九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
森本 浩之(もりもと ひろゆき) データ更新日:2019.06.08

講師 /  薬学研究院 創薬科学部門 生命薬学


主な研究テーマ
環境調和型新規触媒反応の開発
キーワード:有機合成化学、触媒化学、不斉合成、遷移金属
2010.07~2015.06.
研究業績
主要著書
1. 大嶋 孝志, 森本 浩之, 森崎一宏, Catalytic Asymmetric 1,2-Alkynylation, Elsevier, 10.1016/B978-0-12-409547-2.11504-5, Reference Module in Chemistry, Molecular Sciences and Chemical Engineering, 2015., 2015.02, [URL].
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 森崎 一宏, 森本 浩之, 大嶋 孝志, 真島 和志, Direct Enantioselective Alkynylation of α-Ketoesters and α-Ketiminoesters Catalyzed by [Bis(oxazoline)phenyl]rhodium(III) Complexes, Heterocycles, 2017.01.
2. 森本 浩之, 単純アルケンに対する酸素求核剤の直接的触媒的anti-Markovnikov付加反応, 有機合成化学協会誌, 2014.12,  単純アルケンへの酸素求核剤の付加反応は、通常Markovnikov則に従ってカルボカチオンがより安定な側に選択的に進行する。そのため、一般にanti-Markovnikov型の生成物を得るためには、ヒドロホウ素化とそれに続く酸化などの段階的な手法をとる必要があった。本総説では、金属触媒および光触媒を活用し、単純アルケンから直接的に種々の酸素求核剤のanti-Markovnikov付加体を高選択的に得た最近の例を紹介する。.
3. 清水悠平, 森本 浩之, 大嶋 孝志, 安定なアミド結合を温和に切断!-強酸、強塩基を必要としないアミド切断反応の開発, 化学 2012 Vol. 67 (12) pp.70-71, 2012.12.
4. 森本 浩之, 四置換炭素構築を可能とするイミンの直接的触媒的不斉アルキニル化, ファルマシア, 2012, 48, 329., 2012.05.
主要学会発表等
1. ◯出口亨、辛海龍、森本浩之、大嶋孝志, 8-アミノキノリンアミドの直接的触媒的加アルコール分解反応の開発, 日本薬学会第138年会, 2018.03.
2. ◯森本浩之、森崎一宏、近藤優太、澤真尚、大嶋孝志, Pd触媒によるアリル化を活用した1位四置換2,2,2-トリフルオロエチルアミン類の合成法の開発, 日本薬学会第138年会, 2018.03.
3. ◯ Hai-Long Xin, Toru Deguchi, Hiroyuki Morimoto, Takashi Ohshima, Direct Catalytic Alcoholysis of Unactivated 8 Aminoquinoline Amides, 日本化学会第98春季年会, 2018.03.
4. ◯Toru Deguchi, Hai-Long Xin, Hiroyuki Morimoto, Takashi Ohshima, Ni(II)-Catalyzed Direct Alcoholysis of Unactivated 8-Aminoquinoline Amides, IRCCS-JST CREST Joint Symposium (IMCE), 2018.01.
5. ◯ Hai-Long Xin, Toru Deguchi, Hiroyuki Morimoto, Takashi Ohshima, Direct Catalytic Alcoholysis of 8-Aminoquinoline Amides, 第34回 日本薬学会九州支部大会, 2017.11.
6. ◯出口亨、辛海龍、森本浩之、大嶋孝志, 8-アミノキノリンアミドの直接的触媒的加アルコール分解反応の開発, 第43回反応と合成の進歩シンポジウム, 2017.11.
7. ◯Amrita Das, Kenji Watanabe, Hiroyuki Morimoto, and Takashi Ohshima, Boronic Acid-Accelerated Multicomponent Reactions for the Synthesis of α-Substituted Indole-3-acetic Acids, 第64回有機金属化学討論会, 2017.09.
8. ◯出口亨、辛海龍、森本浩之、大嶋孝志, 8-アミノキノリンアミドの直接的触媒的加アルコール分解反応の開発, 第64回有機金属化学討論会, 2017.09.
9. ◯Megumi Noshita, Yuhei Shimizu, Hiroyuki Morimoto, Takashi Ohshima, Hydrazine and Diethylenetriamine Mediated Direct Cleavage of Unactivated Amides, Carbamates, and Ureas, 254th American Chemical Society National Meeting & Exposition, 2017.08.
