九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
大西 俊郎(おおにし としお) データ更新日:2019.04.22

教授 /  経済学研究院 経済工学部門 数理情報


主な研究テーマ
熱力学的視点によるBayes予測の新展開
キーワード:Bayesモデル平均,熱力学,凸関数,ルジャンドル変換
2017.04~2019.03.
熱力学視点によるBayesモデル平均の新展開
キーワード:Bayesモデル平均,熱力学,凸関数,ルジャンドル変換
2014.04~2016.03.
鞍点等式に着目したBayes統計学
キーワード:Bayes統計学,鞍点等式,凸関数,ルジャンドル変換
2011.04~2013.03.
Bayes型一般化線形モデルに関する理論的研究
キーワード:Bayes統計学; 一般化線形モデル
2010.04~2011.03.
Tweedie一般化線形モデルを用いた降水量データ解析
キーワード:Tweedie分布; 一般化線形モデル; 降水量データ
2010.04~2011.03.
共役解析可能なlocation familyに基づく線形混合モデル
キーワード:線形混合モデル; location family; 共役解析
2010.04~2011.03.
従事しているプロジェクト研究
熱力学的視点によるBayes予測の新展開
2017.04~2019.03, 代表者:大西俊郎, 九州大学.
熱力学視点によるBayesモデル平均の新展開
2014.04~2016.03, 代表者:大西俊郎, 九州大学.
離散変量に起因する不確かさの評価と標準的リスク対応の確立―食品微生物規格への反映
2013.04~2016.03, 代表者:椿広計, 統計数理研究所.
鞍点等式を用いたBayes推測の新展開
2011.04~2014.03, 代表者:大西俊郎, 九州大学.
複雑系による構造変化・イベント生起の推定とリスク制御・オプション評価への応用
2011.04~2015.03, 代表者:時永祥三, 九州大学.
食品安全行政における政策立案、政策評価に資する食品由来疾患の疫学的推計手法に関する研究
2011.04~2014.03, 代表者:渋谷健司, 東京大学.
冷凍食品の安全性確保のための微生物規格基準設定に関する研究
2010.04~2013.03, 代表者:春日文子, 国立医薬品食品衛生研究所.
環境・生態データの統計科学的解析およびその基礎理論の研究
2009.04~2012.03, 代表者:清水邦夫, 慶応義塾大学.
解析的アプローチを用いた一般化線形モデルのBayes解析
2008.04~2011.03, 代表者:大西俊郎, 九州大学.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Yozo Maruyama, Toshio Ohnishi, Harmonic Bayesian prediction under alpha-divergence, arXiv, 1605.05899, 1-28, 2016.05.
2. Takemi Yanagimoto, Toshio Ohnishi, Permissible boundary prior function as a virtually proper prior density, Annals of the Institute of Statistical Mathematics, 10.1007/s10463-013-0421-1, 2014.08.
3. Toshio Ohnishi, Takemi Yanagimoto, Twofold structure of duality in Bayesian model averaging, Journal of the Japan Statistical Society, http://dx.doi.org/10.14490/jjss.43.29, 43, 29-55, 2013.04.
4. Takemi Yanagimoto and Toshio Ohnishi, Saddlepoint condition on a predictor to reconfirm the need for the assumption of a prior distribution, Journal of Statistical Planning and Inference, 10.1016/j.jspi.2010.12.011, 141, 1990-2000, 2011.01.
5. Takemi Yanagimoto and Toshio Ohnishi, Bayesian prediction of a density function in terms of e-mixture, Journal of Statistical Planning and Inference, http://dx.doi.org/10.1016/j.jspi.2009.02.005, 139, 3064--3075, 2009.04.
6. Toshio Ohnishi and Takemi Yanagimoto, Conjugate location-dispersion families, Journal of the Japan Statistical Society, http://dx.doi.org/10.14490/jjss.37.307, 37, 307-325, 2007.04.
7. Takemi Yanagimoto and Toshio Ohnishi, Standardized posterior mode for the flexible use of a conjugate prior, Journal of Statistical Planning and Inference, http://dx.doi.org/10.1016/j.jspi.2004.02.004, 131, 253-269, 2005.04.
8. Takemi Yanagimoto and Toshio Ohnishi, Extensions of the conjugate prior through the Kullback-Leibler separators, Journal of Multivariate Analysis, http://dx.doi.org/10.1016/S0047-259X(03)00133-7, 92, 116-133, 2005.04.
9. Toshio Ohnishi and Takemi Yanagimoto, Electrostatic views of Stein-type estimation of location vectors, Journal of the Japan Statistical Society, http://dx.doi.org/10.14490/jjss.33.39, 33, 39--64, 2003.04.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. Toshio Ohnishi, α-ダイバージェンス損失の下でのStein現象, RIMS 共同研究による研究会”Bayes Inference and Its Related Topics”, 2017.03.
2. Toshio Ohnishi, 変分的手法に基づく尤度およびエントロピーの拡張, RIMS 共同研究による研究会”New Advances in Statistical Inference and Its Related Topics”, 2015.03.
3. Toshio Ohnishi, Takemi Yanagimoto, Duality between likelihood and entropy in Bayesian model averaging, International Statistical Institute Regional Statistics Conference, Kuala Lumpur, Malaysia, 2014.11.
4. Toshio Ohnishi, 柳本武美, Bayes モデル平均における尤度とエントロピーの双対性, 統計関連学会連合大会, 2014.09.
5. Toshio Ohnishi, Duality between maximization of likelihood and Shannon entropy, The 8th Japanese-French Frontiers of Science Symposium, 2014.01.
