九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
谷 元洋(たに もとひろ) データ更新日:2019.09.21

准教授 /  理学研究院 化学部門 有機・生物化学


主な研究テーマ
生体膜スフィンゴ脂質の代謝制御及び生物機能
キーワード:スフィンゴ脂質、代謝制御、生体膜
2011.08~2011.08.
研究業績
主要著書
1. 谷 元洋、石橋洋平、渡辺 昂、伊東 信, 真核単細胞生物のセラミド関連脂質,   「セラミド -基礎と応用-」第二版  ㈱食品化学新聞社, 2019.05.
2. Tani M, Ito M, Neutral ceramidase, Encyclopedia of Signaling Molecules, 2nd Edition (Sangdun Choi., ed), 3450-3457, 2018.01.
3. Bielawski J, Tani M, and Hannun YA., Mass spectrometry methods for the analysis of bioactive sphingolipids: A high-performance liquid chromatography/tandem mass spectrometry approach., Lipid-mediated Signaling (Eric J. Murphy., ed), CRC Press., 177-197, 2010.03.
主要原著論文
1. Tanaka S, Tani M, Mannosylinositol phosphorylceramides and ergosterol coodinately maintain cell wall integrity in the yeast Saccharomyces cerevisiae, FEBS J., DOI: 10.1111/febs.14509, 2018.05.
2. Katsuki Y, Yamaguchi Y, Tani M, Overexpression of PDR16 confers resistance to complex sphingolipid biosynthesis inhibitor aureobasidin A in yeast Saccharomyces cerevisiae, FEMS Microbiol Lett., DOI: 10.1093/femsle/fnx255, 365, fnx255, 2018.02.
3. Yamaguchi Y, Katsuki Y, Tanaka S, Kawaguchi R, Hiroto D, Ikeda T, Funato K, Tani M, Protective role of the HOG pathway against the growth defect caused by impaired biosynthesis of complex sphingolipids in yeast Saccharomyces cerevisiae., Mol Microbiol., DOI: 10.1111/mmi.13886, 107, 3, 363-386, 2018.01.
4. Toume M, Tani M, Yeast lacking the amphiphysin-family protein Rvs167 is sensitive to disruptions in sphingolipid levels., FEBS J., DOI: 10.1111/febs.13783, 283, 2911-2928, 2016.06.
5. Tani M, Toume M, Alteration of complex sphingolipid composition and its physiological significance in yeast Saccharomyces cerevisiae lacking vacuolar ATPase., Microbiology-Sgm, DOI: 10.1099/mic.0.000187, 161, 2369-2383, 2015.09.
6. Morimoto Y, Tani M, Synthesis of mannosylinositol phosphorylceramides is involved in maintenance of cell integrity of yeast Saccharomyces cerevisiae, Mol Microbiol, DOI: 10.1111/mmi.12896, 95, 4, 706-722, 2015.02.
7. Toume M, Tani M, Change in activity of serine palmitoyltransferase affects sensitivity to syringomycin E in yeast Saccharomyces cerevisiae., FEMS Microbiol Lett., DOI: 10.1111/1574-6968.12535, 358, 64-71, 2014.07.
8. Tani M, Kuge O, Involvement of Sac1 phosphoinositide phosphatase in metabolism of phosphatidylserine in the yeast Saccharomyces cerevisiae., Yeast, DOI: 10.1002/yea.3004, 31, 145-158, 2014.02.
9. Tani M, Kuge O, Involvement of complex sphingolipids and phosphatidylserine in endosomal trafficking in yeast Saccharomyces cerevisiae., Mol Microbiol., DOI: 10.1111/mmi.12057, 86, 5, 1262-1280, 2012.10.
10. Tani M, and Kuge O., Hydroxylation state of fatty acid and long-chain base moieties of sphingolipid determine the sensitivity to growth inhibition due to AUR1 repression in Saccharomyces cerevisiae, Biochem Biophys Res Commun., DOI: 10.1016/j.bbrc.2011.11.138, 417, 673-678, 2012.01.