10. ◯出口亨、辛海龍、森本浩之、大嶋孝志, 8-アミノキノリンアミドの直接的触媒的加アルコール分解反応の開発, 第50回有機金属若手の会夏の学校, 2017.08.
11. ◯Hai-Long Xin, Toru Deguchi, Hiroyuki Morimoto, and Takashi Ohshima, Direct Catalytic Alcoholysis of Unactivated 8-Aminoquinoline Amides, 第54回化学関連支部合同九州大会, 2017.07.
12. ○森本浩之、清水悠平、野下めぐみ、藤原理沙、大嶋孝志, 温和な条件下でのアミド結合切断および形成反応の開発, 第111回有機合成シンポジウム2017年【春】, 2017.06.
13. 森崎 一宏, 森本 浩之, 大嶋 孝志, N無保護トリフルオロメチルケチミンに対する直接的触媒的アルキニル化反応, 日本薬学会第137年会, 2017.03.
14. 野下 めぐみ, 清水 悠平, 森本 浩之, 大嶋 孝志, ジエチレントリアミンを用いたカーバメートおよびウレアの切断反応の開発, 日本薬学会第137年会, 2017.03.
15. Hiroyuki Morimoto, Kazuhiro Morisaki, Masanao Sawa, Ryohei Yonesaki, Yuta Kondo, Kazushi Mashima, Takashi Ohshima, Construction of Tetrasubstituted Carbon Stereocenters via Direct Catalytic Nucleophilic Addition to Ketimines, 日本化学会第97春季年会, 2017.03.
16. 出口亨, 森本 浩之, 大嶋 孝志, アミド型配向基の直接的触媒的加アルコール分解反応の開発, 第33回日本薬学会九州支部大会, 2016.12.
17. Hiroyuki Morimoto, Yuhei Shimizu, Megumi Noshita, Takashi Ohshima, Direct Cleavage of Unactivated Amides Under Mild Conditions, The 10th International Symposium on Integrated Synthesis (ISONIS-10), 2016.11.
18. 森本 浩之, 森崎 一宏, 澤 真尚, 米嵜 凌平, 真島 和志, 大嶋 孝志, α-ケチミノエステルおよび無保護ケチミンに対する直接的触媒的アルキニル化反応の開発, 第42回反応と合成の進歩シンポジウム, 2016.11.
19. Kazuhiro Morisaki, Hiroyuki Morimoto, Takashi Ohshima, Zn-Catalyzed Direct Alkynylation of N-Unprotected Trifluoromethyl Ketimines, The 6th Junior International Conference on Cutting-edge Organic Chemistry in Asia (6th Junior ICCEOCA), 2016.10.
20. 森崎 一宏, 森本 浩之, 大嶋 孝志, 亜鉛触媒によるN無保護トリフルオロメチルケトイミンに対する直接的アルキニル化反応, 第63回有機金属化学討論会, 2016.09.
21. 米嵜 凌平, 森崎 一宏, 澤 真尚, 森本 浩之, 真島 和志, 大嶋 孝志, ロジウム触媒を用いたケチミンに対する直接的触媒的不斉アルキニル化反応の反応機構解析及び基質一般性の拡大, 第33回有機合成化学セミナー, 2016.09.
22. 出口亨, 森本 浩之, 大嶋 孝志, アミド型配向基の直接的触媒的加アルコール分解反応の開発, 第28回若手研究者のためのセミナー, 2016.08.
23. Kazuhiro Morisaki, Hiroyuki Morimoto, Takashi Ohshima, Development and mechanistic studies of Rh-catalyzed direct enantioselective alkynylation of α-ketiminoesters, 252nd American Chemical Society National Meeting & Exposition, 2016.08.
24. 森崎 一宏, 澤 真尚, 米嵜 凌平, 森本 浩之, 真島 和志, 大嶋 孝志, ロジウム触媒によるα-ケチミノエステルに対する直接的触媒的不斉アルキニル化反応の反応機構解析, 第49回 有機金属若手の会 夏の学校, 2016.07.
25. 出口亨, 森本 浩之, 大嶋 孝志, アミド型配向基の直接的触媒的加アルコール分解反応の開発, 第53回化学関連支部合同九州大会, 2016.07.
26. Masanao Sawa, Kazuhiro Morisaki, Ryohei Yonesaki, Hiroyuki Morimoto, Kazushi Mashima, Takashi Ohshima, Direct Catalytic Asymmetric Alkynylation of Ketimines, Molecular Chirality Asia 2016, 2016.04.
