九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
市橋 隆自(いちはし りゆうじ) データ更新日:2019.06.24

助教 /  農学研究院 環境農学部門 森林環境科学


主な研究テーマ
樹木、つる植物、タケの水利用特性と森林水循環に対する植生の影響
キーワード:通導構造, 蒸散, 生活形, つる植物, 竹林,
2009.06.
木本性つる植物の基礎生態学

キーワード:物質分配, 成長, 枝のターンオーバー, 自重支持依存
2003.04~2015.06.
研究業績
主要原著論文
1. Ichihashi R, Chiu CW, Komatsu H, Kume T, Shinohara Y, Tateishi M, Tsuruta K, Otsuki K, Contribution of lianas to community-level canopy transpiration in a warm-temperate forest, Functional Ecology, 10.1111/1365-2435.12881, 31, 1690-1699, 2017.04.
2. Ichihashi R, Komatsu H, Kume T, Onozawa Y, Shinohara Y, Tsuruta K, Otsuki K, Stand-scale transpiration of two Moso bamboo stands with different culm densities, 10.1002/eco.1515, 8, 450-459, 2015.04.
3. Ichihashi R, Tateno M, Biomass allocation and long-term growth patterns of temperate lianas in comparison with trees, New Phytologist, 10.1111/nph.13391, 207, 604-612, 2015.03.
4. Ichihashi R, Tateno M, Strategies to balance between light acquisition and the risk of falls of four temperate liana species: to overtop host canopies or not?, JOURNAL OF ECOLOGY, 10.1111/j.1365-2745.2011.01808.x, 99, 4, 1071-1080, 2011.07.
5. Ichihashi R, Nagashima H, Tateno M, Biomass allocation between extension- and leaf display-oriented shoots in relation to habitat differentiation among five deciduous liana species in a Japanese cool-temperate forest, PLANT ECOLOGY, 10.1007/s11258-010-9783-0, 211, 1, 181-190, 2010.11.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本生態学会
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
2017年度      
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2021年度, 基盤研究(C), 代表, 冬期の寒冷は冷温帯林つる植物の通導機能と光合成生産を特に阻害するか?.
2019年度~2021年度, 基盤研究(B), 分担, 竹林は地球温暖化を緩和しうるのか?:モウソウチク林の炭素固定量の算定と将来予測.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」