九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
佐藤 可織(さとう かおり) データ更新日:2019.05.10

助教 /  応用力学研究所 地球環境力学部門 総合理工学府大気海洋環境システム学専攻環境基礎解析学


主な研究テーマ
EarthCARE L2標準アルゴリズムの開発
キーワード:ドップラー雲レーダ、ATLID
2009.04~2020.03.
ミリ波における非球形氷粒子の散乱特性に関する
理論的研究
キーワード:非球形散乱、空隙率
2004.04~2011.04.
衛星ミリ波ドップラーレーダの解析技術開発、雲力学場・雲微物理構造の全球解析
キーワード:衛星搭載能動型センサ,鉛直流,
2006.04~2020.03.
能動型センサにおける多重散乱過程の物理過程モデルの構築
キーワード:多重散乱、非球形性
2011.03~2020.03.
雲内液相・固相共存領域のアクティブ解析
キーワード:混合相
2014.03~2017.04.
従事しているプロジェクト研究
多重散乱ライダ・雲レーダの複合観測システムの構築と全球雲微物理特性解析
2013.04~2017.03, 代表者:岡本創, 九州大学.
次世代型アクティブセンサ搭載衛星の複合解析による雲微物理特性・鉛直流研究
2017.04~2022.03, 代表者:岡本創, 九州大学.
雲エアロゾル放射ミッション(EarthCARE) RA
2010.04~2020.03, 代表者:岡本創, 九州大学, 宇宙航空研究開発機構(JAXA)、欧州宇宙機関(ESA)
Development of level 2 algorithms for CPR, CPR-ATLID and CPR-ATLID-MSI/
日本と欧州が共同で開発を進める地球観測衛星EarthCARE(Earth Clouds, Aerosols and Radiation Explorer)に搭載されるミリ波ドップラーレーダ(CPR)、ライダ(ATLID)及びMSIから雲の微物理特性や力学場情報を抽出する為の高次アルゴリズムの開発を実施。.
EarthCARE Joint Mission Advisory Group(JMAG), Joint Algorithm Development Endeavour (JADE)
2010.04~2020.03, 代表者:H. Okamoto, T.Wehr 他, Kyushu University, 宇宙航空研究開発機構 (JAPAN), 欧州宇宙機関 (EU)
日欧共同の雲エアロゾル放射ミッション(EarthCARE)の設計、アルゴリズム開発に関する国際協議。.
北極域研究推進プロジェクト(ArCS: Arctic Challenge for Sustainability)
2015.09~2020.03, 代表者:小池真, 東京大学
北極域研究推進プロジェクト/国際共同研究推進.
雲微物理構造の時空間分布及び雲の維持機構の解明
2011.04~2014.03, 代表者:佐藤可織, 九州大学
衛星搭載能動型センサによる雲の巨視的構造及び微物理構造の全球解析。.
衛星搭載ライダを用いた下層雲微物理量の全球特性解析
2015.04~2018.03, 代表者:佐藤可織, 九州大学.
CALIPSO/CloudSatサイエンスチーム
2008.04~2015.04, 代表者:H. Okamoto, Kyushu University, ジェット推進研究所(米国)
CloudSat/CALIPSO衛星解析アルゴリズムの開発・提供.
GRENE 北極気候変動研究事業 
2011.07~2016.03, 代表者:浮田 甚郎, 新潟大学
課題:北極温暖化のメカニズムと全球気候への影響:大気プロセスの包括的研究
北極域における地上レーダ・ライダ観測解析/衛星観測解析を実施する。.
研究業績
主要著書
1. 岡本 創, 佐藤 可織, 気象研究ノート 第231号 「人口降雨・降雪研究の最前線」 (編集 村上正隆、藤部文昭、石原正仁)  13.1  地上リモセンシナジー観測による雲物理量の推定, 第231号 239-253, 2015.04.
主要原著論文
1. K. Sato, H. Okamoto, H. Ishimoto, Modeling the depolarization of space-borne lidar signals, Optics Express, doi.org/10.1364/OE.27.00A117, 27(4), A117-A132, 2019.02.
