九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
鵜林 尚靖(うばやし なおやす) データ更新日:2018.06.04

教授 /  システム情報科学研究院 情報知能工学部門 高度ソフトウェア工学


主な研究テーマ
ソフトウェア工学, プログラミング言語
キーワード:高信頼ソフトウェア開発技術,ソフトウェア工学,ソフトウェアアーキテクチャ,ソフトウェアテスト,形式手法・形式検証,プログラミング言語機構,モジュール化機構
2003.10.
従事しているプロジェクト研究
CREST「ポストペタスケール高性能計算に資するシステムソフトウェア技術の創出」(ポストペタスケール時代のスーパーコンピューティング向けソフトウェア開発環境)
2011.10~2017.03, 代表者:千葉 滋, 東京大学, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省).
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Yasutaka Kamei, Takafumi Fukushima, Shane McIntosh, Kazuhiro Yamashita, Naoyasu Ubayashi, Ahmed E. Hassan, Studying just-in-time defect prediction using cross-project models, Empirical Software Engineering, 21, 5, 2072-2106, 2016.10.
2. Junji Shimagaki, Yasutaka Kamei, Shane McIntosh, David Pursehouse, Naoyasu Ubayashi, Why are Commits being Reverted? A Comparative Study of Industrial and Open Source Projects, 32nd IEEE International Conference on Software Maintenance and Evolution (ICSME 2016), 301-311, 2016.10.
3. Keisuke Miura, Shane McIntosh, Yasutaka Kamei, Ahmed E. Hassan, Naoyasu Ubayashi, The Impact of Task Granularity on Co-evolution Analyses, 10th ACM/IEEE International Symposium on Empirical Software Engineering and Measurement (ESEM 2016), 47:1-47:10, 2016.09.
4. Junji Shimagaki, Yasutaka Kamei, Shane McIntosh, Ahmed E. Hassan, Naoyasu Ubayashi, A Study of the Quality-Impacting Practices of Modern Code Review at Sony Mobile, 38th International Conference on Software Engineering (ICSE 2016), Software Engineering in Practic (SEIP) Track, 212-221, ICSE (Companion Volume) , 2016.05.
5. Naoyasu Ubayashi, Di Ai, Peiyuan Li, Yu Ning Li, Shintaro Hosoai, Yasutaka Kamei, Abstraction-aware Verifying Compiler for Yet Another MDD, 29th International Conference on Automated Software Engineering (ASE 2014), 557-562, 2014.09.
6. Naoyasu Ubayashi, Shin Nakajima, Masayuki Hirayama, Context-dependent Product Line Engineering with Lightweight Formal Approaches (SPLC 2010 Revised Selected Paper), Science of Computer Programming, 2331-2346, 78(12), 2013.12, This paper proposes a new style of product line engineering methods. It focuses on constructing embedded systems that take into account the contexts such as the external physical environments. In current product line development projects, Feature Analysis is mainly conducted from the viewpoint of system configurations: how hardware and software components are configured to constitute a system. In most cases, contexts are not considered explicitly. As a result, unexpected and unfavorable behavior might emerge in a system if a developer does not recognize any possible conflicting combinations between the system and contexts. To deal with this problem, this paper provides the notion of a context-dependent product line, which is composed of the system and context lines. The former is obtained by analyzing a family of systems. The latter is obtained by analyzing features of contexts associated to the systems. The system and context lines contain reusable core assets. The configuration of selected system components and contexts can be formally checked at the specification level. In this paper, we show a development process that includes the creation of both product line assets as well as context assets.
.
7. Yasutaka Kamei, Emad Shihab, Bram Adams, Ahmed E. Hassan, Audris Mockus, Anand Sinha, Naoyasu Ubayashi, A Large-Scale Empirical Study of Just-In-Time Quality Assurance, IEEE Transactions on Software Engineering, 39, 6, 757-773, 2013.06.
