九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
横田 慎吾(よこた しんご) データ更新日:2019.11.12

助教 /  農学研究院 環境農学部門 サスティナブル資源科学


主な研究テーマ
セルロースナノ材料の表面化学修飾
キーワード:セルロース、ナノ材料、表面・界面、化学修飾
2010.10.
セルロース系多糖膜材料の構造構築と機能創出
キーワード:セルロース、表面・界面、自己組織化、精密重合
2010.10.
従事しているプロジェクト研究
NEDO先導研究プログラム/新産業創出新技術先導研究 プログラム/“竹由来ナノセルロース・ハニカム筋樹脂” 製造法の開発
2018.07~2019.06, 代表者:近藤哲男, 九州大学, 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
本事業では、鉄筋コンクリートのように、セルロースナノファイバー(以下、「ナノセルロース」という。)で形成されるハニカムパターン骨格を芯として内包する新規汎用樹脂「ナノセルロース・ハニカム筋樹脂」の製造法を開発する。その際、両親媒性ナノセルロースを用いることにより、従来法に比べ低エネルギー消費プロセスという利点をもつ「ナノセルロース・ハニカム筋樹脂」複合化であることを検証する。
さらに、化学処理のないACC 法で製造される非木材・竹原料由来の疎水性の高い部分を有する両親媒性ナノセルロースに加えて、他の製造法で製造される部分的に表面疎水化した木材由来ナノセルロースを原料として検討する。.
平成29年度セルロースナノファイバー活用製品の性能評価事業委託業務
2017.04~2018.03, 代表者:近藤哲男, 九州大学, 環境省(地球環境局)
[多機能性・竹ナノセルロースの低エネルギー型生産プロセスの確立]
将来的な地球温暖化対策につながり、エネルギー起源CO2削減が期待できる自動車軽量化に重点を置き、自動車を構成する2~3万の部品の中から、2~3年で実現でき、CNFの特性を活かした用途(部材や部品)を提案し、CNF活用製品の性能評価や活用時のCO2削減効果の検証を行う。.
平成28年度セルロースナノファイバー活用製品の性能評価事業委託業務
2016.04~2017.03, 代表者:近藤哲男, 九州大学, 環境省(地球環境局)
[多機能性・竹ナノセルロースの低エネルギー型生産プロセスの確立]
将来的な地球温暖化対策につながり、エネルギー起源CO2削減が期待できる自動車軽量化に重点を置き、自動車を構成する2~3万の部品の中から、2~3年で実現でき、CNFの特性を活かした用途(部材や部品)を提案し、CNF活用製品の性能評価や活用時のCO2削減効果の検証を行う。.
平成27年度セルロースナノファイバー活用製品の性能評価事業委託業務
2015.04~2016.03, 代表者:近藤哲男, 九州大学, 環境省(地球環境局)
[多機能性・竹ナノセルロースの低エネルギー型生産プロセスの確立]
将来的な地球温暖化対策につながり、エネルギー起源CO2削減が期待できる自動車軽量化に重点を置き、自動車を構成する2~3万の部品の中から、2~3年で実現でき、CNFの特性を活かした用途(部材や部品)を提案し、CNF活用製品の性能評価や活用時のCO2削減効果の検証を行う。.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Shingo Yokota, Keita Kamada, Aki Sugiyama, Tetsuo Kondo, Pickering emulsion stabilization by using amphiphilic cellulose nanofibrils prepared by aqueous counter collision, Carbohydrate Polymers, 10.1016/j.carbpol.2019.115293, 226, 115293, 2019.12.
2. Mayumi Hatakeyama, Daisuke Ryuno, Shingo Yokota, Hirofumi Ichinose, Takuya Kitaoka, One-step synthesis of cellooligomer-conjugated gold nanoparticles in a water-in-oil emulsion system and their application in biological sensing, Colloids and Surfaces B: Biointerfaces, 10.1016/J.colsurfb.2019.02.051, 178, 1, 74-79, 2019.06.
3. Siqi Huan, Shingo Yokota, Long Bai, Mariko Ago, Maryam Bohghei, Tetsuo Kondo, Orlando J Rojas, Formulation and Composition Effects in Phase Transitions of Emulsions Costabilized by Cellulose Nanofibrils and an Ionic Surfactant, Biomacromolecules, 10.1021/acs.biomac.7b01452, 18, 12, 4393-4404, 2017.12.
4. Kunio Tsuboi, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, Difference between bamboo- and wood-derived cellulose nanofibers prepared by the aqueous counter collision method, Nordic Pulp & Paper Research Journal, 29, 1, 69-76, 2014.02.
5. Yoshiike Y., Yokota S., Tanaka N., Kitaoka T., Wariishi H., Preparation and cell culture behavior of self-assembled monolayers composed of chitohexaose and chitosan hexamer, Carbohydrate Polymers, 82, 1, 21-27, 2010.08.
6. Yokota S., Matsuyama K., Yamamoto H., Kitaoka T., Wariishi H., Specific attraction at the carboxyl terminus of fatty acid/oxidized aluminum interface for the sizing appearance of fiber-network materials, Sen’i Gakkaishi, 65, 12, 332-337, 2009.12.
7. Yokota S., Ohta T., Kitaoka T., Wariishi H., Adsorption of cellobiose-pendant polymers to a cellulose matrix determined by quartz crystal microbalance analysis, BioResources, 4, 3, 1098-1108, 2009.08.
8. Yokota S., Ohta T., Kitaoka T., Ona T., Wariishi H., Preparation of cellobiose-conjugated polyacrylamide and its interaction with a cellulose matrix for papermaking application, Sen’i Gakkaishi, 65, 8, 212-217, 2009.08.
9. Esaki K., Yokota S., Egusa S., Okutani Y., Ogawa Y., Kitaoka T., Goto M., Wariishi H., Preparation of lactose-modified cellulose films by a nonaqueous enzymatic reaction and their biofunctional characteristics as a scaffold for cell culture, Biomacromolecules, 10, 5, 1265-1269, 2009.05.
10. Yokota S., Ohta T., Kitaoka T., Ona T., Wariishi H., Preparation and characteristics of anionic polyacrylamides containing direct dye with a high affinity for cellulose, BioResources, 4, 2, 497-508, 2009.05.
11. Egusa S., Yokota S., Tanaka K., Esaki K., Okutani Y., Ogawa Y., Kitaoka T., Goto M., Wariishi H., Surface modification of a solid-state cellulose matrix with lactose by a surfactant-enveloped enzyme in a nonaqueous medium, Journal of Materials Chemistry, 19, 13, 1836-1842, 2009.04.
12. Yokota S., Matsuo K., Kitaoka T., Wariishi H., Retention and paper-strength characteristics of anionic polyacrylamides conjugated with carbohydrate-binding modules, BioResources, 4, 1, 234-244, 2009.02.
13. Yokota S., Kitaoka T., Opietnik M., Rosenau T., Wariishi H., Synthesis of gold nanoparticles for in situ conjugation with structural carbohydrates, Angewandte Chemie International Edition, 47, 51, 9866-9869, 2008.12.
14. Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Biofunctionality of self-assembled nanolayers composed of cellulosic polymers, Carbohydrate Polymers, 74, 3, 666-672, 2008.11.
15. Yokota S., Matsuo K., Kitaoka T., Wariishi H., Specific interaction acting at a cellulose-binding domain/cellulose interface for papermaking application, BioResources, 3, 4, 1030-1041, 2008.11.
16. Yokota S., Ueno T., Kitaoka T., Wariishi H., Molecular imaging of single cellulose chains aligned on a highly oriented pyrolytic graphite surface, Carbohydrate Research, 342, 17, 2593-2598, 2007.12.
17. Yokota S., Ueno T., Kitaoka T., Tatsumi D., Wariishi H., Morphological imaging of single methylcellulose chains and their thermoresponsive assembly on a highly oriented pyrolytic graphite surface, Biomacromolecules, 8, 12, 3848-3852, 2007.12.
18. Yokota S., Kitaoka T., Sugiyama J., Wariishi H., Cellulose I nanolayers designed by self-assembly of its thiosemicarbazone on a gold substrate, Advanced Materials, 19, 20, 3368-3370, 2007.10.
19. Ueno T., Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Conformational changes in single carboxymethylcellulose chains on a highly oriented pyrolytic graphite surface under different salt conditions, Carbohydrate Research, 342, 7, 954-960, 2007.05.
20. Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Surface morphology of cellulose films prepared by spin coating on silicon oxide substrates pretreated with cationic polyelectrolyte, Applied Surface Science, 253, 9, 4208-4214, 2007.02.
21. Yokota S., Matsuyama K., Kitaoka T., Wariishi H., Thermally responsive wettability of self-assembled methylcellulose nanolayers, Applied Surface Science, 253, 11, 5149-5154, 2007.03.