11. Tani M, and Kuge O, Defect of synthesis of very long-chain fatty acids confers resistance to growth inhibition by inositol phosphorylceramide synthase repression in yeast Saccharomyces cerevisiae., J. Biochem., DOI: 10.1093/jb/mvq090, 148, 5, 565-571, 2010.08.
12. Tani M, and Kuge O, Requirement of a specific group of sphingolipid-metabolizing enzyme for growth of yeast Saccharomyces cerevisiae under impaired metabolism of glycerophospholipids., Mol. Microbiol., DOI: 10.1111/j.1365-2958.2010.07340.x, 78, 2, 395-413, 2010.08.
13. Tani M, and Kuge O, Sphingomyelin synthase 2 is palmitoylated at the COOH-terminal tail, which is involved in its localization in plasma membranes., Biochem Biophys Res Commun., DOI: 10.1016/j.bbrc.2009.02.063, 381, 3, 328-332, 2009.02.
14. Tani M, and Hannun YA., Analysis of membrane topology of neutral sphingomyelinase 2., FEBS lett., 581, 1323-1328, 2007.04.
15. Tani M, and Hannun YA., Neutral sphingomyelinase 2 is palmitoylated on multiple cysteine residues: Role of palmitoylation in subcellular localization. , J. Biol. Chem., 282, 13, 10047-10056, 2007.03.
16. Tani M, Kihara A, and Igarashi Y., Rescue of cell growth by sphingosine with disruption of lipid microdomain formation of Saccharomyces cerevisiae deficient in sphingolipid biosynthesis., Biochem. J., 394, 1, 237-242, 2006.02.
17. Tani M, Igarashi Y, and Ito M., Involvement of neutral ceramidase in ceramide metabolism at the plasma membrane and in extracellular milieu., J. Biol. Chem., DOI: 10.1074/jbc.M506827200, 280, 44, 36592-36600, 2005.11.
18. Tani M, Sano T, Ito M, and Igarashi Y., Mechanisms of sphingosine and sphingosine 1-phosphate generation in human platelets. , J. Lipid Res., 10.1194/jlr.M500268-JLR200, 46, 11, 2458-2467, 2005.08.
19. Tani M, Okino N, Sueyoshi N, and Ito M., Conserved amino acid residues in the COOH-terminal tail are indispensable for the correct folding and localization, and enzyme activity of neutral ceramidase. , J. Biol. Chem., 10.1074/jbc.M404012200, 279, 28, 29351-29358, 2004.05.
20. Tani M, Iida H, and Ito M., O-glycosylation of mucin-like domain retains the neutral ceramidase on the plasma membranes as a type II integral membrane protein. , J. Biol. Chem., 10.1074/jbc.M207932200, 278, 12, 10523-10530, 2003.05.
21. Tani M, Okino N, Mori K, Tanigawa T, Izu H, and Ito M., Molecular cloning of the full-length cDNA encoding mouse neutral ceramidase., J Biol Chem , 10.1074/jbc.275.15.11229, 275, 15, 11229-11234, 2000.04.
22. Tani M, Okino N, Mitsutake S, and Ito M., Purification and characterization of a neutral ceramidase from mouse liver. , J Biol Chem , 10.1074/jbc.275.5.3462, 275, 5, 3462-3468, 2000.02.
23. Tani M, Okino N, Mitsutake S, and Ito M., Specific and sensitive assay for alkaline and neutral ceramidases involving C12-NBD-ceramide., J Biochem, 125, 4, 746-749, 1999.09.