8. Naoyasu Ubayashi, Yasutaka Kamei, Masayuki Hirayama, and Tetsuo Tamai, A Context Analysis Method for Embedded Systems ---Exploring a Requirement Boundary between a System and Its Context, 19th IEEE International Requirements Engineering Conference (RE 2011), pp.143-152, 2011.08, 高信頼な組み込みシステムを開発するには,システムに求められる機能だけでなく,それが動作する環境 (外部環境) についても要求分析を行う必要がある.しかし,考慮すべき外部環境は一般的に広範囲にわたるため,アドホック的な分析ではフレーム問題に陥ってしまう.本論文では,ガイドワードを用いて要求境界を決定する方法を提案している.更に,形式仕様記述言語 VDM とその支援ツールを用いて要求境界の妥当性を検査する方法,外部環境モデルから要求境界を考慮した設計モデルを自動生成する方法を提示している..
9. Naoyasu Ubayashi, Jun Nomura, and Tetsuo Tamai, Archface: A Contract Place Where Architectural Design and Code Meet Together, 32nd ACM/IEEE International Conference on Software Engineering (ICSE 2010), pp.75-84, 2010.05, ソフトウェアアーキテクチャに関する研究は,ソフトウェア工学において重要な研究分野の一つである.本論文では,アーキテクチャ設計とその実装の間の溝を埋めるためのインタ
フェース機構 Archface を提案している.Archface を導入することにより,アーキテクチャ設計の本質をインタフェース内にカプセル化することが可能になる.Archface は Component-and-Connector アーキテクチャを記述支援の対象とし,プログラムの実装に際してはインタフェース中に記述されたアーキテクチャ制約に従うことをプログラマに強制する.そのため,設計の意図を正しく実装に反映できる..
10. Naoyasu Ubayashi, Genya Otsubo, Kazuhide Noda, and Jun Yoshida, An Extensible Aspect-oriented Modeling Environment, 21st International Conference on Advanced Information Systems (CAiSE 2009), 2009.06.
11. Naoyasu Ubayashi, Akihiro Sakai, and Tetsuo Tamai, An Aspect-oriented Weaving Mechanism Based on Component and Connector Architecture, 22nd IEEE/ACM International Conference on Automated Software Engineering (ASE 2007), 2007.11.
12. Naoyasu Ubayashi, Genki Moriyama, Hidehiko Masuhara, and Tetsuo Tamai, A Parameterized Interpreter for Modeling Different AOP Mechanisms, 20th IEEE/ACM International Conference on Automated Software Engineering (ASE 2005), 2005.11.
13. Tetsuo Tamai, Naoyasu Ubayashi, and Ryoichi Ichiyama, An Adaptive Object Model with Dynamic Role Binding, 27th IEEE/ACM International Conference on Software Engineering (ICSE 2005), 2005.05.
14. Kouhei Sakurai, Hidehiko Masuhara, Naoyasu Ubayashi, Saeko Matsuura, and Seiichi Komiya, Association Aspects, 3rd International Conference on Aspect-Oriented Software Development (AOSD 2004), 2004.03.
15. Naoyasu Ubayashi and Tetsuo Tamai, Aspect-Oriented Programming with Model Checking, 1st International Conference on Aspect-Oriented Software Development (AOSD 2002), 2002.04.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 肥後 芳樹, 鵜林 尚靖, ソフトウェア工学の最前線 ~ソフトウェアが社会のすべてを定義する時代~:自動プログラミング,自動バグ修正への夢, 情報処理, 2017.08.
2. 紫合 治, 鵜林 尚靖, 丸山 勝久, 青山 幹雄, 野田 夏子, ソフトウェア工学の最前線 ~ソフトウェアが社会のすべてを定義する時代~:ソフトウェア工学の過去,現在,未来, 情報処理, 2017.08.
