九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
渡邊 由紀子(わたなべ ゆきこ) データ更新日:2019.07.18

准教授 /  附属図書館


主な研究テーマ
図書館における情報の管理・提供方法に関する実証的研究
キーワード:図書館, 情報管理, 情報サービス
2011.04.
従事しているプロジェクト研究
学修環境充実のためのエデュケーショナルライブラリアン育成支援システムの開発と評価
2014.03~2017.03, 代表者:渡邊由紀子, 九州大学, 九州大学
近年,文部科学省の答申等でも記載されているように,高等教育の質的変換が求められ,研究や教育リソースが集約されている大学図書館が授業外学習支援の場として注目されている。しかし有効な授業外学習支援を大学図書館で行うためには教育・学習支援に関する知識・スキルを大学図書館員が学ぶことや大学図書館員の学習活動そのものを効果的にする学習支援環境が求められる。そこで,本研究は図書館情報学だけではなく,教育・学習研究の観点も含めた大学図書館員の専門性の再構築をするとともに,再構築された専門性に合わせた教材開発,知識・スキルの転移を支援する機能を開発し,評価する。.
日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望
2012.06~2013.03, 代表者:小田光宏, 青山学院大学, 国立国会図書館
本研究は,図書館の情報サービスの核とされるレファレンスサービスについて,その実態を把握するとともに,国民のこのサービスに対する認識を明確にしようとするものである。その上で,これからの日本社会に図書館が貢献するための方策を導き出せるように,得られたデータや見解を分析し,課題と展望に関して指摘することを目指している。.
研究業績
主要著書
1. 渡邊 由紀子, 日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望(2.1, 2.3, 3.2 執筆), 国立国会図書館, 2013.03, [URL], 「本研究は、図書館の情報サービスの核とされるレファレンスサービスについて、その実態を把握するとともに、国民のこのサービスに対する認識を明確にしようとするものです。その上で、これからの日本社会に図書館が貢献するための方策を導き出せるように、得られたデータや見解を分析し、課題と展望に関して指摘することを目指しています。」 http://current.ndl.go.jp/report/no14.
2. 渡邊由紀子, タイトルページを読む楽しみ : 図書館ラテン語入門(第3章, 第6章), 九州大学附属図書館, 2001.03.
主要原著論文
1. 渡邊 由紀子, 図書館職員による「情報サービス演習」―九州大学における事例―, 日本図書館協会図書館情報学教育部会会報, 125, 5-8, 2019.05, [URL].
2. Emi Ishita, Yasuko Hagiwara, Yukiko Watanabe, and Yoichi Tomiura., Which Parts of Search Results do Researchers Check when Selecting Academic Documents?, Proceedings of the 18th ACM/IEEE on Joint Conference on Digital Libraries (JCDL'18), DOI:10.1145/3197026.3203867, 2018, 345-346, 2018.06, Our goal is to propose an alternative retrieval system of academic documents based on researcher’s behavior in practice. In this study, a questionnaire survey was conducted. Question items were developed from findings in the previous observational study for researcher’s behavior. From the results of 46 respondents, the top three elements checked in the search results were title, abstract, and the full-text version. They also checked structure “Introduction” in the full-text rather than other structures when they found previous research in an unfamiliar field. These results indicate that researchers use different ways for selecting documents based on the type of documents they look for..
3. Yasuko Hagiwara, Emi Ishita, Emiko Mizutani, Kana Fukushima, Yukiko Watanabe, Yoichi Tomiura, Identifying Key Elements of Search Results for Document Selection in the Digital Age: An Observational Study, Proceedings of the 19th International Conference on Asia-Pacific Digital Libraries (ICADL 2017), LNCS 10647, 237-242, 2017.11, Academic database systems are vitally important tools for enabling researchers to find relevant, useful articles. Identifying how researchers select documents from search results is an extremely useful measure for improving the functions or interfaces of academic retrieval systems. This study aims to reveal which elements are checked, and in what order, when researchers select from among search results. It consists of two steps: an observational study of search sessions performed by researchers who volunteered, and a questionnaire to confirm whether extracted elements and patterns are used. This article reports findings from the observational study and introduces questions we developed based on the study. In the observational study we obtained data on nine participants who were asked to search for documents using information retrieval systems. The search sessions were recorded using a voice recorder and by capturing screen images. The participants were also asked to state which elements they checked in selecting documents, along with the reasons for their selections. Three patterns of order of checking were found. In pattern 1, seven researchers used titles and abstracts as the primary elements. In pattern 2, the others used titles and then accessed the full text before making a decision on their selection. In pattern 3, one participant searched for images and accessed the full text from the link in those pictures. We also found participants used novel elements for selecting. We subsequently developed items for a questionnaire reflecting the findings..
4. Kana Fukushima, Emi Ishita, Yukiko Watanabe, Exploring Issues and Challenges in Writing Support in Japanese Universities, Proceedings of the 8th Asia-Pacific Conference of Library & Information Education and Practice (A-LIEP 2017), 98-107, 2017.11, Background. In recent years, a decline in the academic ability of Japanese university students is regarded as a problem. Contemporaneous with this decline and concerns about students’ poor writing skills, a number of universities that introduced academic writing education in courses are increasing with some universities providing writing support outside courses. However, the outside courses supports have some differences in the management units or instructional contents.
Objectives. This paper aimed to examine the diversity of writing supports in Japan and to clarify the issues of these supports.