24. Tani M, Kita K, Komori H, Nakagawa T, and Ito M., Enzymatic synthesis of omega-amino-ceramide: Preparation of a sensitive fluorescent substrate for ceramidase., Anal Biochem, 10.1006/abio.1998.2781, 263, 2, 183-188, 1998.10.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Tani M, Funato K, Protection mechanisms against aberrant metabolism of sphingolipids in budding yeast, Curr Genet., DOI: 10.1007/s00294-018-0826-8, 2018.03.
2. Tani M, Structure-function relationship of complex sphingolipids in yeast, Trends Glycosci Glycotechnol, DOI: 10.4052/tigg.1509.1E, 2016.12.
3. 谷 元洋, 酵母における複合スフィンゴ脂質の構造機能相関, Trends Glycosci Glycotechnol, DOI: 10.4052/tigg.1509.1J, 2016.12.
4. Ito M, Okino N, Tani M, New insight into the structure, reaction mechanism, and biological functions of neutral ceramidase., Biochim Biophys Acta., DOI: 10.1016/j.bbalip.2013.09.008, 2014.10.
5. Tani M, Mechanisms of regulation of membrane phospholipids metabolism and its physiological significance, Report of the Noda Institute for Scientific Research, 2014.12.
6. Tani M, Kuge O, Global screening of yeast mutants showing high sensitivity and resistance against aberrant metabolism of sphingolipids., Kyushu University Global-COE program Science for Future Molecular Systems Journal, 2012.12.
7. 谷 元洋, スフィンゴ脂質シグナリング分子の代謝マシナリー, 生化学, 2011.07.
8. 沖野 望, 谷 元洋, 光武 進, 吉村 征浩, 合田 初美, 伊東 信, 構造から読み解く中性セラミダーゼの触媒機構,存在様式及び生理機能, 細胞, 2009.05.
9. Tani M, Ito M, and Igarashi Y., Ceramide/sphingosine/sphingosine 1-phosphate metabolism on the cell surface and in the extracellular space., Cell Signal, DOI: 10.1016/j.cellsig.2006.07.001, 2007.02.
10. Clarke CJ, Snook CF, Tani M, Matmati N, Marchesini N, Hannun YA, The extended family of neutral sphingomyelinases., Biochemistry , 45, 11247-11256, DOI: 10.1021/bi061307z, 2006.08.
11. 谷 元洋、中川 哲人、伊東 信, O型糖鎖付加による可溶性タンパク質から膜結合型への変換, バイオサイエンスとインダストリー, 2005.02.
主要学会発表等
1. 大津 美紀子、谷 元洋, 出芽酵母の低pHストレス耐性能と複合スフィンゴ脂質の連関性, 第92回 日本生化学会大会, 2019.09.
2. 有田 頌彬、坂本 理沙、谷 元洋, ミトコンドリアを介したジヒドロスフィンゴシンによる酵母の細胞死, 第92回 日本生化学会大会 , 2019.09.
3. 坂本 理沙、瓜田 敦哉、谷 元洋, 複合スフィンゴ脂質生合成破綻による生育低下を補完する酵母HOG経路の救済メカニズム, 第92回 日本生化学会大会 , 2019.09.
4. 大津 美紀子、谷 元洋, 複合スフィンゴ脂質IPCの代謝調節による低pHストレス適応, 酵母遺伝学フォーラム第52回研究報告会 , 2019.09.
5. 有田 頌彬、坂本 理沙、谷 元洋, ジヒドロスフィンゴシンはミトコンドリア活性酸素種の増大を介して細胞死を引き起こす, 酵母遺伝学フォーラム第52回研究報告会 , 2019.09.
6. 坂本 理沙、瓜田 敦哉、谷 元洋, 複合スフィンゴ脂質代謝破綻下で細胞救済に寄与する因子の解析, 酵母遺伝学フォーラム第52回研究報告会 , 2019.09.
7. 瓜田 敦哉、柳瀬 由起美、谷 元洋, 複合スフィンゴ脂質生合成破綻下におけるRas/cAMPとHOG経路のクロストーク, 酵母遺伝学フォーラム第52回研究報告会, 2019.09.
