九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
遠藤 貴洋(えんどう たかひろ) データ更新日:2019.09.03



主な研究テーマ
内部ソリトンの観測
キーワード:内部ソリトン、内部潮汐、東シナ海
2017.04.
海面・海底乱流境界層の力学
キーワード:潮汐歪み、乱流運動エネルギー収支、エクマン螺旋、東シナ海
2007.04.
太平洋・日本海の子午面循環と乱流混合
キーワード:鉛直乱流拡散、内部重力波、地熱
2001.07.
黒潮の流路変動の力学
キーワード:西岸境界流、中規模渦、傾圧不安定、膠州海山
1997.04.
津波来襲時における湾水振動の応答特性
キーワード:湾水振動、津波、放射減衰
2014.09.
従事しているプロジェクト研究
海底斜面域における混合層から密度躍層への物質輸送過程の解明
2019.04~2023.03, 代表者:遠藤 貴洋, 九州大学応用力学研究所.
近慣性運動に起因する海洋内部の強鉛直混合域が海盆規模の循環と物質分布に及ぼす影響
2018.04~2022.03, 代表者:千手 智晴, 九州大学応用力学研究所.
海洋混合学の創設:物質循環・気候・生態系の維持と長周期変動の解明 計画研究A02-4「黒潮とその源流域における混合過程・栄養塩輸送と生態系の基礎構造の解明」
2017.04~2020.03, 代表者:郭 新宇, 愛媛大学沿岸環境科学研究センター.
東アジアから太平洋規模の海洋・大気循環に関わる素過程研究の精緻化と環境変動への応用
2017.04~2022.03, 代表者:磯辺 篤彦, 九州大学応用力学研究所.
「メガ津波」から命を守る防災の高度化研究
2014.09~2017.03, 代表者:日比谷 紀之, 東京大学海洋アライアンス.
地球温暖化と急激な経済発展が東アジア域の海洋・大気環境に及ぼす影響の解明
2010.04~2014.08, 代表者:松野 健, 九州大学応用力学研究所.
LES乱流計算と微細構造観測による海洋乱流過程の解明
2010.04~2014.03, 代表者:和方 吉信, 九州大学応用力学研究所.
深海乱流の直接計測と化学トレーサーによる日本海深層循環の解明
2010.04~2013.03, 代表者:松野 健, 九州大学応用力学研究所.
現実的な鉛直乱流拡散の分布を組み込んだ深層海洋大循環像の提示
2009.04~2012.03, 代表者:遠藤 貴洋, 九州大学応用力学研究所.
東アジア海洋・大気環境激変の監視と予測システムの開発
2007.04~2010.03, 代表者:柳 哲雄, 九州大学応用力学研究所.
黒潮大蛇行の形成期における「膠州海山効果」の検証
2007.04~2009.03, 代表者:遠藤 貴洋, 九州大学応用力学研究所.
新世紀重点研究創生プラン 人・自然・地球共生プロジェクト 諸物理過程のパラメタリゼーションの高度化
2004.04~2007.03, 代表者:日比谷 紀之, 東京大学大学院理学系研究科.
研究業績
主要著書
1. Endoh, Takahiro, Monitoring and Prediction of Marine and Atmospheric Environmental Change in the East Asia, Chapter 3.2: Observations of the Surface Mixing Layer, TERRAPUB, Tokyo, pp. 33-42, 2012.04.
主要原著論文
1. Endoh, Takahiro, Daisuke Inazu, Takuji Waseda, and Toshiyuki Hibiya, A parameter quantifying radiation damping of bay oscillations excited by incident tsunamis, Continental Shelf Research, 10.1016/j.csr.2018.02.007, 157, 10-19, 2018.02.
2. Endoh, Takahiro, Yutaka Yoshikawa, Takeshi Matsuno, Yoshinobu Wakata, Keun-Jong Lee, Lars Umlauf, Observational evidence for tidal straining over a sloping continental shelf, Continental Shelf Research, 10.1016/j.csr.2016.01.018, 117, 1, 12-19, 2016.04.