Methods. We surveyed the writing support websites of all 86 national universities in Japan using site search. In the event the websites lacked certain information, we searched the related literature. The survey items were as follows: size of university, name of writing support, management unit, instructor, instructors’ training, instructional contents, targeted student, supporting language, start year, and the URL of the writing support.
Results. In all 86 national universities, 28 universities (32.5%) provided 36 different writing supports. The main management unit was libraries, accounting for 58%. Regarding to instructors, 21 of 36 supports employed graduate students. Seven supports employ only professional staffs. There were two supports provided by undergraduate students along with graduate students. Focusing on library units, 16 libraries provided supports by only graduate students. Graduate students played the main role as the instructor in writing supports. Most of the supports provided only academic writing support.
Contributions. These results and considerations contribute toward the future direction of writing supports in universities..
5. Emi Ishita, Yukiko Watanabe, Yasuko Hagiwara, Kana Fukushima, Emiko Mizutani, Xi Li, Christopher S.G. Khoo, Use of Social Network Services and Information Sharing: Comparison of Japan and Singapore, Proceedings of the 8th Asia-Pacific Conference of Library & Information Education and Practice (A-LIEP 2017), 15-25, 2017.11, Background. In the changing IT environment of the digital age, many people are accessing the Internet and social networking services (SNS) using mobile media several times a day. In particular, the percentage of people using SNS is especially high. We assume that what and how people communicate and share information on SNS among young people are affected by the changing IT environment but also the national environment and culture.
Objectives. The purpose of this study is to clarify the use of SNS and information sharing on SNS among the young generation, especially university students in Japan and Singapore, using questionnaire surveys. The survey is part of an international research collaboration.
Methods. We conducted the questionnaire survey in Japan in July 2017, and in Singapore in November 2016 and March 2017 in Singapore. We obtained 388 respondents in Japan and 180 respondents in Singapore.
Results. The survey results between Japan and Singapore shows different characteristics of use of SNS, time spent on the respondent’s primary SNS, and the number of friends/followers. In both countries, there is a high percentage of SNS access via smartphones. The most popular type of information shared on SNS is entertainment and leisure information. Regarding the perceived benefits of using SNS, students in both countries are entertained by SNS content and think it is useful for maintaining human relationships.
Contributions. The results are useful basic data for comparing with other countries. We plan to conduct the same survey in different Asian countries..
6. 渡邊 由紀子, 兵藤 健志, 山田 政寛, アンカードインストラクションに基づく大学図書館員向けビデオ教材の開発, 図書館学, 110, 1-9, 2017.03, 大学教育改革の流れの中で,学生の主体的な学修のベースとなる大学図書館の機能強化が求められている。大学図書館が学修環境を充実させるためには,コンテンツ,学習空間,人的支援を有機的に連携させることが重要である。そして,大学図書館が学習支援を有効に行うためには,教育・学習支援に関する知識・スキルを大学図書館員が学ぶ必要がある。しかし,大学図書館員が集合研修やeラーニングで教育・学習支援に関する知識やスキルを習得しても,実際の場面で活用するという,いわゆる転移がされにくい状況が起きる。これは,知識が活用される文脈に錨付け(Anchored)されないために起こると考えられている。
 そこで,本研究では,学習支援を担当する大学図書館員を対象としたeラーニングの学習教材を開発し評価するとともに,それらの教材を通じて学んだ知識やスキルの転移を支援するために,学習科学の研究知見であるアンカードインストラクションを活用したストーリーベースのビデオ教材を開発し評価することを目的としているが,本発表では,後者のストーリーベースのビデオ教材の開発について報告する。
 開発にあたっては,大学図書館員が図書館で実際に行われている学習支援の状況をストーリー化し,そのストーリーの中で,eラーニングの学習教材で学んだ内容を活用して問題解決を行い,活用すべき知識とスキルが実践的な利用文脈と関連付くことを目指した。今回開発したビデオ教材は,情報リテラシー教育編,学生サポーター編,ラーニングコモンズ編の3タイプであり,九州大学附属図書館の全面的な協力を得て,映像制作会社に委託し制作を進めた。.
7. 兵藤 健志, 渡邊 由紀子, 図書館職員をハブとした情報リテラシー教育の展開 ―九州大学の実践をもとに―, 大学図書館研究, 105, 50-60, 2017.03, 大学図書館による情報リテラシー教育を,アクティブ・ラーニングを促進する学習・教育支援活動と広義に捉え,情報リテラシー教育を展開するための図書館職員の役割について,九州大学の事例をもとに実証的に考察した。九州大学附属図書館は,学内プログラムの枠組みを利用して,学習・教育支援体制の整備を進めており,学生や教員との協働による多様な情報リテラシー教育の取り組みの中で,図書館職員はハブとしての役割を果たしている。その役割を担うためには,学習・教育支援に関する専門性を向上させる人材育成が重要となることを明らかにした。.
8. 渡邊 由紀子, レファレンスインタビューの意義と方法, びぶろす-Biblos, 75, 3-9, 2017.01, [URL], 本稿では、質問回答サービスを担当する図書館員のレファレンス能力育成の一助となることを目指して、筆者が2013年度より担当している国立国会図書館の「レファレンス・サービス研修」 の講義録をもとに、利用者の要求を的確に把握するためのレファレンスインタビューの意義と方法について解説した。.