22. Matsuyama K., Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Surface morphology and wetting characteristics of sized cellulose imitations, Sen’i Gakkaishi, 62, 4, 89-94, 2006.04.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Blaise L. Tardy, Shingo Yokota, Mariko Ago, Wenchao Xiang, Tetsuo Kondo, Romain Bordes, Orlando J. Rojas, Nanocellulose–surfactant interactions, Current Opinion in Colloid & Interface Science, 2017.05, Biomass-derived nanomaterials, such as cellulose nanocrystals and nanofibrils, are attractive building blocks for the formulation of foams, emulsions, suspensions and multiphase systems. Depending on their surface chemistry, aspect ratio and crystallinity, nanocelluloses can control the rheology and stability of dispersions; they can also confer robust mechanical properties to composites. Synthetic modification of fibrillar cellulose is an option to achieve chemical compatibility in related systems, in the formation of composites, etc. However, this can also limit the environmental benefits gained from the use of the cellulosic component. Thus, an attractive mean to compatibilize and to further expand the applications of nanocelluloses is through the use of surfactants. The chemical toolbox of surfactants developed over the last 60 years allows for a large versatility while their environmental impact can also be minimized. Furthermore, relatively small amounts of surfactants are sufficient to significantly impact the interfacial forces, which has implications in material development, from the colloidal scale to the macro-scale. In this review we attempt to cover the literature pertaining to the combined uses of surfactants and nanocelluloses. We summarize reports on the incorporation with nanocellulose of nonionic, anionic, amphoteric and cationic surfactants. With the ever-expanding interest in the use of renewable materials in a vast range of applications, we hope to provide insights into the application of surfactants as a tool to tailor the compatibility and the surface chemistry of nanocelluloses..
2. Takuya Kitaoka, Shingo Yokota, Martina Opietnik, Thomas Rosenau, Synthesis and bio-applications of carbohydrate-gold nanoconjugates with nanoparticle and nanolayer forms, Materials Science and Engineering C: Materials for Biological Applications, 31(6), 1221-1229, 2011.08.
3. 北岡卓也、横田慎吾, セルロース系ナノ薄膜の構造構築と機能開発, バイオサイエンスとインダストリー, 67(4), 156-160, 2009.04.
4. 横田 慎吾, セルロース系ナノ薄膜の構造と機能, 木科学情報, 15(2), 27–30, 2008.11.
主要学会発表等
1. Wenbo Ye, Tianjuan Jie, Shingo Yokota, Yimin Fan, Tetsuo Kondo, SURFACE FUNCTIONALIZATION VIA TEMPO-MEDIATED OXIDATION OF CHITIN NANOFIBERS PREPARED BY AQUEOUS COUNTER COLLISION, 2019 Pusan-Gyeongnam/Kyushu-Seibu Joint Symposium on High Polymers(19th) and Fibers(17th), 2019.10.
2. Sawa Miyake, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, QUANTIFICATION OF ADSORPTION ENERGY OF ACCNANOCELLULOSES AT OIL/WATER INTERFACE BY USING PENDANT DROP TENSIOMETRY
, 2019 Pusan-Gyeongnam/Kyushu-Seibu Joint Symposium on High Polymers(19th) and Fibers(17th), 2019.10.
3. Koichiro Ishida, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, ADSORPTION PROPERTIES OF ACC-NANOCELLULOSE TO POLYSTYRENE MICROSPHERE HAVING DIFFERENT DIAMETER, 2019 Pusan-Gyeongnam/Kyushu-Seibu Joint Symposium on High Polymers(19th) and Fibers(17th), 2019.10.
4. Masato Kamogawa, Satomi Tagawa, Gento Ishikawa, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, CRYSTALLIZATION BEHAVIOR OF POLYPROPYLENE ON 3D-HONEY COMB SCAFFOLDS OF ACC-NANOCELLULOSE
, 2019 Pusan-Gyeongnam/Kyushu-Seibu Joint Symposium on High Polymers(19th) and Fibers(17th), 2019.10.
5. Hayate Kuroyanagi, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, FABRICATION OF ELASTOMER REINFORCED WITH NANOCELLULOSE HONEYCOMB CELL, 2019 Pusan-Gyeongnam/Kyushu-Seibu Joint Symposium on High Polymers(19th) and Fibers(17th), 2019.10.
6. Akiko Goto, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, CHEMICAL-FREE FABRICATION OF BAMBOO ACC-NANOFIBRIL VIA AUTOCLAVE PRETREATMENT
, 2019 Pusan-Gyeongnam/Kyushu-Seibu Joint Symposium on High Polymers(19th) and Fibers(17th), 2019.10.
7. Tsubasa Tsuji, Kunio Tsuboi, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, SURFACE ANALYSIS OF AMPHIPHILIC JANUS STRUCTURE ON ACC-NANOCELLULOSE, 2019 Pusan-Gyeongnam/Kyushu-Seibu Joint Symposium on High Polymers(19th) and Fibers(17th), 2019.10.
8. 後藤 明希子, 横田 慎吾,近藤 哲男, オールケミカルフリープロセスによる竹ナノファイバー創製, 第56回化学関連支部合同大会, 2019.07.
9. 石田 紘一朗, 横田 慎吾,近藤 哲男, ACC-ナノセルロースのマイクロポリマー粒子への吸着現象に対して粒径が及ぼす影響, 第56回化学関連支部合同大会, 2019.07.
10. 鴨川 正人,石川 元人, 横田 慎吾,近藤 哲男, ACC-ナノセルロースで被覆されたポリプロピレン粒子の結晶化挙動, 第56回化学関連支部合同大会, 2019.07.
11. 黒柳 遥風,石川 元人, 横田 慎吾,近藤 哲男, ナノセルロースハニカムセルにより補強されるエラストマーの創製, 第56回化学関連支部合同大会, 2019.07.
12. 後藤 明希子, 横田 慎吾,近藤 哲男, オートクレーブ前処理を経た水中カウンターコリジョン法によるケミカルフリーな竹ナノファイバー創製, セルロース学会第26回年次大会, 2019.07.
13. 石田 紘一朗, 横田 慎吾,近藤 哲男, 粒径の異なるマイクロポリマー粒子へのACC-ナノセルロースの吸着特性, セルロース学会第26回年次大会, 2019.07.
14. 三宅 佐和, 横田 慎吾,近藤 哲男, 懸滴法によるACC-ナノセルロースの界面活性能の評価, セルロース学会第26回年次大会, 2019.07.
15. 鴨川 正人, 石川 元人, 横田 慎吾,近藤 哲男, ACC-ナノセルロースのポリプロピレンに対する結晶核剤効果, セルロース学会第26回年次大会, 2019.07.
16. 辻 翼,坪井 国雄, 横田 慎吾,近藤 哲男, ACC-ナノセルロースにおける両親媒性ヤヌス構造の定量評価, セルロース学会第26回年次大会, 2019.07.
17. Shingo Yokota, Koki Miura, Tetsuo Kondo, Oriented deposition of bacterial nanocellulose induced by nematic ordered cellulose templates with unique surface energy distribution, 257th American Chemical Society National Meeting & Exposition 2019, 2019.04.
18. 横田 慎吾, フィンランド滞在記, 第69回日本木材学会大会 パルプ紙研究会, 2019.03.
19. 横田 慎吾, 二面性を持つセルロースナノファイバーの可能性, 平成30年度第48回繊維学会夏季セミナー, 2018.08.
20. 後藤明希子, 辻 翼,横田 慎吾,近藤 哲男, 「竹」からの水のみを用いるリグノセルロースナノファイバー創製, セルロース学会第25回年次大会, 2018.07.
21. 辻 翼,横田 慎吾,近藤 哲男, 両親媒性ヤヌスACC-ナノセルロースにおける新水性表面の定量評価, セルロース学会第25回年次大会, 2018.07.
22. 内田 詠子 メガン,横田 慎吾,近藤 哲男, 両親媒性ヤヌスナノフィブリルを用いた新規ナノコンポジット製造法, セルロース学会第25回年次大会, 2018.07.
23. 三宅 佐和,横田 慎吾,近藤 哲男, 両親媒性ヤヌスセルロースナノフィブリル配向性単層膜の創製への試み, 第55回化学関連支部合同大会, 2018.06.
24. 鎌田 啓大,横田 慎吾,近藤 哲男, 原料種により異なる両親媒性ヤヌスセルロースナノファイバーの表面特性, 第55回化学関連支部合同大会, 2018.06.
25. 辻 翼,横田 慎吾,近藤 哲男, 両親媒性ヤヌスACCナノセルロース表面におけるカチオン性化合物の吸着特性, 第55回化学関連支部合同大会, 2018.06.