3. 鵜林 尚靖, 丸山 勝久, 青山 幹雄, 野田 夏子, ソフトウェア工学の最前線 ~ソフトウェアが社会のすべてを定義する時代~:編集にあたって, 情報処理, 2017.08, 情報処理学会誌2017年8月号にて、特集「ソフトウェア工学の最前線〜ソフトウェアが社会のすべてを定義する時代〜」のエディタを務めた。ソフトウェア工学研究会の主査として、ソフトウェア工学研究会発足40周年を記念して組んだ特集である。ソフトウェア工学研究会が設立されてから2017で40周年になる(1977年に研究会が発足)。この機会に日本におけるソフトウェア工学研究の歴史を振り返ると共に、新しい時代のソフトウェア工学に期待される技術や夢について考えることを狙いとした。特集号では、ソフトウェア工学の最前線について、先達から若手研究者に至るまで幅広く執筆していただいた。記事の大半が、新進気鋭の若手研究者とトップ研究者との共著という形を取っている。これからの未来を担う若手とこれまでソフトウェア工学の研究に多大な貢献をしてきたベテランとの合作で、ソフトウェア工学の過去、現在、未来について大いに語っていただこうという趣旨である。本特集は、対談、エッセイ、技術解説の三部構成になっている。技術解説には「未来に向かって」という共通タイトルが付けられている。.
作品・ソフトウェア・データベース等
1. Naoyasu Ubayashi, Takuya Fukamachi, Syunya Nakamura, Keisuke Watanabe, Takuya Watanabe
, iArch-U, 2016.12, [URL], Integrated Development Environment (IDE) for Uncertainty-Aware Software Development.
学会活動
所属学会名
ACM (SIGSOFT, SIGPLAN)
IEEE-CS
日本ソフトウェア科学会
情報処理学会
電子情報通信学会
学協会役員等への就任
2017.10~2022.03, 文科省 成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成 enPiT-Pro, 運営委員.
2016.10~2021.03, 文科省 成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成 第2期 enPiT, 運営委員.
2016.05~2017.03, 日本ソフトウェア科学会 実践的IT教育研究会 (rePiT), 主査.
2015.06, 情報処理学会, フェロー.
2013.04~2017.03, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会, 主査.
2012.10~2017.03, 文科省 分野・地域を超えた実践的情報教育恊働ネットワーク enPiT, 幹事.
2011.04~2013.03, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会, 幹事.
2010.04~2016.03, 電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会, 運営委員.
2010.04, 九州組込みソフトウェアコンソーシアム (QUEST), 理事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.03.14~2019.03.16, 情報処理学会 第81回全国大会, プログラム委員長.
2019.02.20~2019.02.22, 7th International Conference on Model-Driven Engineering and Software Development (MODELSWARD 2019), プログラム委員.
2019.01.08~2019.01.11, 31th IEEE Conference on Software Engineering Education and Training (CSEE&T in conjunction with the Hawaii International Conference on Systems Science (HICSS-52)), プログラム委員.
2018.12.04~2018.12.07, 25th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2018), General Co-Chair.
2018.11.15~2018.11.17, 日本ソフトウェア科学会 第24回ソフトウェア工学の基礎ワークショッ プ FOSE2018, プログラム委員.
2018.09.23~2018.09.24, 18th IEEE International Working Conference on Source Code Analysis and Manipulation (SCAM 2018), プログラム委員.
2018.09.05~2018.09.07, 情報処理学会ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム SES2018, プログラム委員.
2018.07.23~2018.07.27, 42nd IEEE International Conference on Computers, Software & Applications (COMPSAC 2018), Software Engineering Technology and Applications (SETA) Symposium, プログラム委員.
2018.07.16~2018.07.16, 10th International Workshop on Context-Oriented Programming (COP 2018), プログラム委員.
2018.01.22~2018.01.24, 6th International Conference on Model-Driven Engineering and Software Development (MODELSWARD 2018), プログラム委員.
2017.11.23~2017.11.25, 日本ソフトウェア科学会 第23回ソフトウェア工学の基礎ワークショッ プ FOSE2017, プログラム委員.
2017.11.07~2017.11.09, 30th IEEE Conference on Software Engineering Education and Training (CSEE&T 2017), プログラム委員.
