九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
佐々木 裕之(ささき ひろゆき) データ更新日:2019.06.24



社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
各省庁や産業界からの求めに応じて各種の調査、助言、講演、評価などを行なっている。著作(岩波科学ライブラリー「エピジェネティクス入門」(2005))やマスコミを通した社会への啓蒙活動も積極的に行っている。日本学術会議の連携会員を務めるほか、国際連携活動では、欧州連合のResearch InitiativeであるEpiGeneSys Network of ExcellenceのScience Advisory Board(SAB)や、International Human Epigenome ConsortiumのInternational Science Steering Committee (ISSC)委員も務めている。
国内, 国際政策形成, 及び学術振興等への寄与活動
2017.08~2019.06, 研究助成選考委員, 公益財団法人 遺伝学普及会.

2017.04~2022.03, 武田科学振興財団 選考委員(生命科学研究助成・ライフサイエンス研究奨励), 武田科学振興財団.

2017.04~2019.03, 基礎生物学研究所 運営会議委員, 基礎生物学研究所.

2016.07~2018.06, 徳島大学先端酵素学研究所 運営協議会委員, 徳島大学先端酵素学研究所.

2016.04~2020.03, 北海道大学遺伝子病制御研究所 共同利用・共同研究拠点運営委員会委員及び課題等審査委員会委員, 北海道大学遺伝子病制御研究所.

2016.04~2020.03, 群馬大学生体調節研究所 共同利用・共同研究拠点運営委員会委員、専門委員会委員, 群馬大学生体調節研究所.

2015.04~2016.03, 北海道大学遺伝子病制御研究所 審査委員会委員, 北海道大学遺伝子病制御研究所.

2014.10~2019.09, 日本学術会議・連携会員, 日本学術会議.

2014.04~2014.12, 第19回慶應医学賞審査委員会専門委員, 坂口光洋記念慶應義塾医学振興基金.

2014.04~2015.09, 第40回内藤コンファレンス組織委員, 公益財団法人内藤記念科学振興財団.

2014.04~2015.03, 外部評価委員会委員, 北海道大学遺伝子病制御研究所.

2012.10~2019.03, International Science Steering Committee 運営委員, International Human Epigenome Consortium.

2012.07~2012.07, エピジェネティクスの概要と国際研究体制, 学術研究プロジェクトシンポジウム「ヒトプロテオゲノミクスの現状とロードマップによる推進・エピゲノムとプロテオームの統合によるヒトの生命と病気の解明」.

2007.04~2009.03, ライフサイエンス分野科学技術・研究開発の国際比較2008年版・2009年版のための調査・執筆, 科学技術振興機構.

2011.03~2011.03, ポストゲノムの医薬品開発とエピジェネティクスの新展開, HS レポート No.74
, 財団法人ヒューマンサイエンス振興財団.

2011.01~2016.02, Science Advisory Board 学術顧問, EpiGeneSys Network of Excellence (EC-funded research initiative).

文部科学省, 日本学術振興会等による事業の審査委員等就任状況
2019.04~2021.03, プログラムスーパーバイザー(革新的先端研究開発支援事業「健康・医療の質の向上に向けた早期ライフステージにおける分子生命現象の解明」研究開発領域, 日本医療研究機構.

2018.12~2019.11, 科学研究費補助金における評価に関する委員会, 文部科学省研究振興局.

2018.10~2019.03, 戦略的創造研究推進事業「山中iPS細胞特別プロジェクト」追跡評価委員長, 科学技術振興機構.

2018.04~2020.03, AMEDゲノム医療実現推進プラットフォーム事業 プログラムオフィサー, 日本医療研究開発機構(AMED).

2018.01~2019.12, AMEDゲノム医療研究支援評価委員, 日本医療研究開発機構(AMED).

2017.01~2018.12, AMEDゲノム医療研究支援モニタリング・ボードメンバー, 日本医療研究開発機構(AMED).

2016.11~2018.03, AMEDゲノム医療実現推進プラットフォーム事業 プログラムオフィサー, 日本医療研究開発機構(AMED).

2016.01~2016.12, 科学研究費委員会専門委員,生物系小委員会(基礎生物学), 独立行政法人日本学術振興会.

2015.12~2016.12, 科学研究費補助金における評価に関する委員会の評価者(審査), 文部科学省.