26. 後藤 明希子, 辻 翼,横田 慎吾,近藤 哲男, 水のみを用いる「竹」ナノファイバー創製, 第55回化学関連支部合同大会, 2018.06.
27. 鎌田 啓大,横田 慎吾,近藤 哲男, カチオン性界面活性剤との相互作用をプローブとしたヤヌスACC-ナノセルロースの親水性表面の評価
, 平成30年度繊維学会年次大会, 2018.06.
28. 後藤 明希子,辻 翼,横田 慎吾,近藤 哲男, 水圧貫通微細化法を前処理とする水中カウンターコリジョン法を用いるケミカルフリーな竹ナノファイバー製造法の提案, 第68回日本木材学会大会, 2018.03.
29. Eiko Megan Uchida, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, Novel nanocomposites prepared from polypropylene micro-particles coated with amphiphilic ACC bamboo nanocellulose, The 4th International Cellulose Conference 2017, 2017.10.
30. Shingo Yokota, Koki Miura, Tetsuo Kondo, Oriented deposition of nanocellulose secreted from Gluconacetobacter xylinus induced by nematic ordered cellulose templates with unique surface energy distribution, The 4th International Cellulose Conference 2017, 2017.10.
31. Orlando J. Rojas, Siqi Huan, Long Bai, Shingo Yokota, Mariko Ago, Maryam Borghei, Wenchao Xiang, Tetsuo Kondo, Nanocellulose-surfactant interactions and their role in emulsions, The 4th International Cellulose Conference 2017, 2017.10.
32. Akiko Goto, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, Tsubasa Tsuji, 水圧貫通微細化法を前処理とする水中カウンターコリジョン法を用いる竹からの直接ナノファイバー製造, 第24回日本木材学会支部大会, 2017.09.
33. Shingo Yokota, セルロースナノファイバーの特性とCNF活用製品に向けた設計、評価、応用技術, セルロースナノファイバーの特性とCNF活用製品に向けた設計、評価、応用技術, 2017.08.
34. Shingo Yokota, Keita Kamada, Mariko Ago, Orlando J. Rojas, Tetsuo Kondo, Surface active nanocellulose prepared by the aqueous counter collision method, 5th EPNOE Internationla Polysaccharide Conference, 2017.08.
35. Shingo Yokota, Koki Miura, 近藤 哲男, ネマチックオーダーセルロースの特異な表面自由エネルギー分布により誘発される酢酸菌由来ナノセルロースの配向堆積, セルロース学会第24回年次大会, 2017.07.
36. Shingo Yokota, セルロースナノファイバー表面の親水性と疎水性, 第54回化学関連支部合同九州大会, 2017.07.
37. Shingo Yokota, Keita Kamada, Mariko Ago, Orlando J. Rojas, Tetsuo Kondo, Emulsification Behavior of Amphiphilic Nanocellulose Prepared by Aqueous Counter Collision, International Conference on Nanotechnology for Renweable Materials 2017, 2017.06.
38. Siqi Huan, Shingo Yokota, Mariko Ago, Maryam Borghei, Tetsuo Kondo, Orlando J. Rojas, Cellulose nanofibrils in emulsions stabilized by anionic surfactant and effect of electrolyte in phase transitions, 253rd American Chemical Society National Meeting & Exposition, 2017.04.
39. Tetsuo Kondo, Tsuboi Kunio, Shingo Yokota, Determination of hydrophobicity in amphiphilic nanocellulose imparted by Aqueous Counter Collision (ACC), 253rd American Chemical Society National Meeting & Exposition, 2017.04.
40. Akie Koga, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 水中カウンターコリジョン法によるβ-キチンナノファイバーの結晶構造変化, 第67回日本木材学会大会(福岡大会), 2017.03.
41. Shingo Yokota, Keita Kamada, Tetsuo Kondo, Pickering emulsion stabilized using amphiphilice ACC-nanocellulose, Recent advances in cellulose nanotechnology research, 2016.10.
42. Keita Kamada, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 両親媒特性セルロースナノファイバー“ACC-ナノセルロース”により安定化されたPickeringエマルション, セルロース学会第23回年次大会, 2016.07.
43. Kunio Tsuboi, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 両親媒特性を示すACCナノセルロースにおける疎水性表面の定量, セルロース学会第23回年次大会, 2016.07.
44. Koki Miura, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, スチレン鎖導入セルロース配向基板上で酢酸菌が分泌するナノファイバーの形態, 第53回化学関連支部合同九州大会, 2016.07.
45. Keita Kamada, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 水中カウンターコリジョン法により得られる両親媒性セルロースナノファイバーを用いたPickeringエマルションの調製, 第53回化学関連支部合同九州大会, 2016.07.
46. Airi Nishimoto, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, Surface activation of ACC-nanocellulose for chemical modification in an aqueous system, 251st American Chemical Society National Meeting & Exposition, 2016.03.
47. Shingo Yokota, Airi Nishimoto, Tetsuo Kondo, 水系反応によるACC-ナノセルロースの表面化学改質, 第66回日本木材学会大会, 2016.03.
48. Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, Chemical modification of cellulose nanofibers via surface activation in an aqueous dispersion system, 2016 EMN Cellulose Meeting, 2016.03.
49. Keita Kamada, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, Pickering emulsion stabilized using amphiphilic cellulose nanofibers prepared by the aqueous counter collision method, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015, 2015.12.
50. Koki Miura, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 表面化学改質によって変化するネマチックオーダーセルロース上での酢酸菌走行パターン, セルロース学会第22回年次大会, 2015.07.
51. Keita Kamada, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 両親媒性セルロースナノファイバー"ACC-ナノセルロース"の有するエマルション形成能, セルロース学会第22回年次大会, 2015.07.
52. Keita Kamada, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 水中カウンターコリジョン法で調製される両親媒性セルロースナノファイバーのエマルション形成能, 第52回化学関連支部合同九州大会, 2015.06.
53. Koki Miura, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 表面化学改質セルロース配向テンプレート上で酢酸菌が産生するナノセルロース, 第52回化学関連支部合同九州大会, 2015.06.
54. Airi Nishimoto, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 水中対向衝突法によって調製されたセルロースナノファイバーの反応性を向上させる表面活性化, 第65回日本木材学会大会, 2015.03.
55. Shingo Yokota, Shiro Sakoda, Tetsuo Kondo, Interfacial molecular design of nematic ordered cellulose templates for epitaxial nanodeposition, International Symposium on Wood Science and Technology 2015, 2015.03.
56. Shingo Yokota, 水分散系におけるセルロースナノファイバーの表面分子設計
, 第25回繊維学会西部支部セミナー, 2015.02.
57. Hikari Utsunomiya, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, Preferential subfibrillation from reducing ends in the initial stage of nano-pulverization using aqueous counter collision, International Symposium on Fiber Science and Technology (ISF2014) , 2014.09.
58. Yutaro Tsujita, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, Self-assembling behaviors of collagen nanofibers in the aqueous dispersions prepared by the aqueous counter collision method, International Symposium on Fiber Science and Technology (ISF2014) , 2014.09.
59. Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, Surface reactivity in an aqueous system of bio-nanofibers prepared by the aqueous counter collision method, International Symposium on Fiber Science and Technology (ISF2014) , 2014.09.
60. Airi Nishimoto, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, アルカリ処理によるセルロースナノファイバー表面の反応性の向上, 第21回日本木材学会九州支部大会, 2014.09.
61. Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 水中対向衝突法により調製されたセルロースナノファイバーの表面化学反応特性, セルロース学会第21回年次大会, 2014.07.
62. Hikari Utsunomiya, Emiko Hirata, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 培養条件に依存して酢酸菌が産生するセルロース膜の水中カウンターコリジョン法による異なるシングルナノファイバー化挙動, セルロース学会第21回年次大会, 2014.07.
63. Hikari Utsunomiya, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 水中カウンターコリジョン法によるセルロース繊維のナノ微細化はどこから始まるのか? , 第51回化学関連支部合同九州大会, 2014.06.
64. Airi Nishimoto, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, アルカリ処理による水分散セルロースナノファイバーの表面活性化 , 第51回化学関連支部合同九州大会, 2014.06.
65. Yutaro Tsujita, Daisuke Kumon, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 水中カウンターコリジョン法によって調製された2種類のコラーゲンナノファイバーの引張強度の繊維幅への依存性, 平成26年度繊維学会年次大会, 2014.06.
66. Yutaro Tsujita, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, Collagen nanofibers as a novel building block prepared by the aqueous counter collision method, 247th ACS National Meeting, 2014.03.
67. Emiko Hirata, Hikari Utsunomiya, Aya Nagashima, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 溶存酸素下で酢酸菌が産生するセルロースナノファイバーの水中カウンターコリジョン法によるナノ微細化挙動, 第64回日本木材学会大会, 2014.03.
