九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
石塚 賢太郎(いしづか けんたろう) データ更新日:2019.06.04

助教 /  理学研究院 化学部門 複合領域化学講座


主な研究テーマ
・炭素芳香環及び複素芳香環の不斉水素化反応の開発
・Pd触媒による[4+2]型環化付加反応の開発
キーワード:有機合成、不斉反応、遷移金属触媒
2013.04~2018.03.
3位で直接連結されたBINOLオリゴマー類に関する研究
キーワード:有機合成、不斉反応、結晶構造解析、物性解析
2010.04~2013.03.
研究業績
主要原著論文
1. Kentaro Ishizuka, Hirofumi Seike, Takuji Hatakeyama, Masaharu Nakamura, Nickel-Catalyzed Alkenylative Cross-Coupling Reaction of Alkyl Sulfides, JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 10.1021/ja104155f, 132, 38, 13117-13119, 2010.09.
2. Shintaro Kawamura, Kentaro Ishizuka, Hikaru Takaya, Masaharu Nakamura, The first iron-catalysed aluminium-variant Negishi coupling: critical effect of co-existing salts on the dynamic equilibrium of arylaluminium species and their reactivity, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 10.1039/c0cc01216e, 46, 33, 6054-6056, 2010.01.
3. Takuji Hatakeyama, Sigma Hashimoto, Kentaro Ishizuka, Masaharu Nakamura, Highly Selective Biaryl Cross-Coupling Reactions between Aryl Halides and Aryl Grignard Reagents: A New Catalyst Combination of N-Heterocyclic Carbenes and Iron, Cobalt, and Nickel Fluorides, JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 10.1021/ja9039289, 131, 33, 11949-11963, 2009.08.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Takuji Hatakeyama, Kentaro Ishizuka, Masaharu Nakamura, Cross-Coupling Reactions Catalyzed by Iron Group Metals and N-Heterocyclic Carbenes via Nonconventional Reaction Mechanisms, J. Synth. Org. Chem., Jpn, 2011.11.
主要学会発表等
1. Kentaro Ishizuka, Satoaki Onitsuka, Takuji Hatakeyama, Hirofumi Seike, Junji Inanaga, Masaharu Nakamura, Mechamistic Study on the Alkenylative Cross-Coupling Reaction of Alkyl Aryl Sulfide, 12th Kyushu International Symposium on Physical Organic Chemistry (KISPOC-XII), 2009.12.
2. Kentaro Ishizuka, Satoaki Onitsuka, Hirofumi Seike, Takuji Hatakeyama, Junji Inanaga, Masaharu Nakamura, Alkenylative Cross-Coupling Reaction of Alkyl Aryl Sulfide under Ni–SIPr Catalysis, 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Society (PACIFICHEM 2010), 2010.12.
学会活動
所属学会名
日本化学会有機結晶部会
有機合成化学協会
日本化学会
受賞
第16回万有福岡シンポジウム BestPoster賞, 万有財団, 2006.05.
日本化学会第86春季年会 学生講演賞, 日本化学会, 2006.03.
第41回化学関連支部 合同九州大会 ポスター賞, 有機合成化学協会, 2004.07.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2011年度~2013年度, 基盤研究(B), 分担, 軸・らせん異種二重キラリティーを内包する新分子群の創製と新機能開拓.
2006年度~2007年度, 特別研究員奨励費, 代表, 動的ならせん構造を有する新規誘導適合型不斉触媒及び機能性分子の開発.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2009年度~2009年度, 京都大学生存基盤科学研究ユニット・ISS専任研究, 代表, ナノモジュール触媒によるリグニンの精密分解反応開発と低炭素型化学工業モデルの提案.
2008年度~2009年度, 京都大学生存基盤科学研究ユニット・萌芽研究, 分担, 元素戦略型有機合成反応によるバイオリニューアブル炭素資源活用技術の開拓.
2008年度~2008年度, 物質合成研究機関関連事業・テーマ提案型研究, 代表, 鉄族元素触媒による有機硫黄化合物のクロスカップリング反応の開発.
2007年度~2007年度, 物質合成研究機関関連事業・テーマ提案型研究, 代表, 普遍金属を用いる新規誘導適合型不斉触媒の開発.
2005年度~2005年度, 財団法人九州大学後援会・学生の独創的研究に対する助成, 代表, キラルな新規ナノサイズ有機分子マシンの開発.
学内資金・基金等への採択状況
2005年度~2006年度, 九州大学大学院理学府フロントリサーチャー育成プログラム, 代表, 動的ならせん構造を有する新規誘導適合型不斉触媒及び機能性分子の開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」