27. Takashi Ohshima, Kazuhiro Morisaki, Masanao Sawa, Ryohei Yonesaki, Hiroyuki Morimoto, Rhodium-Catalyzed Direct Enantioselective Alkynylation of Ketimines: Mechanistic Studies and Expansion of Substrate Generality, The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem), 2015.12.
28. Yuhei Shimizu, Megumi Noshita, Yuri Mukai, Hiroyuki Morimoto, Takashi Ohshima, Cleavage of Unactivated Amide Bonds by Ammonium Salt-Accelerated Hydrazinolysis, The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem), 2015.12.
29. Kazuhiro Morisaki, Masanao Sawa, Ryohei Yonesaki, Jun-ya Nomaguchi, Yosuke Takeuchi, Hiroyuki Morimoto, Kazushi Mashima, Takashi Ohshima, Direct Catalytic Enantioselective Alkynylation of Ketimines, The 5th Junior International Conference on Cutting-edge Organic Chemistry in Asia (5th Junior ICCEOCA), 2015.11.
30. 森崎 一宏, 澤 真尚, 米嵜 凌平, 森本 浩之, 真島 和志, 大嶋 孝志, α-ケチミノエステルに対する直接的触媒的不斉アルキニル化反応の開発, 第16回創薬リサーチコア研究会/第15回薬学研究院若手セミナー, 2015.09.
31. 米嵜 凌平, 森崎 一宏, 澤 真尚, 森本 浩之, 真島 和志, 大嶋 孝志, ロジウム触媒を用いたケチミンに対する直接的触媒的不斉アルキニル化反応の開発, 第27回若手研究者のためのセミナー, 2015.08.
32. 米嵜 凌平, 森崎 一宏, 澤 真尚, 森本 浩之, 真島 和志, 大嶋 孝志, ロジウム触媒を用いたケチミンに対する直接的触媒的不斉アルキニル化反応の開発, 第48回 有機金属若手の会 夏の学校, 2015.07.
33. Masanao Sawa, Kazuhiro Morisaki, Ryohei Yonesaki, Hiroyuki Morimoto, Kazushi Mashima, Takashi Ohshima, Direct Catalytic Asymmetric Alkynylation of Ketimines, 7th International Conference on Green and Sustainable Chemistry - 4th JACI-GSC Symposium, 2015.07.
34. 米嵜 凌平, 森崎 一宏, 澤 真尚, 森本 浩之, 真島 和志, 大嶋 孝志, ロジウム触媒を用いたケチミンに対する直接的触媒的不斉アルキニル化反応の開発, 第52回化学関連支部合同九州大会, 2015.06.
35. Takashi Ohshima, Kazuhiro Morisaki, Masanao Sawa, Rhohei Yonesaki, Hiroyuki Morimoto, Rhodium-Catalyzed Direct Enantioselective Alkynylation of Ketimines: Mechanistic Studies and Expansion of Substrate Generality, The 7th Spanish-Portuguese- Japanese Organic Chemistry Symposium (7th SPJ-OCS), 2015.06.
36. 森崎 一宏, 澤 真尚, 森本 浩之, 米嵜 凌平, 野間口 順哉, 竹内 洋介, 真島 和志, 大嶋 孝志, ロジウム触媒を用いたα-ケチミノエステルに対する直接的触媒的不斉アルキニル化反応の開発, 第13回次世代を担う有機化学シンポジウム, 2015.05.
37. 澤 真尚, 森崎 一宏, 米嵜 凌平, 森本 浩之, 真島 和志, 大嶋 孝志, ケチミンに対する直接的触媒的不斉アルキニル化反応の反応機構解析と基質一般性の拡張, 日本薬学会第135年会, 2015.03.
38. 清水 悠平, 野下 めぐみ, 向井 裕理, 森本 浩之, 大嶋 孝志, アンモニウム塩添加効果を利用した温和な条件下でのアミド結合切断反応の開発, 第15回創薬リサーチコア研究会/第14回薬学研究院若手セミナー, 2015.03.
39. 澤 真尚, 森崎 一宏, 米嵜 凌平, 森本 浩之, 真島 和志, 大嶋 孝志, ケチミンに対する直接的触媒的不斉アルキニル化反応の機構解析と基質一般性の拡張, 第31回日本薬学会九州支部大会, 2014.12.
