九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
加美(西岡) 由紀子(かみ(にしおか) ゆきこ) データ更新日:2019.06.25

助教 /  歯学研究院 歯学部門 口腔顎顔面病態学


主な研究テーマ
Compressed Sensingを用いた頭頚部病変の画像診断
キーワード:MRI、Compressed センシング、頭頚部病変
2018.07~2022.03.
頭頸部領域における紡錘細胞癌の画像診断
キーワード:紡錘細胞癌
2016.04~2018.06.
Diffusion Tensor TractographyおよびArterial Spin Labelingを用いた摂食時における脳内活動ネットワークシステムの探索
キーワード:摂食、脳活動、MRI、DTT、ASL
2010.05~2015.03.
Phase Contrastを用いた顎顔面領域の非侵襲的血管描出および解剖画像との重ね合わせに関する研究
キーワード:MRI、PC、舌動脈、顔面動脈
2010.05~2011.06.
Diffusion Tensor TractographyおよびArterial Spin Labeling用いたヒト味覚伝導路の探索
キーワード:味覚、MRI、DTT、ASL
2009.05~2011.03.
頭頚部領域における神経原性腫瘍の画像診断
キーワード:神経鞘腫、神経線維腫、CT、MRI、超音波
2009.05~2010.12.
functional MRIを用いたヒト味覚野の研究
キーワード:味覚、fMRI
2005.05~2009.03.
研究業績
主要原著論文
1. Yukiko Nishioka Kami, Misa Sumi, Yukinori Takagi, Miho Sasaki, Masataka Uetani, Taku Nakamura, Arterial Spin Labeling Imaging for the Parotid Glands of Patients with Sjögren's Syndrome, PLoS One, 10.1371/journal.pone.0150680. eCollection 2016., 2016.03.
2. Toru Chikui, Kitamoto Erina, Yukiko Nishioka Kami, Shintaro Kawano, Kouji Kobayashi, Kamitani Takeshi, Makoto Obara, Kazunori Yoshiura, Dynamic contrast-enhanced MRI of oral squamous cell carcinoma: A preliminary study of the correlations between quantitative parameters and the clinical stage, The British Journal of Radiology, http://dx.doi.org/10.1259/bjr.20140814, 2015.04.
3. Kami YN, Chikui T, Shiraishi T, Inadomi T, Nishioka M, Yuasa K, Yoshiura K, A new method for displaying the lingual artery using high-resolution three-dimensional phase-contrast magnetic resonance angiography, nternational Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, 42: 1494-1498, 2013.04.
4. Kami YN, Chikui T, Okamura K, Kubota Y, Oobu K, Yabuuchi H, Nakayama E, Hashimoto K, Yoshiura K, Imaging findings of neurogenic tumors in the head and neck region., Dentomaxillofacial Radiology, 41, 18-23, 2012.01.
5. Chikui T, Shiraishi T, Ichihara T, Kawazu T, Hatakenaka M, Kami Y, Yuasa K, Yoshiura K, Effect of clenching on T2 and the diffusion parameters of the masseter muscle., Acta Radiologica, 51(1), 58-63, 2010.02.
6. Kami YN, Goto TK, Tokumori K, Yoshiura T, Kobayashi K, Nakamura Y, Honda H, Ninomiya Y, Yoshiura K, The development of a novel automated taste stimulus delivery system for fMRI studies on the human cortical segregation of taste., Journal of Neuroscience Methods, 172, 48-53, 2008.04.
主要学会発表等
1. 加美由紀子、筑井徹, 栂尾理, 大賀正浩, 吉浦一紀, Compressed SENSEを用いた頭頚部病変の画像評価, 日本歯科放射線学会第60回学術大会, 2019.06.
2. 加美由紀子, 筑井 徹, 山元英崇, 瓜生 英興, 松村 香織, 吉浦 一紀, 上顎洞に発生したSpindle cell carcinomaの1例, 日本歯科放射線学会 第21回 臨床画像大会, 2016.10, 紡錘細胞癌(Spindle cell carcinoma)は、扁平上皮癌の一亜型として分類される上皮性の悪性腫瘍で、扁平上皮成分と紡錘形細胞を主体とした肉腫様成分を同一組織内にあわせ持つことを特徴とする。皮膚や上部消化管などに発生するがその頻度は低く、上顎洞を含め口腔領域での発生はさらに低いとされる。今回われわれは、上顎洞に発生したSpindle cell carcinomaの1症例を経験したので報告した。.