68. Kunio Tsuboi, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, Difference between bamboo- and wood-derived cellulose nanofibers prepared by aqueous counter collision method, 20143 Kyushu-Seibu/Pusan-Gyeongnam Joint Symposium on High Polymers(16th) and Fibers(14th), 2013.11.
69. Shingo Yokota, セルロースナノマテリアルの表面構造設計, 日本材料学会 第283回木質材料部門委員会定例研究会, 2013.11.
70. Shingo Yokota, Shiro Sakoda, Tetsuo Kondo, Interfacial design of nano-sized and nano-structured cellulose materials by chemical modification, The 3rd EPNOE 2013 International Polysaccharide Conference, 2013.10.
71. Hikari Utsunomiya, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, Preferential cleavage of reducing ends in cellulose fibers for nano-pulverization using aqueous counter collision, The 3rd EPNOE 2013 International Polysaccharide Conference, 2013.10.
72. Saki Nagamoto, Tetsuya Takahashi, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, Polysaccharide nanofibers secreted by the pink snow mold fungus in Antarctica depending on temperature stress, The 3rd EPNOE 2013 International Polysaccharide Conference, 2013.10.
73. Kunio Tsuboi, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 樹木由来と比較した竹由来セルロースナノファイバーの特性, 第20回日本木材学会九州支部大会, 2013.09.
74. Emiko Hirata, Hikari Utsunomiya, Aya Nagashima, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 酢酸菌産生セルロースナノファイバーゲルからの"Cellulose nanoanemone"の創製, 第20回日本木材学会九州支部大会, 2013.09.
75. Saki Nagamoto, Tetsuya Takahashi, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 南極由来Microdochium nivaleの温度ストレスに応答した異なる多糖ナノファイバーの産生, セルロース学会第20回年次大会, 2013.07.
76. Hikari Utsunomiya, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, セルロースファイバー末端の極性に依存する水中カウンターコリジョンナノ微細化挙動, セルロース学会第20回年次大会, 2013.07.
77. Xing Yang, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, CBH Iを開裂促進剤として用いた水中対向衝突による10nm以下の極細セルロースナノファイバーの調製, セルロース学会第20回年次大会, 2013.07.
78. Takahiro Kojima, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 部分脱アセチル化キチン配向基板への位置選択的イオン固定により誘発されるパターン化バイオミネラリゼーション, セルロース学会第20回年次大会, 2013.07.
79. Shiro Sakoda, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, リビングラジカル重合によりネマチックオーダーセルロース表面に調製されるPMMAの密度に依存した種々の分子トラック, セルロース学会第20回年次大会, 2013.07.
80. Saki Nagamoto, Tetsuya Takahashi, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 温度ストレスにより産生多糖の繊維形態を変化させる南極由来紅色雪腐病菌Microdochium nivale, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
81. Shiro Sakoda, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, セルロース基板上に一軸配向したPMMA ブラシのナノ表面構造, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
82. Takahiro Kojima, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 部分キトサン化キチン配向基板への位置選択的イオン固定により誘発されるホスト-ゲスト型バイオミネラリ
ゼーション, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
83. Ryunosuke Funahashi, Aya Nagashima, Tsubasa Tsuji, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 酸素欠乏下で好気性酢酸菌が分泌する特異なセルロースナノファイバーゲルの延伸による異方性フィルムの創製, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
84. Hikari Utsunomiya, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 水中対向衝突法によるセルロース繊維のナノ微細化の起点となる還元性末端, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
85. Xing Yang, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 省エネルギー水中対向衝突法による極細セルロースナノファイバーの調製, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
86. Kunio Tsuboi, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 樹木由来と異なる物性を有する竹由来セルロースナノファイバーシートの特性, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
87. Daisuke Kumon, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 繊維幅の異なるコラーゲンナノファイバーから調製されたサイズブレンド複合シート, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
88. Yutaro Tsujita, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 水中カウンタージョン法により調製されるコラーゲンナノファイバーを用いるエレクトロスピニング紡糸, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
89. Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, Surface acetylation of cellulose-based nanofibers prepared by aqueous counter collision
, The 17th International Symposium on Wood, Fibre and Pulping Chemistry, 2013.06.
90. Yutaro Tsujita, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 水中カウンターコリジョン法により創製されるコラーゲンナノファイバーをビルディングブロックとしたナノ構造体の構築, 平成25年度繊維学会年次大会, 2013.06.
91. Yutaro Tsujita, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, 水中カウンターコリジョン法により創製されるコラーゲンナノファイバーのゲル形成におけるpH及び温度依存性
, 第62回高分子学会年次大会, 2013.05.
92. Tetsuo Kondo, Aya Nagashima, Tsubasa Tsuji, Shingo Yokota, Fabrication of oriented nano-fibrous films from a novel type of microbial cellulose pellicle secreted by Gluconacetobacter xylinus under an oxygen-lacking environment
, The 4th International Conference on Pulping, Papermaking and Biotechnology, 2012.11.
93. Gento Ishikawa, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, Cellulose nanofiber/poly(vinyl alcohol) composite: An estimation of nanofiber size effect on the interfacial interaction
, 3rd International Cellulose Conference, 2012.10.
94. Shiro Sakoda, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, Preparation of a novel scaffold from the nematic ordered cellulose surface by living radical polymerization
, 3rd International Cellulose Conference, 2012.10.
95. Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, Surface chemical modification of cellulose-based nanofibers prepared by aqueous counter collision
, 3rd International Cellulose Conference, 2012.10.
96. Aya Nagashima, Tsubasa Tsuji, Shingo Yokota, Tetsuo Kondo, Fabrication of an oriented nano-fibrous film from a novel type of microbial cellulose pellicle secreted by Gluconacetobacter xylinus under an oxygen-lacking environment
, 3rd International Cellulose Conference, 2012.10.
97. 宇都宮 ひかり、佐小田 史朗、横田 慎吾、近藤 哲男 , 配向性セルロース基板の表面化学改質
, 第19回日本木材学会九州支部大会, 2012.08.
98. 横田 慎吾、佐小田 史朗、近藤 哲男 , 化学修飾によるセルロースナノ材料の界面設計
, セルロース学会第19回年次大会, 2012.07.
99. 横田 慎吾、近藤哲男 , 水中対向衝突法により調製されたセルロースナノファイバーの表面酢化反応
, セルロース学会第19回年次大会, 2012.07.
100. 小島 貴弘、東 宏樹、横田 慎吾、近藤哲男 , ホスト-ゲスト型バイオミネラリゼーションを誘発する新規セルロース配向基板
, セルロース学会第19回年次大会, 2012.07.
101. 佐小田 史朗、横田 慎吾、近藤哲男 , ネマチックオーダーセルロース基板より開始されるリビングラジカル重合による三次元構造体の創製
, セルロース学会第19回年次大会, 2012.07.
102. 永島 綾、辻 翼、横田 慎吾、近藤哲男 , 微生物を用いた高配向セルロースナノファイバーフィルムの創製
, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
103. 佐小田 史朗、横田 慎吾、近藤哲男 , リビングラジカル重合法によるセルロース配向基材の精密表面設計
, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
104. 小島 貴弘、東 宏樹、横田 慎吾、近藤哲男 , イオンを包摂したキチン配向基板の調製
, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
105. 辻田 裕太郎、公門 大輔、横田 慎吾、近藤 哲男, 異なる繊維幅を有するコラーゲンナノファイバーの水分散状態におけるpH依存性
, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
106. 公門 大輔、横田 慎吾、近藤 哲男, 形態の異なる2種類のコラーゲンナノファイバーからなるブレンド分散水, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
107. 石川 元人 、横田 慎吾、近藤 哲男, サイズ分布の異なるセルロースナノファイバーのPVAとの相互作用 , 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
108. Shingo Yokota, Shiro Sakoda, Tetsuo Kondo, Interfacial Design of Cellulose-based Nanomaterials by Chemical Modification, 2012 TAPPI International Conference on Nanotechnology for Renewable Materials, 2012.06.
109. 永島 綾、辻 翼、横田 慎吾、近藤 哲男, 微生物由来高配向セルロースナノファイバーフィルムの創製とその特性, 第61回高分子学会年次大会, 2012.05.
110. 公門 大輔、辻田 裕太郎、小瀬 亮太、横田 慎吾、近藤 哲男, 水中カウンターコリジョン法により形態制御されたコラーゲンナノファイバー分散水, 第61回高分子学会年次大会, 2012.05.
111. Yokota S., Kose R., Kondo T. , Surface chemical modification of cellulose-based materials, 2011 Pusan-Gyeongnam / Kyushu-Seibu Joint Symposium on High Polymers(15th) and Fibers(13th), 2011.10.