40. 森本 浩之, 藤原 理沙, 清水 悠平, 森崎 一宏, 大嶋 孝志, 希土類トリフラートを触媒とするエステルの直接アミド化反応の開発, 日本プロセス化学会2014ウィンターシンポジウム, 2014.12.
41. 野下 めぐみ, 清水 悠平, 森本 浩之, 大嶋 孝志, カーバメート及びウレアの脱保護反応の開発, 第40回反応と合成の進歩シンポジウム, 2014.11.
42. Kazuhiro Morisaki, Masanao Sawa, Jun-ya Nomaguchi, Hiroyuki Morimoto, Yosuke Takeuchi, Kazushi Mashima, Takashi Ohshima, Rh-Catalyzed Direct Enantioselective Alkynylation of Ketimines, 第5回大津会議, 2014.10.
43. 張 明, 渡辺 賢司, 塚本 真史, 澁谷 亮三, 森本 浩之, 大嶋 孝志, 白金触媒による直接的アリル位アミノ化反応を活用した、(−)−カイニン酸の短工程大量合成法の開発, 第56回天然物有機化合物討論会, 2014.10.
44. 森本 浩之, 環境調和型創薬化学を指向した有機合成反応の開発, 第14回創薬リサーチコア研究会/第13回薬学研究院若手セミナー, 2014.09.
45. 張 明, 渡辺 賢司, 塚本 真史, 澁谷 亮三, 森本 浩之, 大嶋 孝志, 白金触媒による直接的アリル位アミノ化反応を活用した、(-)-α-カイニン酸の短工程全合成, 第61回有機金属化学討論会, 2014.09.
46. 森本 浩之, 森崎 一宏, 澤 真尚, 野間口 順哉, 米嵜 凌平, 竹内 洋介, 真島 和志, 大嶋 孝志, ロジウム触媒を用いたαーケトイミノエステルの直接的不斉アルキニル化の開発と反応機構解析, 第61回有機金属化学討論会, 2014.09.
47. 森崎 一宏, 澤 真尚, 米嵜 凌平, 森本 浩之, 真島 和志, 大嶋 孝志, ケチミンに対する直接的触媒的不斉アルキニル化反応の開発, 第31回有機合成化学セミナー, 2014.09.
48. 清水 悠平, 野下 めぐみ, 向井 裕理, 森本 浩之, 大嶋 孝志, アンモニウム塩添加効果を利用した温和な条件下でのアミド結合切断反応の開発, 第31回有機合成化学セミナー, 2014.09.
49. 澤 真尚, 森崎 一宏, 米嵜 凌平, 森本 浩之, 真島 和志, 大嶋 孝志, ケチミンに対する直接的触媒的不斉アルキニル化反応の開発, 第44回複素環化学討論会, 2014.09.
50. 森本 浩之, 藤原 理沙, 清水 悠平, 森崎 一宏, 大嶋 孝志, 希土類トリフラートを触媒とするエステルの直接アミド化反応の開発, 日本プロセス化学会 2014サマーシンポジウム, 2014.07.
51. 清水 悠平, 野下 めぐみ, 向井 裕理, 森本 浩之, 大嶋 孝志, アンモニウム塩加速効果を活用したアミド結合切断反応の開発, 日本プロセス化学会 2014サマーシンポジウム, 2014.07.
52. Ming Zhang, Kenji Watanabe, Masafumi Tsukamoto, Ryozo Shibuya, Hiroyuki Morimoto, Takashi Ohshima, Pt-Catalyzed Allylic Aminations: Application to a Short and Practical Total Synthesis of (-)-α-Kainic Acid, XXXVI International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC2014), 2014.07.
53. Kazuhiro Morisaki, Masanao Sawa, Jun-ya Nomaguchi, Hiroyuki Morimoto, Yosuke Takeuchi, Kazushi Mashima, Takashi Ohshima, Rh(III)/Phebox-Catalyzed Direct Enantioselective Alkynylation of α-Ketiminoesters, XXXVI International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC2014), 2014.07.
54. 向井 裕理, 清水 悠平, 野下 めぐみ, 森本 浩之, 大嶋 孝志, ヒドラジンによるアミド結合切断反応の開発, 第51回化学関連支部合同九州大会, 2014.06.
55. 森崎 一宏, 澤 真尚, 野間口 順哉, 森本 浩之, 竹内 洋介, 真島 和志, 大嶋 孝志, ロジウム触媒によるα-ケチミノエステルに対する直接的触媒的不斉アルキニル化反応の開発及びメカニズム解析, 第105回有機合成シンポジウム【春】, 2014.06.