2015.08~2019.03, 革新的先端研究開発支援事業(LEAP)インキュベートタイプ 課題評価委員, 日本医療研究開発機構(AMED).

2015.06~2016.03, (さきがけ)研究領域「エピジェネティクスの制御と生命機能」 領域アドバイザー, 科学技術振興機構.

2015.04~2016.03, 「人工多能性幹細胞(iPS細胞)作製・制御等の医療基盤技術」 領域アドバイザー, 日本医療研究開発機構(AMED).

2015.01~2015.12, 科学研究費委員会専門委員,生物系小委員会(基礎生物学), 日本学術振興会.

2014.01~2015.12, 「人工多能性幹細胞(iPS細胞)作製・制御等の医療基盤技術」 領域アドバイザー, 科学技術振興機構.

2013.12~2014.12, 科学研究費補助金における評価に関する委員会の評価者(審査), 文部科学省.

2013.07~2014.06, 特別研究員等審査会委員, 独立行政法人日本学術振興会.

2013.06~2015.06, (さきがけ)研究領域「エピジェネティクスの制御と生命機能」 領域アドバイザー, 科学技術振興機構.

2012.01~2012.03, 戦略的創造研究推進事業(ERATO)「山中iPS細胞特別プロジェクト」領域事後評価委員, 科学技術振興機構.

2011.12~2012.11, 科学研究費補助金における評価に関する委員会の評価者(審査), 文部科学省.

2010.03~2011.03, イノベーション創出基礎的研究推進事業書類審査専門委員, 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構.

2010.01~2011.12, 科学技術・学術審議会専門委員, 文部科学省.

2009.06, 戦略的創造研究推進事業(さきがけ)研究領域「エピジェネティクスの制御と生命機能」領域アドバイザー, 独立行政法人科学技術振興機構.

2009.01~2010.12, 科学研究費委員会専門委員, 独立行政法人日本学術振興会.

2008.03, 戦略的創造研究推進事業(CREST)研究領域「人工多能性幹細胞(iPS細胞)作製・制御等の医療基盤技術」領域アドバイザー, 独立行政法人科学技術振興機構.

2008.03~2011.03, 「革新的細胞解析研究プログラム(セルイノベーション)」課題選考委員会委員, 文部科学省.

新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2019.03, 各社新聞, 「上原賞受賞」 エピジェネティクス機構の異常に基づく数々の疾患の病因解明や治療法の開発を、世界に先駆けて行った独創的で画期的な業績を挙げたことが評価された。.

2016.09, NHKニュース・読売新聞, 生殖細胞形成におけるDNAメチル化の変化とその調節因子を解明
—不妊の原因解明、治療法開発への応用に期待—.

2015.11, 各社新聞・TV, 「紫綬褒章受章」
分子生物学,遺伝学の分野において,生殖細胞のゲノムインプリンティング現象や,遺伝子発現制御における,DNAメチル化と小分子RNAの重要性を発見する等,哺乳類のエピジェネティクスの制御機構の解明において,パイオニア的な業績を挙げたことが評価された。.

2014.08, 中国新聞網, 中国河北省唐山市にて開催された第10回中国河北省腫瘍学術大会での講演が中国新聞網(web版)に掲載された。
演題: Epigenetics in human health.

2013.05, 日本経済新聞, 遺伝子の働き、環境で変化.

2013.05, BSフジ, ガリレオX.

2011.05, 朝日新聞, リボ核酸分子「発育に必要」.

2011.05, 日経産業新聞, 遺伝子のプログラミング機構 生殖細胞段階で発見.

2011.05, 読売新聞, 受精後の遺伝子の働き 特定RNA分子が作用.

2011.05, 西日本新聞, 刷り込み遺伝に“piRNA”関与.

2009.06, エフエムみしま・かんなみボイスキュー, 遺伝研サイエンスアワー ラジオdeサイエンス.

2008.07, NHK教育, サイエンスZERO.

2004.07, 日本経済新聞, 日曜版サイエンス.

2000.09, 東海テレビ, テレビ博物館.

1997.04, テレビ朝日, たけしの万物創世記.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2019.03, 第236回生命科学フォーラム「エピジェネティクスと細胞の運命と疾患」, 生命科学フォーラム事務局, 日本記者クラブ(日本プレスセンター).