2. K. Sato, H. Okamoto, H. Ishimoto, A physical model for multiple scattered space-borne lidar returns from clouds, Optics Express, doi.org/10.1364/ OE.26.00A301, 2018.03, Development of a physical model for accurate and fast estimates of the time-space dependent multiple-scattered backscattered return for application to global data and further treatment of polarization for the first time..
3. H. Okamoto and K. Sato, Cloud Remote Sensing by Active Sensors: New Perspectives from CloudSat, CALIPSO and EarthCARE, Springer Remote Sensing/Photogrammetry, doi:10.1007/978-3-319 -72583 -3 _ 8, 2018.03.
4. M. Kikuchi, Okamoto H., Sato.K, Y. Hagihara, K. Suzuki, N. Takahashi, G. Cesana, T. Hayasaka, R. Oki, Development of Algorithm for Discriminating Hydrometeor Particle Types with a Synergistic Use of CloudSat and CALIPSO,, Journal of Geophysical Research, 10.1002/2017JD027113, 122, 20, 2017.10.
5. Okamoto H., K. Sato, Development of a multiple-field-of-view multiple-scattering polarization lidar: comparison with cloud radar, OPTICS EXPRESS, 10.1364/OE.24.030053, 24, 26, 30053-30067, 2016.12, Development and evaluation of a new ground-base satellite simulator concept..
6. Illingworth, A., H. Barker, H.Chepfer, J. Delanoe, C. Domenech, D. Donovan, R. Hogan, A. Huenerbein, P. Kollias, T. Nakajima, T. Nakajima, T. Nishizawa, Y. Ohno, H. Okamoto, K. Sato, M. Satoh, U. Wandinger, T. Wehr, G. Zadelhoff, THE EARTHCARE SATELLITE: THE NEXT STEP FORWARD IN GLOBAL MEASUREMENTS OF CLOUDS, AEROSOLS, PRECIPITATION AND RADIATION, Bulletin of the American Meteorological Society, doi: http://dx.doi.org/10.1175/BAMS-D-12-00227, 2015.09.
7. Ishimoto H., K. Okamoto, H. Okamoto, K. Sato, 1D-Var retrieval of middle to upper tropospheric humidity using AIRS radiance data, Journal of Geophysical Research, doi:10.1002/2014JD021706, 2014.05.
8. Kaori Sato, Hajime Okamoto, Refinement of global ice microphysics using spaceborne active sensors, J. Geophys. Res., doi:10.1029/2011JD015885, VOL. 116, D20202, 2011.10.
9. Sato Kaori, Okamoto Hajime, Takemura Toshihiko, Hiroshi Kumagai, Nobuo Sugimoto, Characterization of ice cloud properties obtained by shipborne radar/lidar over the tropical western Pacific Ocean for evaluation of an atmospheric general circulation model, J. Geophys. Res.,, doi:10.1029/2009JD012944, 115, D15203, 2010.08.
10. Sato Kaori, Okamoto Hajime, Masayuki Yamamoto, Shoichiro Fukao, Hiroshi Kumagai, Yuichi Ohno, Hiroaki Horie, Makoto Abo, 95-GHz Doppler radar and lidar synergy for simultaneous ice microphysics and in-cloud vertical air motion retrieval, J. Geophys. Res., doi:10.1029/2008JD010222, 114, D03203, 2009.02.
11. Sato Kaori, Okamoto Hajime, Characterization of Ze and LDR of nonspherical and inhomogeneous ice particles for 95-GHz cloud radar: Its implication to microphysical retrievals, J. Geophys. Res., doi:10.1029/2005JD006959, 111,D22213, 2006.11.
12. Okamoto Hajime, Sato Kaori, Yuichiro Hagihara, Global analysis of ice microphysics from CloudSat and CALIPSO: Incorporation of specular reflection in lidar signals, J. Geophys. Res.,, ,doi:10.1029/2009JD013383, 115, D22209, 2010.11.
13. Okamoto Hajime, Tomoaki Nishiawa, Takemura Toshihiko, Sato Kaori, Hiroshi Kumagai, Yuichi Ohno, Nobuo Sugimoto, Atsushi Shimizu, Ichiro Matsui, Teruyuki Nakajima, Vertical cloud properties in the tropical western Pacific Ocean: Validation of the CCSR/NIES/FRCGC GCM by shipborne radar and lidar, J. Geophys. Res., doi:10.1029/2008JD009812, 113, D24213, 2008.12.