3. 加美由紀子, 筑井徹, 吉浦敬, 樋渡昭雄, 西岡真人, 舩津亮平, 小林幸二, 小原真, 本田浩, 吉浦一紀, 咀嚼がヒト脳機能に及ぼす影響〜Arterial Spin Labeling(ASL)を用いた評価〜, 第55回日本歯科放射線学会総会・学術大会, 2014.06.
4. 加美由紀子, 角美佐, 高木幸則, 中村卓, Arterial Spin Labeling(ASL)を用いたシェーグレン症候群患者の耳下腺血流評価, 第18回日本歯科放射線学会臨床画像大会, 2013.11.
5. 西岡真人, 筑井徹, 加美由紀子, 吉浦一紀, 高橋一郎, 咀嚼と脳機能の関連〜Arterial Spin Labeling (ASL)を用いた評価〜, 第72回日本矯正歯科学会大会, 2013.10.
6. 加美由紀子, 角美佐, 中村卓, Arterial Spin Labeling (ASL)を用いた耳下腺機能評価, 第54回日本歯科放射線学会学術大会, 2013.06.
7. 加美由紀子, 筑井徹, 西岡真人, 小林幸次, 舩津亮平, 吉浦敬, 徳森謙二, 吉浦一紀, 咀嚼と脳機能の関連〜MRIを用いた評価〜, 第32回日本歯科放射線学会関西・九州合同地方会, 2012.12.
8. Yukiko N. Kami, Toru Chikui, Tomoko Shiraishi, Daisuke Inadomi, Masato Nishioka, Toshiyuki Kawazu, Kenji Tokumori, Kenji Yuasa, Kazunori Yoshiura, 3D-PC MRA of lingual artery superimposed on the anatomical images, 18th International Congress of Dento-Maxillo-Facial Radiology, 2011.05.
9. 筑井徹、畠中正光、薮内英剛、古閑省一、西川啓、加美由紀子、小原真, 口腔扁平上皮癌症例の術前治療効果判定(TK modelによる薬物動態解析と組織学的抗腫瘍効果判定の相関)., 第38回日本磁気共鳴医学会大会, 2010.09.
10. 筑井徹、畠中正光、薮内英剛、古閑省一、西川啓、加美由紀子、小原真, 口腔扁平上皮癌症例の術前治療効果判定(Brix modelによる薬物動態解析と組織学的抗腫瘍効果判定の相関)., 第38回日本磁気共鳴医学会大会, 2010.09.
11. 加美由紀子、筑井徹、岡村和俊、吉浦一紀, 頭頸部領域のneurogenic tumorの画像所見., 第14回日本歯科放射線学会臨床画像大会, 2009.10.
12. Goto TK, Kami YN, Tokumori K, Yoshiura T, Kobayashi K, Nakamura Y, Honda H, Ninomiya Y, Yoshiura K, Functional MRI studies for human cortical representation of taste -the development of a novel, automated taste stimulus delivery system-., The Joint Meeting of the 3rd Symposium on Oral Health Science and the 3rd symposium on Dental and Craniofacial Morphogenesis and Tissue Regeneration, 2008.01.
13. 加美由紀子、後藤多津子、徳森謙二、吉浦敬、小林幸次、中村泰彦、 本田浩、二ノ宮裕三、吉浦一紀, fMRIによる味覚の脳機能領域の同定 -刺激提示装置の開発-., 第2回「口腔健康科学」シンポジウム, 2007.02.
学会活動
所属学会名
日本矯正歯科学会
日本歯科放射線学会
日本磁気共鳴医学会
受賞
優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2013.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2021年度, 基盤研究(C), 代表, Compressed sensingを用いた頭頸部病変の高時間分解能血流動態評価.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 分担, 顎顔面部における可動性蛋白質/ペプチドの化学交換イメージングの検討.
2012年度~2014年度, 基盤研究(C), 分担, MRIによる頭頸部病変のpermeability及びperfusionの総合評価.
2012年度~2015年度, 若手研究(B), 代表, DTTおよびASLを用いた摂食時における脳内活動ネットワークシステムの探索.
2009年度~2010年度, 若手研究(スタートアップ), 代表, 拡散テンソルおよび血液スピンラベリングを用いたヒト味覚伝導路の探索.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」