九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
春藤 淳臣(しゆんどう あつおみ) データ更新日:2019.07.26

准教授 /  工学研究院 応用化学部門 応用精密化学


教育活動概要
・大学院生の研究指導
・学部生の卒業研究指導補助
・学生実験指導 (物質科学工学実験第一、第二及び第三)
担当授業科目
2018年度・前期, オートモーティブサイエンス演習I.

2018年度・後期, オートモーティブサイエンス演習II.

2018年度・前期, オートモーティブサイエンス演習III.

2018年度・後期, オートモーティブサイエンス演習IV.

2018年度・通年, インターンシップI.

2018年度・通年, インターンシップII.

2018年度・通年, インターンシップIII.

2018年度・通年, インターンシップIV.

2018年度・後期, 自動車用表示材料特論.

2018年度・通年, インターンシップ.

2018年度・通年, オートモーティブサイエンス特別研究A.

2018年度・後期, Automotive Science Seminar 1.

2018年度・前期, Automotive Science Seminar 2.

2018年度・後期, Automotive Science Seminar 3.

2018年度・前期, Automotive Science Seminar 4.

2018年度・通年, Seminar Advanced Automotive Science1.

2018年度・通年, Seminar Advanced Automotive Science2.

2018年度・通年, Seminar Advanced Automotive Science3.

2018年度・後期, 物質科学工学実験第一.

2018年度・後期, 物質科学工学実験第三.

2018年度・後期, 学術英語3・個別テーマ.

2017年度・通年, インターンシップI.

2017年度・通年, インターンシップII.

2017年度・通年, インターンシップIII.

2017年度・通年, インターンシップIV.

2017年度・通年, インターンシップ.

2017年度・通年, オートモーティブサイエンス特別研究A.

2017年度・前期, Automotive Science Seminar 2.

2017年度・前期, Automotive Science Seminar 4.

2017年度・通年, Seminar Advanced Automotive Science1.

2017年度・後期, 自動車用表示材料特論.

2017年度・通年, Seminar Advanced Automotive Science2.

2017年度・通年, Seminar Advanced Automotive Science3.

2017年度・前期, オートモーティブサイエンス演習I.

2017年度・後期, オートモーティブサイエンス演習II.

2017年度・前期, オートモーティブサイエンス演習III.

2017年度・後期, オートモーティブサイエンス演習IV.

2016年度・後期, 自動車用表示素子特論.

2016年度・後期, Automotive Advanced Material Science.

2016年度・後期, 物質科学工学概論第二.

2016年度・後期, 科学英語3・個別テーマ.

2016年度・後期, 安全学.

2016年度・後期, 物質科学工学実験第三.

2016年度・後期, 物質科学工学実験第一.

2016年度・後期, G30学生実験II.

2016年度・前期, 統合新領域最先端セミナー.

2016年度・前期, G30学生実験I.

2015年度・後期, 自動車用表示素子特論.

2015年度・後期, 物質科学工学実験第三.

2015年度・後期, 物質科学工学実験第一.

2015年度・後期, G30学生実験II.

2015年度・前期, G30学生実験I.

2015年度・前期, 自然科学総合実験.

2014年度・後期, G30学生実験II.

2014年度・前期, G30学生実験I.

2014年度・後期, 物質科学工学実験第三.

2013年度・後期, G30学生実験II.

2013年度・前期, G30学生実験I.

2013年度・前期, コアセミナー.

2013年度・後期, 物質科学工学実験第三.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2018.08, 部局, 参加, ファカルティーディベロップメントワークショップ・「異文化共生が創り出す学びの機会を最大限に活かせていますか?」.

2016.12, 部局, 参加, ファカルティーディベロップメント・「障害者支援における合理的配慮」.

2015.12, 部局, 参加, ファカルティーディベロップメント・「近年の大学生像と学生対応の留意点について」.

2011.12, 全学, 参加, 平成23年度 第一回教職員向けメンタルヘルス研修会・「メンタルヘルスに配慮した研究室マネジメント~学生とのコミュニケーションの取り方~」.

2011.02, 部局, 参加, 工学部ファカルティーディベロップメント・「工学教育の質向上(九州大学工学部における工学教育に求められているもの)」.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」