2019.03, 上原賞受賞記念講演「エピジェネティクスと細胞記憶と疾患」, 上原記念生命科学財団, 上原記念生命科学財団ホール.

2017.05, エピジェネティクスと細胞記憶と疾患, ゲノム創薬・医療フォーラム(第7回談話会), 東京大学医科学研究所.

2015.08, 研究紹介、生体防御医学研究所の紹介「エピジェネティクスと生命科学」, 日産化学工業, TKP博多駅シティセンター.

2016.01, 紫綬褒章受章記念講演会, 佐々木裕之先生紫綬褒章受章祝賀会事務局.

2013.05, 細胞の運命をきめる遺伝子スイッチと再生医療, 九州大学, JR九州ホール.

2012.10, エピゲノムが拓く新しい生命科学, 花王 創造活性化委員会講演会, 栃木.

2012.06, 小分子RNAの網羅的シークエンシングで明らかになった新しい遺伝子発現制御, 2012 Illumina NGS User Forum, 東京.

2012.07, バイオインフォマティクス夏の学校(主催:福岡県高等学校生物部会/九州大学大学院システム生命科学府)/父由来か母由来か、それが問題だ...ゲノム刷り込みと哺乳類の発生, 福岡県高等学校生物部会/九州大学大学院システム生命科学府, 九州大学システム生命科学府講義棟.

2004.05, 財団法人日本遺伝学普及会評議員, 財団法人日本遺伝学普及会.

2012.04, BIO tech 2012(第11回国際バイオテクノロジー展/技術会議)アドバイザリーコミッティー, リードエグジビションジャパン(株), 東京ビッグサイト.

2012.03, 第51回サイテックサロン「エピゲノム研究が拓く新しい生命科学」講演・討論, サイエンスフロンティアフォーラム, 駒場ファカルティハウス.

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2018.04~2019.12, 高等研究院長.

2016.10~2019.12, 役員部局長懇談会構成員.

2016.10~2019.12, 経営協議会委員.

2016.10~2019.12, 企画専門委員会委員.

2016.10~2018.09, 適正な研究活動推進委員会委員.

2016.10~2018.09, 学術研究・産学官連携本部副本部長.

2016.10~2019.12, 副学長.

2016.04~2017.03, 副所長.

2016.04~2016.07, 研究不正本調査委員会委員長.

2015.01~2015.04, 研究不正予備調査委員会委員長.

2015.04~2016.09, 学術研究・産学官連携本部副本部長.

2014.04~2016.09, 経営協議会委員.

2015.04~2021.03, 九州大学主幹教授選考委員会委員.

2014.04~2016.03, 人事企画委員会委員.

2014.10~2016.09, 副学長.

2014.10~2016.09, 企画専門委員会委員.

2014.10~2017.03, 適正な研究活動推進委員会委員.

2014.10~2016.09, 埋蔵文化財調査委員会委員.

2013.10~2014.03, 病院地区協議会議長.

2012.04~2016.03, 所長.

2012.04~2014.03, 経営協議会委員.

2012.04~2015.03, 先端イノベーションセンター評議委員会委員.

2012.04~2016.03, 病院地区協議会構成員.

2012.04~2016.03, 財務委員会委員.

2012.04~2014.03, 人員管理委員会委員.

2012.04~2013.03, 情報政策委員会委員.

2012.04~2016.03, 研究戦略委員会委員.

2012.04~2016.09, 役員部局長懇談会構成員.

2012.04~2015.03, 医の倫理に関する協議会議長.

2012.04~2016.09, 研究戦略会議構成員.

2011.04~2012.03, 副所長.

2011.04~2013.03, 百周年記念事業専門委員会.

2011.04~2013.03, 病院地区キャンパス計画策定ワーキンググループ.

2010.04~2012.03, 総合研究博物館運営委員会.

2010.04~2012.03, 国際交流専門委員会.

2010.04~2012.03, G30実施調整委員会.

2010.04~2014.03, ゲノム解析コンソーシアム運営委員会.

2010.09~2012.03, 医の倫理に関する協議会.

2010.09~2012.03, ヒトES細胞の樹立及び使用に関する倫理審査委員会委員長.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」