2017.11.05~2017.11.08, The 22nd International Conference on Engineering of Complex Computer Systems (ICECCS 2017), Publicity Co-Chair.
2017.11.05~2017.11.08, The 22nd International Conference on Engineering of Complex Computer Systems (ICECCS 2017), プログラム委員.
2017.09.17~2017.09.18, 17th IEEE International Working Conference on Source Code Analysis and Manipulation (SCAM 2017), プログラム委員.
2017.08.30~2017.09.01, 情報処理学会ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム SES2017, プログラム委員.
2017.02.19~2017.02.21, 5th International Conference on Model-Driven Engineering and Software Development (MODELSWARD 2017), プログラム委員.
2017.01.26~2017.01.26, 第3回 実践的IT教育シンポジウム rePiT 2017, シンポジウム共同委員長.
2016.12.01~2016.12.03, 日本ソフトウェア科学会 第23回ソフトウェア工学の基礎ワークショッ プ FOSE2016, プログラム委員.
2016.11.10~2016.11.12, 3rd Asia-Pacific Requirements Engineering Symposium (APRES 2016), General Co-Chairs.
2016.10.30~2016.11.04, 16th Workshop on Domain-Specific Modeling (DSM 2016), プログラム委員.
2016.09.18~2016.09.18, 8th Asia-Pacific Symposium on Internetware (Internetware 2016), プログラム委員.
2016.08.31~2016.09.02, 情報処理学会ソフトウェアエンジニアリングシンポジウムSES2016, プログラム委員.
2016.02.19~2016.02.21, 4th International Conference on Model-Driven Engineering and Software Development (MODELSWARD 2016), プログラム委員.
2015.11.26~2015.11.28, 日本ソフトウェア科学会 第22回ソフトウェア工学の基礎ワークショッ プ FOSE2015, プログラム委員.
2015.10.25~2015.10.30, 15th Workshop on Domain-Specific Modeling (DSM 2015) , プログラム委員.
2015.09.07~2015.09.09, 情報処理学会ソフトウェアエンジニアリングシンポジウムSES2015, プログラム委員.
2015.07.05~2015.07.05, 7th International Workshop on Context-Oriented Programming (COP 2015), プログラム委員.
2015.02.09~2015.02.11, 3rd International Conference on Model-Driven Engineering and Software Development (MODELSWARD 2015), プログラム委員.
2014.10.21~2014.10.21, 14th Workshop on Domain-Specific Modeling (DSM 2014) , プログラム委員.
2014.12.11~2014.12.13, 日本ソフトウェア科学会 第21回ソフトウェア工学の基礎ワークショッ プ FOSE2014, プログラム委員.
2014.09.01~2014.09.03, 情報処理学会ソフトウェアエンジニアリングシンポジウムSES2014, プログラム委員.
2013.11.28~2013.11.30, 日本ソフトウェア科学会 第20回ソフトウェア工学の基礎ワークショッ プ FOSE2013, プログラム委員.
2014.01.07~2014.01.09, 2nd International Conference on Model-Driven Engineering and Software Development (MODELSWARD 2014), プログラム委員.
2013.10~2013.10, 13th Workshop on Domain-Specific Modeling (DSM 2013) , プログラム委員.
2013.09.09~2013.09.11, 情報処理学会ソフトウェアエンジニアリングシンポジウムSES2013, プログラム委員.
2013.07.03~2013.07.07, Model Driven Development for Systems Design: Techniques, Tools and Methodologies (MDDSD 2013), プログラム委員.
2013.03.24~2013.03.29, MODULARITY: aosd 2013, Organizing co-chairs.
2013.02.19~2013.02.21, 1st International Conference on Model-Driven Engineering and Software Development (MODELSWARD 2013), プログラム委員.
2012.12.13~2012.12.15, 日本ソフトウェア科学会 第19回ソフトウェア工学の基礎ワークショッ プ FOSE2012, プログラム委員長.
2012.08.27~2012.08.27, UML&FM 2012 (5th International workshop UML and Formal Methods), プログラム委員.