8. 柳瀬 由起美、瓜田 敦哉、谷 元洋, フェロモン応答経路の破綻は、複合スフィンゴ脂質合成阻害剤aureobasidin Aに対する抵抗性を付与する, 酵母遺伝学フォーラム第52回研究報告会 , 2019.09.
9. 瓜田 敦哉、柳瀬 由起美、谷 元洋, 出芽酵母の複合スフィンゴ脂質生合成破綻下において機能するRas/cAMPシグナル伝達経路の解析, 2019年度 日本生化学会九州支部例会, 2019.06.
10. 柳瀬 由起美、瓜田 敦哉、谷 元洋, 複合スフィンゴ脂質合成酵素阻害剤Aureobasidin Aに対する抵抗性を酵母に付与する遺伝子変異の解析, 2019年度 日本生化学会九州支部例会, 2019.06.
11. 谷 元洋, 出芽酵母複合スフィンゴ脂質の構造多様性の意義とその崩壊に対する補填機構, 第21回 真核微生物交流会, 2018.09.
12. 坂本理沙、谷元洋, 酵母におけるミトコンドリア機能損傷とスフィンゴ脂質代謝破綻の遺伝学的相互作用, 第91回 日本生化学会大会 , 2018.09.
13. 有田 頌彬、坂本 理沙、谷 元洋, 出芽酵母の生育阻害誘導に必要なスフィンゴイド塩基の構造特異性, 第91回 日本生化学会大会 , 2018.09.
14. 坂本 理沙、谷 元洋, セラミド蓄積に対して抵抗性を付与する新たな変異遺伝子の探索, 酵母遺伝学フォーラム第51回研究報告会, 2018.09.
15. 有田 頌彬、坂本 理沙、谷 元洋, ジヒドロスフィンゴシンはフィトスフィンゴシンより強い生育阻害効果を酵母にもたらす, 酵母遺伝学フォーラム第51回研究報告会, 2018.09.
16. 坂本 理沙、谷 元洋, 出芽酵母におけるスフィンゴ脂質代謝酵素の異常による細胞機能異常発現のメカニズム解析, 第42回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 2018.08.
17. 有田 頌彬、坂本 理沙、谷 元洋, 酵母分子遺伝学的手法によるスフィンゴイド塩基過剰蓄積系の構築と表現型解析, 第42回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 2018.08.
18. 田中 聖也, 谷 元洋, 出芽酵母の細胞壁機能維持における特異的複合スフィンゴ脂質の役割, 第90回 日本生化学会大会, 2017.12.
19. 山口 雄太郎, 甲木 佑佳, 田中 聖也, 川口 諒太郎, 池田 拓真, 船戸 耕一, 谷 元洋, 出芽酵母の複合スフィンゴ脂質代謝破綻下における高浸透圧応答シグナルの生育保護機能, 第90回 日本生化学会大会, 2017.12.
20. 田中 聖也, 谷 元洋, 出芽酵母の細胞壁機能維持における特異的複合スフィンゴ脂質とエルゴステロールの役割, 第35回 YEAST WORKSHOP, 2017.11.
21. 戸田 卓実, 増山 圭一郎, 谷 元洋, 出芽酵母スフィンゴ脂質ヒドロキシラーゼScs7の機能解析, 第35回 YEAST WORKSHOP, 2017.11.
22. 谷 元洋, スフィンゴ脂質代謝酵素の破綻による細胞機能異常とその補填機構, 第41回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 2017.09.
23. 山口 雄太郎, 甲木 佑佳, 川口 諒太郎, 田中 聖也, 池田 拓真, 船戸 耕一, 谷 元洋, HOG経路は複合スフィンゴ脂質生合成破綻による機能障害の補填に関与する, 酵母遺伝学フォーラム第50回研究報告会, 2017.09.
