九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
斎藤 新悟(さいとう しんご) データ更新日:2018.06.15



主な研究テーマ
古典的実解析学
キーワード:典型的な関数
2004.09.
多重ゼータ値
キーワード:多重ゼータ値
2009.01.
保険数理
キーワード:損害保険数理
2008.04.
従事しているプロジェクト研究
つばさプロジェクト「文学から見るリスクマネジメント」
2015.09~2017.03, 代表者:下條恵子, 九州大学言語文化研究院.
研究業績
主要原著論文
1. Shingo Saito, Noriko Wakabayashi, Bowman-Bradley type theorem for finite multiple zeta values, Tohoku Mathematical Journal, 10.2748/tmj/1466172771, 68, 2, 241-251, 2016.06, [URL].
2. Shingo Saito, Noriko Wakabayashi, Sum formula for finite multiple zeta values, Journal of the Mathematical Society of Japan, 10.2969/jmsj/06731069, 67, 3, 1069-1076, 2015.07, [URL].
3. David Preiss, Shingo Saito, Knot points of typical continuous functions, Transactions of the American Mathematical Society, 10.1090/S0002-9947-2013-06100-4, 366, 2, 833-856, 2014.02, [URL].
4. Hiroki Kondo, Shingo Saito, Tatsushi Tanaka, The Bowman-Bradley theorem for multiple zeta-star values, Journal of Number Theory, 10.1016/j.jnt.2012.03.012, 132, 9, 1984-2002, [URL].
5. Hiroki Kondo, Shingo Saito, Bayesian approach to measuring parameter and model risk in loss ratio estimation, Journal of Math-for-Industry, 4, B, 85-89, [URL].
6. Hiroki Kondo, Shingo Saito, Setsuo Taniguchi, Asymptotic tail dependence of the normal copula, Journal of Math-for-Industry, 4, A, 73-78, [URL].
7. Shingo Saito, Tatsushi Tanaka, Noriko Wakabayashi, Combinatorial remarks on the cyclic sum formula for multiple zeta values, Journal of Integer Sequences, 14, Article 11.2.4, [URL].
8. Shingo Saito, Generalisation of Mack's formula for claims reserving with arbitrary exponents for the variance assumption, Journal of Math-for-Industry, 1, A, 7-15, [URL].
9. Shingo Saito, Residuality of families of F-sigma sets, Real Analysis Exchange, 31, 2, 477-487, [URL].
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本数学会
日本アクチュアリー会
日本保険・年金リスク学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2012.10.24~2012.10.24, Forum "Math-for-Industry" 2012, 座長(Chairmanship).
2013.02.24~2013.02.24, 第6回多重ゼータミニセミナー, 座長(Chairmanship).
2013.09.09~2013.09.09, 日本応用数理学会2013年度年会, 座長(Chairmanship).
2014.08.23~2014.08.23, Workshop on Multiple Zeta Values, 座長(Chairmanship).
2012.10.22~2012.10.26, Forum "Math-for-Industry" 2012, Internal Scientific Committee Member.
2013.02.22~2013.02.24, 第6回多重ゼータミニセミナー, 主催者(共同).
2013.07.31~2013.08.06, Study Group Workshop 2013, モデレータ.
2013.12.02~2013.12.04, Study Group Workshop 2013 cmp, モデレータ.
2014.11.08~2014.11.08, TeXユーザの集い2014, 実行委員.
2015.07.11~2015.07.11, OLIS‐九州大学IMI保険フォーラム, 実行委員.
2015.11.07~2015.11.07, TeXユーザの集い2015, 実行委員.
2016.11.05~2016.11.05, TeXユーザの集い2016, 実行委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2011年度      
2012年度      
2014年度      
2015年度    
2017年度      
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2014年度~2016年度, 若手研究(B), 代表, 対称化に着目した多重ゼータ値の代数的構造の研究.
2016年度~2018年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, 英米文学における「リスク」言説の形成と変容―文学、数学、政治学、言語学による考察.
2018年度~2021年度, 基盤研究(C), 代表, 組合せ論的手法を用いた多重ゼータ値・多重ポリベルヌーイ数の代数的構造に関する研究.
学内資金・基金等への採択状況
2015年度~2016年度, つばさプロジェクト, 分担, 文学から見るリスクマネジメント.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」