2012.08.27~2012.08.29, 情報処理学会ソフトウェアエンジニアリングシンポジウムSES2012, プログラム委員.
2012.05.28~2012.06.01, 50th International Conference on Objects, Models, Components and Patterns (TOOLS Europe 2012), プログラム委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2017.03~2018.02, 日本ソフトウェア科学会誌 「コンピュータソフトウェア」 特集「実践的IT教育」(第2回), 国内, 編集委員長.
2017.02~2017.12, 情報処理学会論文誌「ソフトウェア工学」特集号(2017年度), 国内, 編集委員.
2016.12~2017.08, 情報処理学会誌 「情報処理」 特集「ソフトウェア工学の最前線」, 国内, 編集委員長.
2016.05~2017.02, 日本ソフトウェア科学会誌 「コンピュータソフトウェア」 特集「実践的IT教育」(第1回), 国内, 編集委員長.
2016.02~2016.12, 情報処理学会論文誌「ソフトウェア工学」特集号(2016年度), 国内, 編集委員.
2015.02~2015.12, 情報処理学会論文誌「ソフトウェア工学」特集号(2015年度), 国内, 編集委員.
2014.11~2015.11, 電子情報通信学会論文誌 ソフトウェア基礎・応用 特集号, 国内, 編集委員.
2014.02~2014.12, 情報処理学会論文誌「ソフトウェア工学」特集号(2014年度), 国内, 編集委員.
2013.02~2013.12, 情報処理学会論文誌「ソフトウェア工学」特集号(2013年度), 国内, 編集委員.
2012.02~2012.12, 情報処理学会論文誌「ソフトウェア工学」特集号(2012年度), 国内, 編集委員.
2011.01~2011.12, 情報処理学会論文誌「ソフトウェア工学」特集号, 国内, 編集委員.
2009.09~2010.09, 情報処理学会論文誌「未来志向のソフトウェア工学」特集号, 国内, 編集委員長.
2009.04~2012.03, プロジェクトマネジメント学会論文誌, 国内, 審査委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度 16  32 
2016年度 19 
2015年度 15 
2014年度 17 
2013年度 15 
2012年度 21 
2011年度 12 
2010年度 16 
その他の研究活動
外国人研究者等の受入れ状況
2012.10~2012.11, 2週間以上1ヶ月未満, Queen's University, India.
受賞
情報処理学会 ソフトウェア工学研究会 卓越研究賞, 情報処理学会 ソフトウェア工学研究会, 2016.09.
情報処理学会 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム 2013 (SES 2013) 最優秀論文賞, 情報処理学会 ソフトウェア工学研究会, 2013.09.
山下記念研究賞, 情報処理学会, 2003.07.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2021年度, 基盤研究(A), 代表, 自動デバッグを可能にする群衆知エコシステムの確立.
2014年度~2017年度, 基盤研究(A), 代表, 不確かさを包容するモデル駆動開発機構に関する研究.
2013年度~2015年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 滑らかな設計抽象化に関する研究.
2011年度~2013年度, 基盤研究(B), 代表, 高信頼ソフトウェアアーキテクチャ構築に関する研究.
2010年度~2013年度, 基盤研究(A), 連携, ポスト・アスペクト指向時代の階層的分割と横断的分割を統合するモジュール化の研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2011年度~2016年度, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省), 分担, 研究領域「ポストペタスケール高性能計算に資するシステムソフトウェア技術の創出」
研究課題名「ポストペタスケール時代のスーパーコンピューティング向けソフトウェア開発環境」.
2011年度~2011年度, 国立情報学研究所 共同研究(戦略研究公募型), 代表, 形式検証技術に基づいたディペンダブルソフトウェアアーキテクチャ構築に関する研究.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2010.07~2011.02, 代表, 安全ソフトウェア設計に関する調査研究, 経済産業省平成22 年度産業技術研究開発委託費, 中小企業システム基盤開発環境整備事業(システム開発の高度化に関する調査研究).

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」