九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動
松本 有樹修(まつもと あきのぶ) データ更新日:2019.06.22



主な研究テーマ
翻訳機構の解明
キーワード:翻訳
2018.04~2019.06.
Long non-coding RNAから翻訳されるポリペプチドの解析
キーワード:ポリペプチド
2017.10~2019.03.
研究業績
主要原著論文
1. Matsumoto A, Takeishi S, Kanie T, Susaki E, Onoyama I, Tateishi Y, Nakayama K, Nakayama KI. , p57 Is Required for Quiescence and Maintenance of Adult Hematopoietic Stem Cells.
, Cell Stem Cell, 2011.09.
2. Matsumoto A, Onoyama I, Sunabori T, Kageyama R, Okano H, Nakayama KI. , Fbxw7-dependent Degradation of Notch Is Required for Control of "Stemness" and Neuronal-Glial Differentiation in Neural Stem Cells.
, J. Biol. Chem., 2011.04.
3. Matsumoto A, Tateishi Y, Onoyama I, Okita Y, Nakayama K, Nakayama KI. , Fbxw7β resides in the endoplasmic reticulum membrane and protects cells from oxidative stress.
, Cancer science, 2011.04.
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本細胞生物学会
日本分子生物学会
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2020年度, 新学術領域研究, 代表, 脳が進化により獲得した遺伝子による多様な個性形成メカニズムの解明.
2018年度~2021年度, 基盤研究(B), 代表, 脳・神経疾患に関与する新規ポリペプチド群の解析.
2018年度~2020年度, 新学術領域研究(研究領域提案型), 代表, ノンコーディングRNAから翻訳される癌関連ポリペプチドの網羅的同定.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」