56. 張 明, 渡辺 賢司, 塚本 真史, 澁谷 亮三, 森本 浩之, 大嶋 孝志, 白金触媒による直接的アリル位アミノ化反応を活用した、(-)-α-カイニン酸の短工程全合成, 第12回次世代を担う有機化学シンポジウム, 2014.05.
57. 森本 浩之, 化合物ライブラリー構築を指向した環境調和型触媒反応の開発, 日本薬学会第134年会, 2014.03.
58. 森崎 一宏, 澤 真尚, 野間口 順哉, 森本 浩之, 竹内 洋介, 真島 和志, 大嶋 孝志, α-ケト及びケチミノエステルに対する直接的触媒的不斉アルキニル化反応の反応機構解析, 日本薬学会第134年会, 2014.03.
59. 澁谷 亮三, Lin Lu, 中原 靖人, 森本 浩之, 真島 和志, 大嶋 孝志, Dual Platinum and Pyrrolidine Catalysis in the Direct Alkylation of Allylic Alcohols: Selective Synthesis of Monoallylation Products, 日本薬学会第134年会, 2014.03.
60. 清水 悠平, 野下 めぐみ, 向井 裕理, 森本 浩之, 大嶋 孝志, ヒドラジンを用いた温和な条件下でのアミド結合切断反応の開発, 日本薬学会第134年会, 2014.03.
61. 森本 浩之, 藤原 理沙, 清水 悠平, 森崎 一宏, 大嶋 孝志, 希土類トリフラートを触媒とするエステルの直接アミド化反応の開発, 日本薬学会第134年会, 2014.03.
62. 張 明, 渡辺 賢司, 塚本 真史, 澁谷 亮三, 森本 浩之, 大嶋 孝志, 白金触媒による直接的アリル位アミノ化反応を活用した、(-)-α-カイニン酸の短工程全合成, 日本薬学会第134年会, 2014.03.
63. 野下 めぐみ, 清水 悠平, 向井 裕理, 森本 浩之, 大嶋 孝志, カーバメート及びウレアの脱保護反応の開発, 日本薬学会第134年会, 2014.03.
64. 澤 真尚, 森崎 一宏, 野間口 順哉, 森本 浩之, 竹内 洋介, 真島 和志, 大嶋 孝志, ケチミンに対する直接的触媒的不斉アルキニル化反応の開発, 日本薬学会第134年会, 2014.03.
65. 森本 浩之, 大嶋 孝志, 温和な条件下での安定なアミド結合切断反応の開発, 新学術領域研究「集積反応化学」公開シンポジウム, 2014.01.
66. 澤 真尚, 森崎 一宏, 野間口 順哉, 森本 浩之, 竹内 洋介, 真島和志, 大嶋 孝志, α-ケトイミノエステルに対する直接的触媒的不斉アルキニル化反応の開発, 第30回 日本薬学会九州支部大会, 2013.12.
67. Ming Zhang, Kenji Watanabe, Masafumi Tsukamoto, Ryozo Shibuya, Hiroyuki Morimoto, Takashi Ohshima, Short-Step Synthesis of (-)-α-Kainic Acid via Pt-catalyzed Allylic Aminations, The Eighth International Symposium on Integrated Synthesis (ISIS-8), 2013.11.
68. 清水悠平, 野下めぐみ, 向井 裕理, 森本 浩之, 大嶋 孝志, トランスアミド化を利用したアミドの脱アシル化反応の開発, 第104回有機合成シンポジウム2013年(秋), 2013.11.
69. 森本 浩之, 清水悠平, 野下めぐみ, 向井裕理, 張明, 藤原理沙, 森崎一宏, 大嶋 孝志, 温和な条件下でのアミド結合切断及び形成反応の開発, 第39回反応と合成の進歩シンポジウム, 2013.11.
70. 森本 浩之, 清水 悠平, 野下 めぐみ, 向井 裕理, 張 明, 藤原 理沙, 森崎 一宏, 大嶋 孝志, 温和な条件下でのアミド結合切断及び形成反応の開発, 第39回反応と合成の進歩シンポジウム, 2013.11.
71. 澤 真尚, 森崎 一宏, 野間口 順哉, 森本 浩之, 竹内 洋介, 真島和志, 大嶋 孝志, ロジウム触媒を用いたケチミンに対する直接的触媒的不斉アルキニル化反応の開発, 第39回反応と合成の進歩シンポジウム, 2013.11.