9. Sachiko Nakajima, Yukiko Watanabe, Sachio Hirokawa, Survey on Japanese Academic Library Reference Services, Proc. AROB2016, 403-408, 2016.01, The authors analyzed Japanese academic libraries’ websites for reference-related activities, especially how libraries inform users of terminology as well as virtual reference materials through email or web-forms on their main webpages. Major differences were found in a comparison with a survey of US academic libraries..
10. Yasuko Hagiwara, Meizhi Wu, Emiko Mizutani, Yukiko Watanabe, Emi Ishita, Yoichi Tomiura, An Experiment to Identify How Researchers Select Documents from Search Results, Proceedings of CiSAP Workshop (The annual meeting of the Consortium of iSchools Asia-Pacific), 8-11, 2015.12.
11. Emiko Mizutani, Emi Ishita, Yukiko Watanabe, Motofumi Yoshida, The Supporting Role of College and University Libraries in Student Success, Proceedings of CiSAP Workshop (The annual meeting of the Consortium of iSchools Asia-Pacific), 12-16, 2015.12.
12. Yukiko Watanabe, Kenshi Hyodo, Harumi Masumori, Determining Required Proficiencies for Student Assistants Providing Learning Support in Academic Libraries, Proceedings of CiSAP Workshop (The annual meeting of the Consortium of iSchools Asia-Pacific), 2015, 32-35, 2015.12, To effectively collaborate with student assistants providing learning support in academic libraries, it is necessary to determine required proficiencies for student assistants based on their role. This paper examines the Kyushu University Library as a cas.
13. Yukiko Watanabe, Kenshi Hyodo, Staff Development of Academic Librarians to Improve Information Literacy Education in the Digital Age, Proceedings of the 17th International Conference on Asia-Pacific Digital Libraries (ICADL 2015), 10.1007/978-3-319-27974-9, 324-325, 2015.12, For enhancing skills related to information literacy instruction in the digital age, we developed an education program for academic librarians, based on knowledge of learning science and educational technology. We evaluated the program in practice and dis.
14. Shinji Sato, Yukiko Watanabe, Emi Ishita, Evaluating Individual Artists' Use of SNS as a Method for Providing Information, Proceedings - 2015 IIAI 4th International Congress on Advanced Applied Informatics (AAI 2015), July 12-16, 2015, Okayama Convention Center, Okayama, Japan
, DOI 10.1109/IIAI-AAI.2015.211, 160-165, 2015.07, To verify whether the use of social networking service (SNS) as a method for providing information by individual artists is effective, the authors conducted a survey based on the results of a preliminary survey. First, one of the authors discussed with individual artists the method of providing information via SNS. Second, the study observed how individual artists provided information via SNS to SNS users. Third, a questionnaire survey was conducted on concert visitors, particularly on their source of information for such events, for analysis. Lastly, the authors examined users’ reactions to SNS content posted by the individual artists. The results indicated that 88.7% of the surveyed visitors used SNS, but 67.1% of them obtained the concert information from flyers and friends’ recommendation. This finding suggests that artists cannot expect to draw concert visitors who are not aware of such artists through SNS promotion. This information-sharing method may be effective for visitors who have come to an artist’s performance at least once. In other words, a hybrid method combining traditional media and SNS would be more effective. If artists posted richer and more varied content on SNS, they could attract more users’ attention. Further, different music genres may be a factor in the difference in fans’ preference for obtaining information..
15. 小田 光宏, 渡邊 由紀子, リヨンで議論 : 図書館員教育を,本の都市にて語り合う, 図書館雑誌, 108, 12, 818, 2014.12, [URL], 本稿では、2014年8月にリヨンで開催されたIFLAの教育・研修部会(SET:Education and Training Section)の会議と、SETが開催する分科会および図書館員の教育・研修に関する諸会合の概要を報告する。.
16. Shinji Sato, Yukiko Watanabe, Emi Ishita, Preliminary Survey on the Information-Providing Method in the Music Industry According to the Levels of SNS Media, Proceedings - 2014 IIAI 3rd International Conference on Advanced Applied Informatics (IIAI-AAI 2014), Kitakyushu, Japan, 31 August-4 September 2014, 10.1109/IIAI-AAI.2014.44, 173-176, 2014.09, In order to verify the effectiveness of the information-providing method for individual artists according to the levels of Social Networking Service (SNS) media, we conducted a preliminary survey of musical artists. The preliminary survey technique was as follows: (1) one of the authors gave lectures to the participating artists, (2) individual artists used the information-providing method according to each level of SNS media in order to deliver information, (3) artists performed a concert, and (4) we conducted interviews with the artists and evaluated the method. We found that our proposed method was effective in shortening the distance between artists and users, and the participating artists were aware of the effects of the method. We also found that it was necessary to select the appropriate information provided via each SNS due to artists’concerns. In addition, shifting users’ media from participating media to continuation media and from experience, participating, and continuation media to purchase media, our preliminary survey showed the effectiveness of the method. In this survey, we conducted interviews with guitarists, who served as the information providers. We also need to focus on users and their information-seeking behavior, which served to define information access. We plan to conduct additional interviews with users and to evaluate our proposed method in detail using quantitative evaluation methods, such as tracing the timeline of each SNS media source as well as the number of comments and individual accesses..
