九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
LAUWEREYNS JOHAN(ろーれんす よはん) データ更新日:2019.01.23

教授 /  基幹教育院 自然科学実験系部門 大学院システム生命科学府


教育活動概要
Prof. Lauwereyns teaches general and advanced courses in the areas of psychology, cognitive science, and neuroscience. He is involved in the G30 project at Kyushu University, targeting specialist education in English for domestic as well as international students. Prof. Lauwereyns, an established poet and essayist as well as a cognitive neuroscientist, likes to apply cross-disciplinary perspectives, integrating his expertise in empirical studies and the humanities (literature, philosophy), both in teaching and in writing science books about decision making and perception.
担当授業科目
2017年度・秋学期, Brain and Mind.

2017年度・夏学期, 基幹教育セミナー.

2017年度・冬学期, 認知神経科学特論.

2017年度・冬学期, 認知神経科学特論.

2017年度・前期, プログラム・ゼミⅠ.

2017年度・前期, プログラム・ゼミⅢ.

2017年度・前期, チュートリアルⅠ.

2017年度・後期, チュートリアルⅡ.

2017年度・後期, 課題提示科目Ⅱ.

2017年度・前期, プログラム・ゼミⅤ.

2017年度・後期, プログラム・ゼミⅥ.

2017年度・前期, プログラム・ゼミⅦ.

2017年度・後期, プログラム・ゼミⅧ.

2017年度・秋学期, Introduction to Psychology.

2017年度・後期, Bioethics.

2017年度・後期, Bioethics.

2018年度・秋学期, Brain and Mind.

2018年度・後期, 課題協学科目.

2018年度・夏学期, 基幹教育セミナー.

2018年度・秋学期, 生命倫理学.

2018年度・秋学期, Bioethics.

2018年度・冬学期, 認知神経科学特論.

2018年度・前期, プログラム・ゼミⅢ.

2018年度・前期, チュートリアルⅢ.

2018年度・後期, チュートリアルⅣ.

2018年度・前期, プログラム・ゼミⅤ.

2018年度・後期, プログラム・ゼミⅥ.

2018年度・前期, プログラム・ゼミⅦ.

2018年度・後期, プログラム・ゼミⅧ.

2016年度・前期, 基幹教育セミナー.

2016年度・前期, プログラム・ゼミ.

2016年度・後期, Introduction to Psychology.

2016年度・後期, 度課題協学科目.

2016年度・通年, シニア ゼミ.

2016年度・後期, Bioethics.

2016年度・後期, Clinical Biomedical Engineering.

2016年度・前期, Basic Neuroscience.

2016年度・後期, Brain and Mind.

2015年度・通年, シニア・ゼミ.

2015年度・後期, 度課題協学科目.

2015年度・後期, 課題提示科目.

2015年度・後期, プログラム・ゼミ.

2015年度・後期, Bioethics.

2015年度・後期, Introduction to Psychology.

2015年度・後期, Clinical Biomedical Engineering.

2015年度・後期, Brain and Mind.

2015年度・前期, 脳情報処理基礎.

2014年度・後期, Advanced Neuroscience.

2014年度・後期, Introduction to Psychology.

2014年度・後期, Bioethics.

2014年度・後期, Clinical Biomedical Engineering.

2014年度・前期, Basic Neuroscience.

2014年度・後期, Science and Art.

2014年度・前期, Consciousness.

2013年度・後期, Advanced Neuroscience.

2013年度・後期, Bioethics.

2013年度・前期, 脳情報処理基礎.

2013年度・後期, 臨床・医用工学特論.

2013年度・後期, Advanced Applied Engineering.

2013年度・前期, Basic Neuroscience.

2010年度・前期, 脳情報処理基礎.

2010年度・後期, Advanced Applied Engineering.

2013年度・後期, Introduction to Psychology.

2010年度・後期, 臨床・医用工学特論.

2011年度・前期, 脳情報処理基礎.

2011年度・後期, Advanced Applied Engineering.

2011年度・後期, Introduction to Psychology.

2011年度・後期, 臨床・医用工学特論.

2012年度・前期, 脳情報処理基礎.

2012年度・後期, Advanced Applied Engineering.

2012年度・後期, Introduction to Psychology.

2012年度・後期, 臨床・医用工学特論.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2013.02, 部局, 司会, FD of International Education Center on "Dealing with student issues".

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2018年度, 玉川大学脳科学研究所, 客員教員, 国内.

2017年度, 玉川大学脳科学研究所, 客員教員, 国内.

2016年度, 玉川大学脳科学研究所, 客員教員, 国内.

2015年度, Mahidol University, Bangkok, Thailand; Department of Biomedical Engineering, August 11-17; three daily sessions, 集中講義, 国外.

2015年度, 玉川大学脳科学研究所, 客員教員, 国内.

2014年度, 玉川大学脳科学研究所, 客員教員, 国内.

2013年度, 玉川大学脳科学研究所, 客員教員, 国内.

2012年度, 玉川大学脳科学研究所, 客員教員, 国内.

2011年度, School of Psychology, Victoria University of Wellington, New Zealand, 客員教員, 国外.

2011年度, 玉川大学脳科学研究所, 客員教員, 国内.

その他の特筆すべき教育実績
2015.08, Teaching an intensive course on "The Principles of Neuroeconomics: From Neurophysiology to Behavior" for the Department of Biomedical Engineering, at Mahidol University, Bangkok, Thailand..

2013.09, Lauwereyns, J. (2013, September). Savoring the data: A challenge to accounts of the brain as a prediction machine. Workshop to celebrate Ichiro Tsuda’s 60th birthday, Hokkaido University, Sapporo, Japan..


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」