14. Masayuki K. Yamamoto, Yuichi Ohno, Hiroaki Horie, Noriyuki Nishi, Okamoto Hajime, Sato Kaori, Hiroshi Kumagai, Mamoru Yamamoto, Hiroyuki Hashiguchi, Shuichi Mori, Noriko O. Hashiguchi, Hajime Nagata, Shoichiro Fukao, Observation of particle fall velocity in cirriform cloud by VHF and millimeter-wave Doppler radars, J. Geophys. Res, doi:10.1029/2007JD009125, 113,D12210, 2008.06.
15. Andrew J. Heymsfield, Alain Protat, Dominique Bouniol, Richard T. Austin, Robin J. Hogan, Julien Delanoë, Okamoto Hajime, Sato Kaori, Gerd-Jan van Zadelhoff, David P. Donovan, Zhien Wang, Testing IWC retrieval methods using radar and ancillary measurements with in situ data, J. Appl. Meteorol. Climatology, 47, 1, 135-163, 2008.01.
主要学会発表等
1. Sato K., Okamoto H., Katagiri S., Global water cloud microphysics from active sensor synergy toward the EarthCARE mission, JpGU-AGU Joint Meeting, 2017.05.
2. Sato Kaori, Okamoto, Hajime, Space-borne active sensor cloud retrievals and evaluation by ground-based MFMSPL measurements, AGU fall meeting, 2015.12.
3. Sato Kaori, Okamoto Hajime, Hiroshi Ishimoto, Modeling lidar multiple scattering, The 27th International Laser Radar Conference, 2015.07.
4. K. Sato, Updated treatment for warm cloud microphysics: Its foundation and application, AOGS 11th Annual Meeting , 2014.07.
5. K. Sato, Retrieval performance of arctic cloud microphysics from Spaceborne active sensors, GRENE-AWI WS on Atmosphere Research 2014, 2014.10.
6. Sato Kaori, EarthCARE level 2 algorithms for CPR, ATLID; Development and Issues, CloudSat、CALIPSO、EarthCARE Joint Workshop, 2012.06.
7. Sato, K. and H. Okamoto, Characterization of cloud microphysical processes from analysis of active satellite sensors with an improved retrieval scheme, CALIPSO-CloudSat Science Team meeting, 2011.06.
8. Sato, K., H. Okamoto, T. Takemura, Observation and model study of cloud microphysics and weather regime classification, AMS13th Conference on Cloud Physics/13th Conference on Atmospheric Radiation, 2010.06.
作品・ソフトウェア・データベース等
1. K. Sato, H. Okamoto, EarthCARE L2 standard algorithm, 2011.10.
学会活動
所属学会名
アメリカ地球物理学連合
日本気象学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2014.10.21~2014.10.23, 日本気象学会, 座長(Chairmanship).
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
2017年度      
2012年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Politehnica, University of Bucharest, Romania, 2017.06~2017.06.
Columbia University, UnitedStatesofAmerica, 2017.06~2017.06.
European Space Agency, ESTEC, Netherlands, 2017.06~2017.06.
l'Institut National d'optique, Canada, 2016.11~2016.11.
European Space Agency, ESTEC, Netherlands, 2016.06~2016.06.
University of Auckland, NewZealand, 2016.04~2016.04.
European Space Agency, ESTEC, Netherlands, 2015.04~2015.04.
European Space Agency, ESTEC, Netherlands, 2013.07~2013.07.
Freie Universität Berlin, Germany, 2012.08~2012.08.
Institut of Oceanografique, France, 2012.06~2012.06.
McGill University, Canada, 2011.06~2011.06.
European Space Agency, ESTEC , Netherlands, 2009.12~2009.12.
The City College of New York, UnitedStatesofAmerica, 2009.02~2009.03.
The University of Utah, Colorado State University, UnitedStatesofAmerica, 2008.03~2008.03.
European Space Agency, ESTEC, Netherlands, 2008.05~2008.06.
Texas A&M University , UnitedStatesofAmerica, 2007.02~2007.02.
受賞
黒田チカ賞, 東北大学大学院理学研究科, 2009.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2021年度, 基盤研究(S), 分担, 次世代型アクティブセンサ搭載衛星の複合解析による雲微物理特性・鉛直流研究.