17. 有川 節夫, 渡邊 由紀子, 変わりゆく大学図書館員の役割, 情報の科学と技術, 64, 6, 200-206, 2014.06, [URL], 科学技術・学術審議会の学術情報基盤作業部会(2010年)及び学術情報委員会(2013年)による「審議のまとめ」をふまえ,主に大学図書館を対象に,図書館員の変わりゆく役割について考察する。現在の日本における大学や大学図書館が置かれている状況を 整理したうえで,今後の図書館に起こり得る変革も視野に入れて,大学図書館員に求められる新たな期待と役割について説明する。また,九州大学が2011年に開設した「教材開発センター」や大学院「ライブラリーサイエンス専攻」等の活動を紹介しながら,図書館員の人材育成・確保のための仕組みを構築する方法について述べ,最後に,図書館員の未来について展望する。.
18. Naoya Mitani, Emi Ishita, Yukiko Watanabe, The Viewpoint of Library Directors on the Introduction of E-book Services in Japanese Public Libraries, Proceedings of iConference 2014 (Berlin, Germany, March 4-7, 2014), 860-863, 2014.03, [URL], In this paper, we aim to make clear what problems might occur when public libraries in Japan introduce e-books. We conducted semi-structured interviews with nine public library directors. These interviews revealed a wide range of opinions about e-book use in public libraries. Seven main factors emerged: a) necessity of e-book introduction, b) recognition of e-books, c) budget for e-books, d) management of e-books, e) difference between public library users and e-book users, f) accessibility of e-books, and g) digitalization of library resources. We also analyzed the differences in perspectives on e-books between two kinds of public library management styles..
19. Emi Ishita, Yukiko Watanabe, Naoya Mitani, Miki Horiuchi, Yuiko Higa, Takako Oda, Ai Yamaguchi, Citation Analysis of the Availability of Conference Proceedings Cited in Doctoral Dissertations, The 5th International Conference on Asia-Pacific Library and Information Education and Practice (A-LIEP2013), 272-282, 2013.07, In the digital age, librarians must rethink their policies and approaches regarding collection development. In this paper, we have focused on conference proceedings cited in doctoral dissertations. We tried to determine how researchers and students obtain conference proceedings and which proceedings are available or unavailable. We examined doctoral dissertations in engineering because we assumed that researchers in this field refer more often to conference proceedings than do researchers in other disciplines. We focused on the following three objectives: (1) identifying the number of items cited in the average engineering doctoral dissertation, (2) examining the type of item cited in each citation, with an emphasis on identifying conference proceedings, and (3) determining the number of conference proceedings from among these that were available on the Web and the number accessible from the Kyushu University Library. Consequently, we employed a citation analysis of 111 dissertations (Doctor of Engineering theses) written from 2010 to 2012 by doctoral students from the Faculty of Engineering and the Graduate School of Information Science and Electrical Engineering at Kyushu University. We developed a citation list for those dissertations by means of the following four procedures: (1) We obtained photocopies of the bibliography sections of the identified dissertations from the university library; (2) Each copy was converted to a PDF; (3) The text was extracted from the PDF using the optical character recognition (OCR) function of Adobe Acrobat Pro; and (4) All citations (references) were manually recorded on a spreadsheet. Each citation in the spreadsheet included a title (article, journal, or book title, as appropriate), authors, volume, number, starting and ending page numbers, publisher (for a book), and year of publication. Many errors occurred as the text was extracted from the PDFs, but we manually corrected only title and year errors on the basis of comparisons with the photocopies.
To determine the availability of these proceedings on the Web, we used the Google search engine to search for each of the 805 papers that were cited in the dissertations, and we examined whether the full text was available on the Web. Next, we examined the titles of the proceedings to determine which languages were used. In addition, we manually searched “Cute.Catalog” (the online public access catalog [OPAC] of the Kyushu University Library) to examine which of these proceedings the library owned—that is, whether they were accessible via the library. Of 12,520 citations, 858 were from conference proceedings. Of 805 conference papers (after elimination of duplicates), a total of 515 were available on the Web; of these, 292 (36.3%) were available free of charge and 223 (27.7%) for a fee. Of the 696 papers written in English (or other languages), 498 (71.6%) were available on the Web. Of these, 40.1% were open access publications. In contrast, only 17 of 109 papers written in Japanese (15.6%) were available on the Web. This shows that the digitalization of papers written in English is further advanced than that of papers written in Japanese. Thus, a total of 597 papers were available. Of these, 515 papers (86.3%) were available on the Web, and 340 (57.0%) were available in the library. These results show that the Web fills the role of main provider of papers included in conference proceedings for researchers and students in the field of engineering. Further, the survey regarding availability of conference proceedings shows that the university’s library does not have a comprehensive collection for the field of engineering, but many papers are available on the Web. .
20. Emi Ishita, Yukiko Watanabe, Ai Yamaguchi, Takako Oda, Yuiko Higa, Miki Horiuchi, Naoya Mitani, The Ratio of Conference Papers in Citations of Engineering Dissertations at Kyushu University, Proceedings of the 14th International Conference on Asia-Pacific Digital Libraries (ICADL 2012), 59-62, 2012.11, Conference proceedings are important research resources, especially for researchers and graduate students in the science, technology, and medicine disciplines. For the development of comprehensive conference proceedings collections in academic libraries, we focused on three objectives: (1) identifying the number of items cited in doctoral dissertations, (2) examining the contents of each citation, and (3) determining the number of conference proceedings accessible from the Kyushu University library. We analyzed 148 dissertations produced by doctoral students at the faculty of engineering in Kyushu University, and 13,177 citations were classified on the basis of citation type, such as journal article, book, and conference proceeding. Among these citations, 1,458 (11.2%) were papers from conference proceedings. The conference proceedings available in the library were then examined to determine the number of items available in electronic format: 28.1% of the proceedings were available as printed materials, 9.0% could be accessed online, and 16.1% were available in both formats..