24. 谷 元洋, 山口 雄太郎, 甲木 佑佳, 川口 諒太郎, スフィンゴ脂質生合成破綻下での生育維持に必要な酵母シグナル伝達系の解析, 第89回日本生化学会大会, 2016.09.
25. 田中 聖也, 谷 元洋, 複合スフィンゴ脂質MIPCとエルゴステロールの協調的作用による細胞壁機能維持, 酵母遺伝学フォーラム第49回研究報告会, 2016.09.
26. 谷 元洋, 山口 雄太郎, 甲木 佑佳, 川口 諒太郎, スフィンゴ脂質生合成破綻による生育阻害を補完するストレス応答シグナルの解析, 酵母遺伝学フォーラム第49回研究報告会, 2016.09.
27. 田中 聖也, 森元 雄士, 谷 元洋, 出芽酵母の複合スフィンゴ脂質MIPCのcell integrity維持における機能, 平成28年度 日本生化学会九州支部例会, 2016.05.
28. Tani M, Morimoto Y, Tanaka S, Toume M, Physiological significance of biosynthesis of mannosylinositol phosphorylceramide in the yeast Saccharomyces cerevisiae, 2016 1st Korea-Japan Bioactive Lipid Joint Symposium, 2016.05.
29. Tani M, Multifunctional role of mannose-containing glycosphingolipids in the yeast Saccharomyces cerevisiae. , Progress 100:Second International Symposium. Protein Trafficking and Intracellular Signaling of Plant and Fungal Cells, 2016.02.
30. 山口 雄太郎, 谷 元洋, セラミド代謝異常が誘導する出芽酵母の生育阻害は、RHO5欠損によって抑制される, 第88回日本生化学会大会, 2015.12.
31. 當銘 萌子, 谷 元洋, 出芽酵母のAmphiphysin変異株におけるスフィンゴ脂質代謝変動の生理的意義, 第88回日本生化学会大会, 2015.12.
32. 山口 雄太郎, 谷 元洋, セラミド代謝異常が誘導する生育阻害に対する抵抗性変異株の同定, 酵母遺伝学フォーラム第48回研究報告会, 2015.08.
33. 當銘 萌子, 谷 元洋, スフィンゴ脂質代謝変動によるRVS167欠損株の表現型の促進と抑制, 酵母遺伝学フォーラム第48回研究報告会, 2015.08.
34. 谷 元洋, 當銘 萌子, 出芽酵母の細胞内pHホメオスタシス崩壊下における複合スフィンゴ脂質の代謝変動, 第57回日本脂質生化学会, 2015.05.
35. 山口 雄太郎, 川口 諒太郎, 甲木 佑佳, 谷 元洋, 複合スフィンゴ脂質IPC合成酵素の発現抑制に対して抵抗性を示す出芽酵母トランスポゾン挿入変異株の探索と解析, 第32回 YEAST WORKSHOP, 2014.11.
36. 當銘 萌子, 谷 元洋, セリンパルミトイルトランスフェラーゼ活性がSyringomycin E感受性に与える影響及び同酵素の翻訳後修飾に関する解析, 第32回 YEAST WORKSHOP, 2014.11.
37. 谷 元洋, 酵母液胞ATPase欠損下における複合スフィンゴ脂質の代謝変動とその生理的意義, 第86回日本生化学会大会, 2014.10.
38. 森元 雄士, 谷 元洋, 複合スフィンゴ脂質、MIPCの生合成は出芽酵母の細胞壁機能維持に関与する, 酵母遺伝学フォーラム第47回研究報告会, 2014.09.
39. 谷 元洋, 久下 理, 酵母ホスホイノチシドホスファターゼSAC1欠損によるホスファチジルセリン量低下のメカニズム解析, 第86回 日本生化学会大会, 2013.09.
40. 當銘 萌子, 久下 理, 谷 元洋, スフィンゴ脂質代謝制御因子ORMの欠損株はSyringomycin Eに耐性を示す, 酵母遺伝学フォーラム第46回研究報告会, 2013.09.
