九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
森 悦秀(もり よしひで) データ更新日:2019.06.30

教授 /  歯学研究院 歯学部門 口腔顎顔面病態学


主な研究テーマ
骨代換生体材料評価
キーワード:生体材料、骨
2002.05.
手術シミュレーション・ナビゲーションシステムの開発
キーワード:手術シミュレーション、手術ナビゲーション
1994.06.
口唇・口蓋裂、顎変形症における口腔顎顔面の3次元精密計測
キーワード:口唇・口蓋裂、顎変形症、3次元計測
1987.04.
従事しているプロジェクト研究
災害時救急救命支援を目指した人間情報センシングシステム
2007.10~2011.03, 代表者:東野輝夫, 大阪大学.
研究業績
主要著書
1. 上山吉哉, 森 悦秀, 外科的矯正治療カラーアトラス, 第1版, 九州大学出版会, 2017.09.
2. 監修:菅原利夫, 歯科医療救急ポケットマニュアル, 13-30, 2008.03.
主要原著論文
1. Mori,Y., Shimizu,H., Minami,M., Kwon,T.G., Mano,T., Development of a simulation system in mandibular orthognathic surgery based on integrated three-dimensional data, Oral Maxillofac Surg, 15, 3, 131-138, 2011.09.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. Mori Y, Yamada T, Nakano H, Sumida T, Haruyama N, Takahashi I, Maxillary distraction osteogenesis for cleft lip and palate patients -Influence on stability and speech of maxillary anterior segmental distraction osteogenesis (MASDO) with rigid external distraction (RED) system-, 10th World Cleft Lip, Palate and Cranipfacial Congress, 2016.10.
2. Mori Y, Surgical treatment for an oblique facial cleft with complete cleft lip and palate –Surgical planning for atypical rare facial cleft, The 5th International Conference of Pan African Association of Oral and Maxillofacial Surgeons and the 9th International Conference of Egyptian Association of Oral and Maxillofacial Surgeons, 2016.10.
3. Mori Y, Maxillary distraction osteogenesis for cleft lip and palate patients – Surgical technique and management of maxillary anterior segmental distraction osteogenesis (MASDO) with rigid external distraction (RED) system, The 5th International Conference of Pan African Association of Oral and Maxillofacial Surgeons and the 9th International Conference of Egyptian Association of Oral and Maxillofacial Surgeons, 2016.10.
4. 森 悦秀, 南 克浩, 山田 朋弘, 中野 旬之, 住田 知樹, 森 明弘, 松川 良平, 菅原 利夫, 夏目 長門, ベトナム ニンビン省における口唇口蓋裂医療援助 第2報 口蓋形成術における術式選択, 第60回(公社)日本口腔外科学会総会, 2015.10.
5. Yoshihide Mori, The past, present and future of computer-aided orthognathic surgery, Korean Society for Simulation Surgery International Congress, 2015.06.
6. Yoshihide Mori, An application of homologous modeling to the oral and maxillofacial surgery, Korean Society for Simulation Surgery International Congress, 2015.06.
7. Yoshihide Mori, Arthroplasty for asymmetry with condylar hyperplasia, International Workshop for 3D Orthognathics and TMJ Surgery, 2014.11.
8. Yoshihide Mori, Update and future of computer-aided orthognathic surgery. International Workshop for 3D Orthognathics and TMJ Surgery, International Workshop for 3D Orthognathics and TMJ Surgery, 2014.11.
9. Yoshihide Mori, Nakano Hiroyuki, Tomohiro Yamada, Tomoki Sumida, Maxillary distraction osteogenesis for cleft lip and palate patients – Surgical technique and management of maxillary anterior segmental distraction osteogenesis (MASDO) with rigid external distraction (RED) system, Cleft 2014 ICPF, 2014.09.
10. 森 悦秀, 人工顎関節全置換術とデバイス開発, 第2回日本顎関節外科研究会, 2014.05.
11. Yoshihide Mori, Hiroyuki Nakano, Surgical treatment for an oblique facial cleft, Cleft 2013 ICPF, 2013.11.
12. 井上和也, 中野旬之, 住田 知樹, 福田直志, 森 悦秀, 偏位を伴う骨格性下顎前突症例における下顎形態の分析, 第58回日本口腔外科学会総会, 2013.10.
13. 中野旬之, 井上和也, 吉川浩世, 住田 知樹, 森 悦秀, 顎関節相同モデル化に関する検討, 第58回日本口腔外科学会総会, 2013.10.
14. Yoshihide Mori, Current state of CLP (cleft lip and palate) treatment in Vietnam. A Health Care Support in Ninh Binh Provence, U.S.-Japan Research Institute (USJI) Event “Contribution of US-Japan exchange of researchers in development of molecular basis of dental and maxillofacial regenerative medicine leading collaboration among South-East Asian countries and US-Japan, 2013.09.
15. 森 悦秀, 中野旬之, 松本哲彦, 中村和弘, 吉住潤子, 窪田 泰孝, 光安 岳志, 笹栗 正明, 中村 誠司, 右斜顔裂および左側口唇口蓋裂を合併した症例に対する治療経験, 第67回日本口腔科学会総会, 2013.05.