21. Emi Ishita, Yukiko Watanabe, The Department of Library Science at Kyushu University and Our Collaboration with Librarians, The proceedings of 4th Workshop of the Asia Library and Information Research Group, 145, 2012.03, Kyushu University established the Department of Library Science at the Graduate School of Integrated Frontier Sciences in April 2011. In the current rapidly changing information environment, emerging issues include how to manage information and knowledge properly and how to provide secure information access. In order to educate information professionals, our department offers integrated programs in library and information science, archival study, and records management. We develop highly capable specialists in these fields. Our department curriculum includes theoretical, methodological, and practical elements. We also collaborate with the University Library and Archives and other related institutions. For example, one active librarian at the University Library is involved with our department as a full-time lecturer, and other librarians teach students about cutting-edge information services and systems in academic libraries, such as cataloging, e-resource management, institutional repositories, university digital collections, and discovery services. We believe that this attempt benefits both students and librarians..
22. 渡邊 由紀子, 九州大学ライブラリーサイエンス専攻における大学院教育の現状, 大学の図書館, 30, 11, 191-193, 2011.11, [URL], 現職の大学図書館職員の育成に焦点を当てた形で,受け入れ側の大学院の立場から,九州大学が2011年4月に新設した大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻(修士課程)について紹介した.
23. 有川 節夫, 渡邊 由紀子, 大学図書館職員の育成・確保に向けた新たな取り組み, 図書館雑誌, 105, 11, 738-740, 2011.11, [URL], 筆者の一人が科学技術・学術審議会学術分科会 研究環境基盤部会 学術情報基盤作業部会の主査としてまとめた,「大学図書館の整備について(審議のまとめ)―変革する大学にあって求められる大学図書館像―」(平成22年12月)1)の二つ目の柱である大学図書館職員の育成・確保について概説し,九州大学が開設した大学院ライブラリーサイエンス専攻にも言及しながら,大学図書館職員養成の新たな仕組みについて述べた。.
24. 渡邊 由紀子, 冨浦 洋一, 吉田 素文, 岡崎 敦, 九州大学大学院「ライブラリーサイエンス専攻」の構想と意義, 情報管理, 54, 2, 53-62, 2011.05, [URL], 九州大学が2011年4月に新設した大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻(修士課程)について,現在,社会でどのような人材が求められているのか,そしてその認識から,どのようにカリキュラムを設計したのか等,新専攻の構想と意義を紹介した。専攻設置の背景を概観し,教育研究上の理念と目的を示した上で,養成する人材像と予想される進路について述べ,企業や図書館等を対象としたアンケート調査の結果などから,それらの人材像に対する社会的ニーズを明らかにした。最後に,人材養成のための教育課程および教員組織の編成の考え方と特色について説明した。.
25. 渡邊由紀子,渡辺真希子,今村昭一, 国際図書館コンソーシアム連合 (ICOLC: International Coalition of Library Consortia) 2010年春季会合参加報告, 大学図書館研究, 90, 61-71, 2010.12, 2010年4月にシカゴで開催された国際図書館コンソーシアム連合(ICOLC)の2010年春季(第21回北米)会合に参加し,コンソーシアム合併,電子ブックの利用,冊子体分担アーカイブ, 電子リソース価格調査,電子ジャーナル価格モデル,Googleブック和解案,大学出版局との協働,オープンアクセスへの対応等をテーマとした全体討議,EBSCO社とTaylor & Francis社のベンダーグリル,テーマ別分科会及び非公式会議の合計15セッションから構成された本大会について,その概要を報告した。.
26. 渡邊由紀子, タイトルページを読む楽しみ : 九州大学附属図書館「ラテン語古刊本書誌作成研修会」の活動から, 一橋大学社会科学古典資料センター年報, 28, 11-25, 2008.03, 平成19年11月に開催された一橋大学社会科学古典資料センター「第27回西洋社会科学古典資料講習会」における書誌学(II)の講義内容を基に,九州大学附属図書館ラテン語古刊本書誌作成研修会の概要を述べ,研修会で取り組んだ課題の実例を用いて,ラテン語古刊本の特徴,目録作成上の注意点等について詳しく説明し,図書館員の立場から,図書館員の専門性を育成するための研修活動の成果と今後の課題について述べた。.
27. 渡邊由紀子, 大学図書館における電子リソース・サービスの推進 : 九州大学附属図書館のコンテンツ整備・きゅうとサービス・組織再編, 情報管理, 50, 6, 343-353, 2007.09, 大学図書館が電子リソース・サービスを推進するために必要なことを,九州大学附属図書館の事例により提案した。コンテンツの整備では,コレクション構築のための財政基盤の確立とそれに伴う図書館の責務を自覚することが重要である。利用環境の整備では,ナレッジベースを構築し,リンクリゾルバ,電子ジャーナル集,OPACといった電子的サービスを相互に連携させることで,電子ジャーナルの視認性を向上することが可能になる。電子リソースの最大限の利用を促進するためには,電子リソース担当体制の強化が必要であり,従来の枠組みを超えた図書館組織の再編・整備を検討すべきであることを示した。.