41. 當銘 萌子, 久下 理, 谷 元洋, スフィンゴ脂質を標的とする植物病原菌毒素 Syringomycin Eに耐性を示す酵母変異株の探索と解析, 平成25年度日本生化学会九州支部例会, 2013.05.
42. 谷 元洋、久下 理, 複合スフィンゴ脂質とホスファチジルセリンによるエンドソームリサイクリング経路の制御機構, 第85回 日本生化学会大会, 2012.12.
43. 川口 諒太郎、久下 理、谷 元洋, IPC合成酵素発現抑制に対して高感受性を示す酵母変異株の同定と解析, 第85回 日本生化学会大会, 2012.12.
44. 森元 雄士、久下 理、谷 元洋, 出芽酵母における複合スフィンゴ脂質合成酵素とN型糖鎖合成酵素との遺伝学的相互作用, 第85回 日本生化学会大会, 2012.12.
45. 谷 元洋, 酵母遺伝学を用いた生体膜スフィンゴ脂質の生物機能に関する研究, 第20回酵母合同シンポジウム, 2012.09.
46. 谷 元洋、久下 理, 出芽酵母の生育阻害誘導に必要なセラミドの構造的要因の解析, 第54回 日本脂質生化学会, 2012.06.
47. 谷 元洋, スフィンゴ脂質代謝酵素のトポロジーと生物機能の解析, 第21回 WSフォーラム, 2011.11.
48. 谷 元洋、久下 理, 出芽酵母のエンドソーム-ゴルジ間輸送における複合スフィンゴ脂質とホスファチジルセリンの機能, 2011年度 日本生化学会大会, 2011.09.
49. 谷 元洋、久下 理, 複合スフィンゴ脂質によるエンドソーム-ゴルジ間輸送の制御機構の解析, 酵母遺伝学フォーラム, 2011.09.
50. Motohiro Tani, Osamu Kuge, Structural requirements of ceramide for induction of growth defect in the yeast Saccharomyces cerevisiae, 第30回内藤コンファレンス, 2011.06.
51. 谷 元洋, 出芽酵母のエンドサイトーシスリサイクリング経路におけるスフィンゴ脂質の役割, 第二回オルガネラ研究会 (九州大学), 2011.05.
作品・ソフトウェア・データベース等
1. Tani M and Ito M, 日本糖鎖科学統合データベース JCGGDB GlycoPOD (GlycoScience Protocol Online Database), 2010.06
Metabolic labeling of sphingolipids.
学会活動
所属学会名
日本生化学会
酵母遺伝学フォーラム
日本脂質生化学会
日本農芸化学会
日本化学会
Yeast Workshop
学協会役員等への就任
2019.09, 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 世話人会.
2012.04~2013.03, 日本化学会九州支部, 会計幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.06.08~2019.06.09, 2019年度 日本生化学会九州支部例会, ポスター賞審査委員.
2018.09.10~2018.09.12, 酵母遺伝学フォーラム第51回研究報告会, 実行委員.
2018.09.12~2018.09.13, 第22回酵母合同シンポジウム, 実行委員.
2018.09.12~2018.09.13, 第22回酵母合同シンポジウム, 座長.
2016.05.14~2016.05.15, 平成28年度 日本生化学会九州支部例会, 座長(Chairmanship).
2012.06.07~2012.06.08, 第54回 日本脂質生化学会, 実行委員.
2012.06.07~2012.06.08, 日本脂質生化学会, 座長(Chairmanship).
2010.05~2010.05.01, 日本生化学会九州支部例会, 座長(Chairmanship).
2011.09.05~2011.09.07, 酵母遺伝学フォーラム, 座長(Chairmanship).
2009.06~2009.06.01, 日本脂質生化学会, 座長(Chairmanship).