6. Ohnishi Toshio, Yanagimoto Takemi, Peter Dunn, Dual saddlepoint equalities in model averaging and their implication, The 2nd Institute of Mathematical Statistics Asia Pacific Rim Meetings, 2012.07.
学会活動
所属学会名
応用統計学会
日本統計学会
学協会役員等への就任
2010.05~2012.05, 統計関連学会連合, 幹事.
2012.05~2016.05, 応用統計学会, 理事.
2010.05~2012.05, 応用統計学会, 理事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2015.09.07~2015.09.09, 統計関連学会連合大会(企画セッション:応用統計学会 学会賞受賞者講演), オーガナイザー兼座長.
2015.02.07~2015.02.07, 科研費ワークショップ:食品安全と統計, 座長(Chairmanship).
2014.09.15~2014.09.15, 統計関連学会連合大会(企画セッション:応用統計学会 学会賞受賞者講演), オーガナイザー兼座長.
2013.09.08~2013.09.13, 統計関連学会連合大会(企画セッション:応用統計学会 学会賞受賞者講演), オーガナイザー兼座長.
2013.05.24~2013.05.25, 応用統計学会2013年度年会, 座長(Chairmanship).
2013.03.04~2013.03.06, RIMS共同研究による研究会"Asymptotic Expansions for Various Models and Their Related Topics", 座長(Chairmanship).
2012.12.18~2012.12.19, 科研費シンポジウム「統計的推測とその応用:正則と非正則」, 座長(Chairmanship).
2011.11.03~2011.11.05, 科研費シンポジウム「生命科学と統計学」, 座長(Chairmanship).
2010.09.05~2010.09.08, 統計関連学会連合大会, オーガナイザー.
2010.09.05~2010.09.08, 統計関連学会連合大会, 座長(Chairmanship).
2012.01.17~2012.01.17, ワークショップ「食品の安全性科学と統計科学」, オーガナイザー.
2011.09.04~2011.09.07, 2011年度統計関連学会連合大会, 実行委員.
2010.09.05~2010.09.08, 2010年度統計関連学会連合大会, プログラム委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2017.07~2019.06, Japanese Journal of Statistics and Data Science, 国際, 編集委員.
2016.10~2018.09, 日本統計学会誌(和文), 国内, 編集委員.
2016.06~2018.05, 応用統計学, 国内, 編集委員.
2014.10~2016.09, 日本統計学会誌(和文), 国内, 編集委員.
2012.10~2014.09, 日本統計学会誌(和文), 国内, 編集委員.
2012.05~2016.05, 応用統計学, 国内, 編集委員長.
2010.10~2012.09, 日本統計学会誌(和文), 国内, 編集委員.
2008.06~2010.05, 応用統計学, 国内, 編集委員.
2004.04~2006.03, 統計数理, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
2017年度      
2016年度      
2015年度      
2014年度    
2013年度      
2012年度      
2011年度      
2010年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
University of the Sunshine Coast, Australia, 2018.03~2018.03.
Sasana Kijang, Malaysia, 2014.11~2014.11.
Hotel Mercure Metz Centre, France, 2014.01~2014.01.
Hong Kong Convention and Exhibition Centre, Hong Kong , 2013.08~2013.08.
University of the Sunshine Coast, Australia, 2011.03~2011.03.
University of the Sunshine Coast, Australia, 2010.09~2010.09.
Indian Statistical Institute, India, 2010.01~2010.01.
University of the Sunshine Coast, Australia, 2009.11~2010.02.
University of the Sunshine Coast, Australia, 2008.12~2009.03.
University of Southern Queensland, Australia, 2007.12~2008.03.
University of Southern Queensland, Australia, 2007.02~2007.07.
Renaissance Ilikai Waikiki Hotel, UnitedStatesofAmerica, 2006.01~2006.01.
外国人研究者等の受入れ状況
2013.02~2013.05, 1ヶ月以上, Kirklareli University, Turkey, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
受賞
小川研究奨励賞, 日本統計学会, 2011.09.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 代表, 熱力学的視点によるBayes予測の新展開.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 代表, 熱力学視点によるBayesモデル平均の新展開.
2013年度~2015年度, 基盤研究(B), 分担, 離散変量に起因する不確かさの評価と標準的リスク対応の確立―食品微生物規格への反映.
2011年度~2013年度, 基盤研究(C), 代表, 鞍点等式を用いたBayes推測の新展開.
2011年度~2014年度, 基盤研究(B), 分担, 複雑系による構造変化・イベント生起の推定とリスク制御・オプション評価への応用.
2009年度~2011年度, 基盤研究(B), 分担, 環境・生態データの統計科学的解析およびその基礎理論の研究.
2008年度~2010年度, 若手研究(B), 代表, 解析的アプローチを用いた一般化線形モデルのBayes解析.
2005年度~2007年度, 若手研究(B), 代表, Bayes手法の新展開における解析的接近".
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2011年度~2013年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 食品安全行政における政策立案、政策評価に資する食品由来疾患の疫学的推計手法に関する研究.
2010年度~2012年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 冷凍食品の安全性確保のための微生物規格基準設定に関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2007年度~2007年度, 統計数理研究所2007 年度プロジェクト研究, 代表, Tweedie 一般化線形モデルを用いたオーストラリア・クイーンズランド州の降水量データ解析.
2006年度~2007年度, 総合研究大学院大学の海外先進教育研究実践支援制度, 代表, 一般化線形モデルのBayes解析に関する研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」