28. 渡邊由紀子, 電子ジャーナルの導入とその影響について : 九州大学の事例, 情報の科学と技術, 55, 6, 265-270, 2005.06, 電子ジャーナルの導入が,図書館の利用者サービスと管理業務にどのような影響を与えたかについて,九州大学の事例を基に考察した。電子ジャーナル導入の経緯,利用支援のためのワーキンググループ体制,ナビゲーションのためのOPACやリンク集,新しく導入した管理ツールやリンクリゾルバー等について述べ,続いて,電子ジャーナルの利用動向を,ILL依頼件数やフルテキストのダウンロード件数をもとに概観した。そして,雑誌管理業務の変化とその変化に対応するための事務組織再編等の取り組みを示した。.
29. 渡邊由紀子, アメリカの大学図書館および公共図書館における電子情報サービスとその導入, 大学図書館研究, 73, 57-68, 2005.03, 訪問調査で視察したアメリカの図書館について,大学図書館に関しては電子情報資源の収集および提供方法,地区コンソーシアムの活動,バーチャル・レファレンス,図書館施設等に関する事例を,公共図書館に関しては地域住民サービス,スモールビジネス支援,利用者用パソコン管理,RFIDによる蔵書管理,外部資金獲得方法等の状況を報告し,電子情報資源サービス,インターネット時代のレファレンス・サービス,図書館員の専門性について考察した。.
30. 山田律子, 渡邊由紀子, 相部久美子, 大学図書館における職員研修の一例 : 九州大学附属図書館ラテン語古刊本書誌作成研修会, 大学図書館研究, 66, 1-11, 2002.12, 図書館員の専門性育成のために九州大学附属図書館で実施している職員研修の一つであるラテン語古刊本書誌作成研修会の10年間の活動を紹介し,この自主活動から得た成果と今後の課題等について述べた。.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 渡邊 由紀子, 九州大学附属図書館に関する最近の話題から, 九州大学文学部同窓会会報, 57号, p.25-30, 2014.03.
主要学会発表等
1. 渡邊 由紀子, 図書館職員による「情報サービス演習」―九州大学における事例―, 日本図書館協会図書館情報学教育部会2018年度第2回研究集会, 2019.03.
2. Miho Mori, Yukiko Watanabe, Emi Ishita, Developing E-learning Resources on Information Ethics for High School Students, 10th Asia Library and Information Research Group Workshop (ALIRG2018), 2018.12.
3. Ping Kang, Emi Ishita, Yukiko Watanabe, Yoichi Tomiura, Impact of OCR Errors on Searching by Named Entity for Modern Historical Documents, 10th Asia Library and Information Research Group Workshop (ALIRG2018), 2018.12.
4. Min Jiang, Yukiko Watanabe, Emi Ishita, Enhancing Patient Library Services, 10th Asia Library and Information Research Group Workshop (ALIRG2018), 2018.12.
5. Eri Hayashi, Emi Ishita, Yukiko Watanabe., Designing Public Library’s Information Literacy Program for Children, 10th Asia Library and Information Research Group Workshop (ALIRG2018), 2018.12.
6. Kana Fukushima, Emi Ishita, Yukiko Watanabe., Identifying Core Writing Skills to Propose Instructional Guidelines for Writing Supports Outside Courses, 10th Asia Library and Information Research Group Workshop (ALIRG2018), 2018.12.
7. 渡邊 由紀子, 兵藤 健志, 山田 政寛, アンカードインストラクションに基づく大学図書館員向けビデオ教材の開発, 平成28年度西日本図書館学会秋季研究発表会発表要綱, p.[9]-[11], 2016.11, 大学教育改革の流れの中で,学生の主体的な学修のベースとなる大学図書館の機能強化が求められている。大学図書館が学修環境を充実させるためには,コンテンツ,学習空間,人的支援を有機的に連携させることが重要である。そして,大学図書館が学習支援を有効に行うためには,教育・学習支援に関する知識・スキルを大学図書館員が学ぶ必要がある。しかし,大学図書館員が集合研修やeラーニングで教育・学習支援に関する知識やスキルを習得しても,実際の場面で活用するという,いわゆる転移がされにくい状況が起きる。これは,知識が活用される文脈に錨付け(Anchored)されないために起こると考えられている。
そこで,本研究では,学習支援を担当する大学図書館員を対象としたeラーニングの学習教材を開発し評価するとともに,それらの教材を通じて学んだ知識やスキルの転移を支援するために,学習科学の研究知見であるアンカードインストラクションを活用したストーリーベースのビデオ教材を開発し評価することを目的としているが,本発表では,後者のストーリーベースのビデオ教材の開発について報告する。
開発にあたっては,大学図書館員が図書館で実際に行われている学習支援の状況をストーリー化し,そのストーリーの中で,eラーニングの学習教材で学んだ内容を活用して問題解決を行い,活用すべき知識とスキルが実践的な利用文脈と関連付くことを目指した。今回開発したビデオ教材は,情報リテラシー教育編,学生サポーター編,ラーニングコモンズ編の3タイプであり,九州大学附属図書館の全面的な協力を得て,映像制作会社に委託し制作を進めた。.
8. Yasuko Hagiwara, Emi Ishita, Emiko Mizutani, Yukiko Watanabe, Yoichi Tomiura, A Preliminary Study and Analysis to Identify Key Elements in Document Selection, ISIC 2016, 2016.09, Introduction: With regard to the selection of documents from academic database systems, we investigate the most effective search functions. For this purpose, we aim to clarify elements of the search results and the role of sentences in abstracts for document selection.