2008.12.15~2008.12.15, 九州大学 次世代研究スーパースター養成プログラム公開シンポジウム 時空間階層生命科学, 世話人.
2007.07~2007.07.01, 細胞シグナリングに関する第6回日韓若手交流セミナー, 座長(Chairmanship).
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度    
2018年度      
2016年度      
2015年度    
2014年度      
2013年度      
2012年度      
2011年度      
2010年度      
2009年度      
2008年度      
受賞
平成25年度 長瀬研究振興賞, 長瀬科学技術振興財団, 2013.04.
平成22年度 文部科学大臣表彰 若手科学者賞, 文部科学省, 2010.04.
平成22年度 日本生化学会九州支部学術奨励賞, 日本生化学会九州支部, 2011.05.
第27回 内藤コンファレンス ポスター賞, 2010.06.
Postdoctoral Trainee Travel Award, The 41st Annual South Eastern Regional Lipid Conference Cashiers, 2006.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(B), 代表, 生体膜スフィンゴ脂質の代謝破綻から細胞を守る新規救済機構の解明.
2015年度~2017年度, 基盤研究(B), 分担, 真核微生物のステリルグルコシド代謝とその生理機能.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 代表, 出芽酵母を用いたスフィンゴ脂質の代謝制御メカニズムと構造機能相関の解明.
2009年度~2011年度, 若手研究(B), 代表, 生体膜スフィンゴ脂質の代謝マシーナリーと生物機能の解明.
2007年度~2008年度, 若手研究(スタートアップ), 代表, スフィンゴ脂質シグナリングのトポロジーと作用メカニズムの解析.
2003年度~2005年度, 特別研究員奨励費, 代表, 細胞外スフィンゴ脂質シグナルの生成機構およびその生物機能の解析.
2001年度~2002年度, 特別研究員奨励費, 代表, スフィンゴ脂質を介したシグナル伝達系を制御する中性セラミダーゼの分子生物学的研究.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2006年度~2006年度, 海外特別研究員, 代表, スフィンゴ脂質シグナル生成機構のメタボローム解析.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2016年度~2019年度, 革新的先端研究開発支援事業 AMED-CREST 「画期的医薬品等の創出をめざす脂質の生理活性と機能の解明」, 分担, 病原体糖脂質を介する新たな宿主免疫賦活機構の解明と感染症治療への応用.
寄附金の受入状況
2018年度, 財団法人 発酵研究所, 発酵研究所 一般研究助成, 脂質代謝異常に対する新たな防御応答機構の解明と有用スフィンゴ脂質生産の基盤構築への応用.
2015年度, 財団法人 アサヒグループ学術振興財団 , アサヒグループ学術振興財団学術研究助成、酵母生体膜スフィンゴ脂質の構造多様性と環境ストレス応答の連関の解明と応用.
2013年度, 財団法人 長瀬科学技術振興財団, 長瀬科学技術振興財団研究助成、生体膜リン脂質の代謝制御とシグナリングの分 子メカニズム解明..
2013年度, 財団法人 野田産業科学研究所, 野田産業科学研究所奨励研究助成、生体膜脂質の代謝調節機構とその生理的意義の解明..
2012年度, 財団法人コスメトロジー研究振興財団, コスメトロジー研究助成、皮膚表皮保湿成分セラミドの脂質シグナリング分子としての作用メカニズムの解明..
2010年度, 財団法人 農芸化学研究奨励会, 農芸化学研究奨励金、出芽酵母の遺伝学を用いた生体膜スフィンゴ脂質の生物機能解明と応用..
2010年度, 財団法人 内藤記念財団, 内藤記念財団特定研究助成金、サブタイプ特異的スフィンゴ脂質の機能解析..
学内資金・基金等への採択状況
2017年度~2017年度, QRプログラム わかばチャレンジ, 代表, 生体膜複合スフィンゴ脂質代謝破綻による機能損傷を補完するシグナル伝達系の全貌解明と応用.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」