16. 森 悦秀, 口唇・口蓋裂の外科的治療の現況とこれから, 第39回日本臨床矯正歯科医会大阪大会, 2012.02.
17. 森 悦秀, 顎矯正治療のイノベーション, 第6回熊本顎変形症研究会, 2011.11.
18. Mori,Y., Shimizu,H., Minami,K., Nakano, H., The simultaneous repair with an Abbe flap and alar cartilage reconstruction for BCLP adult patients with severe nasolabial deformity. , The 6th Congress of International Cleft Palate Foundation, 2010.06.
学会活動
所属学会名
日本口唇口蓋裂協会
日本口腔ケア学会
日本顎変形症学会
日本生体医工学会
日本口蓋裂学会
日本歯科薬物療法学会
日本癌治療学会
日本口腔科学会
アジア口腔顎顔面外科学会
国際口腔顎顔面外科学会
日本口腔外科学会
学協会役員等への就任
2014.04, 日本口腔ケア学会, 理事.
2012.01~2013.11, 日本顎変形症学会, 評議員.
2009.04, 日本口腔ケア学会, 評議員.
2010.10, 日本口腔外科学会, 評議員.
2010.06~2010.07, 日本口腔科学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.04.28~2018.04.29, 第15回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 大会長.
2014.05.07~2014.05.09, 第68回日本口腔科学会総会, 座長(Chairmanship).
2013.10.11~2013.10.13, 第58回日本口腔外科学会総会, 座長(Chairmanship).
2013.05.22~2014.05.23, 第67回日本口腔科学会総会, 座長(Chairmanship).
2012.10.19~2012.10.21, 第57回日本口腔外科学会総会, 座長(Chairmanship).
2012.05.17~2012.05.18, 第66回日本口腔科学会総会, 座長(Chairmanship).
2011.10.21~2011.10.23, 第56回日本口腔外科学会総会, 座長(Chairmanship).
2011.07.23~2011.07.23, 歯科保健医療国際協力協議会2011, 座長(Chairmanship).
2010.10.16~2010.10.18, 第55回日本口腔外科学会総会, 座長(Chairmanship).
2014.05.07~2014.05.09, 第68回日本口腔科学会総会, 座長.
2013.10.11~2013.10.13, 第58回日本口腔外科学会総会, 座長.
2013.06.22~2013.06.23, 第10回日本口腔ケア学会, 実行委員長、座長.
2013.05.22~2013.05.23, 第67回日本口腔科学会総会, 座長.
2012.10.19~2013.10.21, 第57回日本口腔外科学会総会, 座長.
2012.05.17~2012.05.18, 第66回日本口腔科学会総会, 座長.
2011.10.21~2011.10.23, 第56回日本口腔外科学会総会, 座長.
2011.01.30~2011.01.30, 顎変形症セミナー, 世話人、座長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2012.06, 日本顎変形症学会雑誌, 国内, 編集委員.
2009.04, 日本口腔ケア学会雑誌, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度 10  10 
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
ニンビン総合病院, Vietnam, 2018.02~2018.03.
ニンビン総合病院, Vietnam, 2017.02~2017.03.
ニンビン総合病院 , Vietnam, 2016.02~2016.03.
ニンビン総合病院 , Vietnam, 2015.02~2015.03.
ニンビン総合病院 , Vietnam, 2014.03~2014.03.
モンゴル医科大学, Mongolia, 2014.09~2014.09.
National Instutute of Dental Craniofacial Research (NIDCR), UnitedStatesofAmerica, 2013.09~2013.09.
ニンビン総合病院, Vietnam, 2014.02~2014.03.
Hanoi University(ハノイ大学), Vietnam, 2013.11~2013.11.
ニンビン総合病院, Vietnam, 2013.02~2013.03.
Kyung Pook National University(慶北大学校), Korea, 2013.01~2013.01.
ニンビン総合病院, Vietnam, 2012.02~2012.02.
ニンビン総合病院, Vietnam, 2011.02~2011.03.
ニンビン総合病院, Vietnam, 2010.05~2010.05.
ケルン大学口腔顎顔面外科, Germany, 1992.01~1992.11.
受賞
ゴールドリボン(優秀ポスター発表)賞, 第50回(社)日本口腔外科学会総会, 2005.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2013年度~2015年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 顎矯正手術による顎位変化は頭位・姿勢・歩行に変化をもたらすか.
2006年度~2008年度, 基盤研究(B), 代表, 術中の頭位および顎位変化に即応できるリアルタイム口腔外科手術ナビゲーターの開発.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2019年度~2021年度, 論文博士号取得希望者に対する支援事業 平成31年度(2019年度), 代表, Le Fort I 型骨切り術が翼突上顎縫合および眼窩部に及ぼす生体力学的影響.
2016年度~2016年度, 公益財団法人コスメトロジー研究振興財団第26回(平成27年度)研究助成金, 代表, 新しい顔面3次元形状評価法の開発-相同モデル化による顔面形状の特徴を定量化する試み-.
2007年度~2011年度, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省), 連携, 災害時救急救命支援を目指した人間情報センシングシステム.
2001年度~2003年度, 産業技術研究助成事業 (経済産業省), 代表, マルチモダリティ3次元データ統合による顎・口腔手術シミュレーション・術後顔貌予測システムの実用化.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」