3. Endoh, Takahiro, Takeshi Matsuno, Yutaka Yoshikawa, Eisuke Tsutsumi, Estimates of the turbulent kinetic energy budget in the oceanic convective boundary layer, Journal of Oceanography, 10.1007/s10872-013-0215-3, 70, 1, 81-90, 2014.02.
4. Endoh, Takahiro, Hiroyuki Tsujino, and Toshiyuki Hibiya, The effect of Koshu Seamount on the formation of the Kuroshio large meander south of Japan, Journal of Physical Oceanography, 10.1175/JPO-D-11-074.1, 41, 9, 1624–1629, 2011.09.
5. Endoh, Takahiro and Toshiyuki Hibiya, Interaction between the trigger meander of the Kuroshio and the abyssal anticyclone over Koshu Seamount as seen in the reanalysis data, Geophysical Research Letters, 10.1029/2009GL039389, 36, 18, L18604, 2009.09.
6. Endoh, Takahiro and Toshiyuki Hibiya, Meridional overturning circulation of the deep Pacific estimated assuming the vertical advective-diffusive balance, Geophysical Research Letters, 10.1029/2007GL030027, 34, 11, L11602, 2007.06.
7. Endoh, Takahiro, Yanli Jia, and Kelvin J. Richards, Sensitivity of the ventilation process in the North Pacific to eddy-induced tracer transport, Journal of Physical Oceanography, 10.1175/JPO2941.1, 36, 10, 1895-1911, 2006.10.
8. Endoh, Takahiro and Toshiyuki Hibiya, Numerical study of the meridional overturning circulation with "mixing hotspots" in the Pacific Ocean, Journal of Oceanography, 10.1007/s10872-006-0050-x, 62, 3, 259-266, 2006.06.
9. Endoh, Takahiro, Humio Mitsudera, Shang-Ping Xie, and Bo Qiu, Thermohaline structure in the subarctic North Pacific simulated in a general circulation model, Journal of Physical Oceanography, 10.1175/1520-0485(2004)034<0360:TSITSN>2.0.CO;2, 34, 2, 360-371, 2004.02.
10. Endoh, Takahiro and Toshiyuki Hibiya, Numerical simulation of the transient response of the Kuroshio leading to the large meander formation south of Japan, Journal of Geophysical Research, 10.1029/2000JC000776, 106, C11, 26,833-26,850, 2001.11.
主要学会発表等
1. Endoh, Takahiro, Eisuke Tsutsumi, Takeshi Matsuno, Chang-Su Hong, Gyu-Nam Baek, Jae Hak Lee, Ming-Huei Chang, and Yiing Jang Yang, Observations of nonlinear internal waves over the shelf break of the East China Sea, The Pacific-Asian Marginal Seas Meeting 2019, 2019.03.
2. 遠藤 貴洋, 堤 英輔, 松野 健, Chang-Su Hong, Gyu-Nam Baek, 伊藤 母子, Ji Fei, 嶋田 早希, Jae Hak Lee, 東シナ海陸棚縁辺部で観測された内部ソリトン波列, 2018年度日本海洋学会秋季大会, 2018.09.
3. Schulz, Kirstin, 遠藤 貴洋, Lars Umlauf, Tidal strainingに伴う海底起源のトレーサー輸送に関する考察, 2017年度日本海洋学会秋季大会, 2017.10.
4. 遠藤 貴洋, 広部 智之, 稲津 大祐, 早稲田 卓爾, 田島 芳満, 日比谷 紀之, 湾水応答のモード減衰率とQ値との関係, 2016年度日本海洋学会秋季大会, 2016.09.
5. 遠藤 貴洋, 稲津 大祐, 早稲田 卓爾, 田島 芳満, 日比谷 紀之, 津波来襲時における湾水振動の動的応答特性に関する考察, 2016年度日本海洋学会春季大会, 2016.03.
6. Endoh, Takahiro, Yutaka Yoshikawa, Takeshi Matsuno, Yoshinobu Wakata, Keun-Jong Lee, Tidally-periodic stratification and mixing observed in the bottom boundary layer over the open shelf, Asia Oceania Geosciences Society 12th Annual Meeting, 2015.08.