112. 中川理、玉元遊、河野信、田島健次、横田慎吾、近藤哲男 , 酢酸菌への(1→3)-β-グルカン繊維分泌能付与の試み, セルロース学会第18回年次大会, 2011.07.
113. 東宏樹、横田慎吾、近藤哲男, 様々なセルロース系配向基板により誘発されるバイオミミックミネラリゼーション, セルロース学会第18回年次大会, 2011.07.
114. 横田慎吾、小瀬亮太、近藤哲男, 水中対向衝突法により調製されたセルロースナノファイバーの表面修飾, セルロース学会第18回年次大会, 2011.07.
115. 中川理、玉元遊、河野信、田島健次、横田慎吾、近藤哲男 , (1→3)-β-グルカン合成に関与する遺伝子の導入による酢酸菌の形質転換, 第48回化学関連支部合同大会 , 2011.07.
116. 佐小田史朗、横田慎吾、近藤哲男, リビングラジカル重合法による配向性セルロース基材の表面改質, 第48回化学関連支部合同大会 , 2011.07.
117. 公門大輔、三重野晶子、小瀬亮太、横田慎吾、近藤哲男, 水のみを用いた種々の形態を有するコラーゲンナノファイバーの創製, 第48回化学関連支部合同大会 , 2011.07.
118. 三重野晶子、小瀬亮太、横田慎吾、近藤哲男, 水中カウンターコリジョン法によるコラーゲンナノファイバーの創製, 第60回高分子学会年次大会, 2011.05.
119. 横田慎吾、小瀬亮太、近藤哲男, キチンナノファイバー分散水の自己凝集特性, 第60回高分子学会年次大会, 2011.05.
120. Yokota S., Kondo T. , Surface modification in an aqueous system of biobased nanofibers prepared by counter collision, 241th ACS National Meeting & Exposition, 2011.03.
121. Yokota S., Nomura A., Goto A., Fukuda T., Tsujii Y., Kayahara E., Yamago S. , Synthesis and properties of well-defined concentrated brushes of weak polyelectrolytes, Japan-Taiwan Joint Symposium on Innovative Synthesis for New Materials Chemistry, 2010.10.
122. 横田慎吾、野村晃敬、後藤 淳、福田 猛、辻井敬亘、茅原栄一、山子 茂, 弱電解質型ポリマーブラシにおける濃厚ブラシ効果, 第59回高分子討論会, 2010.09.
123. 横田慎吾、野村晃敬、後藤 淳、福田 猛、辻井敬亘、茅原栄一、山子 茂, Swelling properties of concentrated polymer brushes of weak polyelectrolytes, 第59回高分子学会年次大会, 2010.05.
124. 龍野大輔、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, 逆ミセルを反応場とする糖鎖修飾金ナノ粒子の合成とナノ構造制御, 第60回日本木材学会大会, 2010.03.
125. Yoshiike Y., Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Self-assembling immobilization and bio-functional design of chitin nanolayers on a gold surface, 2009 Busan-Gyeongnam/Kyushu-Seibu Joint Symposium on High Polymers (14th) and Fibers (12th), 2009.10.
126. 横田慎吾、北岡卓也, NMMO酸化還元系を利用した金ナノ粒子合成とin situ糖鎖表面修飾, 第58回高分子討論会, 2009.09.
127. 吉山千春、横田慎吾、北岡卓也, ヒアルロン酸固定膜の表面ナノ構造とバイオインターフェース機能, 第58回高分子討論会, 2009.09.
128. 吉池由佳、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, キチン系糖鎖配向膜の表面ナノ構造とバイオインターフェース機能, 第58回高分子討論会, 2009.09.
129. 吉山千春、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, ヒアルロン酸分子鎖配向固定膜のバイオインターフェース機能, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
130. 横田慎吾、北岡卓也、Martina Opietnik、Thomas Rosenau, NMMO系反応場での金ナノ粒子合成と糖鎖によるその場修飾, セルロース学会第16回年次大会, 2009.07.
131. 吉池由佳、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, キチン系糖鎖配向膜の調製とバイオインターフェース機能, セルロース学会第16回年次大会, 2009.07.
132. Rosenau T., Opietnik M., Potthast A., Yokota S., Kitaoka T., Carbohydrate-gold nanoparticles: synthesis, chemistry and applications, Cellulose Symposium 2009, Zellcheming 104th Annual Meeting and EXPO, 2009.06.
133. Egusa S., Yokota S., Esaki K., Ogawa Y., Kitaoka T., Wariishi H., Goto M., Bioactive paper designed by surface modification with lactose via nonaqueous biocatalysis, 7th International Paper and Coating Chemistry Symposium 2009, 2009.06.
134. Kitaoka T., Yokota S., Opietnik M., Rosenau T., Novel synthesis of gold nanoparticles for in situ conjugation with various carbohydrates via an NMMO-mediated redox reaction, 237th American Chemical Society National Meeting, 2009.03.
135. Suchy M., Linder M., Yokota S., Kitaoka T., Vuorinen T., Kontturi E., Cellulose model surfaces of different crystalline characteristics and their evaluation in enzyme adsorption and hydrolysis, 237th American Chemical Society National Meeting, 2009.03.
136. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之、Martina Opietnik、Thomas Rosenau, アミンオキシド系反応場での金ナノ粒子合成とin situ糖鎖修飾, 第59回日本木材学会大会, 2009.03.
137. 吉池由佳、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, キチン分子配向膜のナノ構造設計および界面特性, 第59回日本木材学会大会, 2009.03.
138. 江嵜慶、江草静香、横田慎吾、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏, 非水系酵素反応によるセルロース膜の糖鎖修飾とバイオインターフェース機能, 第59回日本木材学会大会, 2009.03.
139. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之、杉山淳司, セルロース系自己組織化薄膜のナノ構造解析と界面機能, セルロース学会第15回年次大会, 2008.07.
140. 吉山千春、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, 糖鎖修飾金ナノ粒子の合成と細胞センシングに向けた機能設計, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.
141. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之, NMMO/H2O系におけるセルロース/金ナノ粒子複合体の調製, 繊維学会2008年次大会, 2008.06.
142. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之、杉山淳司, 分子鎖ベクトルを制御した多糖ナノ薄膜のバイオインターフェース機能, 繊維学会2008年次大会, 2008.06.
143. 江嵜慶、横田慎吾、江草静香、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏, 糖鎖修飾セルロース膜の表面モルフォロジーと細胞培養特性, 繊維学会2008年次大会, 2008.06.
144. Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Sugiyama J., Biofunctional cellulosic nanomaterials designed by self-assembly, 235th American Chemical Society National Meeting, 2008.04.
145. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之, セルロース分子鎖で表面修飾した金ナノ粒子複合体の調製とナノ構造解析, 第58回日本木材学会大会, 2008.03.
146. 江嵜 慶、江草静香、横田慎吾、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏, ラクトース修飾セルロース膜の表面構造解析と細胞培養特性, 第58回日本木材学会大会, 2008.03.
147. Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Sugiyama J., Bio-functional interfaces composed of cellulosic biopolymers, 2007 Pusan-Gyeongnam/Kyushu-Seibu Joint Symposium on High Polymers (13th) and Fibers (11th), 2007.11.
148. Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Sugiyama J., Cellulosic bio-interface designed by vectorial chain immobilization via self-assembly,, 2nd International Cellulose Conference, 2007.10.
149. 横田慎吾、江嵜 慶、江草静香、北岡卓也、割石博之、杉山淳司, 構造性多糖分子配向膜の表面ナノ構造と細胞培養特性, 第59回日本生物工学会大会, 2007.09.
150. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之、杉山淳司, 構造性多糖分子配向膜のバイオインターフェース機能, 第38回繊維学会夏季セミナー, 2007.09.
151. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之, NMMO/水系における金ナノ粒子合成とセロオリゴ糖鎖のin situ表面修飾, 第44回化学関連支部合同九州大会, 2007.07.
152. 横田慎吾、上野友嗣、北岡卓也、割石博之, AFMによるセルロース系多糖分子のナノイメージング, セルロース学会第14回年次大会, 2007.07.
153. 江草静香、横田慎吾、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏, 非水系酵素触媒反応による生理活性糖からの非天然多糖合成, セルロース学会第14回年次大会, 2007.07.
154. 江嵜 慶、横田慎吾、江草静香、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏, 非水系酵素反応によるセルロース膜表面の糖鎖修飾と細胞培養特性, セルロース学会第14回年次大会, 2007.07.
155. 横田慎吾、江嵜 慶、江草静香、北岡卓也、割石博之、杉山淳司, 多糖分子配向膜のナノ構造制御とバイオインターフェース機能, 繊維学会2007年次大会, 2007.06.
