Organizer.
2008.05.09~2008.05.10, 日本エピジェネティクス研究会, 年会長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2005.01~2006.01, Genomic Imprinting (Special Issue of Cytogenet, Genome Res.), S. Kargar AG, Basel, 国際, 編者.
2003.04~2004.04, エピジェネティクス. Springer Reviews シリーズ, シュプリンガー・フェアラーク東京, 国内, 編者.
2007.01, Journal of Human Genetics, 国際, 編集委員.
2008.01, Human Molecular Genetics, 国際, 編集委員.
2000.01~2003.12, Journal of Biochemistry, 国際, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2015年度      
2014年度      
2013年度 11        11 
2012年度      
2012年度      
2011年度
2010年度
2009年度 14  15 
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Wellcome/CRC Institute of Developmental Biology and Cancer Research, UnitedKingdom, 1992.10~1993.03.
AFRC Institute of Animal Physiology and Genetics Research, UnitedKingdom, 1990.04~1992.09.
外国人研究者等の受入れ状況
2015.10~2016.05, 1ヶ月以上, Institute of Molecular Genetics (IGMM) and University of Montpellier, Holland, 学内資金.
2008.04~2012.08, 1ヶ月以上, China, 科学研究費補助金.
受賞
上原賞, 公益財団法人上原記念生命科学財団, 2018.12.
紫綬褒章, 内閣府, 2015.11.
日本遺伝学会木原賞, 日本遺伝学会, 2012.09.
日本人類遺伝学会学会賞, 日本人類遺伝学会, 2009.09.
日本人類遺伝学会奨励賞, 日本人類遺伝学会, 1997.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2022年度, 特別推進研究, 代表, 多階層オミックスによる卵子の発生能制御分子ネットワークの解明.
2018年度~2018年度, 基盤研究(A), 代表, 多階層オミックスによる卵子のDNAメチル化制御分子ネットワークの解明.
2014年度~2016年度, 基盤研究(A), 代表, ICF症候群とエピゲノム制御の分子基盤.
2013年度~2018年度, 新学術領域研究, 代表, ゲノムインプリンティングとDNAメチル化のダイナミクスと制御.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2015年度~2017年度, 革新的先端研究開発支援事業・AMED, 代表, (CREST)生殖発生にかかわる細胞のエピゲノム解析基盤研究.
2012年度~2014年度, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省), 代表, (CREST)生殖発生にかかわる細胞のエピゲノム解析基盤研究.
2001年度~2003年度, 産学官連携イノベーション創出事業費補助金(独創的革新技術開発研究提案公募制度), 代表, 未知の遺伝子の解析を可能とする次世代DNAチップ開発.
寄附金の受入状況
2014年度, 内藤記念科学振興財団, 第43回内藤記念特定研究助成金.
2010年度, 上原記念生命科学財団, 研究助成金.
2008年度, (財)内藤記念科学振興財団, 特定研究助成金.
2006年度, (財)武田科学振興財団, 特定研究助成.
学内資金・基金等への採択状況
2011年度~2013年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(Aタイプ), 代表, ゲノム・エピゲノム研究拠点形成.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」