Method: Participants were asked to search for documents using academic databases. The search sessions were recorded visually (by capturing screen images) and orally by asking about the elements checked, sentences in abstracts used to select documents, and the reasons for selecting particular documents. Preliminary experiments were conducted with three researchers.
Analysis: We identified the key elements for document selection and analysed the order of elements in search sessions. We investigated the role of sentences in abstracts, and assigned categories based on the information needs and reasons for selection.
Results: Two element orders were identified. Two of the researchers used titles and abstracts as the primary elements, whereas the other researcher used titles and then accessed the full text before making a decision on selection. This third researcher also chose documents from the references in the full-text versions. Regarding the role of sentences, the experimental data indicate there are four categories built from the information needs of the participants. Each category helps to reduce the time and effort of selection.
Conclusion: The results indicate that it is possible to apply our analysis to identify patterns in the order of elements. To clarify the role of sentences, further experiments are required to build a comprehensive set of categories..
9. 渡邊 由紀子, ACRL2015大会から見た大学図書館の実践的課題, 九州大学附属図書館平成27年度海外出張報告会, 2016.03.
10. 中島幸子, 渡邊 由紀子, 廣川 佐千男, 大学図書館Webページに見るレファレンスサービスの実施状況, 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会, 信学技報 115(381), 13-18, 2015-12-18, 2015.12.
11. 渡邊 由紀子, 兵藤 健志, 大学図書館における学生協働に見る図書館職員の専門性, 第62回日本図書館情報学会研究大会発表論文集, p. 85-88, 2014.11, 大学図書館の学修支援環境整備のために,人的支援としての学生協働において図書館職員に求められる役割と専門性を明らかにすることを目的に,九州大学附属図書館の実践例の事例分析を行った。業務日誌等の記録をもとに活動実態を把握したうえで,担当職員にヒアリングを行い,学生スタッフと図書館職員それぞれが果たしている役割を特定した。図書館職員側の役割を分析した結果,図書館職員には経営管理能力や人材育成力等の汎用的な能力に加え,図書館固有の専門的な知識,さらには,教育工学や学習科学,所属大学の教育に関する知識が必要であることがわかった。.
12. 渡邊 由紀子, 新しいサービスの可能性
, 国立国会図書館平成24年度調査研究「日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望」最終報告会, 2013.03, 国立国会図書館関西館図書館協力課が,株式会社シィー・ディー・アイに委託して実施した調査研究,「日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望」の最終報告会において,この調査研究の基礎調査として実施した国内約5,000の図書館を対象としたアンケート調査で明らかになった図書館におけるレファレンスサービスの実態と比較しながら,発展調査として実施した,震災ボランティア,若手の研究者,環境問題や地域再生等に取り組む農林水産業従事者等に対する聴取調査の分析結果から見えた「国民」の情報・調査ニーズに対し,図書館が取り組むことのできるサービスの可能性について考察した内容を報告した。.
13. 渡邊 由紀子, 認識調査報告 : 人々の情報ニーズと図書館サービスに対する認識
, 国立国会図書館平成24年度調査研究「日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望」最終報告会, 2013.03, 国立国会図書館関西館図書館協力課が,株式会社シィー・ディー・アイに委託して実施した調査研究,「日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望」の最終報告会において,この調査研究の発展調査として実施した,震災ボランティア,若手の研究者,環境問題や地域再生等に取り組む農林水産業従事者等に対するグループインタビューの概要とその調査結果について報告した。.
14. 渡邊 由紀子, 館種別クロス集計に見る傾向(大学・専門図書館編), 国立国会図書館平成24年度調査研究「日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望」中間報告会, 2013.01, 国立国会図書館関西館図書館協力課が,株式会社シィー・ディー・アイに委託して実施した調査研究,「日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望」の中間報告会において,調査研究チームの一員として,この調査研究の基礎調査として実施した国内約5,000の図書館を対象としたアンケート調査の中間集計について,館種別クロス集計の結果に基づき,大学・専門図書館の概況を報告し,参加者との意見交換を行った。.
15. 三谷直也, 堀内美希, 比嘉由似子, 山口藍, 小田孝子, 石田 栄美, 渡邊 由紀子, 博士論文が引用している会議録の利用可能率
, 第60回日本図書館情報学会研究大会発表要綱, p.69-72, 2012.11, 会議録の利用可能率を調べるために、2010年から2012年に九州大学に提出された博士論文(工学)111件を対象に、その中の引用文献を調査した。引用された会議録は、総引用文献12,520件のうち6.9%であった。会議録の入手可能率を調査したところ、引用された会議録の文献805件の64.0%がインターネット上で全文入手可能であり、そのうちの56.7%が無料で入手できた。会議録のタイトル別に九州大学附属図書館における所蔵調査を行った結果、694件のうち40.2%を所蔵していた。.
16. 山口藍,井川友利子,小田孝子,吉田素文,石田栄美,渡邊由紀子, 大学図書館の利用と学習成果に関する研究 -先行研究に基づく考察-, 平成23年度西日本図書館学会秋季研究発表会, 2011.12, 大学における学習成果の重視とともに,大学図書館の役割は,研究者支援から学習者支援に重心を移しつつある。学習者支援機能を評価するためには,図書館が提供するサービスと学生の学習成果との関係を明らかにする必要がある。本研究では,大学図書館の利用と学習成果に関する文献調査を行ない,調査の目的や方法等を検討した。その上で,大学図書館の利用状況と学習成果との直接的な関係を明らかにする研究について考察した。.