72. 澤 真尚, 森崎 一宏, 野間口 順哉, 森本 浩之, 竹内 洋介, 真島和志, 大嶋 孝志, α-ケトイミノエステルの直接的触媒的不斉アルキニル化反応の開発, 第30回有機合成化学セミナー, 2013.09.
73. Takashi Ohshima, Kazuhiro Morisaki, Masanao Sawa, Jun-ya Nomaguchi, Hiroyuki Morimoto, Yosuke Takeuchi, Kazushi Mashima, Rh-Catalyzed Direct Enantioselective Alkylation of α-Ketoiminoesters, 17th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis (OMCOS17), 2013.07.
74. 森崎 一宏, 澤 真尚, 野間口 順哉, 森本 浩之, 竹内 洋介, 真島 和志, 大嶋 孝志, ロジウム触媒によるα-ケトイミノエステルの直接的不斉アルキニル化反応の開発, 第46回 有機金属若手の会 夏の学校, 2013.07.
75. 森本 浩之, 藤原 理沙, 清水 悠平, 森崎 一宏, 大嶋 孝志, 希土類トリフラートを触媒とするエステルの直接アミド化反応の開発, 第46回 有機金属若手の会 夏の学校, 2013.07.
76. 森本 浩之, 藤原 理沙, 清水 悠平, 森崎 一宏, 大嶋 孝志, 希土類トリフラートを触媒とするエステルの直接アミド化反応の開発, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
77. 澤 真尚, 森崎 一宏, 野間口 順哉, 森本 浩之, 竹内 洋介, 真島和志, 大嶋 孝志, α-ケトイミノエステルの直接的触媒的不斉アルキニル化反応の開発, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
78. 張 明, 渡辺 賢司, 塚本 真史, 澁谷亮三, 森本 浩之, 大嶋 孝志, 白金触媒による直接的アリルアミノ化反応を活用した、カイニン酸の短工程全合成研究, 第48回天然物化学談話会, 2013.07.
79. 森崎一宏, 澤真尚, 野間口順哉, 森本 浩之, 竹内洋介, 真島和志, 大嶋 孝志, ロジウム触媒によるα-ケトイミノエステルの直接的不斉アルキニル化反応の開発, 第23回万有福岡シンポジウム, 2013.06.
80. 清水悠平, 野下めぐみ, 張明, 森本 浩之, 大嶋 孝志, トランスアミド化を利用したアミドの脱アシル化反応の開発, 第11回次世代を担う有機化学シンポジウム, 2013.05.
81. Takashi Ohshima, Kazuhiro Morisaki, Masanao Sawa, Jun-ya Nomaguchi, Hiroyuki Morimoto, Yosuke Takeuchi, Kazushi Mashima, Rh-Catalysed Direct Enantioselective Alkynylation of α-Ketiminoesters, Thieme Nagoya Symposium, 2013.05.
82. Kazuhiro Morisaki, Masanao Sawa, Jun-ya Nomaguchi, Hiroyuki Morimoto, Yosuke Takeuchi, Kazushi Mashima, Takashi Ohshima, Rh-Catalysed Direct Enantioselective Alkynylation of α-Ketiminoesters, Twenty-third French-Japanese Symposium on Medicinal and Fine Chemistry (FJS-2013), 2013.05.
83. Hiroyuki Morimoto, Risa Fujiwara, Yuhei Shimizu, Kazuhiro Morisaki, Takashi Ohshima, Lanthanum Triflate-Catalyzed Direct Amidation of Esters with Amines, Twenty-third French-Japanese Symposium on Medicinal and Fine Chemistry (FJS-2013), 2013.05.
84. 森本 浩之, 高品質な化合物ライブラリー構築を指向した環境調和型反応の開発, 創薬PF九州地区キックオフミーティング, 2013.04.
85. 張明, 塚本真史, 澁谷亮三, 森本 浩之, 大嶋 孝志, 白金触媒による直接的アミノ化反応を活用した、カイニン酸の短工程仝合成研究, 日本薬学会第133年会, 2013.03.
86. 森崎一宏, 澤真尚, 野間口順哉, 森本 浩之, 竹内洋介, 真島和志, α-ケトイミノエステルの直接的触媒的不斉アルキニル化反応の開発, 日本薬学会第133年会, 2013.03.