156. 江嵜 慶、横田慎吾、江草静香、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏, 糖鎖修飾セルロース膜のバイオインターフェース機能, 繊維学会2007年次大会, 2007.06.
157. 江草静香、江嵜 慶、横田慎吾、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏, 非水系酵素触媒反応による糖鎖合成と多糖基材の表面修飾, 化学工学会第72年会, 2007.03.
158. 横田慎吾、江草静香、江嵜 慶、北岡卓也、割石博之、杉山淳司, ナノ構造を制御した多糖分子配向膜における動物肝細胞の培養特性, 化学工学会第72年会, 2007.03.
159. 上野友嗣、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, セルロース単分子鎖からなるナノネットワーク構造のAFM観察, 第56回日本木材学会大会, 2006.08.
160. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之、杉山淳司, 多糖分子配向膜の調製と膜界面の機能デザイン, 第56回日本木材学会大会, 2006.08.
161. 江草静香、横田慎吾、田中京子、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏, 酵素反応によるセルロース固体表面の糖鎖修飾と細胞培養特性, 第43回化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
162. 江草静香、横田慎吾、田中京子、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏, 非水系酵素反応によるセルロース合成と固体表面の糖鎖修飾, セルロース学会第13回年次大会, 2006.07.
163. 前田健一郎、横田慎吾、上野友嗣、北岡卓也、割石博之, セルロース分子修飾金ナノ粒子の調製とキャラクタリゼーション, セルロース学会第13回年次大会, 2006.07.
164. 上野友嗣、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, AFMによるセルロース系高分子ナノ構造のダイナミクス観察, セルロース学会第13回年次大会, 2006.07.
165. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之、杉山淳司, 分子鎖ベクトル制御によるセルロース分子配向膜の構造設計, セルロース学会第13回年次大会, 2006.07.
166. 松山佳奈、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, 自己組織化によるセルロース誘導体薄膜の調製とキャラクタリゼーション, 繊維学会2006年次大会, 2006.06.
167. Yokota S., Kitaoka T., Sugiyama J., Wariishi H., Preparation and structural characteristics of self-assembled cellulose I layer, 6th International Paper and Coating Chemistry Symposium 2006, 2006.06.
168. Ohta T., Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Ona T., Preparation and wet-end performance of cellobiose-pendant polymer, International Symposium on Wood Science and Technology 2005, 2005.11.
169. Yokota S., Kitaoka T., Sugiyama J., Wariishi H., Structural characteristics of cellulose layer self-assembled on Au surface, International Symposium on Wood Science and Technology 2005, 2005.11.
170. Matsuyama K., Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Wetting and morphological characteristics of cellulosic substrates, International Symposium on Wood Science and Technology 2005, 2005.11.
171. 上野友嗣、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, 原子間力顕微鏡によるセルロース誘導体分子の観察, 第12回日本木材学会九州支部大会, 2005.08.
172. 松山佳奈、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, 熱応答性メチルセルロース自己組織化膜の表面モルフォロジーとぬれ特性, 第42回化学関連支部合同九州大会, 2005.07.
173. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之、杉山淳司, セルロース分子配向膜の設計およびキャラクタリゼーション, セルロース学会第12回年次大会, 2005.07.
174. 大田剛史、横田慎吾、北岡卓也、割石博之、小名俊博, ウェットエンド相互作用系で機能発現する糖鎖アンカーの設計, セルロース学会第12回年次大会, 2005.07.
175. Matsuyama K., Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H.,, Surface morphology and water repellency of sized cellulosic substrates, 13th International Symposium on Wood, Fibre and Pulping Chemistry (ISWFPC), 2005.05.
176. Ohta T., Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Ona T., Wet-end interaction of cellulose-affinity molecules as retention promoter, 13th International Symposium on Wood, Fibre and Pulping Chemistry (ISWFPC), 2005.05.
177. Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Architectural design of cellulose monolayer at Au interface, 13th International Symposium on Wood, Fibre and Pulping Chemistry (ISWFPC), 2005.05.
178. 大田剛史、横田慎吾、北岡卓也、割石博之、小名俊博, ウェットエンドでの機能利用に向けたセルロースアンカー分子の設計, 第55回日本木材学会大会, 2005.03.
179. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之、杉山淳司, 自己組織化による結晶性セルロース分子アーキテクチャーの創製, 第55回日本木材学会大会, 2005.03.
180. 松山佳奈、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, メチルセルロース自己組織化膜の調製と膜界面のぬれ特性, 第55回日本木材学会大会, 2005.03.
181. Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Preparation and characterization of cellulose monolayer, 2nd International Symposium on Technologies of Pulping, Papermaking and Biotechnology on Fiber Plants (ISTPPBFP), 2004.10.
182. 大田剛史、横田慎吾、北岡卓也、割石博之、小名俊博, セルロースアンカー分子の探索とウェットエンド相互作用系における機能利用, 平成16年度繊維学会秋季研究発表会, 2004.09.
183. 松山佳奈、横田慎吾、山本浩己、北岡卓也、割石博之, サイズ分子と基質表面成分の相互作用力とサイズ性応答現象, 第54回日本木材学会大会, 2004.08.
184. 大田剛史、横田慎吾、北岡卓也、割石博之、小名俊博, セルロースアンカー分子のアフィニティ評価とウェットエンドでの機能発現, 第54回日本木材学会大会, 2004.08.
185. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之, セルロース自己組織化膜の結晶構造解析, 第54回日本木材学会大会, 2004.08.
186. 大田剛史、横田慎吾、北岡卓也、割石博之、小名俊博, ウェットエンドで機能するセルロースアンカー分子の探索と利用, セルロース学会第11回年次大会, 2004.07.
187. 松尾久美子、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, セルロース分解酵素の基質結合力とウェットエンドにおける機能利用, セルロース学会第11回年次大会, 2004.07.
188. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之, チオール基修飾セルロース誘導体による自己組織化膜の調製と表面構造解析, セルロース学会第11回年次大会, 2004.07.
189. 松山佳奈、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, 表面モルフォロジーに基づく紙のサイズ性発現因子の解析, 平成16年度繊維学会年次大会, 2004.06.
190. Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Self-assembled monolayer of thiol derivative of cellulose on Au interface, 227th American Chemical Society National Meeting, 2004.03.
191. 横田慎吾、北岡卓也、田中浩雄, 再生セルロース膜の表面構造解析 −造膜過程における影響因子−, セルロース学会第10回年次大会, 2003.07.
192. 横田慎吾、北岡卓也、田中浩雄, セルロース膜の調製と膜表面のキャラクタリゼーション, 第53回日本木材学会大会, 2003.03.
193. 三重野晶子、小瀬亮太、横田慎吾、近藤哲男, 水中カウンターコリジョン法によるコラーゲンナノファイバーの創製, 第60回高分子学会年次大会, 2011.05.
194. 横田慎吾、小瀬亮太、近藤哲男, キチンナノファイバー分散水の自己凝集特性, 第60回高分子学会年次大会, 2011.05.
195. Yokota S., Kondo T. , Surface modification in an aqueous system of biobased nanofibers prepared by counter collision, 241th ACS National Meeting & Exposition, 2011.03.
196. Yokota S., Nomura A., Goto A., Fukuda T., Tsujii Y., Kayahara E., Yamago S. , Synthesis and properties of well-defined concentrated brushes of weak polyelectrolytes, Japan-Taiwan Joint Symposium on Innovative Synthesis for New Materials Chemistry, 2010.10.
197. 横田慎吾、野村晃敬、後藤 淳、福田 猛、辻井敬亘、茅原栄一、山子 茂, 弱電解質型ポリマーブラシにおける濃厚ブラシ効果, 第59回高分子討論会, 2010.09.
198. 横田慎吾、野村晃敬、後藤 淳、福田 猛、辻井敬亘、茅原栄一、山子 茂, Swelling properties of concentrated polymer brushes of weak polyelectrolytes, 第59回高分子学会年次大会, 2010.05.
199. 龍野大輔、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, 逆ミセルを反応場とする糖鎖修飾金ナノ粒子の合成とナノ構造制御, 第60回日本木材学会大会, 2010.03.
200. Yoshiike Y., Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Self-assembling immobilization and bio-functional design of chitin nanolayers on a gold surface, 2009 Busan-Gyeongnam/Kyushu-Seibu Joint Symposium on High Polymers (14th) and Fibers (12th), 2009.10.
201. 横田慎吾、北岡卓也, NMMO酸化還元系を利用した金ナノ粒子合成とin situ糖鎖表面修飾, 第58回高分子討論会, 2009.09.
202. 吉山千春、横田慎吾、北岡卓也, ヒアルロン酸固定膜の表面ナノ構造とバイオインターフェース機能, 第58回高分子討論会, 2009.09.