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, 衛星搭載アクティブセンサによる多重散乱を考慮した雲・降水システムの解明.
2017年度~2017年度, 基盤研究(A), 分担, 全球雲・エアロゾル微物理特性解明のための次世代型アクティブセンサシステム.
2015年度~2017年度, 若手研究(B), 代表, 衛星搭載ライダを用いた下層雲微物理量の全球特性解析.
2013年度~2016年度, 基盤研究(A), 分担, 多重散乱ライダ・雲レーダの複合観測システムの構築と全球雲微物理特性解析.
2011年度~2013年度, 若手研究(B), 代表, 雲微物理構造の時空間分布及び雲の維持機構の解明.
2011年度~2013年度, 基盤研究(B), 連携, 衛星搭載アクティブセンサーによる雲微物理特性導出とその生成機構の解明.
2009年度~2009年度, 特別研究員奨励費, 代表, 衛星搭載レーダ・ライダを用いた雲微物理特性及び鉛直流に関する研究.
2006年度~2008年度, 特別研究員奨励費, 代表, 能動型測器を用いた氷晶雲の巨視的構造 と微物理特性の関係解明に関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2017年度~2017年度, JAXA受託研究, 分担, EarthCAREのCPR単体、CPR-ATLID複合、CPR-ATLID-MSI複合高次アルゴリズムの開発(その3).
2016年度~2016年度, JAXA受託研究, 分担, EarthCAREのCPR単体、CPR-ATLID複合、CPR-ATLID-MSI複合高次アルゴリズムの開発(その2).
2015年度~2015年度, JAXA受託研究, 分担, EarthCAREのCPR単体、CPR-ATLID複合、CPR-ATLID-MSI複合高次アルゴリズムの開発 (その1).
2015年度~2020年度, 北極域研究推進プロジェクト[環境技術等研究開発推進事業費補助金]ArCSプロジェクト, 国立極地研究所, 分担, 北極気候に関わるBC等エアロゾルの動態・発生源と放射影響.
2012年度~2015年度, 雲エアロゾル放射ミッション(EARTHCARE) RA 宇宙航空研究開発機構, 分担, Development of level 2 algorithms for CPR, CPR-ATLID and CPR-ATLID-MSI..
2011年度~2015年度, "Green Network of Excellence" Program (GRENE Program) 国立極地研究所, 連携, Arctic Climate Change Research Project ‘Rapid Change of the Arctic Climate System and its Global Influences’.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2011.04~2012.03, 分担, EarthCARE/CPRを用いた高次プロダクト導出アルゴリズム開発およびCPRとATLIDを用いた高次複合プロダクト導出アルゴリズム開発.
2010.05~2011.03, 分担, EarthCARE/CPRアルゴリズム開発およびCPR/ATLID複合アルゴリズムの開発.
学内資金・基金等への採択状況
2014年度~2014年度, 応用力学研究所共同利用研究、一般研究, 連携, 複合雲解析アルゴリズムのための衛星赤外サウンダを使った水蒸気プロファイル解析手法の開発.
2014年度~2014年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト, 代表, 雲内液相・固相共存領域に適用可能なアクティブセンサ複合解析技術の開発.
2012年度~2012年度, 応用力学研究所共同利用研究、一般研究, 連携, 全球気候モデルとアクティブセンサ搭載衛星計測データを用いた雲‐放射‐力学相互作用過程の研究(Study on cloud-radiation-dynamics feedback processes using a global climate model and satellite data).
2012年度~2014年度, 応用力学研究所共同利用研究、一般研究, 連携, 地上ライダーネットワークおよび衛星搭載ライダデータを用いたエアロゾル光学特性の時間空間変動研究 (Study on spatial and temporal variation of aerosol optical properties using ground-based lidar network data and space-borne lidar data).
2012年度~2014年度, 応用力学研究所共同利用研究、特定研究, 連携, ウィンドプロファイラの鉛直流測定を活用した雲・降水の定量的測定 (Quantitative retrieval of cloud and precipitation properties using vertical wind profiles measured by wind profiler radars).
2010年度~2010年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト, 代表, 雲・エアロゾル衛星による全球雲微物理特性と雲内力学場に関する研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」