7. Endoh, Takahiro, Yutaka Yoshikawa, Takeshi Matsuno, Kei Yufu, Yoshinobu Wakata, Estimating Reynolds stress from ADCP measurements in the bottom boundary layer over the continental shelf of the East China Sea, 2014 Ocean Sciences Meeting, 2014.02.
8. Endoh, Takahiro, Yutaka Yoshikawa, Takeshi Matsuno, Yoshinobu Wakata, Strain-induced periodic stratification observed in the bottom boundary layer over the continental shelf of the East China Sea, American Geophysical Union 2012 Fall Meeting, 2012.12.
9. Endoh, Takahiro, Takeshi Matsuno, Yutaka Yoshikawa, Eisuke Tsutsumi, Estimates of the turbulent kinetic energy budget in the convective boundary layer, 2012 Ocean Sciences Meeting, 2012.02.
10. Endoh, Takahiro, Hiroyuki Tsujino, Toshiyuki Hibiya, The effect of Koshu Seamount on the formation of the Kuroshio large meander south of Japan, American Geophysical Union 2010 Fall Meeting, 2010.12.
学会活動
所属学会名
日本海洋学会
American Geophysical Union
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.07.02~2019.07.03, 北海道大学低温科学研究所共同利用研究集会 「縁辺海と外洋とを繋ぐ対馬暖流系の物理・化学・生物過程」, 研究代表者.
2019.06.02~2019.06.03, 名古屋大学宇宙地球環境研究所共同利用研究集会「東シナ海の物質循環ならびに基礎生産に関わる物理・化学・生物過程」, 研究代表者.
2019.03.19~2019.03.21, The Pacific-Asian Marginal Seas Meeting 2019, Convener of Session 3: Submesoscale and fine-scale processes, microscale turbulence, and mixing.
2019.01.24~2019.01.24, 国際化推進共同利用研究集会: 18EA-2 "Workshop on turbulent mixing in the Kuroshio current off Taiwan", 所内世話人.
2018.12.17~2018.12.18, The second workshop of WESTPAC WG06 on "A framework for cooperative studies in the Western Pacific Marginal Seas: Energy and materials exchange between land and open ocean", Chairman: Research sub theme discussion on "Mixing processes associated with internal gravity waves".
2018.09.25~2018.09.29, 2018年度日本海洋学会秋季大会, コンビーナー:セッション18F-11 黒潮に起因する中・小規模現象の力学.
2018.07.05~2018.07.06, 北海道大学低温科学研究所共同利用研究集会「宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム」, 研究代表者.
2018.06.02~2018.06.03, 名古屋大学宇宙地球環境研究所共同利用研究集会「東シナ海の物質循環ならびに基礎生産に関わる物理・化学・生物過程」, 研究代表者.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度      
受賞
日仏海洋学会論文賞(共著者), 日仏海洋学会, 2010.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2022年度, 基盤研究(B), 代表, 海底斜面域における混合層から密度躍層への物質輸送過程の解明.
2018年度~2019年度, 新学術領域研究, 分担, 海洋混合学の創設:物質循環・気候・生態系の維持と長周期変動の解明 計画研究A02-4「黒潮とその源流域における混合過程・栄養塩輸送と生態系の基礎構造の解明」.
2018年度~2021年度, 基盤研究(A), 分担, 近慣性運動に起因する海洋内部の強鉛直混合域が海盆規模の循環と物質分布に及ぼす影響.
2014年度~2016年度, 基盤研究(A), 分担, 東シナ海陸棚域における基礎生産と物質循環を支配する物理・化学・生物過程の研究.
2010年度~2013年度, 基盤研究(B), 分担, LES乱流計算と微細構造観測による海洋乱流過程の解明.
2010年度~2012年度, 基盤研究(B), 分担, 深海乱流の直接計測と化学トレーサーによる日本海深層循環の解明.
2009年度~2011年度, 若手研究(B), 代表, 現実的な鉛直乱流拡散の分布を組み込んだ深層海洋大循環像の提示.
2007年度~2008年度, 若手研究(B), 代表, 黒潮大蛇行の形成期における「膠州海山効果」の検証.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2019年度~2021年度, 二国間交流, 代表, 地球温暖化に起因する東シナ海の成層構造と物質循環の変化過程の解明.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」