203. 吉池由佳、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, キチン系糖鎖配向膜の表面ナノ構造とバイオインターフェース機能, 第58回高分子討論会, 2009.09.
204. 吉山千春、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, ヒアルロン酸分子鎖配向固定膜のバイオインターフェース機能, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
205. 横田慎吾、北岡卓也、Martina Opietnik、Thomas Rosenau, NMMO系反応場での金ナノ粒子合成と糖鎖によるその場修飾, セルロース学会第16回年次大会, 2009.07.
206. 吉池由佳、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, キチン系糖鎖配向膜の調製とバイオインターフェース機能, セルロース学会第16回年次大会, 2009.07.
207. Rosenau T., Opietnik M., Potthast A., Yokota S., Kitaoka T., Carbohydrate-gold nanoparticles: synthesis, chemistry and applications, Cellulose Symposium 2009, Zellcheming 104th Annual Meeting and EXPO, 2009.06.
208. Egusa S., Yokota S., Esaki K., Ogawa Y., Kitaoka T., Wariishi H., Goto M., Bioactive paper designed by surface modification with lactose via nonaqueous biocatalysis, 7th International Paper and Coating Chemistry Symposium 2009, 2009.06.
209. Kitaoka T., Yokota S., Opietnik M., Rosenau T., Novel synthesis of gold nanoparticles for in situ conjugation with various carbohydrates via an NMMO-mediated redox reaction, 237th American Chemical Society National Meeting, 2009.03.
210. Suchy M., Linder M., Yokota S., Kitaoka T., Vuorinen T., Kontturi E., Cellulose model surfaces of different crystalline characteristics and their evaluation in enzyme adsorption and hydrolysis, 237th American Chemical Society National Meeting, 2009.03.
211. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之、Martina Opietnik、Thomas Rosenau, アミンオキシド系反応場での金ナノ粒子合成とin situ糖鎖修飾, 第59回日本木材学会大会, 2009.03.
212. 吉池由佳、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, キチン分子配向膜のナノ構造設計および界面特性, 第59回日本木材学会大会, 2009.03.
213. 江嵜慶、江草静香、横田慎吾、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏, 非水系酵素反応によるセルロース膜の糖鎖修飾とバイオインターフェース機能, 第59回日本木材学会大会, 2009.03.
214. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之、杉山淳司, セルロース系自己組織化薄膜のナノ構造解析と界面機能, セルロース学会第15回年次大会, 2008.07.
215. 吉山千春、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, 糖鎖修飾金ナノ粒子の合成と細胞センシングに向けた機能設計, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.
216. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之, NMMO/H2O系におけるセルロース/金ナノ粒子複合体の調製, 繊維学会2008年次大会, 2008.06.
217. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之、杉山淳司, 分子鎖ベクトルを制御した多糖ナノ薄膜のバイオインターフェース機能, 繊維学会2008年次大会, 2008.06.
218. 江嵜慶、横田慎吾、江草静香、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏, 糖鎖修飾セルロース膜の表面モルフォロジーと細胞培養特性, 繊維学会2008年次大会, 2008.06.
219. Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Sugiyama J., Biofunctional cellulosic nanomaterials designed by self-assembly, 235th American Chemical Society National Meeting, 2008.04.
220. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之, セルロース分子鎖で表面修飾した金ナノ粒子複合体の調製とナノ構造解析, 第58回日本木材学会大会, 2008.03.
221. 江嵜 慶、江草静香、横田慎吾、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏, ラクトース修飾セルロース膜の表面構造解析と細胞培養特性, 第58回日本木材学会大会, 2008.03.
222. Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Sugiyama J., Bio-functional interfaces composed of cellulosic biopolymers, 2007 Pusan-Gyeongnam/Kyushu-Seibu Joint Symposium on High Polymers (13th) and Fibers (11th), 2007.11.
223. Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Sugiyama J., Cellulosic bio-interface designed by vectorial chain immobilization via self-assembly,, 2nd International Cellulose Conference, 2007.10.
224. 横田慎吾、江嵜 慶、江草静香、北岡卓也、割石博之、杉山淳司, 構造性多糖分子配向膜の表面ナノ構造と細胞培養特性, 第59回日本生物工学会大会, 2007.09.
225. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之、杉山淳司, 構造性多糖分子配向膜のバイオインターフェース機能, 第38回繊維学会夏季セミナー, 2007.09.
226. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之, NMMO/水系における金ナノ粒子合成とセロオリゴ糖鎖のin situ表面修飾, 第44回化学関連支部合同九州大会, 2007.07.
227. 横田慎吾、上野友嗣、北岡卓也、割石博之, AFMによるセルロース系多糖分子のナノイメージング, セルロース学会第14回年次大会, 2007.07.
228. 江草静香、横田慎吾、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏, 非水系酵素触媒反応による生理活性糖からの非天然多糖合成, セルロース学会第14回年次大会, 2007.07.
229. 江嵜 慶、横田慎吾、江草静香、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏, 非水系酵素反応によるセルロース膜表面の糖鎖修飾と細胞培養特性, セルロース学会第14回年次大会, 2007.07.
230. 横田慎吾、江嵜 慶、江草静香、北岡卓也、割石博之、杉山淳司, 多糖分子配向膜のナノ構造制御とバイオインターフェース機能, 繊維学会2007年次大会, 2007.06.
231. 江嵜 慶、横田慎吾、江草静香、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏, 糖鎖修飾セルロース膜のバイオインターフェース機能, 繊維学会2007年次大会, 2007.06.
232. 江草静香、江嵜 慶、横田慎吾、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏, 非水系酵素触媒反応による糖鎖合成と多糖基材の表面修飾, 化学工学会第72年会, 2007.03.
233. 横田慎吾、江草静香、江嵜 慶、北岡卓也、割石博之、杉山淳司, ナノ構造を制御した多糖分子配向膜における動物肝細胞の培養特性, 化学工学会第72年会, 2007.03.
234. 上野友嗣、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, セルロース単分子鎖からなるナノネットワーク構造のAFM観察, 第56回日本木材学会大会, 2006.08.
235. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之、杉山淳司, 多糖分子配向膜の調製と膜界面の機能デザイン, 第56回日本木材学会大会, 2006.08.
236. 江草静香、横田慎吾、田中京子、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏, 酵素反応によるセルロース固体表面の糖鎖修飾と細胞培養特性, 第43回化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
237. 江草静香、横田慎吾、田中京子、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏, 非水系酵素反応によるセルロース合成と固体表面の糖鎖修飾, セルロース学会第13回年次大会, 2006.07.
238. 前田健一郎、横田慎吾、上野友嗣、北岡卓也、割石博之, セルロース分子修飾金ナノ粒子の調製とキャラクタリゼーション, セルロース学会第13回年次大会, 2006.07.
239. 上野友嗣、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, AFMによるセルロース系高分子ナノ構造のダイナミクス観察, セルロース学会第13回年次大会, 2006.07.
240. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之、杉山淳司, 分子鎖ベクトル制御によるセルロース分子配向膜の構造設計, セルロース学会第13回年次大会, 2006.07.
241. 松山佳奈、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, 自己組織化によるセルロース誘導体薄膜の調製とキャラクタリゼーション, 繊維学会2006年次大会, 2006.06.
242. Yokota S., Kitaoka T., Sugiyama J., Wariishi H., Preparation and structural characteristics of self-assembled cellulose I layer, 6th International Paper and Coating Chemistry Symposium 2006, 2006.06.
243. Ohta T., Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Ona T., Preparation and wet-end performance of cellobiose-pendant polymer, International Symposium on Wood Science and Technology 2005, 2005.11.
244. Yokota S., Kitaoka T., Sugiyama J., Wariishi H., Structural characteristics of cellulose layer self-assembled on Au surface, International Symposium on Wood Science and Technology 2005, 2005.11.
245. Matsuyama K., Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Wetting and morphological characteristics of cellulosic substrates, International Symposium on Wood Science and Technology 2005, 2005.11.
246. 上野友嗣、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, 原子間力顕微鏡によるセルロース誘導体分子の観察, 第12回日本木材学会九州支部大会, 2005.08.
247. 松山佳奈、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, 熱応答性メチルセルロース自己組織化膜の表面モルフォロジーとぬれ特性, 第42回化学関連支部合同九州大会, 2005.07.
248. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之、杉山淳司, セルロース分子配向膜の設計およびキャラクタリゼーション, セルロース学会第12回年次大会, 2005.07.
249. 大田剛史、横田慎吾、北岡卓也、割石博之、小名俊博, ウェットエンド相互作用系で機能発現する糖鎖アンカーの設計, セルロース学会第12回年次大会, 2005.07.
250. Matsuyama K., Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H.,, Surface morphology and water repellency of sized cellulosic substrates, 13th International Symposium on Wood, Fibre and Pulping Chemistry (ISWFPC), 2005.05.