87. 森本 浩之, 藤原理沙, 清水悠平, 森崎一宏, 大嶋 孝志, 希土類トリフラートを触媒とする、エステルとアミンからのアミド合成反応の開発, 日本薬学会第133年会, 2013.03.
88. 清水悠平, 野下めぐみ, 森本 浩之, 大嶋 孝志, トランスアミド化を利用したアミドの脱アシル化反応の開発, 日本薬学会第133年会, 2013.03.
89. 澁谷亮三, 林璐, 中原靖人, 森本 浩之, 真島和志, 大嶋 孝志, 白金–有機触媒系によるアリルアルコールのモノアリル体選択的直接アルキル化反応の開発, 日本薬学会第133年会, 2013.03.
90. 森本 浩之, 清水悠平, 野下めぐみ, 張明, 大嶋 孝志, 温和な条件下における、安定なアミド結合切断反応の開発, 第12回システム創薬リサーチコア研究会, 2013.03.
91. Takashi Ohshima, Yuhei Shimizu, Hiroyuki Morimoto, Ming Zhang, Deacylation of Unactivated Amides to Amines Using Ammonium Salt-Accelerated Transamidation, The 7th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-7)/The 3rd New Phase International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (NICCEOCA-3), 2012.12.
92. 森崎一宏, 野間口順哉, 澤真尚, 森本 浩之, 竹内洋介, 真島和志, 大嶋 孝志, ロジウム触媒によるα-ケトイミノエステルの直接的不斉アルキニル化反応, 第29回日本薬学会九州支部大会, 2012.12.
93. 清水悠平, 野下めぐみ, 張明, 森本 浩之, 大嶋 孝志, トランスアミド化を利用した脱アシル化および脱カルボニル化反応の開発, 第29回日本薬学会九州支部大会, 2012.12.
94. 清水悠平, 野下めぐみ, 張明, 森本 浩之, 大嶋 孝志, アミド交換反応を利用した脱アシル及び脱カルボニル化反応の開発, 第42回複素環化学討論会, 2012.10.
95. Kazuhiro Morisaki, Jun-ya Nomaguchi, Masanao Sawa, Hiroyuki Morimoto, Yosuke Takeuchi, Kazushi Mashima, Rh-Catalyzed Direct Asymmetric Alkynylation of α-Ketoiminoesters, 第59回有機金属化学討論会, 2012.09.
96. ○Hiroyuki Morimoto, Yuhei Shimizu, Ming Zhang, Megumi Noshita, Takashi Ohshima, Amide Bond Cleavage via Transamidation: Ammonium-Salt-Accelerated Deacylation of Unactivated Amides
, 第6 回武田科学振興財団薬科学シンポジウム, 2012.09.
97. ○Hiroyuki Morimoto, Yuhei Shimizu, Ming Zhang, Megumi Noshita, Takashi Ohshima, Amide Bond Cleavage via Transamidation: Ammonium-Salt-Accelerated Deacylation of Unactivated Amides
, 第11回創薬リサーチコア&第10回若手セミナー, 2012.09.
98. 森崎一宏, 野間口順哉, 森本 浩之, 竹内洋介, 真島和志, 大嶋 孝志, ロジウム触媒によるα-ケトイミノエステルの直接的不斉アルキニル化反応の開発, 第29回有機合成化学セミナー, 2012.09.
99. 清水悠平, 野下めぐみ, 張明, 森本 浩之, 大嶋 孝志, トランスアミド化を利用したアミドの脱アシル化反応の開発, 第29回有機合成化学セミナー, 2012.09.
100. ◯清水悠平、張明、森本浩之、大嶋孝志, アシル基の脱保護を指向したアンモニウム塩を用いるアミド交換反応の開発, 日本プロセス化学会 2012サマーシンポジウム, 2012.07.
101. ◯清水悠平、張明、森本浩之、大嶋孝志, アシル基の脱保護を指向したアンモニウム塩を用いるアミド交換反応の開発, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
102. ○森崎一宏1・野間口順哉1・森本浩之1・竹内洋介2・真島和志2・大嶋孝志1(1九州大学大学院薬学研究院、2大阪大学大学院基礎工学研究科) , ロジウム触媒によるαーケトイミノエステルの直接的触媒的不斉アルキニル化反応の開発, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
103. ◯清水悠平、張明、森本浩之、大嶋孝志, アシル基の脱保護を指向したアンモニウム塩を用いるアミド交換反応の開発, 第22回万有福岡シンポジウム, 2012.05.