17. 渡邊由紀子, 九州大学ライブラリーサイエンス専攻概要, 専門図書館協議会九州地区協議会「九州大学伊都図書館見学会」, 2011.02,  九州大学が2011年4月に新設を予定している大学院「統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻」について,設置の背景,教育研究上の理念と目的,養成する人材像と予想される進路,教育課程及び教員組織の編成など,その概要を報告した。.
18. 渡邊由紀子, ライブラリーを科学する―九州大学の新しい大学院「ライブラリーサイエンス専攻」の概要―, 平成22年度西日本図書館学会秋季研究発表会, 2010.12, 九州大学が2011年4月に新設を予定している大学院「統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻」について,設置の背景,教育研究上の理念と目的,養成する人材像と予想される進路,教育課程及び教員組織の編成など,その概要を報告した。
.
19. Yukiko Watanabe, Using Scopus and Promoting E-Resource Services at Kyushu University, 4th Annual Scopus Colloquium, 2007.10, 九州大学における引用索引文献データベースScopusの利用状況と電子リソースサービス推進の取り組みについて,成果と課題を報告した。.
学会活動
所属学会名
日本図書館協会
日本図書館協会 図書館情報学教育部会
日本図書館情報学会
情報メディア学会
西日本図書館学会
九州歴史科学研究会
学協会役員等への就任
2015.04~2021.03, 日本図書館協会 図書館情報学教育部会, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.06.09~2019.06.09, 日本図書館協会図書館情報学教育部会2019年度第1回研究集会, 企画・運営.
2018.12.15~2018.12.16, ALIRG2018 (10th Asia Library and Information Research Group Workshop), Session Chair of Poster Session including Minute Madness.
2018.10.20~2018.10.20, 第104回全国図書館大会第6分科会(図書館情報学教育), 第6分科会運営委員.
2017.10.13~2017.10.13, 第103回全国図書館大会第7分科会(図書館情報学教育), 第7分科会運営委員.
2016.10.16~2016.10.16, 第102回全国図書館大会第4分科会(図書館情報学教育), 第4分科会運営委員.
2016.07.10~2016.07.10, Special Session on Library Science and Digital Humanities, 7th International Conference on E-Service and Knowledge Management (ESKM 2016), 5th International Congress on Advanced Applied Informatics (AAI 2016), 座長(Chairmanship).
2016.06.18~2016.06.18, 西日本図書館学会平成28年度春季研究発表会, 司会(Moderator).
2016.03.06~2016.03.06, 日本図書館協会図書館情報学教育部会2015年度第2回研究集会, 企画・運営.
2015.12.12~2015.12.12, CiSAP Workshop 2015, 司会(Moderator).
2015.10.16~2015.10.16, 第101回全国図書館大会(東京大会)第7分科会(図書館情報学教育), 第7分科会運営委員.
2015.07.12~2015.07.12, Special Session on Library Science, 6th International Conference on E-Service and Knowledge Management (ESKM 2015), 4th International Congress on Advanced Applied Informatics (AAI 2015), 座長(Chairmanship).
2013.11.22~2013.11.22, 第99回全国図書館大会(福岡大会)第2分科会(大学・短大・高専図書館), 第2分科会運営委員,司会進行.
2012.11.17~2012.11.18, 日本図書館情報学会第60回研究大会, 実行委員会事務局.
2011.06.25~2011.06.25, 西日本図書館学会平成23年度春季研究発表会, 司会(Moderator).
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2015年度      
2014年度      
2012年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
ALA Annual Conference & Exhibition 2019, Johns Hopkins University, University of Maryland, UnitedStatesofAmerica, 2019.06~2019.06.
University of Waikato, Hamilton, NewZealand, 2018.11~2018.11.
Chulalongkorn University, Bangkok, Thailand, 2017.11~2017.11.
Yonsei Univerisity, Seoul, Korea, 2015.12~2015.12.
Washington University (Seattle), California State University Northridge (CSUN),UCLA, University of Portland, ACRL 2015 (Oregon Convention Center), UnitedStatesofAmerica, 2015.03~2015.03.
IFLA World Library and Information Congress 2014 (Lyon), France, 2014.08~2014.08.
Humboldt Universität zu Berlin, Germany, 2014.03~2014.03.
國立臺灣大學, 國立中山大學, Taiwan, 2012.11~2012.11.
国立台湾師範大学, Taiwan, 2012.03~2012.03.
精華大学, 北京大学, China, 2011.10~2011.10.
国際図書館コンソーシアム連合(ICOLC)2010年春季会合, UnitedStatesofAmerica, 2010.04~2010.04.
米国国務省International Visitor Program (IVP) による米国図書館訪問調査, UnitedStatesofAmerica, 2004.09~2004.10.
オックスフォード大学図書館, ケンブリッジ大学図書館, 英国図書館, UnitedKingdom, 1996.10~1996.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2014年度~2016年度, 基盤研究(B), 代表, 学修環境充実のためのエデュケーショナルライブラリアン育成支援システムの開発と評価.
学内資金・基金等への採択状況
2015年度~2017年度, 教育の質向上支援プログラム(EEP), 分担, 教育の国際化に対応した学修支援環境の構築 ―アクティブ・ラーナー育成を推進する次世代の大学図書館をめざして―.
2013年度~2014年度, 教育の質向上支援プログラム(EEP), 分担, 大学図書館による自律的学修支援体制の構築.
2011年度~2012年度, 教育の質向上支援プログラム(EEP), 分担, ICTによる自律的学習・教育体制の構築.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」