251. Ohta T., Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Ona T., Wet-end interaction of cellulose-affinity molecules as retention promoter, 13th International Symposium on Wood, Fibre and Pulping Chemistry (ISWFPC), 2005.05.
252. Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Architectural design of cellulose monolayer at Au interface, 13th International Symposium on Wood, Fibre and Pulping Chemistry (ISWFPC), 2005.05.
253. 大田剛史、横田慎吾、北岡卓也、割石博之、小名俊博, ウェットエンドでの機能利用に向けたセルロースアンカー分子の設計, 第55回日本木材学会大会, 2005.03.
254. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之、杉山淳司, 自己組織化による結晶性セルロース分子アーキテクチャーの創製, 第55回日本木材学会大会, 2005.03.
255. 松山佳奈、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, メチルセルロース自己組織化膜の調製と膜界面のぬれ特性, 第55回日本木材学会大会, 2005.03.
256. Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Preparation and characterization of cellulose monolayer, 2nd International Symposium on Technologies of Pulping, Papermaking and Biotechnology on Fiber Plants (ISTPPBFP), 2004.10.
257. 大田剛史、横田慎吾、北岡卓也、割石博之、小名俊博, セルロースアンカー分子の探索とウェットエンド相互作用系における機能利用, 平成16年度繊維学会秋季研究発表会, 2004.09.
258. 松山佳奈、横田慎吾、山本浩己、北岡卓也、割石博之, サイズ分子と基質表面成分の相互作用力とサイズ性応答現象, 第54回日本木材学会大会, 2004.08.
259. 大田剛史、横田慎吾、北岡卓也、割石博之、小名俊博, セルロースアンカー分子のアフィニティ評価とウェットエンドでの機能発現, 第54回日本木材学会大会, 2004.08.
260. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之, セルロース自己組織化膜の結晶構造解析, 第54回日本木材学会大会, 2004.08.
261. 大田剛史、横田慎吾、北岡卓也、割石博之、小名俊博, ウェットエンドで機能するセルロースアンカー分子の探索と利用, セルロース学会第11回年次大会, 2004.07.
262. 松尾久美子、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, セルロース分解酵素の基質結合力とウェットエンドにおける機能利用, セルロース学会第11回年次大会, 2004.07.
263. 横田慎吾、北岡卓也、割石博之, チオール基修飾セルロース誘導体による自己組織化膜の調製と表面構造解析, セルロース学会第11回年次大会, 2004.07.
264. 松山佳奈、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, 表面モルフォロジーに基づく紙のサイズ性発現因子の解析, 平成16年度繊維学会年次大会, 2004.06.
265. Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Self-assembled monolayer of thiol derivative of cellulose on Au interface, 227th American Chemical Society National Meeting, 2004.03.
266. 横田慎吾、北岡卓也、田中浩雄, 再生セルロース膜の表面構造解析 −造膜過程における影響因子−, セルロース学会第10回年次大会, 2003.07.
267. 横田慎吾、北岡卓也、田中浩雄, セルロース膜の調製と膜表面のキャラクタリゼーション, 第53回日本木材学会大会, 2003.03.
特許出願・取得
特許出願件数  1件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
高分子学会
日本木材学会
繊維学会
セルロース学会
アメリカ化学会
学協会役員等への就任
2017.09~2018.08, 日本木材学会九州支部, 理事.
2015.10~2017.03, 繊維学会西部支部, 幹事.
2014.04~2016.03, 繊維学会西部支部, 会計幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.09.12~2019.09.13, セルロース学会第23回年次大会, 座長(Chairmanship).
2019.07.11~2019.07.12, セルロース学会第26回年次大会, 実行委員・庶務.
2018.03.14~2018.03.16, 第68回日本木材学会大会, 部門委員.
2017.10.17~2017.10.20, The 4th International Cellulose Conference, 座長(Chairmanship).
2016.07.14~2016.07.15, セルロース学会第23回年次大会, 座長(Chairmanship).
2016.07.02~2016.07.02, 第53回化学関連支部合同九州大会, 座長(Chairmanship).
2016.03.27~2016.03.29, 第66回日本木材学会大会, 座長(Chairmanship).
2015.03.17~2015.03.18, 第65回日本木材学会大会, 座長(Chairmanship).
2014.03.13~2014.03.15, 第64回日本木材学会大会, 座長(Chairmanship).
2017.11.01~2017.11.02, 平成29年度 繊維学会秋季研究発表会, 実行委員.
2017.10.16~2017.03.17, The 3rd Symposium on Bacterial NanoCellulose, Local Committee.
2017.03.17~2017.03.19, 第67回日本木材学会大会(福岡大会), 実行委員.
2016.07.02~2016.07.02, 第53回化学関連支部合同九州大会, 世話人.
2015.11.12~2015.11.14, 2015 Pusan-Gyeongnam/Kyushu-Seibu Joint Symposium on High Polymers(17th) and Fibers (15th), 実行委員.
2015.07.29~2015.07.31, 平成27年度 第45回繊維学会夏季セミナー, 実行委員.
2014.07.17~2014.07.18, セルロース学会第21回年次大会, 実行委員(プログラム担当).
2014.06.28~2014.06.28, 第51回化学関連支部合同九州大会, 実行委員.
2013.09.02~2013.09.03, 第20回日本木材学会九州支部大会, 運営委員(講演集担当).
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2019.09~2020.09, Fibers, 国際, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度      
2018年度      
2017年度    
2016年度      
2015年度      
2014年度      
2013年度      
2012年度      
2011年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Orlando, Orange County Convention Center, UnitedStatesofAmerica, 2019.03~2019.04.
University of Applied Sciences Jena, Germany, 2017.08~2017.08.
Hyatt Regency Montreal, Canada, 2017.06~2017.06.
Aalto University, Finland, 2016.09~2016.12.
Paper and Fibre Research Institute, Norway, 2016.10~2016.10.
Abo Akademi University, Finland, 2016.06~2016.06.
Aalto University, Finland, 2016.06~2016.06.
World Trade Center of Grenoble, France, 2016.06~2016.06.
San Diego Convention Center, UnitedStatesofAmerica, 2016.03~2016.03.
TAIPEI SUNWORLD DYNASTY Hotel, Taiwan, 2016.03~2016.03.
Hawaii Convention Center, UnitedStatesofAmerica, 2015.12~2015.12.
Dong-A University, Korea, 2015.11~2015.11.
Acropolis Convention Center, France, 2013.10~2013.10.
Nanjing Forestry University, China, 2012.11~2012.11.
Virginia Polytechnic Institute and State University, UnitedStatesofAmerica, 2012.06~2012.06.
Hyatt Regency Montreal, Canada, 2012.06~2012.06.
韓国釜山市釜山大学, Inha University, Korea, 2011.10~2011.11.
Anaheim Convention Center, UnitedStatesofAmerica, 2011.03~2011.03.
Hawaii Convention Center, UnitedStatesofAmerica, 2010.12~2010.12.
受賞
平成22年度繊維学会紙・パルプ論文賞, 社団法人 繊維学会, 2011.06.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, ピッカリングエマルションを利用したナノセルロースのヤヌス型表面分子設計.
2013年度~2015年度, 若手研究(A), 代表, セルロースナノ材料の界面設計と三次元構造化.
2011年度~2012年度, 若手研究(B), 代表, 精密重合による多糖分子配向基材の界面機能設計.
2009年度~2010年度, 特別研究員奨励費, 分子配向集積化による多糖系高分子ナノ複合界面の構造構築と機能創出.
2007年度~2008年度, 特別研究員奨励費, ナノ配向集積化による多糖分子構造膜の界面機能設計.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2015年度~2017年度, セルロースナノファイバー活用製品の性能評価事業委託業務, 分担, 多機能性・竹ナノセルロースの低エネルギー型生産プロセスの確立.
2012年度~2013年度, JST 復興促進プログラム(A-STEP)探索タイプ, 代表, セルローステンプレートを用いた金属ナノワイヤー配線技術.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2016.04~2017.03, 平成28年度 物質・デバイス領域共同研究課題
アルカリ活性化を介したセルロースナノファイバーの水系表面設計
.
寄附金の受入状況
2018年度, 財団法人 中村治四郎育英会 , 平成30年度中村奨励金/バイオナノファイバー微小表面領域における反応特性解析.
2012年度, 財団法人 中村治四郎育英会 , 平成24年度(第38回)中村奨励金/セルロース分子配向膜の表面化学修飾による有機-無機複合体の創製.
学内資金・基金等への採択状況
2017年度~2017年度, 平成29年度九州大学研究活動基礎支援制度「国際学会派遣支援」(第2回), 代表, Surface active nanocellulose prepared by the aqueous counter collision method.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」