104. 森崎一宏1・野間口順哉1・○森本浩之1・竹内洋介2・川端崇仁2・真島和志2・大嶋孝志1(1九州大学大学院薬学研究院、2大阪大学大学院基礎工学研究科), ロジウム触媒を用いたα-ケトイミノエステルの直接的触媒的不斉アルキニル化反応の開発, 日本薬学会第132年会, 2012.03.
105. ○清水悠平・森本浩之・大嶋孝志(九州大学大学院薬学研究院), N-アシル基の脱保護を指向したアンモニウム塩を用いるアミド交換反応の開発, 日本薬学会第132年会, 2012.03.
106. ○大嶋孝志1・森本浩之1・川端崇仁2・竹内洋介2・真島和志2・西山久雄3 (1九州大学大学院薬学研究院、2大阪大学大学院基礎工学研究科、3名古屋大学大学院工学研究科), C1およびC2対称キラルRh-Phebox錯体を用いたケトンの触媒的不斉アルキニル化反応, 第37回反応と合成の進歩シンポジウム, 2011.11.
学会活動
所属学会名
日本薬学会
日本化学会
有機合成化学協会
米国化学会
学協会役員等への就任
2014.03~2021.03, 日本薬学会 次世代を担う有機化学シンポジウム, 運営委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.05.31~2019.06.01, 第17回次世代を担う有機化学シンポジウム, 座長.
2018.10.26~2018.10.26, 近畿化学協会有機金属部会第3回例会, 運営スタッフ.
2018.09.26~2018.09.28, 第60回天然有機化合物討論会, 運営スタッフ.
2018.03.05~2018.03.05, Kyushu University-NTU Joint Symposium, 運営委員.
2018.03.25~2017.03.28, 日本薬学会第138年会, 座長(Chairmanship).
2017.06.03~2017.06.03, 第27回万有福岡シンポジウム, シンポジウム運営責任者.
2017.03.24~2017.03.27, 日本薬学会第137年会, 座長(Chairmanship).
2016.10.24~2016.10.26, The 6th Junior International Conference on Cutting-edge Organic Chemistry in Asia (JICCEOCA-6), 座長(Chairmanship).
2016.05.27~2016.05.28, 第14回次世代を担う有機化学シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2016.03.26~2014.03.29, 日本薬学会第136年会, 座長(Chairmanship).
2014.11.22~2014.11.22, 第26回 若手研究者のためのセミナー, 座長(Chairmanship).
2014.05.23~2014.05.24, 第12回次世代を担う有機化学シンポジウム, 世話人.
2014.05.23~2014.05.24, 第12回次世代を担う有機化学シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2014.03.28~2014.03.30, 日本薬学会第134年会, 座長(Chairmanship).
2013.12.07~2013.12.08, 第30回 日本薬学会九州支部大会, 座長(Chairmanship).
2013.03.28~2013.03.30, 日本薬学会第133年会, 座長(Chairmanship).
2012.12.08~2012.12.09, 第29回 日本薬学会九州支部大会, 座長(Chairmanship).
2012.03.29~2012.03.31, 日本薬学会第132年会, 座長(Chairmanship).
2011.05.27~2011.05.28, 第9回次世代を担う有機化学シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2011.05.21~2011.05.21, 第21回万有福岡シンポジウム, 会場設営補助.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度
2018年度 10  10 
2017年度 13  13 
2016年度 10  10 
2015年度 11        11 
2014年度 12        12 
2013年度 10        10 
2012年度      
2011年度      
2010年度 10        10 
2009年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Hawaii Convention Center, UnitedStatesofAmerica, 2010.12~2010.12.
Nanyang Technological University, Singapore, 2016.12~2016.12.
受賞
日本化学会第33回若い世代の特別講演会, 日本化学会, 2019.03.
平成30年度有機合成化学協会九州山口支部優秀論文賞, 有機合成化学協会九州山口支部, 2018.11.
日本プロセス化学会2014サマーシンポジウム JSPC優秀賞, 日本プロセス化学会, 2014.08.
第6回武田科学振興財団薬科学シンポジウム ポスター賞, 武田科学振興財団, 2012.09.
第28回井上研究奨励賞, 井上科学振興財団, 2012.02.
有機合成化学協会研究企画賞(高砂香料工業研究企画賞), 有機合成化学協会, 2012.04.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」