九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
孝橋 賢一(こうはし けんいち) データ更新日:2019.05.24

准教授 /  医学研究院 基礎医学部門


主な研究テーマ
小児軟部悪性腫瘍における病理学的・分子生物学的解析
キーワード:小児軟部悪性腫瘍、悪性ラブドイド腫瘍、類上皮肉腫、SMARCB1/INI1
2004.04~2014.03.
研究業績
主要原著論文
1. Kenichi Kohashi, Hidetaka Yamamoto, Yoshinao Oda, Differential microRNA expression profiles between malignant rhabdoid tumor and epithelioid sarcoma: miR193a-5p is suggested to downregulate SMARCB1 mRNA expression., 10.1038/modpathol.2013.213., 27, 6, 832-839, 2014.06.
2. Kenichi Kohashi, Nakatsura, Tetsuya, YOSHIAKI KINOSHITA, Yoshinao Oda, Glypican 3 expression in tumors with loss of SMARCB1/INI1 protein expression, HUMAN PATHOLOGY, 10.1016/j.humpath.2012.06.014, 44, 4, 526-533, 2013.04.
3. Kohashi K, Oda Y, Yamamoto H, Tamiya S, Izumi T, Ohta S, Taguchi T, Suita S, Tsuneyoshi M., Highly aggressive behavior of malignant rhabdoid tumor: a special reference to SMARCB1/INI1 gene alterations using molecular genetic analysis including quantitative real-time PCR., J Cancer Res Clin Oncol. , 2007 Nov;133(11):817-24., 2007.11.
4. Kohashi K, Oda Y, Yamamoto H, Tamiya S, Takahira T, Takahashi Y, Tajiri T, Taguchi T, Suita S, Tsuneyoshi M., Alterations of RB1 gene in embryonal and alveolar rhabdomyosarcoma: special reference to utility of pRB immunoreactivity in differential diagnosis of rhabdomyosarcoma subtype., J Cancer Res Clin Oncol., 2008 Oct;134(10):1097-103., 2008.10.
5. Kohashi K, Oda Y, Yamamoto H, Tamiya S, Oshiro Y, Izumi T, Taguchi T, Tsuneyoshi M., SMARCB1/INI1 protein expression in round cell soft tissue sarcomas associated with chromosomal translocations involving EWS: a special reference to SMARCB1/INI1 negative variant extraskeletal myxoid chondrosarcoma., Am J Surg Pathol., 2008 Aug;32(8):1168-74., 2008.08.
6. Kohashi K, Izumi T, Oda Y, Yamamoto H, Tamiya S, Taguchi T, Iwamoto Y, Hasegawa T, Tsuneyoshi M., Infrequent SMARCB1/INI1 gene alteration in epithelioid sarcoma: a useful tool in distinguishing epithelioid sarcoma from malignant rhabdoid tumor., Hum Pathol., 2009 Mar;40(3):349-55., 2009.03.
7. Kohashi K, Oda Y, Yamamoto H, Tamiya S, Matono H, Iwamoto Y, Taguchi T, Tsuneyoshi M., Reduced expression of SMARCB1/INI1 protein in synovial sarcoma., Mod Pathol., 2010 Jul;23(7):981-90., 2010.07.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Kohashi K, Oda Y, Nakamori M, Yamamoto H, Tamiya S, Toubo T, Kinoshita Y, Tajiri T, Taguchi T, Tsuneyoshi M., Multifocal metanephric adenoma in childhood., Pathol Int., 2009 Jan;59(1):49-52., 2009.01.
主要学会発表等
1. Kenichi Kohashi, Expressions of Core Subunits of SWI/SNF Chromatin Remodeling Complex in SMARCB1/INI1-deficient Tumors, United States and Canadian Academy of Pathology, 104th Annual Meeting , 2015.03.
2. 孝橋賢一、小田義直、山元英崇、田宮貞史、松浦傑、遠藤誠、薛宇孝、松田秀一、岩本幸英, 滑膜肉腫におけるSMARCB1/INI1蛋白発現, 日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会, 2010.07.
3. 孝橋賢一、小田義直、山元英崇、田宮貞史, 軟部悪性ラブドイド腫瘍および類上皮肉腫におけるINI1遺伝子異常と蛋白発現欠失, 日本病理学会, 2010.04.
学会活動
所属学会名
日本病理学会
日本臨床細胞診学会
日本癌学会
日本小児血液・がん学会
日本小児外科学会
日本外科学会
学協会役員等への就任
2014.01~2015.12, 日本小児血液・がん学会, 学術委員会委員.
2013.01~2016.03, 日本小児血液・がん学会, 評議員.
2012.04~2016.03, 日本病理学会, 評議員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2015年度    
2014年度
2013年度
2012年度
受賞
IAP日本支部 病理診断学術奨励賞, IAP日本支部, 2011.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 代表, 軟部肉腫におけるSWI/SNF型クロマチン再構成因子発現および治療への応用.
2012年度~2013年度, 若手研究(B), 代表, SMARCB1/INI1蛋白陰性悪性腫瘍の再分類と治療への応用.
2009年度~2011年度, 若手研究(B), 代表, 類上皮肉腫と悪性ラブドイド腫瘍の分子生物学的解析および鑑別診断. .
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2014年度~2016年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, オリジナル抗原HSP105由来ペプチドワクチンのFIH医師主導治験.
2014年度~2016年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 小児脳腫瘍に対する多施設共同研究による治療開発(原班).
2011年度~2013年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 小児の肉腫や脳腫瘍等に対するペプチドワクチン単剤療法の開発.
2011年度~2011年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, Hirschsprung病類縁疾患の現状調査と診断基準に関するガイドライン作成.
2009年度~2011年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 創薬化を目指したglypican-3由来がんペプチドワクチン療法のエビデンス創出のための臨床試験.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2010年度~2011年度, 財団法人福岡県すこやか健康事業団 平成22年度がん研究助成金, 代表, 悪性末梢神経鞘腫瘍におけるGlypican 3発現、及び診断・治療への応用.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」